ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

麻生祐未

「テセウスの船」~最終回 ☆☆

 もう元と同じかわからなくなってしまった「テセウスの船」は、事件でなく心さんのことだったんですね…orz

 最終回も案の定文句タラタラで観てましたw 酷いw
 差し入れの本に「家族皆殺し」の暗号って~佐野文吾(鈴木亮平)でも気づく雑な暗号をスルーして与える小藪刑事もダメですが、
「私が犯人です」
って自白したら世間から家族がどう見られるのか、分かってない文吾にがっかりだよ! 心さん(竹内涼真)何のために過去に来たんだよ! ←こう書いちゃうとまるで狙い通りタイムスリップしたみたいですけど、偶然ですから! なのにこの音臼村、やたらタイムスリップに寛容じゃないですか。なんと文吾を刺した真犯人まで「文吾と心先生は親子だろ」と異常設定を受け入れていて大爆笑w  もうこれ、音臼村周辺では普通に時間旅行頻発してて、河童並みに語り継がれてますよね。霧の日に見慣れない服装の人が歩いてたら親切にしてやれ、とか言われて子供たち育ってますよね。文吾が心さんの正体を、奥さん(榮倉奈々)には頑なに告げなかったのって奥さんはよそ者だったからでは(いや、文吾だって音臼村には赴任しただけで育ってはいないかもですが)

 さておき、ミキオがぜーんぶ分かりやすく喋ってくれた事件の真相。を、録音した機器は令和元年製品でしょ。再生してハイ犯人!ってだけ? 平成元年にはあり得ない小ささを誰も気にしないの?記憶媒体テープじゃなくきっとSDカードだよ?気にならない?

 もうホントSFとしてはダメダメでダメ過ぎて、悲しくなるほど。

失踪=真犯人か?と一瞬ミスリードされた校長先生は、単に息子が恋しくなって会いに行っただけ!だって文吾と心を見ているとまるで親子のようで。ってさー。文吾には実子も3人もいるというのに? 肉体年齢10歳違わない2人にそこは「兄弟のよう」でないと可笑しいでしょうに。

あと、佐野家が今更思い出した心さん来訪理由「父親を探す」!「見つかったの?」と聞いて、うなづかれたら次は「誰?」じゃないの?こんな小さな村でw  もうツッコミどころがありすぎるー。

 でもドラマとしてはきっちり毎回泣かせどころがあって
「俺は家族が大事だー」
「お父さんを信じる!」
等と異論の出る隙もないことを、感動的な主題歌に乗せてお送りするので何かいいもの見たような気がしてしまうという罠。 最終回では、佐野家タイムカプセルから文吾の「家族への手紙」を掘り起こし、その家族愛溢れる内容に、一時とはいえ文吾を疑ったことを後悔する家族…。「お父さんゴメンなさい~」って子役の演技に泣けましたよねえ。
…なんで妻でなく他人の心さんが読み上げてるんだって気づくと涙引っ込みますけど!

 真犯人が、心さんと同じように「人殺しの子」と後ろ指さされて育ち、捜査した文吾は幸せに暮らしやがって、と逆恨みした設定は、皮肉で成る程でした。ただ終盤5分にセリフだけで全部言われて。妹いたことも唐突で。ベテランが演じても難しいだろう場面を、ドラマ初出演の芸人さんに任せるとは無謀な。原作と犯人変えたそうなので、配役した時にはまだ犯人決まってなかった疑いがw

 さてラストは30年後、無事犯人にならずに初老を迎えた文吾を囲む一家団欒。子供達はそれぞれに伴侶を迎え…(成長したイガグリ兄が澤部で、話題をさらっていましたけどねw 芸人キャスティングしすぎ~)思い出の中の心さんそっくりに成長した「息子の心」は、上野樹里な嫁を迎えて。その名前が、結婚指輪に刻まれた人と同じなことを文吾だけが知っているのです。
えーっと、その妻が父親を信じろと言ってくれたことは文吾も聞いていましたっけ。でも、出産で死んだことや、赤ちゃんの名前は? それこそ平成元年の心さんが今際の際に言い残したのなら、時間旅行の渦に飲み込まれて可哀想ですし、これから奥さんが亡くなるだろうとただ1人予見してしまう文吾の心情たるや、ですが。だったら逆に胎児に遺児の名を提案しちゃダメダメ~! 

 てか、その「息子の心」がいかに異常に過去の心さんに似ているのか、ひっそりと確認するためにも当時の写真が一枚は残っているべきでない? せっかく過去に持ち運んだ新聞記事スクラップも早々に捨てたまま、犯人たちが拾ってどうしたのかも語られず(配信見ろとかやめてね)全く気が利かないというか。
 せっかく放映日にリアルタイムで観たのに、自分の中で消化するのに随分かかりましたw このダメさが原作由来なのか、どうなのか。うっかり読みたくなってしまっている今日この頃です…。くううう。

「テセウスの船」5、6☆☆

 ほら死んだorz
そして皆タイムスリップに理解がありすぎて驚愕w

 証言を申し出た松尾さん(芦名星)の死までは、ああ殺される~とハラハラ見ていましたが、その後続いた人死にには驚くよりも頭が痛かったです。心、迂闊すぎ。 殺人犯の息子として、自分が疑われる!と怯えてしまう心理はわかりますが、だったら常に目撃者を連れておいて。次善の策は素早い通報でしょ! どこでも監視カメラがあるご時世に、通報せず逃げるのが最悪手では。

 その合間、取材で由紀と距離を縮めながらも、「友達が」と過去の由紀へのプロポーズを語る切ない心。
祖母の形見の指輪を失くして探す彼女に、ほらあった!と別物を見せてのプロポーズは微妙で、聞いてる岸田由紀も『なんで今その話?』だったかもですが、心にとっては、妻由紀と岸田由紀が別人だと区切りをつけるための大事な時間だったのかと。

 それだけに終盤、大スクープ!事件直前の音臼村にタイムスリップしたんだよ!と唐突に打ち明けられた岸田由紀が、そこに登場する「妻」だけに反応して
「私…?」
と、そもそもの真偽を問わないのは謎すぎですorz  妄想扱いしないんだ。差し出される指輪の刻印 SHIN TO YUKI ぐらい注文できるし。飲み物の好みを熟知=監視や盗聴の可能性ぐらい、記者なら疑ってw
そうならずに、由紀に心との絆を信じさせるエピソードは、『珈琲より紅茶が好き』程度のことでなく、教えなければ知らないはずのもっと大事なことじゃないのかな、まさしく『その指輪は祖母の形見』みたいな!(岸田由紀が落とした指輪を拾って紛失を未然に防ぎ「形見でしょ」と知らないはずのことを言った上で「プロポーズをするつもりの日に、彼女が指輪を失くして」と自分のこととして語っていた、ならまだ「それ、別の世界の私?」と思えなくもないかなあ…)

 とりあえず由紀に喝を入れられ、また音臼村慰霊碑に向かう心。
車椅子のみきお(安藤政信)とばったりw出会い、犯行を高らかに謳う彼に殺されかけるわけですが…三たび忍び寄る白い霧。またまたまたタイムスリップかーい!

 真犯人が来ると見越して録音機器を準備し、警察も呼び寄せてある手際良さ。しかし「俺が犯人だ」の自供で呼んでは、後々絶対面倒なのにorz そして、格闘に備えて防刃チョッキか新聞紙の腹巻き(ヤクザ映画参照)ぐらいは仕込んでおきたかったですよ。
 そして過去では、事件の何日か前。
当時小学生のみきお君が、本当にそんな大それたことを目論んでいたの? 優しいさつき先生も当時から実は? ユースケサンタマリア刑事はもう死んでいる日付なんでしょうか?
予告に、未来の自分の声をきくみきお君が流れていましたが…『僕と同じ名前の人だー』としか思わないんじゃないのかな。それとも、既に心のタイムスリップを確信していたら…。って、いやいやいや、未来日付の新聞記事だって免許証だって、TV用の小道具だと言われる方がまだ
「未来から来ました」
より絶対マシな言い訳だって!

誰か1人ぐらい、絶対タイムスリップを信じないマン居てくださいよー。

「テセウスの船」3、4 ☆☆

 えー、現代に戻ったw

 音臼村から心が消えて、事件は止められず毒殺犯はやはり父文吾。でも母と兄は心中死と、心のタイムスリップは事態を悪くしちゃってましたよ。でも、過去が変わったなら妻生きてたりする?と自宅に駆け込めば、赤子はおろか2人暮らしの跡形もない殺風景。結婚してなかったことになっているのね。

 なのに心の左手には結婚指輪orz  そういう齟齬がこのドラマ気になるのよ!

 その後も、獄中の佐野文吾に会いに行けば覚えていて、自分を無実と信じる「心さん」がいつか会いにきてくれることを支えに生きてきた、と。その父子のやり取りには泣かされるんですよ。文吾の老けっぷりはさすがで、老けメイクの自然で良いし、鈴木亮平のことなので村で警官だった撮影から老けメイクまでに痩せたりもしてるかもw
 しかーし!
 だとしたら文吾が新生児に心と名付けたの? 獄中から頼んで?
「あなたの息子です」と告げた心を信じた文吾には意味あることでも、妻和子(榮倉奈々)や兄姉には無断で消えた短期同居人の名前。どう納得したものか。 

 更には、この世界の心=佐野心は、母を亡くして施設育ちで独身。30年前に文吾と知り合った、教員志望で既婚者の田村心とは全然別人に育っているはず。生後1度も面会に来てないなら、文吾には違いが分からないでしょうけどね。佐野心はどこに? 彼も同じように廃村の音臼村を訪ねたのだとしたら、何をきっかけに?

 妻由紀(上野樹里)に会いに行けば結婚どころか知り合いですらなく、姉の鈴(貫地谷しほり)に会いに行けば「もう帰って」と。親しいはずの関係が消えていて切ないのですが…。
由紀ったらこの世界では雑誌記者!音臼村事件を取材し、心のことも『佐野文吾死刑囚の息子の』という認識です。愛する夫のため、と文吾の事件をスクラップしていた由紀が、そもそも調査向きだったとはw なんか愉快ですw
そして姉鈴は整形済み!
記者に追われずに生きていくため、名前も顔も変えたのだとか。そこも泣き所なのに「そうかー1話の顔にアザがある鈴が貫地谷しほりっぽくなかったのは、そういうことかー」と要らないことを考えてしまいますw

 そしてなんと、鈴の夫は音臼村事件の生き残り!義母は、彼を引き取って育てた、小学校のさつき先生(麻生祐未)!

いやそれ、どっちも鈴をよく知っている上に、心の顔にも見覚えが(あちらは30年ぶりとはいえ)ある筈(^^;;;;;;)   そして事件の話になるたび、文吾を早く死刑に!と叫ぶ人たちと家族でいるなんて。贖罪のつもりか、なんとも辛い道を選んだ鈴なのですが。
久しぶりに会う、一緒に育ってもいない弟心が突然、30年も経った事件を調べたいとか言い出して、鈴の暮らしはますますハードですよorz

 現代で当時の証拠集めをして(心と由紀はまたそれで親しくなり)、またタイムスリップした過去で事件を防ぐんでしょうか?
元々はジュースに毒物が入れられた事件が、心の干渉で汁物に毒が入れられることに。でも多分、心が未来から持ち込んだ新聞記事は日付やジュースのこともそのままなんでしょうねえ、残っていれば。
 何しろ、見られてはならない!と謎の決意で早々にノートを捨て、証拠ゼロで「未来から来ました」と言い張る羽目になったのに、文吾もユースケサンタマリア刑事も、信じましたからね…。ノートの意義は、むしろ誰かが拾ったことで発揮されるのでしょうよ。そして最後は、文吾が捕まらず心は教師で、母も妻子も無事で幸せな未来になるのよね、きっと!
頼みますよ!

 タイトルからして「修正を繰り返したら、それは別のものでは」というパラドックスにまつわる「テセウスの船」 てことは、心はまだ何度も事件前の音臼村に戻っては修正を繰り返し、事件は全く違うものになっていくのかも(事件を防ぐより、文吾を殺して犯人扱いにならなくする方が簡単そうw)  そして心も全く別人に?でもそれって誰から見てかって話で。佐野心と親しくて、急に変わったねと思うような人は…、いないのかな。殺人者の息子として日陰に行きてきたものねorz  むしろ、田村心時代に由紀とどう結婚にこぎつけたのか。

音臼村から戻って以来、仕事もしてなさそう。大丈夫なのかw

「パーフェクトワールド」~7☆☆

 地震!樹(松坂桃李)は足場の下敷きに!!
ああ、これきっかけで復縁だろうなあと半分満足しちゃってるのでとりあえずここまでの感想をw

 君を不幸に出来ない!と、仲違いでもなく外圧で一旦別れる二人。無理しすぎてたのはあるのよねえ……。
退職して実家に戻り、インテリアデザイナーとして長野で働き始めたつぐみ(山本美月) 妹(岡崎紗絵)と暮らしていたアパートの空き部屋には、なんと洋貴くん(瀬戸康史)が入居です。って、え、いくらつぐみ愛を公言してる幼馴染でも、それって!親も公認って!密かに洋貴くんラブな妹とくっつく兆しか~と思いきや、めげない洋貴のプロポーズに応えたつぐみ、結婚承諾しちゃいましたよ!(それきっかけで、妹と義足の彼が急接近)
以後、しょっちゅう長野につぐみを訪ねて来る洋貴くん。いや前からかw 愛だよね。そしてお芝居の切符が~とデートは東京なのも長野県民的に普通なのかもですが、路チューは元カレの生活圏外でにしましょうよ……。ついに初キスの二人を、見守ってしまう樹。切ないわ偶然が過ぎるわで困りますって。それならいっそ、樹をたずねたら不在だったマンション前でキスぐらいの傍若無人さであって欲しいです。

 そんな折、例の樹前カノ(水沢エレナ)の紹介で『バリアフリー住宅希望の料理人』と知り合います。
車椅子で退院するだろう難病の妻のため、快適な家を望むご主人(山中崇)、無駄だと拒む奥さん(紺野まひる) 死ぬの愛してるのと、自分たちも似たようなことしていた大騒ぎに説得の言葉を持たないつぐみ。上京し樹を訪ねる流れに、もしや支え続けるご主人の姿に、別れたことを後悔したのか……?と思いきや、それは傍に置いての設計依頼。一度は断ったという旦那さんからの依頼を、ぜひ受けて欲しいのだと(この雑誌のイケメンに頼んで断られたんだよーと、ご主人が記事出した時の空気w ここに障害ゆえに別れた元カノ2人揃ってますw)
樹のお断り理由は、奥さん側への共感。
負担をかけたくない、まして自分の夢を捨ててまで、その為に貯めたお金でのバリアフリー住宅なんて、と拒否する気持ちがよくわかるのだそうですが……。なんだかんだ、介護とレストランを兼ねた設計が出来上がった時には感激しましたね!そう、どっちも諦めなくていいんですよ!

 てことは、また仕事で一緒になる2人。息ぴったりなのですが……じゃあ復縁、とはならないのが、歯がゆいところw
もうつぐみと洋貴くんは式場の下見に。そして樹は介護ヘルパーさん(中村ゆり)とお付き合い始めたと、長野にまで釘差しに訪ねてきたヘルパーさんに聞かされて、もちろん嘘なのにつぐみは信じたし。カバンから覗いた切符で長野行きを知った樹(自動改札は使用済み吸い込むけどなあ…)は、泣き崩れる彼女を優しく抱きしめるんですよ。離婚した、しかも理由は樹、と知ってなお世話を頼み続けているところで、受け入れてるしなあ…。

 と、ここまでこじれているところでの、震災!
自分に正直になるきっかけになるんでしょうねえ。洋貴との結婚は承諾しても、肉体関係はおあずけでしたからねえ…。そこをガツっと行かないから当て馬なんだよ洋貴くん……(復縁後に妊娠発覚の修羅場はなさそうですねw)

そうそう、式場でばったりあった樹母(麻生祐未) つぐみと樹の破局を残念がって「あの事故がなかったら……」って、何度も言いますが事故がなかったら、嫁は前カノで、つぐみとは恋仲になってないから!

「義母と娘のブルース」1 ☆☆☆

うわー、また変な綾瀬はるか(褒めてます)

再婚相手良一(竹野内豊)の、小学生の娘みゆきに初対面で名刺を差し出して嫌われ、いろいろ懐柔し「採用通知」をもらったお礼にと、真顔で腹踊りをして更に嫌われるという常識無いにもほどがある変な奴なのに、キャリアウーマンな亜希子(綾瀬はるか)w こんなんで本当に仕事もできるんかと思いきや、色仕掛けも脅しも辞さない全力っぷりに語学力。本当にできちゃってるみたいです(^^;;;;)

そんな堅物亜希子を射止めた良一の方は、ぽわーんとした男前。取引先の社員だそうですが、およそ切れなさそうな良一が、どう見染めてどう口説いたのかがさっぱり描かれず、まだ妻の死後たった3年。
それで、あらかじめ娘に説明するでもなく硬いスーツのお姉さんが急に現れて
「新しいお母さんだよ〜」
って、そりゃ嫌われますよ(そういうところも良一、仕事できなさそう……)その後も娘の攻略に全然力貸せないし(^^;;;) いい人そうですけどね。

手を握るでもなく敬語で会話し、どこが好きなのかと子供に聞かれて「仕事ができるところ!」って。お互いにこの結婚について『メリット』があると言い合う様子からも、ラブラブよりも何か裏のある結婚みたい。ドタバタ喜劇なら、タイトルにブルースとはつけないでしょうし、ね。そんな暗雲をナレーションも予感させつつ、概ねコメディな初回でした。この亜希子がどうなるのか、見てみたくなりますね。
来週ぐらいまではまだ、みゆきちゃん子役のままですかね(バルサ子役だった横澤菜帆)

あと、無責任なバイク便に佐藤健。この先絡んできます??

「あなたのことはそれほど」8 ☆☆☆

離婚届を書くと腕がツルそうで、自分の名前をきちんと書き終えずにごまかし続ける必死の涼太。挙句に「涼犬」「涼天」ってw 負けずに新しい用紙を持ち帰る美都……不毛です。 そんな修羅場の間も、美都が料理をすれば上機嫌、翌日は美都の好物を
「はい、あ~ん」
いや君の愛妻は絶賛離婚希望で、一人暮らしの物件も見て回っているのに。 でも涼太曰く、自分はなにも悪いことしていない。離婚したくない。まあ確かにそりゃそうなんですけど。

おせっかいな同僚小田原に離婚を強く勧められ、いつになくキレる涼太です。例の「お天道様が見ている」が口癖だった母の思い出、どんなに素敵なお母様で執着があるのかと思いきや、なんと困った愚かな母でしたよ……。メシマズで掃除が出来ないだけじゃない、息子のペットをうっかり殺しちゃうほどの。でもそれを赦して息子からかばい、愛し続けた父だった。愛ってそうあるべきと信じ込んでしまっていたら、なるほど愛欲に走るお莫迦な美都を責めず赦し続けることこそ愛なのかも。
そして鋭い母は見抜いてしまいますよ。小田原さんは好きなんだね、涼太が。うほ。

有島家は有島家で、浮気告白以来ずっと険悪。
『どうして自分を選んだのか』と、投げやりに尋ねる麗華。光軌の返答はご立派で『お前の前でだけ本当の自分になれる』って、この状況ではもう笑うしかありません、じゃあ浮気すんなよって話ですよね。これがあのデートの日、浮気の告白の代わりに言えてたら、さぞ愛が深まっていたでしょうに後の祭りです。
だいたい今日も、優しいから「一緒に行きます?」なんて社交辞令で、しょこたん家と合同で動物園に行く羽目になり、優しいから、感じ悪い旦那がずーっとしょこたんをバカだダメだと言い続けるのにキレて物別れ。そりゃ、しょこたん旦那曰くの「ダメ母に育てられて可哀想~」より、「母親を悪く言う父を見て育つ方が可哀想」という光軌の捨て台詞の方が共感できますけどね、淡々と麗華が文句言うように、この先もご近所づきあいは続くんですよ……。ほんとこういうところも、後先考えていませんよねえ……、ああだから浮気する奴なんだっけorz

そして美都の妊娠でさらに狂う涼太。
「僕の子だよ」
そんなわけない、と美都が即答するからにはしばらく夫婦生活なかったんでしょうね(^^;;;) でもさ、法律的には涼太が全く正しいよみっちゃん。今すぐ離婚できてすら、そのお腹の子は法律的には婚姻関係にあった渡辺涼太の子です(離婚後300日以内の出産まで、かな)そして無理無理無理無理と心が叫び続ける美都をよそに
「でも、おそばは食べるでしょ?」
とすっと話題終了、蕎麦の茹で上がりが優先な涼太氏。平然と食べながら、検査や病院の話が進みます。いや、怖い怖い。そのうち、笑顔で蕎麦食べながら涙が流れます。ねえ涼太、それ無理してるんだよ。赦せと育てられちゃったけど、本当は赦せなくて泣きたいんだよ。

ところで涼太、美都の帰宅報告以来、香子さんからの連絡は無視し続けていたようです。飲み屋で会った有島に怒りながらも、涼太を褒め、連絡が来ないと憤る香子ちゃん……。え、そこ?
そして、ネット上やマンションの郵便受けにばら撒かれる怪文書。渡辺美都は不倫をしている……これって香子ちゃんの仕業なのかしらん、涼太さんが好きだった?そこまでは行かなくとも、幸せな結婚で大事にされながらも夫をないがしろにする美都が憎かったのかな?
それとも、お手製クッキーが既製品と看破され(もしや唐揚げも?)恥をかかされたしょこたんの可能性も……。
いやまさかの小田原さんが?
さてどうなることか。

「あなたのことはそれほど」7 ☆☆☆

「家に帰れ」
と美都を諭し、後悔してる、もし最初の日に戻れたなら抱かないとまでいうくせに結局することはしちゃう有島くん。どんだけ意思が弱いんですか……orz
そして久しぶりの夫婦水入らずデートでは妻に自爆w 麗華さん、浮気を承知で泳がせていたわけじゃなかったんですね。回想のなれそめでは、麗華からキスしててびっくり。そんな大胆なところもあったんだ、そして怒ったらこんな怖くなれるんだ……こりゃ、この先大変ですよ。

一方の不倫妻は、ついに実母を頼り大嫌いなスナックを手伝う羽目に。ザマーミロです。
迎えに来た涼太に連れられ帰ると……あの完璧に片付いていた自宅は盛大にワインのシミ、あちこちに転がる惣菜がらとビールの缶。なんだスーパー主夫涼太もこんな人間臭いところがあったんじゃないと胸が痛みましたけど、イライラと片付ける美都はそうは思わなかった模様。 ついに離婚届をつきつけると……笑顔で用紙を破く涼太w あああああ、どうせワインの瓶投げるならもっと早く美都の目の前で爆発すれば良かったし、離婚話も今更で、完全にボタンをかけ違っている二人です。
バツ3の橋本じゅん先生のお言葉が深い!
離婚は、結婚よりも「相手がどんな人間かよく分かる」のだとか。確かに結婚は、なーんにも決めていなくても浮かれて始められますけど、離婚は協議だ財産分与だ慰謝料だと、双方が納得して判をつくまですることがたくさんありますもんね……。

更に今回は、不倫騒動の周辺もざわざわしてきて嵐の予感。
例えば香子。美都に毎度の説教をかまし家に泊め、涼太からの「美都が戻った」連絡に良かったねと返信しながらも、なにか物思う風情。
例えばショコタン。「愛されてない」と夫の愚痴を垂れ流しながら、「愛されてる」麗華を羨むけれど、目撃した光軌と美都の浮気には言及せず……人気メーカーのクッキーをなぜか手作りと偽って渡してくる(まあその方が、何か混入されてる心配はないけどw)
例えば涼太の同僚。わざわざ美都に離婚のすすめ。「欲が深い人」だから涼太には合わないとか、変人の美都だからへーそうかもと受け入れてましたけど普通は失礼で余計な世話でしょう(^^;;;;)

次回予告では、怪文書が!さて誰の嫌がらせなのやらワクワクが止まりませんよ。


「あなたのことはそれほど」4、5 ☆☆☆☆

ざまあみろーー!
不倫を悪びれず反省もない美都に、とりあえずは『会えない』天罰が下りましたよ。ああ生ぬるい!嫌われろ呪われろー!

「ずっと変わらず、君を愛する」
これが新婚早々不倫してた妻への、誕生日&結婚記念日のプレゼント。
勝手にずっと好き、案外似たもの夫婦ですよねw そして美都は有島家玄関に突撃、涼太は公園でコンタクト。そんなところも似てるのかもしれない~(^^;;;)

久しぶりに会うなり「不倫がばれたんだね!」と実母が見破るほど顔に出てる美都w 涼太も仕事のミスは増えつつも、家では責めず話題にせず料理は美味しく、微笑みっぱなし。そして妻が好き。それを
「気持ち悪い」
としか思えない美都ですが、お母さんが言う通りこれは本来、美都が望んだものな筈ですよねえ。『愛』じゃなく、壊れない『幸せな結婚』

それに有島くんとつきあっても別れそう……。愛娘の写真に「可愛くもなんともない」熱を出したと心配しても「ついてたって良くなるわけじゃない」から自分とディナーしよう等々、フリーダムな失言だらけ。

「友達に戻ろう」

と言われて、ハタと気付く美都。再会して即ホテルにGO!だった二人、友達だったことなんて無かったよ!


さあこれで、美都と涼太はともかく有島家は不倫は終わって平和な日常に……戻るのか?

旦那が居ない時間にわざわざ来る『元同級生』も怪しければ、公園でわざとぶつかってくる『子作り中』な男も変、と見抜いている妻:麗華。

そもそも、派手めなフワフワ女が趣味の有島くんが、なんで地味で不幸な麗華と結婚したのか。中学時代三好美都に声をかけたのも、家庭の事情で泣いてる時だったわけで、可哀想な女を助ける俺カッコイー的なことかと思っていましたら。え、妹? 妹が『兄ちゃん本気だね』と見直してくれるからって麗華? シスコン……?


まだまだ揉めますねw

「あなたのことはそれほど」3 ☆☆☆

なるほど運命の恋。クズとクズが惹かれ合うさまが、もうすがすがしいほどで楽しくなってきてしまいましたw

浮気旅行。
幼馴染の香子と行った設定、なのに対策は香子に断られた口裏合わせだけ。過去の写真から旅行先っぽいのを探す気もなければ、途中で『お母さんが意識不明!』と呼び出されたことへのフォローも想定外w 
写真はないの?香子ちゃんにも大丈夫だったって連絡してあげなきゃ……と、気がきく旦那涼太の提案にいちいち「え?あ、ああ~」と杜撰な対応の美都、バレてる、バレてるよぉ

それでも、涼太の同僚を招いて手料理でおもてなし!と美都から言い出したことには大喜びの涼太。
好意を貸し借りで考えがちな美都には、それってギブアンドテイク。やはり浮気を見破っているお母さんには、罪滅ぼしでしていると思われているわけですが、尽くす系の涼太にしたらイコール愛されてる実感でしょう。まさか妻が
『優しいから好きって、餌をもらって懐いてるだけみたい』
などという謎理論をかましているとは、ねえorz

しかし一応は反省して、一応はもう会わないつもりでいたようですが……。結局は、おもてなし当日のお詫びランチにノコノコ参上。きっぱり帰る!と一応は思ってたのに抱きしめられたら案の定、ご休憩じゃーん
「ずるいよ」
じゃないよ。その豪華ランチも、昼間っからいちゃつくための部屋代も可愛い娘さんの出産祝いから出てるんですよorz

そしてこれも案の定、買い物して料理つくる予定なんかオーバー! デパ地下で札ビラ切ってローストビーフも惣菜も丸ごと購入、並べるだけ並べてセーフ……なのか? 嘘の下手な美都、自分で作った設定の料理食べて「美味し~」とつい口に出てるしw  普段から味に細かい涼太さん、それこそどこの店の惣菜かも切り方味付けで分かっていそうw うっかり忘れたデザートも、母が準備してくれていたのが丸わかりでしたよね。
それでも自分のために頑張ってくれている限り、買ったと分かっても怒ったりはしない涼太でしょうに。
「柴犬も美味しそうに食べてた!」
絶望的に脇の甘い美都は、有島くんとのLINE画面のまま寝落ちw ひどすぎる。

いきなり怒ったりせず、翌日自分を柴犬に例え、それが自分のことと確認する涼太。笑顔で会話が続くテーブルの下で、握りしめられる拳が怖いぞ(^^;;;) 子供イラナイ!も、とりあえずは笑顔で了解。いやこれ、怒らないほうが怖いぞ怖いぞ……。
『あなたのこともそれなりに好き』
とか上から目線で思ってる場合じゃないですよ。

そう、あんなに『有島美都』に未練たっぷりで浮気に躊躇ない割に、離婚するつもりはないのが不思議な美都さん。涼太から美都を嫌いになるとかいなくなる方向を希望ですよね。有島くんの方だって、我が子にはメロメロ。妻にも気遣い。離婚して美都とどうこうなんて考えてる様子はありませんよ。
さて次週は涼太が動き、美都と有島妻が接近?
これからどうなるんでしょう。こんなにヒロインに天罰下って欲しいドラマも珍しいですw

「お母さん 娘をやめていいですか」~最終回 ☆☆

刺されないで良かった!
自立しだした娘が、いつお母さんに殺されるかとハラハラしてしまいましたよ。
「私を殺してー」
と娘の手をクビに当てがって締めさせてた母を、医者に行かせずに放置していて大丈夫なのかと。

そもそも娘の授業参観にって、教師の娘が授業しているところを見に行く親はなかなかいませんよね。そして生徒の問いに答えて
「いつか結婚して幸せな家庭を築きたい」
とノーマルなお返事をしたところ、一生娘と暮らしたかったアブノーマルな母は壊れてしまうという。

娘が彼氏の家に逃げ出しても訪ねてくるわ合鍵盗んで入り込むわ、怖い怖い。新種の妖怪の様でした。彼氏も、こんなややこしい彼女なら母親ごと切り捨てても責められないと思うのですが、親身になってくれる懐の深い男でした。母の好きなものはわかるのに、自分の好きなものがわからない……などという相談を馬鹿にせず
「本当に好きなものを買えばいい」
と力強く励ましてくれる彼氏、素晴らしい。
彼は彼で、母を知らずに育った対比も良かったですよね。幼くして自立せざるを得なかった。それが偉いわけでも正しいわけでもないけれど、ちょうどいい距離の両親に育てられたらできない助言をしたでしょう。突然実二人で母に会いに行く場面も印象的でした。
(何十年も会っていなくても柳楽優弥なら一目で息子と分かってもなんだか納得w)

それにしても、もう働いている成人の娘が同居の想定で新居を新築ってどうなんでしょう。
同時に放映だった「就活家族」でも同様に新築を計画し、素敵な家が完成する頃には、家族が壊れていましたよね。マンション暮らしから持ち家への住み替えって子どもが小学生頃に学区内でするものでは。両ドラマ家族共裕福なので、なぜ今なのかと。ああそれとも、最初のローンをとっとと払い終わったから次の住まいを考える余裕があるってことなのかしらん。

失職した父は、インドネシアに新天地を求めます。土壇場で同行を決意した母。後から追いかけて行くそうですよ。むこうで人形教室でもひらいたらいけるかな。この20年失われていた蜜月をやり直せたらいいですね。
この変節が突然で……お父さんは喜んで旅立ちましたけど……もしや娘を安心させるための方便かと最後まで心配だったので、そういうことはなくてホッ。

自然に子離れ親離れはできなかった親子でしたけれど、絶縁するような形でなく、穏やかに離れて行かれる最後で良かったです。


「わたしを離さないで」最終回 ☆☆☆

結局、何もわからずに終わり。
恭子に提供が来ない理由も、この先どうなるのかも。世界のこれからは、提供を受けた人にインタビューしてまわった龍子先生のような人の地道な活動で、もしかしたら変わりつつあるのかもしれませんが……それにしたって今成人してるクローンのためには間に合わない変化でしょうね。
でもそのわからなさは、人もクローンも誰だって同じなのだと断じる恭子。
宝箱をもらえる陽光学園で育たなくとも、みんな誰も空の宝箱を心に生まれ持ち「思い出」を溜めながら生きて行く……。
海に入っていく恭子を止めるかのように、まとわりつく漂流物のサッカーボール。まさかの、川に流したトモの遺品でしたよー、死してなおミラクル(^^;;;)

自ら命を絶つことはなくてホッとしたものの、寂しくて辛い物語の終わりでした。提供されていった友達の「忘れ物」を抱えたまま、あとどのくらい恭子は生きていくのでしょう。あのあと、園長と何を話したものでしょう。
こんな寂しい物語を書いてしまう作者の人生にまで思いをはせつつ。盛り上がりはなくとも余韻のある最終回となりました。

そうそう、龍子先生と見たサッカー。
ヒロキという子を応援していたお父さんは、陽光のヒロキの心臓をもらって助かったんだそうですよ。そして子供にその名を命名。えーっと。どう受け止めていいか困るエピソードでした。塀を越えた罰で、即提供されちゃったあの子ですよね。提供元に無関心な人も多いという中、感謝を形にしたことは啓蒙的にナイスでしょうが、提供する側はそれを聞いてどうしましょうw 
元気に生きていた命を絶って自分が助かったことへの葛藤は一体どこへ。でも、違う仕組みの社会に、こちらの尺度を当てはめてもわかりはしないことでしょう。


「わたしを離さないで」1、2 ☆☆☆

「管理することは……守ること」
臓器提供者として健康と従順さに留意して育てられている身寄りのない子供たち。どうやったらそんなことが許される世界になって、これだけの数の大人が不運な子供達を騙しているのかと腹立たしく思いながら見ていたのですが、そこに現れた何も知らない龍子先生(伊藤歩)がバカすぎてまたイライラ。半端に外の世界を教えて、子供たちを惑わせて。
「あなたたちは『提供』という使命を持った、いわば天使」
と、毎年上手く丸め込んでいる学園長(麻生祐未)の努力が台無しじゃないですか。
もとい、その天使発言の時にはまだ学園長を胡散臭く思っていたのですが、それで納得しかけている子供達の前で龍子先生は、激しく動揺したり「サッカー選手になれば外国に行ける」と口を滑らせフォローも出来ずに、塀の外へ脱走させることになり……結果その二人は『提供』の予定を随分と早めてしまったじゃないですか。今まで通り、疑問なく従順に育っていれば学園卒業後も3年間の猶予がもらえ生き長らえたのに……。
いやいや、中学高校+3年と猶予があっても結果がやはり『提供』ならダメかな、そんな校長の守り方を容認しかけている私も、半ば洗脳たのでしょうか.

しかし幼少時の『提供』にも大きな需要があるのに、この学園の生徒は使われないって、この学園外でも世界中で公に『提供』が行われてるってことでしょうか。うわあ
SFでは珍しくもない臓器提供ワールド、でも現代日本で実現しているとなると仕組みを考えてしまいます。学園の子供たちにも、まさかおおっぴらに美徳として教えると思わなかったので驚きましたよ。
『提供』条件が身寄りがないことだったら、普通に育っていた提供される側の子が事故で両親親族が亡くなった途端に提供する側に回されてしまうってこともあるわけ?とかとか。怖いわ、子供残して死ねないわあ……orz  そしてまともな神経だったら生きてる人からもらうなんてできないとおもうのですが……orz あ、クローンなのかな。まだまだ技術未発達でそもそも寿命が短い……からといって、この扱いはないわ。というか、そんな技術と金をかけて生み出した子を消費するより普通に産んだ方が簡単で……どんどんと酷い考えになりますね(^^;;;)

ちなみにラリー・ニーブン作品で、犯罪者を臓器提供元にした文化がエスカレートし交通違反でも逮捕されたら最後切り刻まれちゃうよってのもありましたっけ(確か2015年地球w)
現実にも、誘拐されて眼球&臓器とられて解放されたとか、交通事故に遭った外国人旅行者が、祖国から両親が来る前……どころか身元が判明する前に同意書もなしにとっとと提供者にされ、そもそも治療が適切に行われたか不明って事件など、恐ろしい例がいろいろ。

育ってからの、きょうこ(綾瀬はるか)トモ(三浦春馬)みわ(水川あさみ)の三つ巴も不愉快ですがやはり気になります。
幼い頃、きょうこが無くしたトモからの贈り物がみわの病室に……。
「覚えてる?」で、過去の罪を白状するのかと思いきや「誰がとったのかな」って!『てめーだろ、今殺してほしいのかよ』と言いたい気持ちをぐっと抑えて「わたしだよ」と微笑むきょうこ。こわーい(><)
どうやらみわは物も男もきょうこから盗っては『もっといいもの』を与えることできょうこに好いて欲しいようですね。好意の表し方が根本的に間違っています。

辛気臭そうで視聴をためらっていたのですが、存外に興味を惹かれてしまいました。しばらく見ます。


「大奥〜誕生〜」4 ☆☆☆☆

「殺してください」

ってそれ、反則(><)


あれから1年、髪も伸び女装束になった家光は恋する乙女で、何につけても有功有功。

でも実は嫌われたり怒らせていないかと終始不安なのです。もしそうでも有功は拒めないのだから。嗚呼この身分や立場に縛られた不自然さって、現代にはもう無い制約でうっとり。

好かれたい、有功に嫌われとうない、と素直に告げる家光の可愛いこと。「好きや」とお国言葉で告げる有功も、家光が愛しくてたまらないんだろうなあ(><)

そして家光自身も、弓や学問で一目置かれるようになり大奥内に居場所も出来て……。


これでご懐妊がすぐなら本当に言うこと無かったのに。わずか1年懐妊の兆しが無いだけで騒ぎ出す春日局です(前回が一発命中だっただけにねー)


そこで登場、ニュー種馬捨蔵(窪田正孝)!ちゃらい!

接吻も上手になっちゃって、おばちゃんは誇らしい様なイケナイものを見た様な複雑な気持ちよ(><)


で、納得しないだろう家光の為に、自ら褥交代を願い出て

「死んでしまえ」

と家光に罵倒される有功が応えての、冒頭の

「殺してください」

なわけですが……。


熱演、名場面に完全に世界に浸っていたのに横から旦那が『なんで?』

なんで従うの?

なんで逃げないの?

妊婦か赤ん坊連れてくりゃいいじゃん?


いやいや、それでいいなら何一つ成立しないから! 家光の血筋じゃなきゃダメだって言ってんでしょorz 

恋する前の家光なら、町娘の髪を切りに出られるならそのまま逃げる手もあったでしょうが、生きる術を知らないのでは野たれ死にか苦界に身を落としに行くようなものだし。

今反抗して一番ありえる結果は有功殺害。一緒に死ねるならともかく、家光一人残ったらもっと辛いのが分からんのかorz


しかし、有功まではギリ武家の名家出身の男だったのに、馬の骨の捨蔵を投入って。世継ぎの父がそれでいいのかな。ラブラブカップルにただ嫌がらせしたいのか春日局(><)
現家光が政治の才をみせても、そんなことより産め産めって……同じ女としてみていて辛いわ。

それに捨蔵って子どもいるの?

江戸でモテてる描写より、子だくさんな方が保証になるのにね(病気も心配)


まあ、1話で「将軍の父となる」と予言が語られた玉栄が最終的には父親でしょうけど。どう拗れると、有功命の玉栄が家光を抱くことになっちゃうのか気になります。


予告ではまた、身も蓋もないことになってたしw

「わしがそなたを抱くのじゃ!」ひー(><)

「大奥~誕生~(有功・家光編)」1☆☆☆

1年かけて髪が伸び、男色の相手を覚悟して登城しただろう有功の気持ちって……修羅(^^;;;)


やっと録画観ました、男だらけの逆転大奥の起源。


映画では『疫病で』と納得するしかない展開でしたが、このドラマではまだまだ徳川がさほど安泰でもない時代。家光死亡は内緒のまま『名のない』少女将軍が、ただ内緒で世継ぎを産むために影の様にかくまわれているとは……。

思っていたより悲壮な話で戸惑いました。

少女(多部未華子)だけでなく、家光を表向き演じるために死んだことにされ家族と引き離された男(平山裕行)も悲壮なら、出家して偉いお坊さんだったのに無理矢理汚された堺雅人の人生狂いっぷりも悲壮。だいたい影武者はまだしも、世継ぎ作りの相手は誰だっていいでしょうに。そして冒頭でも書きましたけど、実はお相手は女だよと分かるまでの1年が、することもないのに長過ぎて悲惨でしょう。よく自害しなかったものですよ(史実に照らすとお万の方になるわけよねー)


それもこれも、春日局(麻生祐未)のせい!

遊女を抱け、と現れた時も『むくむく』だ『たぎる』だと真顔でものすごいことを言ってましたけど、鎖国を決めた時も「理由なんかキリシタンでもなんでも」とまた凄いw あれもこれも辻褄あうものですねえ~。

辻褄といえば、家光の血を引く少女の存在ですが……

「私だって女ぐらい抱ける」

とお忍び外出中の夜の江戸で逆ギレする家光さま、通りすがりの女をチョコマカっとおいかけて、角を曲がるなり「きゃあああ」ってw それで妊娠ってw ハムスターかなんかじゃないんだからw

いっそその子がいなかったら諦めもついたものを。


「JIN 仁(2)」1 ☆☆☆☆

録画ミスで見逃ししまった第1話、しかも2時間spが翌週早速再放送とは、さすが「仁」です。通常なら困る初回2時間spが、ちっとも苦じゃない。むしろもっともっと観たかったかも。

今だ江戸に暮らす仁先生。
逆に江戸から東京に行って戻ったという象山(市村正親)に背中を押され、
「ここに居ることこそ神の意志」
と、臆さず出来ることをしようと心に決めます。出会って励ましてすぐ死んでいくとは、物語に都合良すぎるゲスト出演でしたが、まあいいや。現代でただ「神」というとキリスト教的ですが、この場合は八百万のうちの誰かなのでしょうねえ。その誰だかな神、竜馬に暗殺の話を教えようとしても「アン…」で止めてしまうのですから、ちゃんと監督している様です。

で、脚気という、現代日本では原因も分かってる、だいたい滅多にかからない病気で人が死んでいく江戸(私が子供の頃は、小学校で脚気検査しました。今、する??)ペニシリンも手術も要らないで直せるのに……と、治療を拒む栄さんに栄養をとらせようと考えたのが、ドーナツw
佐久間象山を助けていいのか、西郷隆盛を見殺しにしていいのか、と有名人の処遇で悩むよりも、本来外国語の食べ物名を市井に広めちゃう方が不思議だし、味の好み、小麦の作付け量変わるし、記録に残るだろうし、全体的に歴史変わると思いますよ!浮世絵とか瓦版に書かれちゃうw

そこからまた、事件が起こる様ですし。野風ともまた巡り会うのか?
胎児な腫瘍は何の意味を持つのか? ワクワクです。


人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ