ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

高畑淳子

「女刑事みずき 京都洛西署物語」

冒頭のしくじりで、ど田舎にとばされた辣腕刑事みずき(浅野ゆう子) 証人として巻き込まれた殺人事件に首を突っ込み、もちろん見事解決です!


連続ドラマ2シーズン放映後のスペシャル版。脈々と続く京都枠刑事ものですねw スペシャルらしく、荒川良々や津田寛治、遠藤久美子と村住人のゲストが豪華ですよん。
エンクミにAV女優の過去が……ってパッケージがビデオな厚みで時代を感じますw でもそんなのは前振り。

事件はどんどん入り組んでいって、企業の不正だの、不倫だの、なりすましだの殺人だのどんでん返しだのと大混乱です。おかげでサラッと流されてましたが……

『殺しちゃった夫の身代わりがほしい女』が『逃亡中の男』を偶然見かけw 瞬時に正体を知りw(警察より有能!) 突然話しかけて身代わりを承知させてるんですよ、そーんーなーバーカーなーw

その後の生活で愛が芽生えてるのはいい話なんですけどね。重めの話に、みずきと実は仲良し上司の高畑淳子がコミックリリーフでいい味だしてました。 


と、そんなspドラマを見てたのはもちろん西村さんが目当てw 捜査一課の白根刑事です

捜査で村に派遣され、駐在のみずきと同居!いがみ合い、利用しあいながらも、一緒にこたつにあたったり(^^) いい感じかなーと思ってたら良き同僚ってやつで、みづきから奥さんにお土産渡したりする仲でしたw 

2010年放映、最近よりちょっと黒がちな髪、襟足が長くて心持ち量も多いかも…w


「上流階級~福久丸百貨店外商部」☆☆☆

神戸を舞台に、あなたの知らない外商の世界。面白かった!


上客はデパートに足を運ばずとも、向こうから品を持って来てくれるよ

と、ざっくり噂には聞く外商システム。ケーキ売り場のバイトから上り詰め外商部員になって奮闘する、庶民上がりのヒロイン鮫島(竹内結子)とともに視聴者も外商の世界を学べちゃう。
 

じゃあ何を売るって指輪や時計や洋食器。それだけじゃなくケータリングや孫が欲しがるライダーベルト。果てはお葬式まで受注…!!

難しいのは、人気商品、企画をすればいいというものじゃなく、基本は実績とカタログ。既に取引のある=実力も危機管理も保証済みの会社をお勧め。つまりは安心と信用なんだと繰り返されます。
親しくなるあまり、友人のようになってもいけない外商部。むむむ。 

神戸セレブを演じる高畑淳子や浅野ゆう子が手強かったですねw
セクハラ親父渡辺いっけいが、薄幸松雪泰子を囲ってる愛人じゃなくてよかったw


でもマダムに好かれて稼ぐイケメンくん(斎藤工) もいたりするんですが……

そいつと同居?え、ゲイ!

離婚の危機?
ノルマに届かないとクビ?

いやあ、てんこ盛りで楽しかったです

男ばかりの外商部、女の鮫島を邪魔にしていた面々がずらっと葬式の手伝いに来てくれるところはお約束とはいえうるっときましたよねー。


しかしあのタイ式キラキラの葬式はどうなのかw

故人の意思通り賑やかにするのは素敵で、確かにあれなら孫がおじいちゃんからの最後のプレゼント、変身ベルトをギュイーンと光らせてお別れでも大丈夫ですが。

クリスマスシーズンで電飾が集まらないからって、クリスマス用のを横流しして後で戻すって。納期遅れは半額割引で許してもらってOKとしても。我が家を飾る電飾が、3日間葬式に使われてましたよなんて大激怒なんじゃ…(^^;;;)


…と思ったら、金持ち喧嘩せず?皆さん優しく、お役に立てて光栄だとまで。顔の広いクンさんと友達だったのかな。

今後も担当は是非鮫島で、なんて電話があるばかりか、『さすが福久丸』と寺の電飾が話題になって会社の株もあがったそうでよかったよかった(上手く行きすぎですがねw)


伝説の外商葉鳥さん(草刈正雄)と鮫島の触れ合いも美しく、お客様のために!というスローガンも心地よく見られます。

デパートを宝石箱みたいなところ、と愛する鮫島を応援するしかないでしょう。

震災20周年を迎えて、崩壊した映像ばかりの時に綺麗でオシャレな神戸が見られて嬉しかった、という公式HPの投書にもハッとしましたね。 


連ドラになったりするかしらん。
その時は、恋の行方が楽しみですねえ。イケメンくんと鮫島、じゃなく羽鳥さんとのw 

「刑事110キロ(2)」最終回 ☆☆

盲目画家の事件が1時間で終わって、あれあれ、でも続くよ?

な2時間spの最終回。
 

その画家の絵が飾ってあるからと始まった夫婦喧嘩で殺人が起き……。

まるで通常の2回分をただつなげただけの様な構成がむしろ斬新~と思って観ていたのですがね。後半事件の容疑者が実は、前半事件での停電を引き起こして死亡していた男だったとはーw

そうつなげてきましたか!


この別事件が2つ起きる構成、第1現場と第2現場での某さんの様子があまりに違うとはっきり分かるところも良かったですよー。

京都らしさも、前半で無理せずに後半の事件で

「その時間は◯◯寺のライトアップに行っていました」

と入れて来るとか上手いです。

1人で行ったって言ってた奥さんが、実は某さんを呼び出していたんですよねー


というわけで、レギュラー出演だった某さんが共犯でシーズン2は幕を閉じました。なんかショック。


前半の事件にも触れると、毒針の仕掛けだの暗闇でそれを片付けるのは難しいだのの推理が無理矢理というかへ理屈に聞こえました。だってそれは衆人環視の、例えばパーティー中にでも起きるからこそ

「どう毒を盛ったか」

「どう凶器を片付けたか」

が問題になるわけで、夫婦2人暮らしの家でなら別にさ、寝てるところでちくっとさせば良くない? 飲み物にいれたってよくない? 逆にどう仕掛けをほどこしたところで、毒を盛る機会はありまくりですものねえ。

……遺体発見者になるアシスタントを、呼んだ状態で奥さんを2階にいかせてから停電に持ち込むべきじゃないかと思うのですが。

そんな脇が甘くて無理矢理なところもこのシリーズらしいかなっと。


「刑事110キロ」最終回 ☆☆

当時はまだ若くて美人でスタイル抜群で……って、小鍋屋の女将のことかと思ったら課長、自分の昔話だったのねw


小鍋屋の食い逃げ男が、強盗殺人の容疑者に。

そっちを追求してたらなんと、小鍋屋女将の殺人事件が怪しくなる証言が……。結局、妊娠中の友人の罪をかぶって服役していたんですね。

真実を優先してたら、子どもは獄中誕生という十字架を背負うことになった筈。

「そんな警察なんて要らない」

と言われても…(><)


気前良く罪をかぶった女将より、かぶせてしまったお友達の方が後ろ暗く辛い想いをしたのではと思うのですが。子どもの方は実にいい子に育っていて、それが救いです。


思えば1話もそんな、警察不信の話でしたっけ。
錦織課長の特別課は、そんな特別な事件をこそ担当する為に出来たんだそうで、この自主的冤罪事件も錦織預かりに。「時期が来るまで」という表現に、将来なにかありそうな。そしてパート2が絶対ありそうなw

それまで痩せられませんよ、石ちゃん!


「刑事110キロ」7  ☆☆

正義感はありすぎても…な、回。


緑豊かな農村で、駐在さんをしている同期にばったり出会った花沢。なんで同僚刑事の家族旅行に花沢も一緒なのかは、まあいいとして。

立てこもり犯を躊躇なく射殺した駐在さん!
てっきり裏では銀行強盗仲間で、口封じに殺したかと思いましたが、そういう悪い奴の話じゃなかったですよ。正義感が強すぎる故の暴走。


少し前に山で起きた『みどり先生転落事故』を青年たちの犯行と決めつけ、立てこもりではチャーンスとばかりに撃つ気満々だっただなんて。元刑事から駐在に、犯人を殴って左遷された過去があるのにまだ懲りてませんよ。
しかも、3週間の昏睡から目覚めたみどり先生は

「私が勝手に落ちたんです」

ガーン!
 

「ただ話をしたかっただけかも」

それは無いわ先生w 先生だって怖くて逃げたくせに。そして落ちたのを知ってて通報もせずにほっておかれたのに(><) ただ確かに、撃ち殺されて当然なほ悪くはありませんでしたけどねえ。


舞台も違って、番外編の様でありながら、
「正義って何」
「警察って何」
は1話でも言ってたモチーフ。で、あの頃よりはずーっと花沢がキャラとしてこなれてきたのがわかります。
村人に警戒されて、普段は自分愛されキャラなのになーと愚痴るところはデブと笑顔を自覚してるってことで、1、2話の様に変に「デブを利用してる」と他人がいう違和感がなかったですよ。
ボトルから何か呑む決めポーズも出来たしw

地味にシーズン2がありそうですよ。で、見ちゃうのかな私w
しかし同期と言われても、鶴見辰吾と石ちゃん同じ年に見えなかったです。中年過ぎてのデブは若く見えるのかな


「刑事110キロ」5 ×

詰め込み過ぎでしょう~。


飛び降りしそうな女子高生がいて、実はそれがホームレス襲撃を。ひいては同級生が悪さをするのを止めようとしてるんだ、と。それに賛同した人たちが三々五々集まって、最後には大合唱になるだなんて狭い街が舞台のドラマらしくて素敵でしたよ。

でもその合唱にたどりつくまでに、保険金殺人だとかさーヤクザの覚せい剤売買だとかさー。ものすごい要素がどんどん来ちゃって目が回る~(@_@)


女子高生が突然歌い出した「上を向いて歩こう」。

この曲だった理由は?

なんとなく歌い出すには、声を張るような曲調じゃない&若者にはポピュラーな曲じゃない。

合唱コンクールのためにクラスで練習してたとか。その時に2人でなにかやりとりがあったとか、ないんですかー。

殺し屋がそれを聞いて泣いてたけど、別に彼女の父親で思い出の曲だったってわけじゃないしw ていうか、同級生が唄を聞いたのは刑事からの指示だけど、殺し屋はその前に自らみつけて聞いてたわけで、そこを偶然で片付けられちゃ困ります~。

聞かせたかった筈の同級生も見て泣いてたけど唐突。横の女将も「あんたに向こて歌うてはるわ」と、何故なるのか。いい場面だけど訳わかんない。


「命がけの覚悟」

それがないなら、他人のことに口を出すなと女子高生に助言した老人。それもいい場面でしたけど、やっぱりぶつ切り。確かに、身近な大人には言えない、よく知らない人だから相談するってことはあると思うけど、ドラマで見せてくださいよー。

と、とにかくいろいろ視聴者置いてきぼり。


女子高生と同級生が最後顔を合わせたところでも

「何があったか知らないけど」

えええええ

「自分を貫いて」と言われる様な揺れること、してませんよ同級生は。むしろ単身、売人に向かっていった貫いてる奴じゃないですか。


もっと事件を整理して、女子高生と同級生の関係を(別にラブでなくていいから)きちんと描いて、彼女が何を知って何をヤメさせたかったのか、何故その唄なのかも物語に入れて欲しかったです…。

それと狙撃関係もさ。

相手が誰か知らずに引き受けたなら、赤い帽子も目印で納得ですが、顔見知りじゃん。顔で確認できるんだから帽子要らないでしょ。


走る場面が多くて石ちゃんガンバってたのと、ラストの格闘でデブを活かしてたぐらいしかいいところなかったですよん。

「刑事110キロ」3 ☆☆

錦織課長が容疑者に??

連続もので身内誤認逮捕はよくある展開ですよね。それを、女課長を『話題作りのお飾り』と呼ぶ連中にさせて対立を分かり易く表現。すぐに解放された課長が、腹立ちは捜査パワーに変えて頑張る方向にいってよかったです。

これでもし課長が失脚したら、課長の推薦で刑事になった自分も交番に逆戻りか最悪クビと言われて、ますます必死の花ちゃんも頑張ります!


「おまわりさ〜ん!」

と交番時代を知る市民が寄って来る花ちゃん。河原での淋しい携帯探しが、いつの間にか町内会のゴミ拾い大会みたいw 人気者ですねー。でもおまわりさんと声をかけられる度、いちいち

「刑事です」

と訂正するけど聞いちゃもらえない花ちゃん。繰り返しの笑いがいい感じです(^^)

1話2話ともラストは「あんたはデブを利用してる」 の指摘でしたけど、そんなに利用出来てましたっけ? 変に腹黒い設定だけ台詞で入れるより、こんな風に人を集めたり、組んで回っても他の刑事より覚えてもらい易かったりする愛すべきおデブ刑事:でも証拠探しは結構細かいよ、でいいんじゃないですかねー。


2話の小鍋やに食事に行くと、昔なじみに出会う課長。

1話の下着ドロ(ザブングル加藤w)と街で出会う花ちゃんといい、事件が1話完結の刑事ものにしては珍しく、各話のゲストがずっと出るんですねー。舞台が狭い京都ならでは、でしょうか。

そして犯人逮捕も、本来なら御法度の<本人写真公開>→<市民が取り囲む>w

こんな簡単でいいのかなー。

(しかも課長の指示を無視してのリーク。かなり失礼だと思うんだけど…)

これも京都の狭さ故、でいいんですかねえ。女性を何人も殺し、目撃した課長のお友達まで殺した犯人が、その辺でラーメン食べてるって怖いなあ…。捜査をコメディ調で描くなら、事件も殺人じゃなくて、せめて女性の靴を持ってく様な(大阪で今本当に連続して起きてるアレw)軽めのものでお願いしますよー。それでも十分怖いですから。


で、ニュースで課長を上げたり下げたりしたアナウンサーは、小鍋やの女将や下着ドロみたいにここからレギュラーなんでしょかw


錦織課長の席に毛布がそっとあるの芸細w


「刑事110キロ」1 ☆☆

なんだ、まともじゃん!


このタイトル、この主演(石塚英彦)、どんだけ色モノなのかと。『くだらないに決まってる』と、見もせずに消されそうだった録画をとりあえずつけたら、なんと普通の刑事物でしたよー。人情話、いいじゃない!(期待値低いところからの上昇で、☆を3つつけそうになりましたw いやいや、と2つに訂正w)


言うなれば「デカワンコ」のおデブ版かと。ひたすらデブ話、デブあるある、デブネットワークで捜査じゃないかと思いきや、くっきりデブ系のお笑いは『下着ドロに狭い路地に入られて、追えずに逃がす』ぐらいでしたよ。

ラスト、犯人に「貴方はデブを利用している」と言われる花沢太郎(石塚)ですが、いえいえ利用してるのは制作サイドですから!本人的には「ただのデブです」という言葉通りの活躍でした。


まあ、強面の刑事さんには声をかけづらくてもおデブちゃんなら…という目撃者もいたかなw

それに「こんな身体で」と、喉が渇いたと民家で水を所望。その時は交番のおまわりさんで制服ですから、ご苦労様と水の一杯ぐらいくれるのが普通ですよね。なのに険しい顔のおばあさん……そこで警察官としてピンとくる。結構するどい人なのです。


犯人に市原悦子、上司に高畑淳子と、演技派ががっちり脇を締めてくれてるってことも大きいでしょう。

警察ってなに、犯罪ってなに問答の緊迫感は大したものでした。


それでもお母さん、犯罪です!

恋人をストーカーに殺された息子が、その仲間に命まで奪われた最期を腕の中で看取り、復讐を遂げる強き母……。そこで救急車呼んでたら助かってたんじゃないの?とか、自宅に遺体置いてて匂いとか…と思ったりもするのですが、まあどうにかしたんでしょう!

「夫婦道」1 ☆☆☆

 しまった。面白い!

 ただのホームドラマなら見なくていいや、な筈だったのに。
家族(+1)が延々くっちゃべってるだけの場面がいちいち面白いじゃないのさ。

 武田鉄矢と高畑淳子を、並べておくだけでもう面白いのに喋る喋る。そして、意外やいい感じだったのがシズちゃんですよ。南海キャンディー ズの。
 いい笑顔だけど、恋人には微妙だ。デカイ。
 そんな、そのまんまの役どころが実にはまり役。両親がマシンガントークだから余計、彼女のゆっくり低い声が心地よいよね。

 さて、見合い30連敗の長女を差しおいて、次女の結婚は認められるでしょうか?
相手は無口金無し、なんと還暦(^^;;;)

 正直粗筋はどうでもいいだろうし、途中見逃しても全然かまわない。でもTVついてたら絶対見るね、笑いながら。吉本新喜劇みたい。
 シリーズ化しそうな気もする。長女はずーっと負け続けで、彼女が嫁ぐときが番組終わるとき、みたいな(笑)

「14才の母」6 ☆☆☆

 ご近所のウワサ、早!
まぁあれは雑誌にのった云々ではなくて、同じ中学の姉がいたり塾で会ったりの口コミですかね(産婦人科の先生が、あの記事で一ノ瀬家だと何故分かったのかが不思議です。彼氏の素性は聞いて無くない?)
 そして、弟がイジメられると今更気づいて狼狽えるミキ。遅!

 学校休んだ白雪姫に、毒リンゴを渡すが如くに週刊誌もってきちゃう魔女もとい桐原ママ。一ノ瀬家は見せないつもりでいたのに。こういう無神経に本当に腹が立つのですが、未婚の母の先輩としての言葉には重みがあります。
 世間は冷たい。言葉に出来ない程に。・・・だよねー。

 ただそれでも桐原ママもサトシ君を産んだ。
その事に気づいて、産んでくれたママに感謝出来て初めて、サトシ君も大人になるわけです。反撥だけしているうちはまだまだだね。
(しかし、誰でも分かる形で記事にされたサトシ君にも、学校の指導は入らないんですかね?)

 健康のために検診結果などを記録するように言われたミキちゃん。得意のDJを録音しだします。
「ハローベイビー!」
うひゃこっぱずかし。まぁそれも青春か。

 

「14才の母」2 ☆☆☆

 母は強いね。
いざ相手の家に乗り込んだらビビッてる父を後目に、ガツッと用件を切り出しました!
・・・向こうも女が出てきた、というのがあるかしら。

 母親にバレ、父親に報告して泣かれることになった今回、もっと大暴れの大騒ぎかと思いきや。
父生瀬さんが、まず信じない。それから必死に自分を抑えようとして抑えきれない様子がたまりませんでした。そして必ず最初に聞くのね。「無理矢理・・・?」って。

 それに「好きな人がいて」こうなったと応える娘なワケですが。好きなだけじゃ妊娠しないのよ?
 おまけに後半、今更「好き」って告白し、彼に驚かれていて、びっくりがっくり。「突然だね」じゃねーよ!そういう意思確認の方を先にするんだよ普通は(TT)

 妊娠検査薬が見つかって、妊娠発覚。
前回薬局で『2回分』の箱を手に取ったのも伏線か! ていうか、未使用分をとっといたのね(^^;;;) 使用して結果が出た方ももしかして、一緒に箱の中かな。家のゴミ箱に捨てないのは賢かったけど。

 産婦人科、初診には保険証が必要。
妊娠週数は、受胎前の生理から計算。
堕胎手術は、母体の為20週までに。
堕胎手術は、胎児の父の署名が必要。

 ・・・前回に引き続きそんなまめ知識(?)も散りばめつつ、妊娠の実体に迫っていきます。
そう、女が痛いの。
産むのは勝手でも育てられないのは罪 なの。

 緊張感たっぷりの1時間でした。
なのに前回の、学校抜け出てひゃっほーみたいな場面よりよっぽど安心して見ていられたのは何故でしょう。

 男の返事は、来週。さてさて。
ドラマの女の子はすぐ「産みたい」っていうよね。怖くないのか、分かってないのか。
「産みたくない」と暴れるのを親が説得、とかって逆のパターンはないのでしょうか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ