ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

黒島結菜

「アシガール」~最終回 ☆☆☆

なんと唯ちゃん、正室に(あくまで若君の希望で、まだ周囲は反対ですけどw)
寵愛、と聞いて『超、愛してるってこと〜?』と、聞き間違いは健在w 戦国の若君と女子高生の恋、見事実って大団円でした。

現代暮らしも経験している若君、中盤では唯に帰れと言ってたし。結ばれるにしろどっちで二人で暮らすことになるのかなーとか。最悪やっぱり離れ離れ、でも歴史は変わって地元に若君の子孫が生き残ってるほろ苦いラストもありかなとかさ、多少は心配しつつ見守っていたのですが、なーんだ最後はもう、現代のげの字も出てこずにラブラブで終わりましたよw 
タイムスリップものにありがちな、弟の発明品が発掘されちゃうとか、姫の絵が妙に姉貴に似てるとか、そんなエピソードも無しとは潔い
アコ姫の身代わりに高山に囚われた唯之助。
もうその辺から、まったく想いを隠さずに唯ぞっこんな若君でしたもんね……。挙句単身高山に乗り込んで、バカ息子宗熊(加藤諒ナイスw)との婚儀寸前で唯を奪還!そこまでしてくれてる、行動力あふれる若君なのに、やっぱり唯のスタンスが「守る!」なのは何なんでしょうねw お互いに、我が身はどうなってもいい気質だから大変です。
自分が捕虜に、と言い張る若君を電撃で眠らせて戦場に走った唯は、今度は兄上に危機を知らせようと鉄砲隊の前に走り出る(^^;;;) もう何なの、この子 orz

でも、さすがにここまでまっすぐな子の言うことは、ねじれた兄の心にもやっと届いた様子。そろ~り周囲を信じてみては、暖かい応答や謝罪を受けて雪解けです。この先は兄弟本当に助け合って生きていけそう。あこ姫に気持ちがありそうなのも、お互いいろんな意味で良い縁組ですよね。

ところで、正室を目指しての厳しい特訓中の唯姫、はたと
「正室って、もし戦になったらお供できないかも……」
と気づいて動揺。それなら正室でなくてもって、ほんとブレませんね(^^;;;)
しかもそれを姫装束でなく、何故かこ汚い下人姿で、しかも身を隠した藪から訴えてくる唯の、頬の涙をぬぐいつつ
「では戦の無い世にしなくては、の」
と応える若君。この人もほんと、器がデカいw いや内心は唯の無茶に焦ったり呆れたり、してるかもしれませんが表に出さないのは大事。高山からもその落ち着きだけで逃げてきたんですもんね。

突っ走る唯ちゃんの魅力が輝いていた作品でした。末長くお幸せに!

そのうち、タイムマシン2号で救援物資が届いたり、孫の顔見にご両親が来ちゃったりするのかも……w 

映画「オケ老人!」 ☆☆☆

「ボケ老人」との空耳を狙ったナイスタイトルw 老人活躍コメディです。多少の驚き展開はありつつも、全体は予想通り、それでいいんです。

ヒロイン教師千鶴(杏)は、新任地梅ヶ丘町でのコンサートに感激。早速コンタクトをとり『梅ヶ丘フィル』入団……のはずが、そこは老人ばかりの『梅ヶ丘交響楽団』で、超へっぽこ。誰も指揮は見ない、すぐおやつ休憩、いきなり一人死亡orz

実は元々メンバーだった大沢(光石研)が、仲間を連れて離脱し『フィル』を設立したのだとか。仕事でも、『楽団』代表野々村(笹野高史)が営む古い電気屋の目の前にどーんと大沢デンキビルが建つなど対立必至w 間違えたと言えなくなった千鶴は、辞めようにもいろいろ(笑)引き止められ、入院した野々村の代わりに指揮や指導までする羽目に。
それでも元々志望の『フィル』オーディションに挑戦&合格、両団掛け持ちする中で見えてきた方向性の違いとは……。

誰かを蹴落とす仕組みの梅ヶ丘フィル。高名な指揮者フィリップをフランスから呼ぶ手腕は大したものだけど、彼の大事なカセットデッキが壊れても新品を渡せばOKの姿勢と、出演者選抜にフィリップはお冠。
一方の梅ヶ丘交響楽団は、へたっぴでも和気藹々。もちろん古い機械は修繕して使う派! 野々村と意気投合、デッキを直してもらったフィリップは大喜びです(通訳のラバーガール飛永、終始真面目なのになんか面白いw)
さて、あなたが演奏を続けるならどっち?

……って、そりゃぬるま湯楽団は楽しそうですけど、上手くもなりたいジレンマ。それが梅ヶ丘交響楽団たら、今まで通り楽しみながら上手になっちゃうんですよ。それも高名なフィリップのおかげだったりせずw ロミオとジュリエット、野々村の孫(黒島結菜)のカレシ、大沢息子の指導がターニングポイントになるところが、なんというかオツでしたねえ。あれ、そこヒロインの手柄じゃないのねw
それでも団員をまとめたのは千鶴さんの熱意! 悩める千鶴の背中を押すのは、いつも同僚のイケメン君(坂口健太郎)で、もどかしいふたりの恋だか勘違いだかも、可愛かったです。可能性はゼロじゃないぞ(^^)

そして迎えた演奏会は、本当にステキでした。
冒頭では世話を焼かれる一方、迷惑をかける一方だった老人たちが輝いて、今度は若い千鶴をちゃんと支えてくれているのですから。更にフィルと楽団が(新旧電気店もw)仲直り、梅ヶ丘は一層すてきな町になるのです。


「アシガール」~6 ☆☆☆

若様が現代に、キターーーーw

いやあ毎回楽しいです。
豪族の姫と入れ替わって夜伽! ガサツっぷりが気に入られ、唄を所望されての熱唱が♪おお牧場はみどり♪ですよ。耳慣れないチェコ民謡の節にざわつく警備w また現代に戻ってきてからは、兵数の差をどうにかしろと無茶振りされた弟くんが思いついたのが、簡単プロジェクションマッピング。Jリーグ応援団の映像を空に投影し、援軍は膨大と思わせるという新兵器(可愛い)を投入だー!
おかげで戦は勝利、若君を守ったとして唯之助もお馬番にとりたてられ、ピクニックデートだってしちゃいましたよね←遠乗りに行く殿に走ってついていく唯之助w 体力ありすぎるw

しかし実は義兄に命を狙われている殿。和議の席で射抜かれて……命の危機に唯が下した決断は、自分の代わりに瀕死の若君を現代へ送り込むこと!

ご両親にしたら、挙動不審なおばか娘の様子をみようと弟の部屋を訪ねたら、血まみれで和装束の若者が倒れてるんですよ、いやあお母さんが医者で良かった。
「分かった!唯が過去にタイムスリップして、怪我した若君を自分の代わりに送り込んだ!」
と父君、見事、真実を言い当ててるのに自分の言ってること信じてないw それでも弟くんの説得もあり唯ちゃん行方不明は棚上げで。目覚めた若君の好感度が半端ないこともあり、留学生ホームステイの如き日々がほのぼのと過ぎていきます。

何もわからないはずなのに堂々としていた、当の若君。
「分からないときは、すべて分かった顔をして黙っておる」
のが上に立つものの処世術。騒ぎ立てるのは愚か者のすることだそうで、なるほどです。
しかしどんなに言動がしっかりしていても、まだ大人ではないはずの若君。争いのない豊かな暮らし、滅びている我が城を見せられて何を思うのか。そして時を超えて自分を救いに来たほどの、フク姫=唯之助の想い……。
でも現代の部屋に飾られた唯の写真は間抜けなスナップで、またその気取らない笑顔が可愛いったらw

さて戦国時代に残った唯はといえば、3分後に戻ってくるはずの若君は現れず行方不明。いつも若君~若君~と騒ぐおぬしが静かとは、何か知っておるなとごもっともな嫌疑をかけられて逃げたり、若君の許嫁と出会って助けたりとばたばた駆け回っておりますよ。

若君の腹違いの兄君が、側近が怪しいだけでなくご本人も実は腹黒いことにはいつ気付くんでしょう。それとも、唯を架け橋にふたりの想いはつながっていくのでしょうか。

満月の日を目前に感染症で倒れてしまった若君。さて、どうする……って、まさか弟くんが代わりに行くの?それって混乱するだけじゃないの??

「アシガール」3 ☆☆

「戦国時代の人で生きてる人はいないよ」
うん、弟くん正論w 1分1秒でも早く、戻って若君を助けたいと焦る唯ちゃんですが、待ってよ。今いこうが来年行こうが、城が堕ちた年は変わらないのよ。

タイムマシンの起動装置は隠されてしまいますが、せめて準備をと戦国時代のことを学んだり、食べられる草を調べたり。腕力脚力も鍛え裸足で走ったり……。おバカな姉の充実っぷりに、引きこもりの弟くんも少し考えを変えた模様。なにしろ「バカは我が家の伝統」と、何してるか知らないなりに親御さんは平然としてるしね。止めても止まらない姉のため、せめて薬と、スタンガンを仕込んだ脇差を用意してくれるのでした(唯が自分で作った荷物は食べ物ばっかりで、薬も武器も入ってなかったのが怖い~)
そして冷蔵庫のプリンを気にしながら出発w
計算では3分後に戻る予定、プリンはそれから食べるんですって。どうか無事に帰ってね。ていうか、史実では若君以下一同行方知れずってことは、全員で現代に跳んできちゃったりして!

さて現代を出立までに一ヶ月かけましたが、戦国時代で唯之助が消えていた時間はたった1日。
叱られながらも白米を差し出すと、盗んできたのかと問い詰められw 挙句、村じゅうの人を集めてひと椀ずつ分けてしまうので腹ペコペコ……でもそれが、魚や瓜のおすそ分けになって戻る。自分たちも食べて同罪なら、不審な白米がと注進されることもない。助け合って生きるのが村の知恵、と教えられる唯之助なのでした。

そして高山との合戦が始まり、鍋を担いでのしんがり組から先頭に駆けつける唯之助。殺し合いを目にして……気絶してる場合かー!


「アシガール」2

「徒(かち)で追うて来たのか?」
「はい、ガチで追ってきました!」
ズレてる会話ががミラクルに噛み合ってる、こういうの好きw

走って馬に追いつく、驚異のスプリンター唯ちゃんw 若に近づくため、かけっこ勝負で雇ってもらおうと奮闘しますが、勝ったのに馬扱いで飼葉だけくれて追い払われてしまいます。 唯に負けてお払い箱の黒人、悪丸までついてきちゃって珍道中。
その後もうろちょろするうちに、若様の腹違いの兄とは話せたものの若様本人には近づけぬまま…… 現代に!
タイムスリップ先で一定時間経過したら、出発直後に戻って来られる設定になっていたんだそうです。便利だね。

家族で囲む夕食は、タイムマシンの改良を叫ぶ弟に、野菜は戦国時代の方が味が濃かったなどと語る姉、平然と受け答えしている母w 普通の人の父がおいてきぼりw
学校でも、突然愛を語り出し友人をひかせる唯ちゃん。歴史の先生にも突撃し、愛しい若君の一族も城も、半年ほどで全滅と記録にあることを知ってしまいます。そんなことはさせない!と決意しての、1話冒頭での足軽爆走なんですね。

さて次回は、準備万端でタイムスリップにのぞむんでしょう。さてどんな装備で、どうやって城に雇ってもらうのか? 

弟の計算では今回は三日だったけど、次は一ヶ月行くことになるのかんの。インスタント食品やシャンプーリンス必携w
スパイク履いていった方がいいのかな。 悪丸の走り方ひっどかったんですが、唯之助の指導で速くなったりするんでしょうか。あとね、全てを終えて淡い恋が破れても、唯ちゃんの陸上競技のタイムは上がっているはずです。

「アシガール」1 ☆☆

うっかり戦国時代に跳んじゃったJKが、若様に一目惚れ。お役に立ちたい一心で足軽に志願、後の世に伝わる落城の歴史を変えちゃえるのかー?
 タイムマシンは、弟の自作ですよw 天才かw


旦那は早々にリタイア、私は結構楽しいと思うんだけどな。戦国時代を現代人が体験すると徒歩移動に文句がつきものですが、陸上部で走るの唯ちゃん(黒島結菜)は歩くどころか走る走るw  挙句の行き倒れを助けてくれた、優しい若様(健太郎)おつかえしたいよね。短い髪に脚丸出しのヒロイン唯ちゃんのこと、若様も百姓たちもナチュラルに男扱いでしたけどドンマイw 唯之助と名乗り、もらった玄米おにぎり、変わった味だけど美味しくってぱくぱくです!
 

今回は、現代に戻った映像は唯の夢でしたけど、予告でもあった現代に戻る場面はどうなんでしょう。
郷土の歴史に興味ゼロの唯ちゃん、地元の城跡=遠足で弁当食べるとこで、城に起きた悲劇は何も覚えてない様でしたからね、一旦戻って衝撃受けてもらわないと。

しかしまた過去に行くとして、未来の知識で助言して戦況を左右どころか、本来は話しかけることもできない方ですよ。さて、どうなる?

原作って「ごくせん」「デカワンコ」の人なんだ、なるほど。 

「時をかける少女」1 ☆☆☆

甘~~~~~~~~い、甘酸っぱい(><)
未羽、となったヒロインの名と、タイムリープを利用し予言でユーチューバーになろうとするあたり今時でしたが、そこ以外は鄙びた田舎町に似合う芋かわいいヒロイン未羽(黒島結菜)と芋カッコイイ幼馴染吾朗(竹内涼真)が可愛らしくて、特に後半が盛り上がりました。歴代の映像化をひとつも知らない娘も一緒に、告白や恋の行方にキュンキュン。ちなみに親子して吾朗派ですね!主人は冒頭の5分で脱落w

小さい頃は犬から守ってくれた吾朗ちゃんと、今も一緒に登校して、毎年連れ立ってお祭りに。未羽が食べ残したたこ焼きのたこを、同じ箸で自然に口に運ばれてる様子はもう、カップル通り越して夫婦よw なのに告白は拒否でタイムリープって!切りすぎの前髪と同じ扱いって!(放火の疑いで逮捕、とも同じだけどw) 

気まずくなるより、告白なんてなかったことにして、ずっとこのままでいたい……。
それも分かるけどさ、じゃあ吾朗ちゃんが辛くて離れていったり他の女とつきあったり『このまま』じゃなくなる可能性は考えないんだなあ。バカだよねえ。そんな青春をさらにややこしくするのが、恋に恋してる未来人ケンソゴル(菊池風磨)ですw

私服で学校にいた不審者のはずが、未羽とぶつかって吾郎に謝られた5分後には同級生翔平として教室に。カバンの中にそれだけが入っていたラベンダーの花束が、あれれさっきの人がなんで……と違和感をだめ押ししてくれる親切設計です。で、その未来人、プールの授業に見とれていたり、遺伝子に縛られない職業選択や配偶者選択の自由に興味津々。そして未羽が吾郎に守られた記憶まで、自分がしたことに変えてしまいます。ああ、ますます吾郎ちゃんが恋人に昇格できなくなるー。
放課後は、落とした薬の代わりをなんとか自作中。早くしろと責める相方までいて、いままでの映像化と比べるとずいぶんと未来人寄りに描かれていますよね。まあ確かに終盤いきなり種明かしされるより受け入れやすいのかも。その分、未羽が何を考えているのかが薄くなり、バカっぽさがいや増しますよー。

だいたい受験生なのにね。
「来年はここにいないかもしれない」
そんなカウントダウンの甘酸っぱさは良しとしても、高3の夏に焦りも勉強している様子もなくイジメだネットアイドルだ夏祭りだって学年そろって呑気すぎでしょう。高1、高2だった方がそこを気にせずにみられたのかも。

また警察での取調べから未羽が消え、その上驚く刑事たちまで描いてしまったのは大間違いだったのでは。そしたら他のタイムリープでも、妹はアイス食べられたまま、ネットアイドルは虐められたまま、告白した吾朗の目の前で未羽は消え、提灯の下敷きになった翔平は死にかけたまま、ですよ? 
細かいことにツッコミいれたくないので、大きすぎる穴は開けないでお願いしたいです。 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」予約受付中


カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ