ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

MOZU

「MOZU(2)」3 ☆☆☆

え、髪の毛はどうしたの?


今語られる、新谷ヒロミと和彦の入れ替わり。

もう限界だと思ったヒロミ(=現和彦)が「女の服を着てたらお母さんに会える」と幼い和彦を騙して、入れ替わったんだと。逆さま言葉を呪文の様に唱える儀式は可愛くも悪意に満ちていたのでした……が、髪型があからさまに違うところはスルーでした。

それに、そんな簡単に入れ替わりできるなら週交代月交代で乗り切るとか、あったでしょうに!


まあ瑣末はともかく。

記者達を騙してグルジブに送り込んだ『栗山』の正体が分かってきましたたよ。更には、そこから蒼井優を救い出したのは新谷だったという偶然。

ヒロミの手口を真似して殺し回っている奴を探し当て、返り討ちにする和彦。ヒロミが生き返る……もとい『伝説になる』と語って去っていった東は裏で糸を引いているんでしょうかね。


倉木だけが何も分からないまま。水攻めの拷問も情報を引き出すためといいながら、ほぼ八つ当たりですw

実の父に轢かれた明星の冷静さをもう少し見習って。

しかし、そのうち真実にたどりついたとして……奥さんも子どもさんも生き返るわけでなく、何もいいことない気がしてコワイです。

「MOZU(2)」2 ☆☆☆

なんと記者も捕虜からの「生き残り」!

その理由は倉木の妻と同じだという。つまり仲間を売った、と。とても受け入れられない倉木は黒幕官房長官にまで談判にいくも、裏切り者の夫だとより口汚く罵られるだけで……

直後爆発が。


一転、容疑者になってしまう倉木と。

父をみつけるも轢かれてしまう美希と。

「ひろみと入れ替わった」と告白する和彦と。


いろいろ新事実で驚かせてもらいましたが、それを全部ぶっとばしたのが「チャーオーw」とヘリで窓から去っていく東、ルパン三世かー!!


「MOZU(2)」1  ☆☆

wowowは日本語字幕が出ない!!!


難聴の主人と観ているので大問題でがっかりです。wowowドラマ観る度に同じ想いをして頭では分かってはいたものの、つい先日まで地上波で日本語字幕でみていた続きが同じクオリティで楽しめないだなんて……orz


さておき、物語はまた物騒です。

地上波では内緒だった倉木妻潜入先が、ロシアだったとサクッと冒頭で語られ、倉木は情報を求めて記者(蒼井優)に接触したり、グルジブ人を捜してロシアパブに送り込んだ記者を守って結局大乱闘になったり。

で、見返りに記者に渡すのは例の空港爆破事件の『真相』

(大杉は別れた妻子とディナーなんてしちゃって、でもよりが戻る様子はありませんw)

錐で延髄ひとつきの死体がみつかり、監視カメラ映る顔は……オールバックの新谷兄。

美希の家電にくる無言電話は、父なのか?


新キャラ蒼井優ちゃんは、眼帯で怪しい雰囲気はあるものの若さはいつも通り。とても日本一のグルジブ通には見えなくて戸惑いますね。 そうだ、ビルから後ろ向きに落ちていった東がやっぱり生きてましたよーなんだったのあの演出(><)


予告によれば美希は父を見つける様だし、記者さんと新谷に接点があるとか…ふむふむ。

例によって予告がめちゃかっこいいです。

でも字幕欲しいわー


「MOZU」最終回 ☆☆☆

派出所の物知り君(伊藤淳史)忘れてました、ハッキングまでできるんだ(><)


そんなわけで空港で大活劇。

数多の登録電波をカットするとハイ、爆弾の場所特定です。簡単すぎないかな、それw

エスカレーターは右側を駆け上る大杉班(関東ですね)、拉致車で大暴れの倉木。懲りずに室井を付けねらう不死身の新谷、無謀な単独行動の美希……、そして起爆装置を持った室井。


広さも階層もある空港で、入り乱れての右往左往は見応えがありました。

VIP歓迎中でも、旅行客相手にも「爆弾だぞー」と直球で触れ回る大杉のせいで退避の大混乱。本来あんな風に闇雲に走られたら危なくて仕方ないのですが、切迫感は出ますよね。そして、空港らしい地球儀オブジェも活用しての串刺し、爆発(><)


今回会話がわざと途切れるところが何度もあって、倉木妻に関する何かがこちらに分からないまま、聞いた人が驚く反応だけ見せられ……。伏せたまま『続きはwowowで』になるのかとハラハラでしたw

実際は、倉木妻は爆弾にはノータッチだったよってことですが。

さてどこまで本当なんだかねえ。


結局、室井と新谷が刺し違えても世間にそれが知らされるわけでもなく。倉木と美希がカフェで語り合えちゃう平穏な日常が戻ったかの様ですが……『知り足りない』倉木は事を荒立てる気満々なのでした。


我が家はwowowで続きを観る気満々。

倉木には悪いけど、奥さんのことやハゲ坊主にはそこまで興味がありません。むしろ復活の新谷の復讐劇を見届けるとしましょう。


「MOZU」7、8 ☆☆☆

謎の女は妻だった!どーん!


じゃあ奥さんは自分の持たせた爆弾で死んだってこと?何なのそれw

筧が駆け寄ってきた時にどんな気持ちだったのやら。そして駆け寄ってきた理由も、ミセス達にホームレスが絡んでたからとかじゃなくって、さっきまで会ってた女を見つけての「おーい」だったってことでしょか。

で、その指令は誰が出したのかってことでどったんばったん。

当然そこに不倫疑惑も混入ですよねー。もう倉木は自分からどんどん不幸になりにいっている気がしてきましたw


東を殺しにいった新谷はあっさりと返り討ちに。

これはもう役者が違うとしかw


初期の謎が片付いてきたと思ったら、またあれこれ思わせぶりにとっちらかってきて大変です。

日本国民は、だれかさんに乗っ取られたままのそのシステムで監視され続けているわけなんですね。ダルマごと。

潜入捜査だの

政府は認めないだの

全員死んだけど殉職にも出来ない任務だの

怪しすぎて笑うしかないですよねー。

相変わらず予告編がとても面白そうです。 


「MOZU」6 ☆☆☆


殺人ナース最強w


ついにヒロミが目を覚ます。

そうか双子だったんですねー。それも妹妹と言いつつそういう仕掛けだったんですねー …って、それはいいんですけどね。

現れたヒロミが、いきなりピンクのナース服で足元も完璧にナースシューズなんて履いてるのはいったいw 廃病院に、そんなものだけは新品で置いてあるってむしろ病院仕様でなく別目的のコスプレ系なのでは…w


そんなツッコミさえ我慢すれば絵的には完璧です。

凶暴な大男たちをガンガン倒して行く凶悪ナース。中神との対決なんて萌え…燃えましたわー。


その辺も実際はツッコミどころで、今回語られた生い立ちから『凶悪』『衝動を抑えられない』理由は分かるのですがね、それと華麗な立ち回りや脅威の運動神経は別の話でしょう。格闘や武術なんて教わる環境にはなかった筈なのに、それが天性というなら恐ろしい限りです。

中神の遺体といい、百舌の早贄を思わせる串刺しが何度も出てきてやっとタイトルが納得です。


例のICチップを探してバラバラ爆死体をまさぐるヒロミ。

なるほど子どもには、ヒロミがバラしていた様にそりゃ見えますよ。前屈の角度も振り返る首の角度もあの子どもの絵に忠実な素晴らし恐ろしい映像でした。

いったいそれほどまでして欲しがるチップに何が入っているんでしょう。


この辺だけで満足なので、オカルトな坊主の夢は絡ませなくてもう充分お腹いっぱいですが。知ればやっぱり必要なキーなのでしょうか。


(それでも真木と新谷の棒読み合戦は辛かったですw)


「MOZU」5 ☆☆☆

痛い痛い痛い(><)

街中で記者の女子を追いかけ回す中神たちの、無茶な暴力がもう観ていて痛くて。普通の女の子が誘拐されそうなだけでも怖いのに、助けにきてる警察も人相が悪くて殺気立ってて、誰が味方か分かりゃしない。

更にはそれが報道されると、ただの窃盗団の逮捕劇にされちゃってるなんて。国家権力怖いコワイ。


新谷も誘拐されて拷問されて。

「お化けをみた」の絵が完成。

倉木妻は、「娘を殺した」と。

突然、話が動き出した今回はめちゃめちゃ面白かったです。痛いけど。


倉木がどんなケガをしようが可哀想じゃないし(不死身に近いしw)

倉木妻の生前の回想は悪いけどめんど臭いです。

でも記者の女の子は本当に巻き込まれただけでひたすらに可哀想でどうにかしてあげたいじゃないですか。

新谷をどう拷問したって、だから記憶がないって言ってんじゃないの。もうやめてー!


そして次週、ついに何かが目覚める……!!

(え、やっぱり二重人格系?)


アクションに目は奪われても、やっぱり何も判明してない今週。もう1週早く、娘の万引きがどうしたこうした無しでここに辿り着けなかったものかと思いますよ。それとも先週の停滞感があってこそ今回が面白いの?


「MOZU」4 ☆☆

妹が?えええええー?


殺人鬼兄が記憶をなくし、しっかりと妹を知る人がちっとも出て来ないので実在を疑っていました。兄が女装とか、二重人格とかさ、ありそうじゃないですか。

でも公安が尾行をしていたというなら妹はちゃんと別に実在し、真木よう子もきちんと顔を知っているということですよね(嘘じゃなければ)

てか実行犯って(><)コワすぎるわ。


香川照之刑事は、唐突な家族問題で奔走。

娘の万引きかー(濡れ衣でしたが)

公安を大嫌いな理由が、その娘さんの友だちママを自殺に追い込んでしまったからだ…って、調書はどうあれ親しい人間の直の証言を無視しちゃダメじゃないですか。自業自得過ぎてもう。
更に拒食症だったのは妹で…8ヶ月って言った?赤ん坊が拒食?何か聞き間違えたのかしら……(追記:3才でした。どっちにしろ幼すぎるー)
そのうち家族が襲われるフラグ乙。


場面はめまぐるしく変わるのですが、事件解決を思うと何もすすんでいなくてイライラします。「アリスの棘」のサクサク感と足して2で割るとどうでしょう。

「MOZU ~百舌の叫ぶ夜~」1 ☆☆☆

死体がゴロゴロ。

捜査のメインは西島秀俊と香川照之、ヒロインは真木よう子ですよ。間違っても新人刑事のイケメン君や交通課から来たばかりの可愛い子ちゃんとか出て来ませんw

wowowとコラボと聞いて納得の、力の入った地味画面です。


街中の爆破事件で妻死亡。

ちぎれた手首から先だけ持ち上げた主人公の影で、遺体のバラバラ具合を見せた演出も衝撃でしたが、後の回想では影でなく本体を見せてまた印象的でした。妻と判断できたのはなんと、心を病んだ妻が繰り返していたリストカット痕。事実も提示のされかた次第で別の顔を見せてしまう、という主人公の主張、ひいては作品自体のモチーフを端的に表していましたよね!


爆弾犯の狙い、それを狙う新谷の狙い、更にそれを追う公安真木よう子の狙い。元公安の妻にも何か狙いがあったのか?

愛娘雫ちゃんの死の真実は?てか、血液型のクローズアップって雫が主人公の子じゃないってことですか。


そこまでで既に虚々実々、お腹いっぱいのサスペンスなのに、更に記憶喪失になった殺し屋新谷(池松壮亮)が絡んできますよ!(「ボーンアイデンティティー」的に、記憶はなくても身体が殺人を覚えているんですねえ)

ああ、セキュリティ会社の長谷川博己も怪しいです。うう満腹で胸焼けがするー。

でもまだ染谷将太もちょろっとしか見てないもん!

狂言回しのおまわりさん(伊藤淳史」が唯一の息抜きですが、あんなに事情通じゃそのうち消されますよねw そうそう、オカルト要素もあったんでした。夢に出て来るハゲ。何ですかアレはw


あまりに訳がわからずに前のめり視聴。原作も読んでみたくなりました。


唯一文句があるのは、抑えた演技の真木よう子。限りなく棒読みじゃないですかorz 「遅咲きのヒマワリ」での女医さんぐらいで充分クールですから、自分比で抑えずにもうちょっと解放してみて欲しいです。


それとあれだ、百舌が読めなかった旦那orz 早贄も知っててお願い、常識だから~


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ