ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

WOWOW

「下町ロケット」最終回 ☆☆☆☆☆

やった、飛んだ……!!


もちろんそうなると思ってましたけど、度重なるピンチに、それも身内の裏切り(?)まで出たり、やっぱりバルブがダメじゃんとなりそうだったり、手に汗握って佃製作所を応援しましたよ!!

無事に飛んでよかったーロケット!


笑ったのは、大企業側の佃反対派が徹底的に屑だったことw

佃の技術に感銘をうけて変わるでなく、他の仕事をしている様子もなく、ただひたすら邪魔というかイジワルをし続けるって馬鹿でしょう。

その中でたった1人(あと下っ端にもう1人w)佃の技術を認める部長が孤軍奮闘過ぎてどうにも無理そうなのに、上司飛び越して「社長」が佃さんと共感出来る人で超オッケー、だなんて都合良すぎますw!

でも胸がすっとしました。イジワルな奴らザマーミロ、もう出世ないねベロベロバーw


おまけに、心臓が悪い奥さんの事まで伏線とは!

打ち上げまで生きていられるか……という泣かせや、治療費の為に信念を曲げろと脅されるわけではなく、「佃さわやか製作所」のドリームがまた一つ展開していくのかと思うとますます幸せです。いい話だわー。


そうそう、父の会社が大変だって時にワガママかましてた佃のバカ娘ですが。結局、母のところでも同じ扱いを受けて(おばあちゃん居ないしむしろサービス低下かも)、考え直した様でそちらもちょっとすっきり。離婚せず両親がそろっていればと思えば可哀想ではありますが……。

凄いお父さんなのよ、尊敬しなさい!!
 

夢見る三上博史には誰もかないませんね。やっぱりwowowのドラマ好きです。

「人間昆虫記」最終回 ☆☆

あれれ、ここで?


中高時代の十枝子の生活にはとても興味があったのに。劇団入りする前のことや出自は明かされず、母の人形化すらいつからなのか不明のままだったのは肩すかしでした。

実家は焼けて崩れ落ち、死体を残してふらふらと去って行く十枝子。これからも巻き込まれる人がいるんだろうな、というだけで何も片のつかない終わり方で……。


でもそれで、いいのかも。

こんな育ちでこうなりました、とか。蜆は双子の妹でした、とか。人間にわかる理屈で謎解きされるより、十枝子という生き物がどこからか飛んで来て、またどこかへ飛び去って行くべきなのかも。その途中、散らばる鱗粉の毒にあたる人には不幸でも、十枝子の知ったこっちゃないわけで。


そして最後の最後は渋谷、しかも衣装もレトロじゃなくて似合わなかったのですが、そっちの「あれれ、ここ?」も、現代にもまだ十枝子は居るよ……的なことだったり?? むむむ。


とにかく、美波さんの美しさに魅せられた佳作。

地上波では出来ないでしょう。楽しみました、wowow万歳。


「下町ロケット」1 ☆☆☆☆

wowow企業ドラマにハズレ無し!

またもやそのジンクスに応える名ドラマ誕生の予感でワクワクです。


零細なのに、開発に力を注ぐ町工場「つくだ製作所」。夢を追う2代目社長(三上博史)は非難を浴びますが、実は!超大手「帝国重工」を鼻先で制した特許がありましたよ!

ワクワク。

物語的には、いいがかりな訴訟がまず起きて倒産もありえる危機。主人公である2代目社長は対応に東西奔走するわけで、弁護士対決(小木成光vs寺島しのぶw)もあり、元嫁もからみ、その訴訟ネタだけでも十分派手にドラマに出来そうですが、そこに帝国重工が特許の件で内密に絡んできそう……となってから、途端にワクワク度が増しました。

宇宙開発という大事業に、その特許がどれだけ要になるのか。追っていた夢への評価を主人公が知るのはいつになるのでしょう。


中小企業は厳しい、と愚痴る「つくだ製作所」営業マン。

大仕事のやりがいを誇る、「帝国重工」の広報担当。

たまたま恋人同士だった2人にも注目で、互いの自社評価がひっくり返る日が訪れるのかと思うと、もう楽しみでウハウハですw


英語のエンディングには既視感で、特に三上博史で「パンドラ」を思い出してしまったりもしますがあれも大好きだったからいいや。安心して次回を待てます。


人気ブログランキングへ

「人間昆虫記」4 ☆☆☆☆

「あるテロリストの死」!


他人の人生を盗んで来た十枝子の次の行動は……なんと、暗殺テロの計画を「小説」として発表してしまうことだった!第2の殺人?

いやそれ、驚いたけど。

受賞後第一作を渡された編集者は、作風が違いますねとか不審に思わないのかなw

逆に、首相の警護陣は週刊誌の「小説」なんて読んで、しかも真に受けたりするんだw


その結果、情報源となったテロリストと一緒に自分も組織に追われてしまうことを、十枝子がまったく計算にいれていないのも、彼女らしくて笑えました。しらを切って済む相手じゃないのに。

そして籠の鳥、なのかな次回では。

でもそれで終わる十枝子ではない筈で、これからナニがどうなるのかさっぱりわかりません。

十枝子のそっくりさんとデザイナーさんは幸せに暮らし始めましたが、それも永遠に続くわけもなく、やっぱりその先どうなるのかわかりません。

お人形さんの様に美しい十枝子を演じる美波の評価、じゃすみん的にうなぎのぼりです!


そして関係ないけど、テロリストの人が「ジウ」では刑事さんw


人気ブログランキングへ

「人間昆虫記」3 ☆☆☆

まさかの、瓜二つの女!!

十村十枝子、同じ顔で10人いるとかいう話じゃないですよね(おそ松くんか!)


盗作騒動は意外に騒ぎになりませんでした。

ツイッターやブログで素人が発信する時代の物語じゃありませんしね。なのに記者は男として十枝子に惚れてしまうし……うーんでも金と十枝子を秤にかけたら金が勝つのだけれど。もにょもにょ。
 

デザイナーさんも、1話の女優さんも演出家も黙して語らず十枝子を非難せず。日を追うごとにますます十枝子への想いは増すばかり……なのだとか。なんて魔性の女。

盗作されて自殺した「うすばかげり」の葬式に、平然と参列したばかりか

「親友だもの!」

罪の意識ゼロなところがそら恐ろしいです。


さてこれからの十枝子は。政治の世界へ転身なのかしら。「伊那可駅」の実家に残される母親像の謎は?? 瓜二つの女の素性は?

次回も見逃せません。


人気ブログランキングへ

「人間昆虫記」wowow1、2☆☆☆

手塚治虫原作。

それらしく古めかしい描写が多いのですが、面白いです!

女優から演出家、デザイナー、作家……と、他人の作品をかすめとり、踏み台にして駆け上がっていく美しい女、十村十枝子。

ですよね、同じ作品でも美女が描いたとか女優が直木賞だとかいう方がそりゃ話題になって売れるわけですし、コネもある。しかも肝心の本人が、盗作のためにすり寄って相手をずたずたにしておきながらも、罪の意識に薄いのが怖いところです。

欲しいのは世間の賞賛だけで盗んだ作品にはなんの興味もなさそうなので、無から生み出す苦労やその作品の実際の価値が分からないせいなのでしょうか(なのに、的確にいいものを選んで盗むその眼力はなんなんでしょう。プロデューサーやパトロンとしてそれを活かせたら良かったのに)

ちなみに「人間昆虫記」とは2話で十枝子が盗作した戯曲のタイトルですが、盗むたびに変貌し活躍の場所を変える十枝子の様子を昆虫の変態に例えてもいて……十村十枝子だから9回脱皮するんでしょうかw また犠牲者が……(><)


女優はパッと引退、演出ももう興味無し。デザインも小説も、だいたい盗作しただけなんだから2作目なんて作れないでしょう?いったいどうなるのか、本人どうするつもりなのか。因果応報なるか、それともやっぱり成功しちゃうのか??

トントン拍子に成功した1、2話と違って、次からは盗作騒ぎになる様ですし。

ハラハラ見守りたいです。


(手塚氏の漫画で、他にも「才能」に踊らされる話を読んだ覚えが。それを食べたらピアニストや運動選手として「天才」になれるけど同時に不幸も訪れる木の実とか。あれも怖かったっけなー)



人気ブログランキングへ

「私はラブリーガル」☆☆☆☆

おデブ……もとい、プラスサイズに優しいアメリカドラマw

主人公がプロジェクトランウェイのファンという設定で、ティム・ガン出演場面もあるらしいと聞いて見てみたら、これがなかなか面白いんです。
タレント志望で金髪美女のデビーが死亡。でも弁護士ジェーンの身体で生き返ってしまいました。メタボになって!!

他人になったショック以上に「デブになった」のが苦痛という描かれ方(笑)
 

じゃあコメディかと思いきや、次々と持ち込まれる訴訟がデビーの苦悩とリンクして、意外やイロモノでなくいいお話になってます。曰く
#2『太って解雇された』←太ったら扱いが違う!不当よ!
#3『名犬のクローンが駄犬に』←見た目は同じでも別人格
#5『無実の罪で服役』←元の身体より失った時間を返して!
#6『違う名前で暮らしていた』←打ち明けられない怖さが分かる
#7『偽ダイエット食品』←ジェーンも昔使ってリバウンドetc

ジェーンとしての人生の記憶はまったく無いものの、法律の知識や頭の回転の良さはちゃっかりキープ。そこにデビーの愛嬌と自信&ブランド知識と芸能情報が加わって、最強の弁護士なんです!

でも上で紹介したように体重絡みの訴訟が多くて、弁論中「これがアメリカ女性の標準体型です」どーん。と見せられるとかなりの衝撃です。
私もぽっちゃりですが、あそこまではいってない。
#9ではついに、おしゃれブランドが13号までしか作っていないのにキレて自ら訴訟w
「女性の65%は肥満なのに!」
って、怖いよアメリカ女性の標準(><)結局ブランドは、プラスサイズが商売になると気付いて19号まで発売することにするというオチでしたが、このドラマも同じ理屈で65%のプラスサイズ層をターゲットにしているンでしょう。(この回、アメリカン・アイドルのパロディまで出ちゃいました!)


そうそうデビーの恋人も、デビーを亡くした痛手を抱えつつ同じ弁護士事務所で働いています。亡き自分の面影を、別の女に求められちゃってやきもき。「私よ!」と打ち明けようかどうしようかと揺れています。何しろ、親友のこれまた金髪美女ステイシーは、即信じてくれたもんね、中身はデビーだって(そんな人はなかなか居ないはずw)

とにかく、見るほどに樽のようなジェーンがキレイに見えてきます(><)最初は仕事よりバカンス、頭の中身はモデルのデビーだったのに後半はまるきりワーカーホリック。それってデビーの成長?それとも2人が融合して新しい人格になるってこと?ジェーンの魂は消えてしまったの?その辺はシーズンが続いたら描かれることなのかも。

肝心のプロジェクトランウェイ部分は、#2でステイシーがテレビを見てました。”In or Out!"部分を見てハイジを絶賛。#6ではティムさん登場!ジェシーの夢の中、いつもの様子で語ってくれますよ♪後は#8同窓会用に(以前のジェーンが)オーダーしていたダサイドレスを「プロジェクトランウェイよ!」と言いながらリメイク、とか(笑)あの手この手できますよねー。

人気ブログランキングへ

「プロジェクトランウェイ オールスターチャレンジ」☆☆☆

ジェフリー痩せちゃって(><)クリスは居眠りしっぱなし‥、って肥満のせいで睡眠時無呼吸症候群じゃないの??サンティーノは、当時以上に大はしゃぎでどうしちゃったのやら。

そんなあれこれはともかく、作る服は変わってないンだろうと思ったらウーリの服が無地で複雑なデザインだったりして、こりゃワクワクです。さあ、10万ドルを手にするのは誰??(たった一回で、シリーズ優勝と同じ金額って確かに大盤振る舞い)


テーマはというと、レッドカーペット用のドレスを含む3着を制作。サプライズはゲストがニコール・キッドマンってところ〜?

いえいえ、まだ先がありますよー。

「もう1日制作日をプラスしよう。‥‥だってもう一着作るから♪」

コレだけでも首を絞めてやりたいだろうに、

「材料は今ディナー食べてるレストランの中で調達だよ♪」

うわー!!

そんな大騒ぎの中、いつまでたっても構想だけでドレスの形が出来てこないマイケル・ナイト!大丈夫なのかしら‥…。


と、思ったら意外に、まとめて来ましたよマイケル。下品だったシーズン2時代よりいいんじゃない?サンティーノもピタピタながらシンプルでいい感じ。エロすぎるかしら……。

逆にクリスが、変に地味じゃなかった??毛布みたいな生地で‥…やっぱり寝すぎでしょう〜。ダニエルの服はアニメキャラの様(しかもどれがレッドカーペット用?)

今回も、着たいのはスイトピーのかなあ(花束ドレス 笑 むしろサンティーノにこういう遊びを期待してた気がするのにな)ジェフリーの赤いドレスは好きだけど、ハロウィンみたいかなあ。そして全体の統一感がよくわからないかも。

えーっと全員書いた?ああ、ウーリの服がウーリらしくなくて、前回優勝のリアンの様って思っちゃった。奇麗な服だったけど。コルトの服‥コルトの服‥思い出せないー。いつになく色が地味だった様な。



……と、講評前にビデオを止めてここまで書いたんですけど、結果はマイケル、サンティーノ、ウーリ、ジェフリーがワーストでした。ジェフリーはともかく、ダニエルの変ちきりんな服が褒められてるー、うそー!ああ、忘れてたアカデミー賞的レッドカーペットじゃなくて「ナイン」の試写会だったんだっけ(ダメじゃん私 ^^;;;)

コスチュームが売りでもありコンプレックスでもあるクリス、いつも控えめなスイトピー、の2人が最初に落ちて、それでも上位で認められて満足と去って行ったのは胸が熱くなりました。一方で、シーズン5で2位だったばっかりなのにまた2位のコルトがぶつくさ言うのは、わかるけど、同情するけど、なんかなー。


てなわけで、優勝したのはダニエル君。学生学生していた彼が、大きく立派になったものです。

で、そう思って巻き戻してみてもやっぱりそんなに素敵に見えませんけど。ハイジが好きそうなのはわかる(笑)で、やっぱり美脚のニコール・キッドマンにも似合うんでしょうねえ。そして時代は、女優だからロングドレスって決めつけちゃいけないんだそうですよ。


この分じゃシーズン6でも予想は外しまくりそうですけども。好きで応援したいデザイナーさんが居てくれるといいなあ。さーて、明日から始まるシーズン6が楽しみです!!

人気ブログランキングへ

「パンドラ2 飢餓列島」最終回☆☆☆

ああ、アルジャーノン(違)

いかに政府がごり押ししようと、鈴木先生はゴッドコーン栽培の中止を宣言するに決まってると思ってました。ええ。だからそこは驚きませんでしたが。
吉良社長と謎の温水さんと助手くんがああなってしまうとは。教授を一生恨むと言い、でもあっさり許されて逆にまた惚れ直してしまった助手の大谷くん、「彼は二度死んだの」って刑事さん、良い台詞ですけど家族にとったら哀しすぎますから(><)
で、そんなゴタゴタはともかく、目前に迫った飢餓は??と思ったら、なんと解決策がありましたよ。
「みんなで分け合って」エー??? 
そんな程度じゃどうにもならないから騒いでたんじゃないの?? 
まあそれ以外に仕方ないっちゃーないですけども。
そんな世間を尻目に、幸せにトマトを育てる鈴木先生。刑事さんのことは忘れた老いた脳でも、まだ研究は続けているところがもの悲しくエンドでした。(自活していけてるの??)

飢餓目前と良いながら外食も普通にできてたり、ゴッドコーンだって食用にせずにバイオエタノール原料で良くない?とか、詰めの甘さは否めないものの。起承転結ずっとテンション高く、ワクワクハラハラと見続けられたドラマでした。またパート3をちょっと期待。

……エンディング、てっきり山本耕史が唄っているとばかり。声が似てませんか??


人気ブログランキング

「パンドラ2 飢餓列島」6☆☆☆

やられたー!
先週、また研究者が姿を消すエンドかとか言っててすみませんでした(><)


なるほど、脳腫瘍だアルツハイマーだではなく、ゴッドコーンを研究してきた結果のアレですか??じゃあ、全世界に食べさせてる場合じゃないよー!
政治家の邪魔はかえって、塞翁が馬だったわけ??

閉じこめられ、飢えさせられた吉良社長の廃人状態が演技だったのにも驚きましたって(でもサインしたあたりは本当に心神喪失だったのかな)
すっかり改心した風の助手さんでしたが、データが吉良に渡った以上、また裏切る可能性も出てきたわけで……。

ゴッドコーンを潰したいアメリカvs世に出したい鈴木の構図が、ここからは抑えたいのに止められない運びになっていくのでしょうか。1時間が短いよ!

人気ブログランキング

「パンドラ2 飢餓列島」1、2 ☆☆☆

学者の世間知らずがトラブルを招くシリーズ、第2弾!!

ガン特効薬を巡る騒動だった前作に続く出演者は、ナレーションの声、つまり事件を追う記者の太刀川くん(「Mother」でも記者の山本耕史)と首相に出世した余貴美子だけです。ただ、変人学者が奇跡の研究を実らせると、別れた妻に会いに行くのは共通ですね(そう、またもやバツイチですよ!)淋しいなあ。

今回の騒動の元はゴッドコーン、世界を日本を飢餓から救うだろう超高速成長コーンなのでした。
野生種と交雑しちゃっても大丈夫?という品質への疑問はさておき。せっかく研究が実ったというその日に、事件を起こしてしまうなんて……。

学者一徹の主人公(佐藤浩市)は、技術を無料公開して飢餓がなくなればそれでいい。幼少時、親に捨てられて餓死をしかけた、そんな哀しい人生が彼にそうさせるわけですが、大もうけを夢見てついてきた助手(北村有起哉)にしてみたら、そんなことされちゃたまりませんから。もみ合いの末に転落。それでも、主人公が病院に連れて行けば生きていたでしょうに。怪しいベンチャー社長(勝村政信)なんか信じるから、「亡くなりました」の電話一本ですまされて、葬式には行かれない、殺人の容疑者にはされる、散々です。

怪しい女秘書(水川あさみ)の色仕掛けも、断ったかと思ったら次の場面で結局同衾済みで笑ってしまいました。ベンチャーに骨の髄までしゃぶられそうです。記者会見でも思うように操られて、共同研究者はいないとか言ってしまうし。それがこの先、失踪した助手絡みでどう受け取られることか……。

 

と、思いきや2話のラストでどんでん返し、助手が生きている??

 

鈴木京香が捜査一課の刑事、というのはなかなか新鮮です。秘書の水川あさみ、元妻と、メインが小娘だった前作と違って大人の色気も楽しめそう。首相も熟女でしたっけ(笑)

時々記憶が飛ぶ主人公、非常事態のストレスだけじゃない、何か異変がありそうで……。

とにかく次回が楽しみです!

 

人気ブログランキング
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ