ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

wowowドラマ

wowowドラマ「変身」1 ☆☆☆

働く神木くん。彼女と過ごすクリスマス。そんな年齢になったんだねえ……。


さておき、宝石店での発砲事件にまきこまれ、長い昏睡の末に目覚めた主人公成瀬純一(神木隆之介)手厚い看護の中、リハビリは順調に進むのに、いつまで経っても面会謝絶。病室からも出られない。

天涯孤独、がポイントですよね。どんな手術をしようが、さすがに両親がいたら会わせないわけにいきませんが、恋人ならずーっと毎日通って来ようが説明義務もナッシングで追い払えますもの。


情報なしに2ヶ月弱、ついに『関係者以外立ち入り禁止』区域に入り込んだ彼女さん(二階堂ふみ)。偉い先生(伊武雅刀)の英語の電話に彼の名前を聞き取ります。そして小耳に挟んだワードはなんと

「生体間脳移植」

ええええー!

物音をたててみつかってしまうも、医師は妙にニコニコ。では会わせてあげましょう…ってさ、口封じに殺されちゃうんじゃないかと思いましたよ(><) ところが意外にもフツーに面会でき、その後もフツーに友人も同行できて警察の事情徴収も来ちゃう、と。

ただ納得がいかないのは記者会見で、移植のイの字も出ずに『薬が効いた』と発表されて……??


一方、報告書を書くんだかで撃った犯人のその後を調べている刑事さん、屋上で追い詰められた末に自殺したと聞きつけますが、その箇所が「頭部」「胸」と報告によって違うことに。でも運ばれたのはあの病院。


結局これ、神木くんの脳欠損部に犯人のをつなげてみたんでしょうねえ。

そして人格が変わっていくのかな。

既に絵のタッチが違う、根気が続かないと変化を自覚している主人公。でも脳に重症を負ったならそのぐらいのことはあるでしょうよ。帰宅して、隣室の騒音にイラっとするのも。

ただ、愛する彼女メグの容姿に不満が湧いたのは……さて。


大人しくて真面目な、でも少女を救うためなら身体を張れる正義の人神木くんが、どんな悪人に変身してしまうんでしょう。でもあの犯人も根っからの悪人というよりは事情がありそうでしたよね。

「馬は土曜に蒼ざめる」by筒井康隆を思い出しつつ、次回が楽しみです。


「地の塩」1 ☆☆☆☆

うさん臭~い!さすがwowow。


大泉洋演じる考古学者カミムラが、遺跡に眠る古代人の声は聞いちゃうわ殺人事件の遺骨はみつけちゃうわで大活躍の上に語ることは聖人君子。

でも

「彼の発掘は捏造だ」

とデータを見せられて、神村の成果を教科書に載せた編集者の松雪泰子は沈みに沈み込むわけです。やっと完成した教科書に嘘が載っているなんて。でも、証拠があるなら学会や学者さん相手に訴えればいいのに、何故素人に?


一方の殺人事件遺骨は、神村の神推測から身元が判明。愕然とする元担当刑事田辺誠一。

その犯人は、パチンコ屋の店員板尾創路だと視聴者だけが知っているのです。

いや、13年前に埋めるところを神村は見ていたのかも??


ひたすらに手を洗い続ける殺人者。

それと同様に、神村の手もまた洗っても洗っても汚れて泥にまみれたままなのでした。ううう。

これって遺跡を捏造したと言われているあの「神の手」事件のことなのでしょうが、フィクションの1話のこのつくりでみると、神村もまた遺跡捏造だけでなく人を殺している様にも見えるわけで怖いんですよ。
元の事件では流石に人は死んでませんでしたよね?

とにもかくにも、大泉洋の怖さを引き出していい感じの1話でした。 


「贖罪」wowow 1~3 ☆☆☆

胸くそ悪い系。


さすがあの「告白」作者の原作らしく、細部まで行き届いた居心地の悪さです。


小学生の女の子が殺される。

それだけでも酷い話ですが、母親(小泉今日子)が居合わせた幼い友人たちにかける言葉はまさに呪い。

「絶対許さない」

「償いをしろ」

ひー(><)

また、それに応えて子どもたちも、1人は成長を止め(「フランス人形」)1人は武闘派になって子どもを狙う男を殺し(「PTA会臨時総会」)1人は引きこもり(「くまの兄妹」)……。

それぞれのやり方で償いを模索するけれども誰1人幸せにならず、犯人も捕まらず、どの話でもまた人が死んでいくという。あああ。


15年経っても「いつまでも変わらない」母キョンキョンも好演ですが、どの回も役者さんが熱演です。

1話の森山未來の御曹司具合、壊れ具合、絶妙。

2話の小池栄子の生真面目さ、冷たさ、周囲を刺激することでしょう。

3話の加瀬亮。また気がつかなかった、どんだけカメレオンなのか!


地上波ドラマでは出来ない映像表現がwowowでは出来ると監督がお喜びだそうですが、だからといってエロやグロが過激なわけでなく、主に筋立てがもう気色悪いです。目が離せません。最後で犯人はちゃんと分かって捕まるんでしょうか?むしろもっとひどいことになりはしないかとハラハラです。

「SOIL」〜最終回 ☆☆

「私は誰なの?」

昔住んだ住所は存在せず、記憶と街が食い違う鈴白ミズキ。
それどころか、20年も前のニュータウン宣伝チラシに映る鈴白家の親子。撮影モデルのはずの3人が、実在する不思議!!<歪み>はそこここに現れて、異世界への門が開かれる!

いやーもう、呆然と見守るしかないでしょこれはー。挙げ句、校庭の塩の山はおっぱいで鈴白家の塩の柱が男根だとかってもう、やりたい放題です。ケントくんとミズキの初体験パワーが<歪み>を助長した的セクハラ刑事の発言も、本当なのか思いつきなのか、誰にも分からないンですものね。
 

一度、<歪み>に飲み込まれたヒロイン小野田さん。片栗巡査と横井刑事以外の記憶から、彼女は消えてしまった……はずなのに、さて小野田さんが現れたらまた刑事に戻れるの??出現と同時に記憶も戻るのかしら。でもそんなこと考えてももうどうしようもありませんよねー。
最後、もう1人ケントを家族に加えて、改めてソイルに入居してくる新しい鈴白家。歪みはまだ消えず今もどこかに渦巻いている様です。

人気ブログランキング

木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ