ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

高橋愛

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」芦原橋駅 ☆☆☆

芦原橋って太鼓で有名ですか? 街の意匠にもあちこち太鼓が?? 知らなかったわあ。
そして大阪育ちだけれど後ろ向きなヒロインにちょっとホッとしたり(今宮駅の夫婦漫才、せっかくの木南晴夏と大東俊介でしたがせわしなくてピンとこず。ヒアリングの問題だったかもw)


東京から、気まずく出戻ってきたヒロイン明子(高橋愛)

離婚、失業、引きこもりでもう実家に頼るしかない……のに、そんなこととは知らない母は恋人と旅行中orz 鍵もないorz

ばったり会った幼なじみのまる美(馬場園梓)に引っ張られるままに太鼓教室へ。懐かしい気持ちと共に、いじめられっ子だった過去も蘇り……まる美の陰口がショックで、明子は教室を飛び出してしまう。なぜか、まる美の大事な太鼓を抱えて。


な、なんで太鼓ごとw

追いかける方は『太鼓抱えてる人、見ませんでしたか?』と探し易かったですよw そして陰口なんて、勘違い。明子の事情をペラペラ広めていたわけじゃなく、まる美も同じくバツイチで、失業&引きこもりは別れた旦那の話でしたとさ。

もともと明子の母が、そりの合わない自分とよりまる美と仲が良く、まる美ちゃんみたいになれと言われ続けていた不満も爆発。そんなの初耳のまる美はいい迷惑です(^^;;;;) いじめっ子も、蹴散らしてくれてたの、まる美ちゃんだったのに!
でもまあ、そんなこんなも含め、大人になったら皆事情があるよね。元気ハツラツに見える まる美だって、旦那に尽くしすぎてふらっふらになってたのだとか。 そこから、知らない場所に行って初めてのもの食べてのリハビリ中。明子が抱えて逃げた太鼓を持って、また知らない国に行くんですってよ。


誘われて、久しぶりに向かう太鼓。
手は、足は、構えはと確認しだす明子を「好きにし」と諭す、まる美。楽しむための太鼓ぐらい、好きに叩いたらいいんだよね。「ダダダいうてドン」とつぶやきながら連打するうち、笑顔の輝き出すふたりなのでした。


太鼓楽しそう、打ってみたいですね。 

「Q.E.D.証明終了」4 ☆☆

孤独な天才2人の邂逅。
少年時代との決別。
いい話だわ〜。そして燈馬は見つけたんですね。楽しいかもしれない自分の場所を。丸顔の横に(^^ あれ何?太陽の様な存在ってこと?)

気になっていた”何故日本の学校に?”の回答でもあり、1話の無駄なダイビングへの言及もあり、待ってました!な脚本でした。

しっかし、主人公達以上に演技力微妙なゲストが2人、正直辛いです。
そして数学の理解度はともかく、男女としてラブラブな描写は積極的に入れてくれない、どうも落ち着きません。突き落とす気じゃなかったら、背後から近付いてどうする気だったんでしょう。フフフ。

(5話から脚本が変わる??それもあって何だか最終回みたいだったんでしょうか??)

「Q.E.D.証明終了」2 ☆☆☆

「危ないですよ」って、パンツ見えてるよその角度(><)

前回はスカイダイビングを志願、アクティブなところを見せた想くんでしたが。今回は塀から出入りすればボロボロ、ちょっと走って座り込む安楽椅子探偵。
行動派のヒロインときっぱり役割分担で、楽しくなりました。
(忍び込む彼女の携帯が、マナーモードになっているか確認する想と、そのメールを読んでも無頓着に鳴らしっ放しの可奈の対比も可笑しかったです 笑)

まあ事件は自然死。
あの人が殺したのかも、と関係者がかばい合ったせいで話がややこしくなっていたんですねー。

……と、ジュヴナイル的に満足していたら、ちゃんと先があったので逆にびっくり(^^;;;)
そういえば人形の目がアップになってました、ました。
電気を溜めるような仕組みに作ってあったんですね。
いやでもそれって狙う人には発動せず、違う人を100年後に殺しちゃう可能性もあるわけで、杜撰じゃない??(←追記*静電気ごときでペースメーカーは壊れませんと抗議があったそうで公式サイトに訂正が掲載されました。ですよねえ)

冒頭の授業での熱唱(笑)も最後にきっちり拾ってオッケー!かといって説明台詞は最小限。脚本が「ちりとてちん」の人だったことを忘れてましたよー。
こうなると、可奈は可愛いけど一本調子、想はローテンションというメイン2人の堅さが惜しいところ。
一緒に盗み聞きの場面なんて、可奈のうなじにちょっとはドギマギするぐらいの青春らしさがほしいんだけどなー♪(「OLにっぽん」三十路の2人の方が100倍甘酸っぱかったよね)

パパのお約束なズレっぷりも、楽しくなって参りましたー!

「Q.E.D.証明終了」1 ☆☆☆

イヤ、”飛び降りない”って選択肢もあるから!

…と、つっこみを入れながら楽しく見ました。良質のジュヴナイルですね!
ヒロインの可奈ちゃん(高橋愛)は元気で強引で可愛い♪
天才転校生の想(中村蒼)は早速引っ張り回されています。良かった良かった。

勿論、飛び級でMITでてりゃ誰でも名探偵?とか刑事(石黒賢)が可奈のパパだとかいう安易さや、仲間を亡くしたばかりの関係者にガンガン核心を突くヒロインの無神経さは話を安っぽく見せてマイナスなんですが。そこはもうお約束ということで。
それよりも推理ものという舞台装置の上で、孤独な天才と少女が歩み寄っていく姿が楽しみです。

「お礼!」
と可奈が差し出した焼きそばパン。渋々受けた割には気に入ってたみたい。アメリカにはない味に衝撃を受けたか??
天才くんはなぜ一人暮らしをしているんでしょう。
なぜこんな田舎の高校に来てみたんでしょう。

実はスカイダイビングの資格、持ってたよーには笑いました。
その調子で、勿論銃も撃てるとか、ギターも弾けるとか、料理も金庫あけもスケボーも出来て下さいね!

脚本が「ちりとてちん」藤本有紀さんだということで見たのですが、特に香りは感じず終わりました。
中村蒼くんの顔が好き。
「学校じゃ教えてくれない!」の子かー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ