ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

黒柳徹子

「コールセンターの恋人」〜最終回 ☆☆

そっかー、お父さん亡くなってましたかー。
そっかー、シュウマイはフタの裏ですかー。

↑どっちも同じぐらいの感じ(^^;;;)
いやむしろシュウマイの方が「あるある」とちょっとお茶の間盛り上がる分、インパクト上かもしれません。お父さんごめんなさい。

クレーム対応の達人として、アオキョーを話題にしたブログが本になり本社もイメージアップ!……の時点で、当のアオキョー失踪中じゃダメだと思うんですけど。本社は気にせず、都倉を呼び戻そうとします。
それを断る都倉くん。コールセンターこそ一生の仕事と心に決めた男です。
そして青山響子も戻ってくる。

ここで、安易でもなんでも恋が実るとか、夢が叶うとか、何かもう一つ都倉くんにいいことがあれば素直に喜べるのですが。ただ馴染みの同僚が戻って、短かった楽しい日々が戻って来ただけで終わられても今ひとつくいたりませんでした(東京マニアの安田顕がついに!「本物の」東京タワーを訪ねて来たことと比べたら 笑)
アイスとアオキョーの仲も、顔も知らないただのライバルでちょっとガッカリ。

つまらなかったわけじゃないのよ。別に破綻もしてないし。
「水筒の水を飲んで下さい」を今度は都倉から言うやりとりなど、いい場面もありました。
でも、徹子やみのもんたの友情出演、都倉の子供時代の写真(父兄弟も一緒に映ってればいいのに 笑)のインパクトの方が……。
いやいや終始、地味にいいお話でまとまるドラマが最終回も、地味に通常運転で終わっただけなのかもしれません。

コールセンターがあるから、南極アイスが暴走出来る(笑)
今日も誰かが地の果てで、電話の向こうできっと待っていてくれることでしょう。

「コールセンターの恋人」1☆☆☆☆

手堅く面白かったデス。

誰でも目にするあの画面の向こう、通販番組のドラマなら「ツーハンマン」がありましたけど、更にその先”苦情処理係”を舞台に持ってきたところがまずナイス。

24時間営業、なんでも売っちゃう。その分だけネタがあり、苦情とドラマがあるわけですねー。

で、そんな電話(受注も苦情も)を受け付けるコールセンターは本社ビル内でなく、人件費と家賃の安いド田舎にあるわけで。
イケイケ売れ売れでやってきた営業部の青年が、
「どっかにあるらしいよー」
と言ってたその部門にとばされてきてドラマは始まります。
おっとり好青年な小泉孝太郎が、クレーマー相手だと無礼者になっちゃう。お坊ちゃまらしく現場を知らずにヘマをする、怒られる、ヘコみつつも現実に目を開いていく。はまり役な感触です。
田舎が圏外→私用電話、24時間交代勤務で夜間も誰かいる→セクハラ疑惑広まる、の流れも細かく気が利いてます。

謎の女、青山さんとやらにミムラ。
彼女の笑顔が大好きなんですけど、しばらく封印かしら。 電話では物腰柔らかく、主人公には高飛車&平手打ちというギャップがこれまたいい感じです。

通販番組の立役者、南極アイス(南極でもアイス売ってやる!! 笑)と青山の間に何があったのか?

……今回の目玉商品、高枝切りばさみに関してはー。
途中奥さんが家を出ちゃって「エー?」と思わせたのが、別々に2本購入させるためだったのがちょっと無理矢理。ただでさえ苦しい家計に無駄な出費と思うと
「一家で2本ご購入、ありがとうございます!」
とか頭を下げている場合じゃ無い(><)とも思うのですが。
事件発生時、TVに映っちゃ困る困ると言ってる首脳陣が、事件解決&すぱっと桃を切った途端に小躍り、今プッシュしたら売れるわよーという南極アイス(名取裕子)に押し切られそうだったのには笑いました。

冒頭の「徹子の部屋」出演時には青山さん行方不明?? しかも、「帰ってきて」とか「徹子の部屋が好き」と知っていたりとか、主人公との間にもフラグ立っていそうでフフフー♪
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ