ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

高橋克典

「女系家族」3 ☆☆☆

 レディスクリニックに押し掛ける着物の一群。
まさか、千寿が不妊治療受けているクリニックなんでしょうか。

 とにかく、赤ちゃんの無事は確認できましたが母体が出産にリスクのある体質と判明(・・・って、何を検査すると分かるんでしょうあんな事??) 妊娠中毒症、たしかに軽く考えちゃいけないでしょうが、なりやすいからって中絶したりする病気とも思えませんが??
 終盤、そのことをネタに揺さぶる揺さぶる!終いには
「堕ろしなさい」とにっこり。
げに恐ろしきは女の闘い・・・・・!!

 その恐ろしい藤代姐さんと手を組んでいるのが高橋克典、踊りの梅村流の家元さん。
1話の段階ではイマイチ面白意味がなく、いっそ次女の婿養子沢村一樹と逆でもいいのに?と思っていたのですが今回出番が増えて裏も見えてきました♪
 藤代さんを色仕掛けでたぶらかした上に、不動産を巻き上げようってか?
 米倉にも急接近!(もう家にもあがりこんだそうですよっ)
危険な男の香り漂って、こちらも楽しくなってきました♪ふふふ。

 相続を巡っての身内の争いは見込んだ通りの荒れ模様で、お腹いっぱいです。

 他が凄すぎて、暴言も甘言も言われるがままのヒロインは役名も印象に残ってない程(浜田さん?)。早く反撃に転じて胸の空くような啖呵を切って欲しいです。
 ああでも、赤ちゃんはどうか無事にね。

「女系家族」1 ☆☆☆

 BGMがうるさい。こみいった話してるのに聞き取れないじゃない!

・・・と憤るほど引き込まれてる第一話でした。

 初回2時間の長さが面倒で後回しだったのですが、ナルホド。最後に一言
「お父様の子供をみごもっております」
と、初回に言わせるための2時間だったんですね(納得はしたけど。もう少しで見ずにリタイアするところでしたよっ)

 旧家の3姉妹、出戻り総領娘(高島礼子)・次女(瀬戸朝香)・パパッ子末娘(香椎由宇)に加えて、亡くなった婿養子パパが森本レオだったというキャスティングが絶妙。
 ああ、奥さんに何もいえなそう。
 娘達(特に長女)にも何も言えなそう。
かといって不倫相手の米倉涼子には、本当に好きだったと言わせてしまう相手。なかなか居るモンじゃありませんよね。

 盛大な葬式を取り仕切って、イキイキとしている長女:藤代。
婿養子を次期社長にしたい次女:千鶴とはソリが合わずに派手な口喧嘩しているくせに、泥棒猫:米倉に向かうときには
「それはそれ、これはこれ」
と、一致団結ですから(笑)
末娘じゃなくたって呆れます。

本家に呼ばれた米倉相手に、罵詈雑言。
「表裏がある人間は最低」って千鶴さん・・・・正直に暴言吐くのはいいんですか?(^^;;;)

叔母だとかいう浅田美代子を加えての舌戦もさることながら、それぞれの気性を映した着物の柄行や、古い日本家屋内の各部屋のインテリアの違い、そんなところも見応えありました。

異空間だった「大奥」でも「汚れた舌」でもない、身近な(?)険悪感とお家騒動にちょっとワクワクです。

一番気になるのは、先々代から信頼あついという手代(?)の宇市。
取引先と癒着、遺産相続がないのも不満。
演じる藤田まこと・・・もとい橋爪功が枯れてなくて、米倉涼子も家に上げろと言われてちょっと躊躇。何かされそうだもん(^^;;;) 
2話のあらすじを見ると、早速託された巻物をちょろまかしてますよ!

 最後は商売も傾いてしまうのでしょうか。
とりあえず、赤ちゃんは無事に産まれて欲しいです。

「特命係長 只野仁」19、20 ☆☆☆☆

「派遣社員は、会社の秘密は漏らしません!」
「貴方と寝ていたら、賭場には連れてこなかったわ」

 こんな感じで、ゲスト女性キャラにちゃんと決め台詞まで用意して締めてあげて!サウナのネタも、腰巾着はホモだったネタもちゃんと成長してるし!! そうそう銀座のクラブ「カリネ」 黒革の手帳のクラブ「カルネ」もじってましたね。
 それでいて、事件はちゃんと課長を巻き込んだり、昔の男を守ろうとしてみたり・・・・。
 普通に面白かったのでかえって書くこと無かったよ!!

 でもいつも笑っちゃうのが、どんな場所でも相手でも連れ込むホテルは一緒なところ。
あのラブホは系列全店有効でポイントカードでも発行してるんですかっ(スタンプ集めてるのか只野!) それとも電王堂グループ??

 来週で最終回かー。さみしくなるわー。

「特命係長 只野仁」18 双子 ☆☆

 ありえないって!
秘書・・・が何するのか知らないけど、上司の顔も知らずに代理出社して勤まる仕事とは思えないっ

 でもまあ いっか。只野仁だし(^^;;;)

 生き別れて育ち、偶然にも再会した双子の姉妹。
入れ替わりを画策する妹に命を狙われる姉。その姉の代わりに玉の輿に乗るはずが、別の女と結婚したい男に殺されかけ・・・・。
 ここでねー。妹的には自分も命を狙われて初めて、育ちのいい姉へのわだかまりが溶けたっちゅーことかもしれませんが、姉の気持ちはいいの?妹のした事って、泣いて「ごめんなさい」程度で済むの??済ませていいの?
 でも逆に、その後自首して服役中っていうけれど、被害者の姉が告訴とりさげればそこまでしなくていいんじゃないの?

 とかなり無理ありましたが、まぁ いいや。サウナもホテルも楽しかったし(^^;;;)

 犯人を追う・・・ハズがこけてる永井君!
 クラブでなにげにノってる只野!!
サウナ1:”ジルバとハイジ”を指摘された後の 長〜い空白!!
サウナ2:「イイ身体談義」と腰巾着のホモ疑惑!!!

 今日も楽しかったです♪
DVD特典は、課長主演のミニドラマ??ちょっと見たいよそれ!

「特命係長 只野仁」17 ☆☆☆

 が、学校でしちゃダメでしょう(^^;;;) 「先生」プレイでいつもより盛り上がってる場合じゃないです。 只野さんも誰を叱ってるんですか誰を。っていうかドコを(^^;;;)
 でも一番受けたのは、女子アナちゃんが上履きはいてたコトです!!

 おやおや私メイン人物の役名すら覚えていません。毎週見てるのに!!それでもゆるゆる〜っと楽しんでます。

 人気キャスターと社長夫人の不倫。目くらましに利用されちゃった女子アナ!写真をネタに強請る男!! この部分だけ取り出すとしょーもないんですけど、目玉は只野さん鑑賞ですから!!

 犬の散歩でみせた”決め顔”の前の、長〜〜〜〜いタメ!最高(笑)日本の心、歌舞伎ですよね。英語がこなれているのもポイント高いぞ!!
 かと思うと、トイレトイレと海老のように後ずさり、「上を見て生きる」秘書と一緒に天井見上げて
「電球切れそう」
というハズシッぷり。アップで鼻くそまで掘ってくれましたけど、それでも(というか、そこまでやる高橋克典が)格好良く思えて来ちゃうんですよー。

 対する永井君、まだまだ普通にカッコヨクって捨て身まではいってませんね、って捨てなくていいのよ。
 TV局の仕事に慣れて、転職しちゃいそうな永井くん。似合ってました。
「台本は命だっ」
の言葉通りに、台本で命拾いするオチまであって最近ホントに脚本がまともです。この第2シリーズみて昔のレンタルなんかした人、どーしょもないんでびっくりしちゃうんじゃないでしょうか。

 最後、ひっそりと廊下をゆく只野係長。
挨拶を返してくれた人がいて、本当に嬉しそうにニッコリする。まだまだ世の中捨てたもんじゃないぞ、なんて。こっちまで嬉しくなってしまいました。
(このダメ係長を好きなOLエビちゃんの話、どうなるんでしょうねぇ)

「特命係長 只野仁」15、16☆☆

 えー、とうとう秘書嬢が係長の正体に気がつく??

 新シリーズになってからエスカレートする一方のおふざけ。
お約束のサウナでも、モザイクかけまくりで只野の巨大さと永井くんの小ささを強調してくれてますよ(^^;;;) どっちも、なにもそこまで・・・・・なネタなんですけど、笑えるからいいかっ。

 で、ニセ只野登場!の回では、「人まねなんて小さい男のすること」・・・と言った途端に、ニセ只野がでっかいモザイクで現れて永井くんショボーン。
 ホストの回では、女を口説く方をやりたいっという永井くんが、やっぱり小さいネタでショボーン。
 これって定番になるんでしょうか(^^;;;)

 とにかく毎回、連載ギャグ漫画の定番みたいなゲストキャラの登場で盛り上がります。
そのうち未来から只野の子孫がやってきたり、「貴方の赤ちゃんよ」と押しつけられた子を子守をしながら事件解決したり、しても不思議じゃなくて怖いです!

 ただ、ニセモノ只野役の原口あきまさ、可哀想だった!
「モノマネしろ」と言われる場面では笑ったけど、結局そこで何も出来ない男の役でしょ。見せ場がないじゃない。モテてる場面もありません。
 本人ちょこっと期待して来たと思うのに(^^;;;)、コンパ芸の披露ぐらいさせてあげてー。

 ホストの只野さんはさすが!はまり役!
でも逆に普段のまんまですよー。結局目指す女を口説けない役回りなんだから、永井くんのホスト役も見たかったナー。

 などなどいいつつも楽しんでます。

 そして、まさかの正体バレがやってくる??
まずはニセモノ只野に、後を付けられて変身を目撃され!
お次は同じ匂いがする、と秘書嬢に係長バージョンを連想されっ!

 声が同じでも、色の黒さ同じでも、『別人に見える』という設定だけが頼りだったのに(^^;;;) このシリーズ中に正体ばらしてしまうつもりなんでしょうか??
 そしたらシリーズ3はどうなるの??

「特命係長 只野仁」14 ☆☆☆

 サムライ社員!!カッコイー(^^;;;)

 のっけから、夜の街に「サムライ」登場。
暴走族、ヤクザ、ぼったくりバー。大立ち回りで市民の迷惑を粛正してまわる・・・ときたら、まずドコの誰だか探るのが只野さんの役目だろうと思うじゃないですか。

 それが堂々と電王堂の社員で、着流しに刀を差して出社してタイムカードまで押してるの??もうどうかしてます!
 社員食堂の列に割り込んだヤツを咎めてもらって、只野くんニコニコ。
「結構いい人ですよ」
だよねー。
「真似する社員が出たら困る」
って社長さんっ 大丈夫いないからそんなヒト!!

 でも、ギター侍も毎日みかける今日この頃、着流し姿というだけで笑えそうなこの話をビシッと締めているのが伊原さんのこなれた殺陣!!
刀の扱いといい、足さばきといい、手慣れたもんで流石です。
伊原さん、よくぞ引き受けてくれましたっ「おつカレーライス」!!

 サムライになった理由は、分かるような分かんないような。
死期が迫って自棄になったのはいいんですが、社員で居る間に死にたいのならサムライは夜の姿にしておけばいいのに。
 ・・・でもまあ、そういう辻褄はこの際おいといて。

 ラブホとサウナの場面でのお遊びが、この際ドラマの肝ですから!
タオルの動きが妙だと思ってたらモザイク来ました(^^;;;) 現場遊んでるなぁ。 高橋克典も楽しそうですよねぇ。 30代後半〜40代男性がみんな練習したというヌンチャク芸(「探偵ナイトスクープ調べ。女子はピンクレディね♪)、喜々として披露してくれてます。

 あとは、梅宮パパにも熱意が欲しいところ。

「特命係長 只野仁」13 ☆☆

 ついに出た!! 
ぼーっとしてる只野係長の方を好きな女!!(実は私も・・・^^;;;)
これでますます話がややこしくなってくれると面白いなぁ。

 秘書さんと女子アナが、負け犬同士女の友情を育んで、でも只野が現れると脆くも崩れるところもいい味だしてました。

 今回の事件はスーパーフリー?
コネ入社のバカ息子社員が、女の子に薬を呑ませてはイタズラし放題。悪い遊びが外部に漏れる前に、ちょっとこらしめてやりましょう・・・と、夜の只野さんが登場です!

 ここで、仕事しないのにクビにならない只野係長本人も
「コネ入社だって噂されてるらしいんですよー」
のには笑いましたー。妙に会長室には出入りしてるしね!

 しかしなぁ、パーティーにも助手の永井大を連れて出席ですが、彼はいつも素顔で社内を動き回ってるじゃないですか。 パート2になって永井くんの出番が増えて、その辺気になって仕方がないです。他のお約束は棚に上げるとしてっ永井君にはだれかつっこんでよ!!

「特命係長 只野仁」12 ☆☆☆

 フンフンフンフンフン!(^^;;;)

 出ました、これまたお約束ドラマ!
万年係長の裏の顔は、モテモテ解決屋だったのです・・・・(笑)

 毎回朝チュンだった「バツ彼」と違って、ラブホの只野さんきっちり励んでいるのですがあまりの様式美(?)に、ベッドシーンもお色気じゃなくて「オチ」(笑)
 高橋克典ノリノリですよね。
人妻を口説く場面での、視線の合わせ方!歌舞伎の見えきりぐらい派手でしたよ!!

 事件は本当にどうでもいいです。
 悪徳プロデューサーがヤクザと癒着、タレント志望の若い娘喰っちゃってたのを告発・・・って、よその会社の事件をどうして只野が?って感じなんですけど。
変装あり、乱闘あり、永井大とサウナあり、フンフンあり(笑)

 人妻から旦那の情報聞くのに、とりあえず寝ちゃってから正体バラして聞き出すのは非道いと思いましたが。ま、いっか。
 呑みながらゆるーく笑ってみております。

 木曜から立て続けに「富豪刑事」「只野仁」「ごくせん2」・・・莫迦になりそう(^^;;;)

特命課長只野仁リターンズ

 うっわー、懐かしいっ

 普段は冴えない係長。でもメガネを外して夜の街に立てば・・・たちまち女が群がってくる、ケンカもおまかせスーパーマンに大変身っ

 ・・・それこそ漫画みたいなお話(原作漫画だし・笑)を、オーバーにやらかして笑わせてくれます。
 今回も笑ったわー。何回あったの、ベッドシーン(^^;;;) そう、エッチなハズの場面ですがあれは笑うところ!!

 連ドラだった前シーズンでは、主役の高橋克典は頑張ってるのにドラマの作りは結構杜撰で、もったいないなーと思ったものでした。
 オカマ拳法の回が面白かったけど、どーしょもない時も多かったもの。
それが今回はさすがスペシャル、ちゃんとしてたじゃないですかっ。

 いえ正直、年賀状書きながら見てましたから、じっくり見てたら中だるみもあったかもしれませんが、いつもの脇役にいつも通りの見せ場をもたせつつ、課長の株がちゃんと伏線だったところなんて、凄い、普通のドラマみたいでしたよっ
 事件もきっちりひとひねり、格闘もアクション&お笑いだし、小柳ルミ子は踊るし、エッチも満載(^^;;;)

 ていうか、9時開始すぐの温泉でいきなり乳見せはいーんですか??
 この内容なら、9時の「相棒」は潰さずに、10時から放送した方が良かったんじゃないでしょうか?。

 また連ドラになるそうで、そっちもこの調子でやってくれるなら大期待です!


 なんの事件だったのよー、と言う方は↓こちらへどうぞ♪
だって私はドラマ好き♪
1クールドラマとミステリが好き

「バツ彼」最終回 ☆☆

「分かった! 章子さん、お前に似てるんだっ」
って恭介それ、愛の告白ですか(^^;;;) 陽平も答えにつまってるじゃない。

 まあ・・・ツレの親友と私も似ているそうなので、男女問わず安らぐタイプのはっきりしている人ということでしょうか。

 そんなわけで、あの陽平に恋愛指南(!!)されちゃいながらも、まとまり始めた恭介と章子。
「もう何もおっしゃらないで!!」
と、抱きつかれて白目剥いてる間に洗脳されたらしい陽平と、後輩ちゃん。

 落ち着くところに落ち着いた・・・・様でいて、恭介はまだ焼けぼっくいがあいこちに残っているし、真矢ねえさんは陽平にちょっかい出す気満々!!
 結局、盤石なのは男2人の友情だけ、という物語でした。
某所で、天野はいらなかったんじゃないかという感想を読んだのですが・・・ダメダメ、天野くんいなかったら真剣にホモな人達になっちゃうからっ(^^;;;)

 ラストは、いかにも続編がありそうでしたね。でも、本当に続編あっても、女性陣は入れ替わってるかもしれません!
 子連れになった真矢ねえさんだけが、「お向かいさん」としてちょこちょこジャマしに来たりしてね(^^;;;)

「バツ彼」11 ☆☆☆

 うわー、「会社のただの後輩」ちゃん、送り羊!!

 いい年した男の朝帰りなんて、ホントはどうでもいい話なのに可笑しい(^^;;;)
聞いてる恭介がメッチャ嬉しそうなのと、聞かれるままに答えてる陽平の狼狽ぶりがいいんですよ。

 でもねー。 笑いながら見てるんですけどねー。
どういう女がいいのかっていう基準が結局は、料理上手やボタン付けなんだよね。そこのところは、がっかり。家事も仕事もできなくて、気も合わないけど、身体の相性だけはバッチリ!なんて女じゃやっぱりだめなのね。せっかく(?)関係もっても、毎回記憶がないんだもん。
 男性陣いい加減にして下さい。

 酒飲み、仕事好き、ゴミの分別適当、な真矢ねえさんのキャラは面白いナーって思ってたのに、妊娠であっさり恋愛戦線離脱。この辺、もったいないです。
 それとも、あと一回でどっちかとどうにか・・・今更なられても困るか。

 ラスト、高校時代に好きな娘にふられた、と告白する恭介。えー。
初体験は中一です、とでもいいそうな男が高校でそんなにウブかったですか??なーんかとってつけたようです。
 叱ってくれる人=好き なら陽平でいいじゃん、もう。って毎回書いてる気がする。

 シンガポールに引っ越す元奥さん。顔が出ません。無駄にキャラが増えないところ、好きですね。

「バツ彼」9,10 ☆☆☆

「章子が好きなのは、アナタよ恭介さん」
カラーンと、なにか取り落とす音(笑)
だから、聞かれちゃマズイ話は玄関先でしないでって(^^;;;)

 子供をダシにされ、気乗り薄でデート(デートか?スイミングスクール見学が??)していた章子もさすがにキッパリとお断り。
 だよねー。
 章子の行きたいところに連れていこうって姿勢がかけらもないもん。それを言ったら、4人とも行動範囲はメッチャ狭いんですけど。

 子育てを意識したとたん、陽平がいい感じに見えてきたらしい真矢ねえさん。”会社のただの後輩”も積極的に迫ってきます!!なのになー陽平ったらなー。
「昔からあいつは。自分を好きになる女には興味がないんだ」
そして、恭介を好きになる人ばかり好きになる(^^;;;)難儀な人です。

 逆ギレ陽平に殴られても難癖つけられても、ひたすら耐える恭介。
そりゃ、まともに話し合える状況じゃありませんから、上がりこんでくる方が間違ってます。
「お前と友達になったのが間違いだった」
とまで言われた恭介の哀しそうな顔ったら。ダメだよ、また絶交してもお互い友達は他に天野っちしかいないんだからー。

 「人間の証明」より一週早く始まって一週遅く、12話あった「バツ彼」。
来週、陽平と後輩さんがどうにかなった挙げ句にどこに着地するんでしょう??
離婚した男の女性遍歴よりも、男同士の盤石の友情に焦点があったような気がするんですけど??

「バツ彼」7,8☆☆☆

 大変なことに〜×2(笑)

 先週の「男の責任」は、いかに陽平びいきの私でもさすがに五月蠅くて
「なんでこんなのと友達やってるんだろう」
という恭介のぼやきに共感(^^;;;)
 でも、そのぶんだけ今週の天野っちへの説教役が笑えるんだよねー。誰を叱るにも自信満々。ほんと、この勢いで女に向かえたらねぇ?

 その説教の横で小刻みに相づちうったり、「お前が言うとうさんくさい」と発言を止められる恭介も可笑しかったわ。この辺って演出も入ってるのかしら、それともアドリブ?
 真矢ちゃんの妊娠を知らされた時のアタフタも可笑しいんだって(「ああ探偵事務所」の永井くんも、あれくらいのオーバーリアクションしてみなさいってのよ)

 で、ついに”会社のただの後輩”に迫られている陽平くん!!座り込んでHELPの電話かけてる場合じゃないですよ。しゃきっとしなさい!!
 そしてね、章子さんとはダメだよ。
彼女の気持ちが恭介に・・・とかのレベルじゃなくってね。
「産むわ!」
といってのける真矢ちゃんを呆然とみつめる陽平と章子さん、同じ顔してるんだもん。先行きを心配する、マイナス思考の顔。
 こんな2人で一緒にいたら、坂を転がり落ちるように不景気になりますって。

 悪いこといわないから、君は”会社のただの後輩”さんにしておきなさいよー。そして・・・?章子と恭介ってラインはまだこれからあるんですか??

 最後の方、あまりに子育て礼賛になってきて、どうしたのかと思っていたら・・・・恭介の娘を抱き上げる知らない男!!ってつまり、元奥さんに男が出来たってことよね。
 さーてまた一波乱♪

 

「バツ彼」5、6 ☆☆☆☆

 ベッドシーン(ていうか翌朝)でこんなに笑ったの初めて。
毎回毎回、ヤッタかどうか相手に聞かなきゃわからないってこの男は(^^;;;) 更には、こっそり帰ろうとして陽平と鉢合わせしたときの声にならない声!!
ほらほらまた絶交されちゃうよ??

 その絶交もね、なんなんですかこの腐れ縁な男2人は(笑)
 別々のデートで、相手を褒めたり昔の話を延々・・・・って、もうあんた達でつき合っちゃえばって気になりつつも(^^;;;) 可愛いなぁ。

 このドラマ、主人公恭介がモテモテなのは分かるけど、対比としてダメダメに描かれてる陽平くんが、決して相手に嫌われているわけじゃない・・・・「本当にいい人」で主人公も含めみんなに好かれているのが味わい深いんですよね。
 ”真逆な2人”だけなら良くある設定ですが、電車内の姿勢ひとつとっても、すっごく丁寧にありえなく真逆で好きよー。
 で、「ただの会社の後輩(中山忍)」が、ついに参戦してきましたよ、ナントカかぼちゃ持って!!

 自分が好かれていたと知って驚くにぶちんな陽介。
でも、章子さんだってデートの前、陽平が本気だと聞いてあせってたし(笑) 自分への視線に気づかないというのが、恋愛下手の原因なのでしょうか。
 はっ私も誰かの熱い想いを見過ごしてるとか????

 事前情報では、「高橋克典がもてまくり」と聞いて見るはずなかったドラマなのに。今や我が家でイチオシはこれです(^^;;;) 病気も苦悩もなくて、お気楽だし〜。
 芸達者が揃って、かぼちゃの名前ギャグまできっちり落としてくれます。最終回もあせらずにまとめてほしいなー。いっそ、どのカップルも上手くいかずに初回にもどったっていいんだし。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ