ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

黒羽麻璃央

「LINEの答えあわせ」~最終回 ☆☆

 順列組み合わせ、大団円!

 4月に食い込んだ最終回前に一回休みが入るもんだから、もう終わったかと勘違いしてましたよ~。随分ふんわりなエンドねと、それなりに納得w でも本当の最終回では、それこそ初対面で喧嘩してた安井と恵理乃が仕事で再会。ズバズバ言い合う仲でいい感じになって終わりましたよ~。ああ楽しかった。

 お洒落レストランのお洒落料理会で出会った男女。まずは順当に当日好印象の組み合わせで後日、安井&沙羅、藤城&恵理乃が急接近するも早々に分かれて。流石にそこ以外の人間関係もありつつ、元カノを誘ったら実は料理会メンバーとお友達だったとか。小説家(真島秀和)があちこち声かけてる女子の中に、モデル沙羅ちゃんのお友達もいて『同じ店に、同じ文句で誘ってた…』と超イメージダウンだったりw 結局は案外世間って狭いんだぞっと(^^;;;;)

「戦略が大事☆」
と主張して、わざと返事を遅らせ焦らしたのが裏目に出て振られたドラマ制作の笹川(坂井真紀)はその後のフォローなし。焦らし自体が昭和でダサいらしいし、仕事でも部下に「その表現、古いです」と言われていてあれこれ心配になっちゃいますけども。その他が上手くいったように、きっと合う人がどこかにいるのでしょう!

 まどろっこしい!と恵理乃に切られた藤城くん(黒羽麻璃央)でしたが、食事会当日には高嶺の花で話もできなかった沙羅(筧美和子)とめっちゃ後に再会。やっと連絡先を交換(^^) 控えめで臆病なところをむしろ、誠実と受け取った沙羅と、穏やかにゴルフレッスンなど始めていますよ。あとは小説家を切った決定打『え、今夜誘わないの?』が心配ですけど、同じ若さなら沙羅ちゃんがリードしたっていいもんね。
その沙羅に、自分のことばっかり…と嫌われた安井(古川雄輝)も、恵理乃(大西礼芳)なら自分からもガンガン日常や大変な仕事を発信していて無問題。沙羅やその友人が問題にした安井の自撮りアイコンになんて気づいてもいないのではw その恵理乃だって、小説家にとっては美味しい食事より会話を優先しちゃうことがマイナス。いや、貴方の小説を一所懸命に褒めていたのに? 結果、小説家は恵理乃を2度と誘わずに、パクパク美味しく食べる可愛い編集さんと仲を深め。安井と恵理乃はついに初回のレストラン、グランロッサに戻ってぎこちなく、交際を意識し始めた初々しいご会食。LINEで楽しい相手と、会って話して楽しいのはまた違うかもしれないし、ここはただのスタートですかね(^^)

 そして移転するグランロッサ。その先でまた、素敵な出会いを演出して行くんですね~。続編あったら、今度はシェフ(和田正人)も組み合わせの輪に入れてあげて~(^^) 

「LINEの答えあわせ」3 ☆☆

 ザリガニスマホホルダー可愛い!

 安井と沙羅が急接近の間、アパレル恵理乃(大西礼芳)と商社マン藤城(黒羽麻璃央)もそれなりに言葉を交わし、印象は悪くなく。ハプニングで再会して、ちょっと飲んで連絡先交換だなんてロマンチックじゃないですか!

 でも慎重藤城は、文面に悩みすぎ。友人が適当なチャラい文を送るまで、一週間も間をあけてしまって待ちぼうけの恵理乃がっかり。でも会えば年下くんの純情誠実が嬉しくて、こんな恋人もいいなーと浮かれる恵理乃だったのですが。その晩藤城1人が『イケる!』と盛り上がって行く裏で、年上恵理乃さんがどう『ナシ』と判断していったのかw   怖いw

 例えば誘うにも、会いましょう、ここはどうですか、の前に土日は何してますかーから始まって忙しいのかなどうかなと遠回しにじわじわ確認する藤城くん。料理のオーダーも、オススメがあるって言いながら、その前にあれもこれもパスタも!とどっさり頼んで、メインが来る頃には正直お腹いっぱい。お前は何がしたいのだ。
会話もありきたり。最初はそのつまらないところが年下ぽくて可愛い〜と思えたものの、好意が減ればただのつまらない話w 笑顔で受け答えしながらも、もう分かった、君はそのゆっくり遠回りが心地よい他の女の子と幸せにやってくれ!と態度を決める恵理乃さんなのでしたw  
 もう2度と次がないからこそ「また飲みに行きましょう」のLINEに「ハイ」と即答、その心は『さようなら』だったのだーorz  

 これは難解w 女子力低いしLINEの文面も悩みがちな当方、すっかり藤城くん側の気分で怯えながら観てしまいました。藤城友人カップルなんて、クラブのナンパから一週間、藤城がLINEを推敲し続けている間に結婚決めてましたからねw それはそれで早すぎるだろとは思いつつ、良し悪しでなく相性ってあるよねということで。

 最後は沙羅から恵理乃に連絡。徳川さんの誘いに1人で行かず、恵理乃を巻き込むようですよ。

 それにしてもザリガニスマホケースが素敵で検索しましたが、リアルすぎ大きすぎな類似品が一杯でそちらにも心惹かれるw ただのザリガニ好きw

「LINEの答えあわせ ~男と女の勘違い~」1 ☆☆

 おや案外面白い。
既読スルーになってしまったラインのやりとりを、再度女性側から描き直して、何が悪かったのかやらかしたのを教えてくれますw  この男女視点を変えての描き直しは前期「ねえ先生、知らないの?」では退屈の原因、30分が長かったですが。今作ではタイトル通りの「答えあわせ」になって楽しく見られます。w

 小洒落たレストランに集う男3女3の美男美女たち。
合コンにしては全員が全く初対面。年齢も20代~40代と幅広すぎで、なんの集まりかと首をひねっていたら料理教室でした。でもじゃあ料理技術向上が目的かというと、やはり出会いが目的な様でよく分かりません(^^;;;;;)

 大手コンサルから独立、IT社長の安井(古川雄輝)は、アパレル恵理乃(大西礼芳)をスルーして、モデルの沙羅(筧美和子)をちやほや。シェフ(和田正人)と懇意で常連らしい徳川(真島秀和)は女性に満遍なく優しいけれど、輪の中心はやはり沙羅。TVプロデューサの笹川佳奈子(坂井真紀)は、若造商社マン藤城(黒羽麻璃央)を顎で使い、恵理乃も
「やっぱり男の人は、若い女がいいのね」
と藤城に愚痴るw いや、そういうところが楽しくないのでは(^^;;;;)

 最初から、恵理乃に話しかけられても生返事だった安井。料理中も手つきにダメ出し、挙句包丁の取り合い(!)で手を切る恐ろしい事態になりますが、絆創膏片手に紗羅が駆けつけw 女子力を見せつけました。ってことは脈ありに思えるじゃないですか。
その後も、見合いでもない席で言い過ぎなほど「恋愛観」など語っていた安井に、笑顔で熱心に相槌をうつ沙羅。途中まで送っていき、別れてからもラインでやりとりをし続けて、なのに
「来週の金曜日、空いてる?」
と具体的な誘いをした途端、まず既読がつかずに安井モヤモヤw 翌朝からは既読スルーになりイライラw  家で羽根枕破れるほど暴れてますよ。ヤバい奴だな。←なのに、重ねて同じこと聞けない細心さ。ライン文化も大変ね。

 そこで時間は巻き戻って沙羅視点に。
自信満々で場をさらった様に見えて、話せないよーなどとずっと女友達とやりとり。ライン交換後は、速攻で安井のアイコンを友達にも見せて、自撮りはキモいだのチャラいだのと評定会議。イケメン故に、遊ばれて捨てられる警戒をされていたw  真面目に交際したいための警戒なのですが…。さて。

 相手によって態度を変える安井くん。ワインや香水などうんちくを語りがちで、自分を大きく見せるのが好きそうですが、間違えることもw そして枕を破る大暴れ。身近にいたら、少々地雷かな。それでも次回また沙羅と合っている様で、思い直して連絡があったのか、自分から行ったのか? 他のメンツとまためぐり逢うのか? 逆に恵理乃と初対面最悪からの何かが芽生える目もあるのか?

 それぞれの性格や関係を、言葉でなく座る位置や挨拶の様子で見せていく、演出の気遣いは好みです。答えあわせ、と行っても恋愛指南されるわけじゃなし。考え過ぎも考えなさすぎもダメそうで、返信に悩みすぎるたちの私としては勉強になるかも? 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ