ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

麻生久美子

「ナポレオンの村」2 ☆☆

結核で入院の母(菅野美穂)と、面会のために越してきた父(林泰文)&姉妹。トトロのサツキとメイですね。

下の子は無邪気で可愛いけど、上の娘は生意気で許せないと大人気ない村人たちw せっかく出番増えたのに、そんな。そりゃ本当に失礼で可愛げなかったけども、結核病院に近づくなだの、入院患者の家族とわかると後ずさりだの、村人たちだってかなり失礼です。
病院は昨日今日できたわけじゃなし、不安を抱えた家族は時折来てたでしょうに。でっかいトトロはいなくても、サツキとメイの隣のばあちゃんみたいに暖かく受け止めてくれる人がいて欲しかったですよね。

それでも主人公の脅しを受けて、家族を受け入れる気になった村人(かえって情けないよw)
川遊びや土鍋づくりを通して笑顔の増えていくお姉ちゃん(川から引き上げて、即また突き落とす唐沢ヒドイw アドリブかなw) 美味しい水を取りに行って遭難し山狩り、心底大迷惑をかけた時には皆に謝ることができました! って、それは当たり前だから! 登場時の癇癪と混ぜちゃ違うんじゃないでしょうか。まあいいけどさ。 
危篤の母を置いて水を取りに行ったのは、唐沢が急かせたせいw 子供相手にそれもヒドイ話で、イイハナシダナーとなり難いのはどういう意図でしょう。 確かに間に合って、手作り土鍋でたいた美味しいお米をお母さんは喜んで食べてくれましたけどね!

そして、法王さまにも同じお米を献上!お喜びいただきましたよー 
ってのが原作本のタイトルなんですね。そ、そこをこんな、はしょったエピソードにしていいんでしょうかw
TVで紹介されて全国各地からの問い合わせ電話もジャンジャン。表敬訪問されて、関係ない市長が握手、イタリア語で挨拶なんかしていて可笑しかったですけども。これで廃村になんかできなくなりましたよねw 

「ナポレオンの村」1 ☆☆

期待しすぎちゃったのかなあ……。

限界集落の復活。面白くなるはずの題材を興味持って見てるのに、見たい場面を見せてもらえない演出でした。例えば

・出来上がった1000個のランタンの山(せめていっぱいの倉庫、山盛りの大八車を…)

・不便な村に人口の3倍が押し寄せての渋滞、路駐、道案内、トイレ不足(←屋台を手配した会社の領分? そのくせ断絶母子の再会は偶然ばったりってw)

・びしょびしょのランタンが『和紙だから乾かせばいいだけ』との説明(全員それが分かってるなら、諦め早すぎるし)

etcetc

そして「まだ始まらないのか」「帰ろう~」という誰かの不満の声は長々聞かせるのに、イベントはいつの間にか始まっている不思議w 景色はとってもきれいでしたけどねえ。


そんなわけで、唐沢寿明in過疎の村。

都庁でオリンピック絡みの大プロジェクトも動かす立場だった主人公なのに、なぜか村に舞い降り村祭りを担当、予算はなんと一万円です。「限界集落株式会社」は農家の娘が村おこしでしたが、このドラマでは村役場の新人が台風の目になるんですねー。
天性の人ったらしで村人ともどんどん親交を深め、ばんばん企画を打ち出し、事なかれな役人共(ムロツヨシ他)と対立、村を潰したい市長(沢村一樹)とも対立。勝手にネットで告知した「1000個のランタンが夜空を舞う」祭りが失敗に終わればクビでいいと宣言してしまうのですが……。


ここに、紙漉きの老女と息子(松尾諭)の再会をどうして絡めちゃったのか。いや連ドラ的にそんな伏線はあってもいいですけど。『後継者にさせなかったのは、都会で豊かに暮らして欲しかったから』という親心をじっくり描かれたらいい話になったでしょうに、人物や背景紹介で忙しい初回に解説セリフで済ませちゃうなんてもったいない。

こう言っちゃなんですがドラマなんだから、息子は来るし。イベントも成功するでしょう?見たいのは息子は来るか、イベントは成功するかのハラハラじゃなくて、ずっと反対してた(実際妨害工作までしてた)村の役人たちが、手伝わされてるうちに楽しくなっちゃったり集まったお客さんの数に嬉しくなっちゃったりすることじゃないのかと。
そして『妨害してゴメン』と謝って欲しかったですよね。口で嫌がらせや、サボタージュぐらいならともかくランタンをダメにするまでの妨害は……どん引きでした(2話以降で謝罪するにしては、1話のラストですでに「私達も頑張った」な態度になっちゃってるしー) 
しかし謝る相手は主人公じゃなく村人にの筈。そう考えると村人の存在が希薄でしたよねえ、村おこしなのに。こんなに人が集まってくれた!って感激や触れ合い(や、大混雑の迷惑)は、倉庫でランタン修復してたから味わってないのかも。 なんだそれw

もっと村人主導の祭りであって欲しかった、という気持ちも含め、ランタン祭りはクライマックスでも使えるような大イベントだったと思うのですが。この先、こんなのへでもないぐらいにバンバンすっごい事が起こるんでしょうか?期待していいのかなー

ちなみにタイトルは、主人公が尊敬するナポレオンの言葉をすぐ引き合いに出すからです。


あ、ヒロインは麻生久美子! 凄いや、あらすじに全く絡んでないw さすが「主人公に何もさせないため」のお目付役ですw 「リスクの神様」とほぼ同じ構造のお話なんだから、描き方次第では戸田恵梨香と同じぐらい主役なヒロインにもなれ…るかもしれないのに…うーんw

「怪奇恋愛作戦」2 ☆☆☆

深夜の悪ふざけw 嫌いじゃないです。


1話を見逃したので、あれこれ不明なまま見てますが……これは全部見てても全部はわからないのではw

 
さらわれて改造手術されそう、なだけでも意味不明なのにそのアジト、近所のコンビニの裏にあるんですよw じゃあなんでヘリでw
 怪しい博士の屋敷もヘリコプターもちゃちくて可愛いw


そしてせっかくきた電話になんで「助けてー」でなく「来てー」って言っちゃうのかなw 挙句下ネタ状態だと思われてしまうとかw まあ深夜だしw


かもめんたるの「すぐ信じる先輩」も

ジャンプする饅頭も

電話で話してた筈が、分割画面越しに直接話し出す風呂の場面も

生後すぐから死相が浮かんでる赤ちゃんもw

なんか好きだわあ

一体何がしたいドラマなんでしょう……芸達者な舞台俳優と芸人が無駄に勢ぞろいw


首だけになっても恋しい人の名を呼ぶ人造人間はちょっと切なかったです


「泣くな、はらちゃん!」〜9 ☆☆☆

えー、神様まさかの漫画にイン(><)!


無垢なはらちゃん達がチンピラに絡まれて、元々好きじゃなかった現実世界に見切りをつけてしまう越前さん。気持ちは分かる、分かるけどさ。歌詞と一緒で後ろ向きだよね……。

でもこれ最終回じゃないから!

あと一回あるということは、何かあって説得されて、越前さんが現実に戻って来て終わりということじゃないのかな??


印象的だったのは、居候の面々を

「漫画の人なのよね!」

とそのまんま受け入れたお母さんが(それはそれで変だと思うけどw)、姿を消した越前さんが漫画の中にいるのを見つけた時も

「いい笑顔」

と、やっぱりそのまんま受け止めていたこと。なかなかできることじゃありませんよ……(更に変だと思うけどw)


あの母に育てられて、どうして弟はああもクズで姉はああも自己評価が低いんでしょう。

あと、漫画で生き返った工場長さんが頭の中は漫画のキャラ程度の世間知らずになっちゃってること。そりゃそうか、そのまんまの本人は再生できるわけがないよね。できちゃだめだよね。でも同じ顔なのに哀しすぎるなあ。
『神様の神様』が描いていた頃は、いろんな服が着られていろんなところに行かれたキャラクターたち。越前さんが神様な限り、同じ居酒屋の一間から出られませんけどw 自分が暮らす分にもそれでいいのか越前さん?? 

「泣くな、はらちゃん」3 ☆☆☆

「僕たちは漫画なんです」

と、気付いて衝撃を受けているはらちゃん他漫画世界のみなさん。え?

自分たちが、神=越前さんの考えた台詞を喋り、越前さんの機嫌に左右される小さな世界にいることは最初から分かっていたよね? でもその仕組み=漫画だってことは知らず、普通の人間のつもりでいた=かまぼこ工場の皆もそれぞれそんな暮らしなんだろうと思っていたってことでしょうか。


ともあれ、両思いになろう!と越前さんにつきまとい、隙あらば手助けして喜ばれようと必死のはらちゃんw 迷惑で犬扱いw それでも

「まず、自分を好きにならないと恋ができない」

「諦めちゃ自分を好きになれない」

という、パート頭さんの助言をはらちゃん的に分析すれば、越前さんが諦めずに新作かまぼこを作りあげることで

 →自分自身を好きになる

 →恋が出来る

 →両思い☆

の見事な三段論法が成り立つのでした~やたー


猫かまぼこはアートで可愛かったのですが、確かに切ると絵は分からなくなっちゃうので、選ばれた「レインボーかまぼこ」の方が見栄えがするかも。食欲は知らないけどw

その他、この場面にふさわしく微妙な応募作が(星形に飾ってあるだけ、とかw)並んでいて楽しかったです。


それにしても越前弟は犯罪者だわw 酷すぎるw

「泣くな、はらちゃん」2 ☆☆☆

命令に絶対服従のストーカーって、斬新で安心w


漫画のノートから抜け出す関係で、昼だろうが夜だろうが『神様』の私室に現れちゃうし帰るのも同じ家になっちゃうしで完全にアブナい人認定な、はらちゃん。でも「黙って」と言われれば必死で口を閉じ、「動かないで」と言われれば一歩も動かずに……切々と苦しい胸の内と「神様」への片思いを訴えちゃうのって、なんと情熱的な(><)

こういうありえない設定を全力で表現することにかけて、長瀬の右に出る物無し!


頑だった「神様」の態度がほぐれて来たのも分かる気がします。

でも非実在の人物と恋しても、「神様」的には不毛ですからね……。ここは、彼女を人知れず想っていた田中君にも諦めずに頑張ってもらいたいものですが、でもでも密かに田中さんを好きな「悪魔さん」も「神様」に宣戦布告w かまぼこポスター描きや、新作かまぼこコンテストで対決です。いいなあ、このわけのわかんない感じw


わけが分からないといえば、工場の薬師丸おば…おねえさん。

はらちゃんが目の前で消えても平然としています。えー(><) これは以前にもキャラ具現化を目撃した事があるか、いっそ自分も漫画キャラだったりしちゃうのか?
相変わらず全て受け入れて、特に家族からの仕打ちは漫画に愚痴も書かずに私物を売られても黙って買い戻している越前さん、一体どうしてこうなってるのか。 


決してゲラゲラ笑える場面ばかりでなく、むしろ「働くって何」「愛って何」と説教臭い場面も多いのですが、真直ぐなはらちゃんにクスっと笑えて温かい気持ちになりますね。

その辺は同じ謎だらけドラマでも「サキ」とは真逆w

笑いおじさんがかまぼこ食べられて良かったー。
 

「泣くな!はらちゃん」1 ☆☆

奇想天外、漫画の人物が現実に飛び出した!


自分たちが居る漫画の作者を「神様」と呼ぶ”はらちゃん”(長瀬智也)。

現実世界に出て、初めてあった人の手を握りしめ

「神様に会わせて下さい!」

と頼むかなり怪しい人なのですが、

「じゃあボク個人の女神になら…」

と、連れて行かれたその「女神」が本当に作者(麻生久美子)だという奇跡。ドラマだからねw


そして「貴女は特別な人」「幸せになって」と直訴するという暴挙は、普段から大人しく内にこもるタイプの神様には逆効果で、その夜の漫画は暴力的に荒れてしまうのですが。めげないはらちゃんの努力や巡り会いで、まずは漫画世界のギターの弦が増え、画面に♪が描かれた事でメロディーが生まれて、ただの歌詞が「唄」になる!

なかなか感動的な1話のラストでした(^^)

でも、そこまで我慢できなかった視聴者も多そう(これが死んだ母親の霊が見守ってる程度ならまだしも、本人手書きの漫画なんだもんなー)


奇人乱入譚。

車も犬も、唄も知らなかったはらちゃんの新鮮な目線で神様や周囲の気持ちが変わり、孤独でいいと訴えていた神様が人と触れ合って幸せになるのと引き換えにはらちゃんは消えていくのでしょうか。

まさか、神様とはらちゃんの恋もある?

「帰ってきた時効警察」〜最終回 ☆☆☆

 ブス!! (笑)

 見てましたよ。でも別に書くことなくて(^^;;)
実は五つ子だったの、にオイ!とか。えーっともっとツッコミ例をあげようと思ったらよく思い出せません。

とにかく今シーズンは、推理自体に衝撃をうけることはほぼなくて(それ言ったら前期に沢山あったみたい・笑)、遊びすぎだろっと思うことの方が多かったですが、それもまた良し。
 プクーちゃん可愛かった♪
 三日月しずかの歌も良かった♪
そうそう、霧山くんと三日月ちゃんの仲も、進展どころかますます冷たくて、いい場面だと必ず妄想だったも可哀相で……萌えてました(笑)

 不感症か??だった前作と違って、結構誘惑されてウハウハしてて「男」だったのにねぇ霧山くん。
 三日月ちゃんが誉められれば露骨に嫌そうで、「ブス!」と罵られると実に嬉しそうに一緒に「ブス!!」 小学生か、なんだよキミ、と呆れていたら、そうかー。
 気分はもう夫婦だったんですね。
「愚妻が」とか紹介しちゃう、あのノリですか??

 なんて。

 最終回、話のつまらない男の前で透けていく三日月ちゃん(笑)
でね、犯人が「だから殺した」って殺した自分を正当化してましたけどねー。待ってよー。
目的の旦那じゃなくて、縁もゆかりもない他人を殺しちゃったことの反省はないのかよー。

 しかしまぁ、その謎解きの始まり。
「青の洞窟」入り口を背に、足をヒーロー開きにしてすっくと立つ霧山くんは実に凛々しかった!!
(最後、馬の登場は一体どうしてっ)

 言っちゃえば、個人的にはオダギリジョー鑑賞番組(笑)
半袖の後ろ姿の腕が素敵っとかさ。
別にゴールデンタイムには来なくていいから、ワケのわからない捜査とわからない関係をずるずると続けていて欲しいですっ。

「帰ってきた時効警察」4 ☆☆☆

 昆布巻きほどいて催眠術(笑)

「10年後のわたしへ」
なんてメッセージしてた頃には細かったのに、中学時代は関取だったと判明の三日月ちゃん!!きれいになったよね。
「ほんと、きれいになったよね」
 …と、いう霧山くんにすりよって、いいムードかと思いきや歌い始めるし(^^;;)ライブだし妄想だし(^^;;)
 一話から妄想激しかったのはこれの伏線かっていうぐらいの妙な展開でしたよね、ああ楽しかった。

「早めにね!」おばさんが更にマカデちゃんのお母さん!
「安心させるために紹介」する恋人が、あんな髪型の霧山くんじゃ、いかに公務員でも不安だよーと笑っていたら本当の彼氏は乱暴者の外国人!予想の斜め上をいくよね、全く。

事件そのものはほんっとどうでもいいのですが(天井から焦げたロープ下がってたら密室じゃないじゃーん。)楽しかったです♪

 先週のプクー杉本彩にいいよられてまんざらじゃなかったり、キラキラにキスしてもらって浮かれていたり、今シーズンの霧山くんは結構やる気満々ですよね。そういう欲求の薄い人かと思っていたので意外。
 そうなると、ますます三日月ちゃんの気持ちを無視するのがわざとに見えてくる(笑)

「喰いタン2」「帰ってきた時効警察」1☆☆☆☆

 片や王道ベタドラマ、此方奇天烈ネタドラマ。
揃って 帰ってきましたねー。始まりましたねー。

 シリーズ物の続編を作るとき考えられる、
『みんなバラバラ→再結成!』
『相変わらず続く、同じ日々』
の、両パターンをそれぞれで見せてくれました!

 若干、「喰いタン2」の方が自己模倣というか……。
食事前の「いただきます」が教育にいいだのと妙に評判が良かったせいか、そこを強調しすぎな感がありましたよ。
それと、「一緒に寝ましょう」だの喰いタンはリョウスケに絡みすぎでは(^^;;;)アドリブですか??
 でもやっぱり、世界を回る喰いタンが”半額券”一枚で帰って来ちゃったり、オリゴ糖を舌で感じ分けたり、対コンクリートの秘薬の伏線だったり、お気楽に楽しくて良かったですよ?ん。

 「帰ってきた時効警察」の方では、異動の新人が!
霧山くんが「案外ハンサムかも」などと率直な人柄で、三日月ちゃんのライバル登場??……と、思わせて何もないのかもしれませんねぇ(^^;;;)
 のっけから爆笑の場末の小料理屋!!撃たれて「かくまってくれ」って!(←もちろんあの後、看病から愛に変わるよね?)
確かに、今まで何もなかった職場片思いの打破に必要なのは、時間じゃなくって大事件かも。
 登場人物自身が、「久しぶりだから」ってテンション高い自覚があるのがまた可笑しくって!


 両者期待通りの出来上がり♪
ここから見始める人も、以前からのファンも両方満足、週末の楽しみになりますよね♪

 というわけで、元々『楽しんでる家族の前で言えないツッコミをここで吐く』本ブログ(…なんですよ、実は)、楽しく満足だと書くことあまりなくなるので、この先毎回は書かないかも?。
 最終回後に「あー、ずっと楽しかった♪」って書きたいなぁ。

「時効警察」最終回 ☆☆☆

 メガネが曇るわ、イギリス人だわ・・・・(^^;;;)
初回のギャグを踏襲、見事な最終回でした!
ゲストのローリーも良かったなぁ。先週、TVチャンピオン「芸能人弾き語り王選手権」でみたばっかりなんですよ。バンド再結成に向けての露出増でしょうか。それにしても、あまりにぴったりな役で大笑い。
 「アンズ」さんのところに帰ってきた女学生は、ローリーの落とし胤っちゅーことでよろしいのよね?

 で、殺人&盗作事件でしたが。

 1年に1曲。15年もの間、他人の才能をもてはやされて生きてきたってあまりに哀しい。
でも殺人犯かどうかは別として、たいした才のなかった女が、恋人の死後突然名曲を(それも彼に作風のそっくりな)発表したら、そこの点だけは疑われないんでしょうかねぇ?
 まぁいいや。
『だれにも言いませんカードF』角が丸めてあります(笑)最高!

 これが最後の事件。帰りのバスで。
霧山から柄にもない礼の言葉なんか言われて、泣き出しちゃう三日月ちゃんが可愛かったなぁ。あそこで告白しちゃえばいいのにー!!
 風で飛んでった婚姻届け、だれか拾って提出しちゃえばいいのにー(笑)

 最後でまた新たな婚姻届に、霧山の署名捺印が!!
パート2で使ってくださいね!!

「時効警察」8 ☆☆☆

 荒熊さん♪ありがとう♪ って、間違えるかそんなとこー!!

 そんなマイマイな話はおいといて。
今回もぶっとんでて楽しかったですねー「時効警察」!
 霧山君のそっくりさん、事件当時にそっくりだったんだから現在はもっと老けてるだろうに、ちっともそんな話にはならなくて、下着泥棒疑惑には笑いましたー。
『変態でもいい!』
と心を決める、健気な三日月ちゃんにも笑いましたー。
でも三日月ちゃん、君相変わらずただの都合のいい女だよ(涙)

 事件は、入学試験での入れ替わりから、発覚を恐れての殺人。
相変わらず初動捜査が適当で、現場の靴痕とかツメの間の微物とかいっくらでも痕跡は残していそうですけど・・・そこが目的のドラマじゃないからなぁ。
 被害者が森に向かった理由も、『2人で昔埋めた』思いでの品を見に、なんて。2時間ドラマだったら瓶をみせられたら親友の名を呼んで泣き崩れそうなものじゃないですか。それがー。
「なんて書いてあるの?これ?」
って、自分で書いたクセにっ感動の場面が台無しですがなー。
(またその2人の書いた字が、同学年とは思えない差で能力差を如実に表しておりました・笑)

 亀にやどかりに沢ガニ・・・・それが何の説明もなく霧山宅で皿にのってるところも、好きだわー。

「時効警察」7 ☆☆☆

 今度は、
『アナタが犯人じゃないってことは』誰にも言いませんよカード!!ナルホド。
コロッケ屋で、子供の頭をめっちゃ撫でてるオダジョー可愛かったわー♪ナチュラルに変なオダジョー満載で毎回楽しいです。

 何がなんでも楊枝を(それも足元に・笑)携帯したい葉月里緒菜の発明品でプチ笑いしつつ。

 いつも黙って頷いているだけの女が、大それたことをしでかした気持ちを想像してみると怖い。
アレ、でも、
”3億円事件のアイディアを盗用されたから”友達の夫を寝取ったんだよね?
それとも変な楊枝のアイディア??

 それが逆で、葉月さんがちょっかい出したせいで犯行に走ったんだったらもっと怖かったのになー。

 葉月さんが手記を書くのはいいけれど、その騒動に平凡な旦那さんと子供達が巻き込まれるかと思うとちょっと可哀想。

 十文字がお馴染みのポーズで『まっ白な灰に』なってるのは楽しかったけど、三日月ちゃんがタイムマシーン見つけちゃうのは話の流れにもジャマで余計な感じだった。この辺のお遊びへの趣味は人によって別れるところかと。

「時効警察」6 ☆☆☆

 ええっもう『時効』を扱うのが嫌になっちゃったの??あんなにカード作ってたくせに?
そんなのは第2シリーズになってからかと思ったら。

 でも、いくらなんでも分かり易すぎる逃亡犯の特徴だとか
(酔うと播州弁、耳が動くってアナタ)
スナック俺、ボク、私だとか
ベタベタなお笑いは変わらずで、いい感じに脱力しながら金曜の夜が過ぎていきます。
普段めっきり録画派なのに、何故かこのドラマだけは生で見たいんですよー(そのせいでキッスの回を見逃したわ・悲)

 関係ないけど「有頂天ホテル」みてたら三日月ちゃんが出てました。
オダジョーも出ていて、何故かちょっと得した気分。うふ。

「時効警察」2・3 ☆☆☆☆

  いやーもう、楽しすぎ(><)

 相変わらず、捜査は直球勝負です。
2話で『それ以来泳いでいない』のは、妹は火事現場に居合わせて火傷を負ったから!と睨んだらスルー。
3話ではミスリードそのものもありゃしない。
 でもそんなところはどーでもいいの!

 片桐はいりがドア越しに喋り(締まるスピードまで最高!)、電気屋のオヤジハイテンション。美しい新聞配置(笑)
 同僚刑事達のどうでもイイ日常は、「やっぱり猫が好き」を彷彿!それだけでもずっと見ていられますー。
 あの”可哀想な”十文字さんも好き。彼の悩みを、しれっと霧山くんが解決する(しかも十文字はそれ忘れてる)パターン、3話目からはちょっと変えてくれてホッとしたりして。いい感じですよー。
 撮影現場、楽しそう。

 3話、容疑者と目撃者の馴れ初めが妙にえっちだったのは・・・『深夜枠』らしくってテコ入れなんでしょうか(^^;;;)別にどっちでもいいけど。
どーでもいいといえば、 2話で霧山くんが「シロクマくん」だったのは、霧ヶ峰エアコンのCMがシロクマ君だったから??
 
 そして、アタックが上手くいかない三日月ちゃん!!
アナゴ寿司はフラレ、婚姻届入りの財布を預けたのに忘れられ・・・・って、遠回し過ぎます。あのニブチン相手には、堂々とドアにでも貼らないと見つけてもらえないよ(いやいっそ、押し倒せ! ^^;;;)

 あの暗い「白夜行」の世界でも、時効まで頑張れば霧山君がやってきて
『誰にもいいませんカード』を渡してくれるかと思えばちょっと和みます。
(3話、奥さんの分も2枚要るよねー。)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ