ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

LADY

「LADY」4 ×

モンスター(笑)

レクターだって、教授然としてとても犯罪者に見えない人が殺人鬼だからこその存在感なのに。こちらの「天才」ときたら、目を剥いて奇声を発して、せっかくの美貌が台無しだわー。
で、実行犯も安けりゃ、香月の「妄想」も安いよー(香月はプロファイラじゃなく、天才チャネラーとしての登場だったらよかったのに。で、プロファイラと対立するの 笑)

香月の父親の事件の真相よりも、現在の事件の設定をまずどうにかしてもらいたいです。

 

人気ブログランキングへ

「LADY」2,3☆

2話でチームワークの大切さを、3話でそのチームから要潤にスポットを当てて過去を描いて、とセオリー通りに進行中です。

でも相変わらず、美味しいところ取りのヒロインがむかつく……。事件現場を結んだら図形になるぐらい、他の人にまかせておこうよ。
そして事件が嫌すぎる。
どれも連続殺人犯であるからして、ダッフルコート殺人も抜血殺人も、活躍(?)時期が重なるじゃないですか。どんだけ猟奇殺人犯の巣なんだ東京。
それでもプロファイルに納得が行くならまだしもですが、香月が犯人の動機をひらめくのは、毎度ただの妄想乙にしか見えません。<復活の儀式><魔法陣>も、いくら恋人を亡くしたとはいえ、普通のサラリーマンが即思いつくものでもなくない?(恋人本人の爪を埋めるなら「種」も分かるけど、他人の爪から生えてくるのは別人では。
そもそも、お茶の間の娯楽として毎回猟奇殺人というのが、辛いわー(犯罪史や、プロファイリングについて読むのはむしろ好きなのですが)

もう観たくないけど、家族が好むのでつい視聴。北川景子は頑張ってると思いますが。ううう。

 

人気ブログランキングへ

「LADY 最後の犯罪プロファイル」1☆☆☆

思わず戸締まりを確認……ブルブル(><)
初回から2時間てホント迷惑です。やっと見終わりました。平穏な住宅街、普通の家族に突然迫る悪魔の手、恐ろしい導入部でしたよね。(その前のパーティ、当たりすぎるプロファイリングの安さには辟易でしたがそれは「訓練」だそうだから忘れてあげる 笑)

『美貌のワケありプロファイラーが、猟奇犯罪者に迫る!』

主演の香月@北川景子はさすがに美しく、エキセントリックで目をひきます。でも犯罪者に入れ込み過ぎで逆に心配。

会議では暴走、現場で人質に!
「私だけが彼を理解できる!」
って何様だお前。猟奇殺人者を理解出来るだなんて危ないよ。(どうでもいいけど、上司の木村多江は去年別のドラマでもプロファイラでしたよね 笑)

現場とプロファイラチームの確執をパターン通りに描きながら、サクサクと捜査は進みます。
で、『虐待する親への復讐』という犯人像は興味深いんですが、冒頭にせっかく黒い影でみせていた「誰にでも訪れる恐怖」はゼロになっちゃいましたよね。あと残った時間は、犯人(DAIGO熱演!)の壊れっぷりを見守るしか。
もっと地味な、普通の通り魔に見えた犯罪や、地元の名士と思われた人が実は、といった展開の方が怖かったと思うんですけどね。初回を派手にブチ上げたかったのかな。それともこのドラマはずっと、猟奇な犯罪メインで続くのでしょうか?? 

この手の犯罪ものって、主人公の凄さを主人公の描写で表現せずに、扱う犯罪の方をどんどん凶悪にしていくことが多いンですよね……。主人公の家族の事件もきっと凄惨なんだろうなあ。そこが嫌かなあ。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ