ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ST

「ST」2 ☆☆

え、あの人がラノベを……w


プロファイリングが失敗、でもそれが新たな絆を産んだりとドラマ部分では普通だったと思います。

でも推理さておき。

若者に大人気のライトノベルのゴーストライターが老人ってどうなのかとorz


5作目から「こと」「とき」の表記が「事」「時」と漢字になった、別人!……は分かりやすいですが、それだけですか?

「ダイヤルを回した」り「針を落とした」りw

ま、そこまではっきりしてたら校正で直すにしろ、キャラの倫理観や生活習慣が妙に古くさいとか出てきませんかねえ……そこが斬新だと受けたら、そりゃ共同執筆者がキレるかw ってここまでは私の妄想ですが。 


部屋に出入りして世話妬いてくれるマンション管理人てのもなしなら、そこから『スランプなら、私が代わりに書いてあげよう』なんてなるのもびっくりで(夏休みの宿題じゃないんだから!)、しかもそれが生き別れた父親!(ますます夏休みの…)

そりゃ、本名で投稿して落とされてる共同執筆車、素人と組まされてキレますよw


全ての可能性を視野にプロファイリングした結果が無理ゲーって、このつっこみどころが味なんでしょうかw

「ST 赤と白の捜査ファイル」1 ☆☆

濡れて横たわる窪田正孝…きゃーw


天才揃いのSTすごーいなドラマですが、実は捜査微妙です。

偽装のジャージを他人が着せた!という推理でしたが、死体のお着替えってハイリスク!(寝てる子をパジャマにするのも大変なのに、吐いてる意識不明の大人を?目撃されたら痴漢w)しかも回想だとその場で毒を呑ませずに、渡すだけですよ。倒れるまで尾行ですか?ジャージ上下持って!

「税金泥棒集団め!」

と登場の赤城(藤原竜也)となだめる百合根(岡田将生)のコンビ紹介は面白い場面でしたけどねー。

天才の活躍が映える事件のために、ライバル怪盗の出現を望みます。


昨年放映のspドラマ「ST警視庁科学捜査班」の連ドラ化で、弊レビューはこちら

昨今の事件ドラマに、右京さんなり監察医なりと『変人天才』は珍しくもありませんが、このドラマではその変人がてんこ盛りです。中心になる「ST」メンバー全員が異能とハンデを併せ持つという設定はもうラノベですよね。


閉所/秩序/先端/対人恐怖症だの、鼻が/耳が/頭がいいだの、医学/化学のスペシャリストだのそれぞれの特徴は分かりやすく紹介されていたと思います。…志田未来が「男の子みたい」には見えませんが、まあいいや。

これで探偵事務所(「ハマトラ」w)じゃなく全員刑事ってところがミソなんでしょう。公務員…ああ税金の無駄遣いw


藤原竜也演じる赤城は、毒舌でいやな奴ですが妙に魅力的です。捜査こそ人生で、謎が解けるとがっかりするとか…(カンバーバッチのシャーロックみたいw)

引きこもりだったspから、外を歩ける様にはなりましたがまだ聞き込みはできず。言い訳が

「俺は一匹狼だ」w

被害者に話を聞く時にも離れたところから覗いてるw

(でも、ビタミン剤と交換の話は出来る様になったんだ…)

お守りする百合根(岡田将生)ともいいコンビです。

好きな人はいるか、と聞かれて赤城を見る百合根w

百合根と刑事さん(柴本幸!)の愚痴大会も印象的でした。


そして個人的に最大の見所は黒崎(窪田正孝)。

立ち回りが華麗です

「ゾンビパウダー」をいきなり飲み干して昏倒、呼吸心肺停止→蘇生もびっくりでしたよー

「ST 警視庁科学特捜班」 ☆☆

引きこもり刑事、と言われると堂本光一が地下室から深キョンに指図する「リモート」を思い出すのですが……2002年なのねorz


今回は、藤原竜也が引きこもり。

あと飛び級の天才・志田未来と聞き耳頭巾・芦名星、嗅覚も目つきも鋭い窪田正孝に、僧侶を加えた5人のチームを、貧乏くじで率いるのが真面目エリートの岡田将生と。

普通の刑事たちに嫌がられながらも、特殊能力を武器に事件を解決しまーす。いわば派手な「特命係」ですかね。


それぞれ能力が高いだけでなくハンデも負っていて、秩序恐怖症(志田)、閉所恐怖症(芦名、だから服装も露出気味w)、先端恐怖症(窪田)、不眠症(僧侶)……って、あー人数多いのにもうめんどくさい(><)

キャラ的には服装も強烈なので混乱しませんが、坊さんは窪田の通訳以外いなくてもいいし、頭脳である藤原と志田もどっちか1人でいいかと思ったり。


こういうトンデモ刑事ものを観て「ありえない!」と言っても仕方ないので、まあいいんじゃないでしょか。実は連続ドラマの第一話スペシャルだと思い込んで観ていたので、単発でがっかりだかホッとしたんだか。
少なくとも「デカワンコ」的なインパクトや分かり易さはなかったですね。タイトルから普通に真面目な刑事物を期待した人だっていそうです。
 

お目当ての窪田正孝くんは暗くて怖い人バージョン。相棒の坊さんを通してしか喋らないので声が聞けません。代わりに耳元に顔を寄せてささやく様子を楽しみましょう。そして武道の達人という設定で、乱闘場面がかっこいいです。


それにしても、引きこもりの藤原の部屋が普通のマンションの一室。

押し掛けて開けろ出てこいと騒いだりしていたら追い出されますよ。あの着ぐるみもキョーレツw


木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ