ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

高橋克典

「信濃のコロンボ~死者の木霊~」内田康夫サスペンス ☆☆

コメディタッチなんだ?


温泉旅館を嫁に任せての刑事商売。ここぞとなるとコロンボばりのくしゃくしゃコートを羽織ってお出まし。よ、信濃のコロンボ!

劇中で奥さんにも「小汚い」「季節にはまだ早い」と言われていたコロンボコート、猛暑が退かない今秋に観るとまあ暑苦しいったらありません。

趣味の俳句が捜査に微妙に役に立つのも、面白みはありますが爺臭いですよねw


で、そのコロンボに憧れる主人公竹村が寺脇康文。

目当ての西村雅彦さんはその上司の長野県警飯田署署長。パイプで煙草をのむダンディです(^^)実年齢はほぼ同じ筈なのに、役柄に年齢差が……w 


事件はバラバラ遺体遺棄で発覚。趣味の釣りで第一発見者になっちゃう主人公。「相棒」薫ちゃんばりに引きがいいタイプですねー。

そして捜査にクビを突っ込み、犯人自殺&関係者自殺で片付けられそうなところを、丹念な捜査と風呂場のエウレカ!で解決する信濃のコロンボさんです。 よそで絞殺した死体を運んで橋から吊るしたって、鑑識がちゃんと観たら死斑の出方や傷の具合や微物の付着でいろいろ分かる筈だと思うんですが、まあそこはいいや~。 


あと東京で協力する東京の警部補に高橋克典。
人気シリーズの配役交代ならしいので、またこのトリオで次回作が見られそうです。その時には主人公、2階級特進してるのかな?
 

「匿名探偵」1 ☆☆

あの「特命係長」と同じスタッフ、同じ調子で作られたらしい、冗談の様なドラマです。(永井大とエビちゃんは出世しちゃって予算オーバーだそうで出演せずw)

こんどは探偵を演じる高橋克典の背景に、無駄な裸が踊ってますよ。深夜だねw


いっそ最初のストーカー騒ぎで終わっても別に何も思わなかったのに、終盤で殺人は起きるわ依頼人の嘘がばれるわ、町の探偵の手には余る事件になっちゃったぞ、正直そんなに頑張らなくてもいいのに(^^;;;)


「特命」では女子アナだった大家さん……ついに「ババア」呼ばわりされちゃうんですか、そうですか(><)月日は無情だわ~


「悪党」1☆☆☆

プロファイリングも心理捜査もない、というだけで新鮮(笑)

「ウサギはウサギを助けられない」
と、ハイエナたらんとする刑事たちがいて(高橋克典とかw)、お育ちのいいエリートウサギ刑事(小泉孝太郎)は赴任早々おとりにされて殺されかけてました(笑)
でも、彼らの理屈も理解したようで…これから感化されていくのかな。上に立つものとして、清濁併せ呑むことも必要よね。

しかし、死体のポケットから覚醒剤を抜き、取調室では容疑者を脅迫wちんぴらを監禁wあれもこれもやりたい放題で、いっそ笑えます。
かといって私腹を肥やすわけでなく、ちゃんと被害者の仇はとってるんですよねー。

お酒飲みながら観る感じ?深夜にやればいいのに! 

人気ブログランキングへ

「隠蔽指令」〜最終回 ☆☆☆

「君が勝手にやったことだ」

来た来た!この上司が愛人に堕胎を迫る男だったのは、ほら責任をとらない男だよという伏線だったわけでしょうか(笑)やっぱり部下1人に押しつけて来ましたよー。

それを呑まざるをえなかった主人公。そこで終わっても企業ものとして評価出来るかもと一瞬納得しそうになりましたが、まだまだそこから復讐が始まるのです!

 

命を狙われ妻子を実家に帰し、やはり裏切られた友:地村と共に、大銀行と政治家に一泡吹かせるべく裏工作。

いやー、裏金だから内密なのだと身内を騙していく手法は見事ですっきりしました♪ 一方の地村の仕掛けは、上の政治家でなく夢を諦めた上司がターゲットだったのは可哀想な気がするのですが、それは私が西村雅彦ファンだから??

 

人里離れたダム近くで爆弾と繋がれて放置されて。あがく独擅場は堪能させていただきました(あれは絶対、漏らしちゃったよね ^^;;;;)

 

最後、記者会見に臨む主人公を守るため。人を殺してしまった地村さんは、今どこにどうしているのでしょう。主人公に近付いてくる地村さんをずっと、悪巧みをしているのだと思っていてごめんなさい。



「隠蔽指令」3 ☆☆☆

羽根田議員の女遊びがスクープ!!しかしすぐさま秘書が否定。
それは俺の女です……って、そのために同じ女と寝てたのかと恐ろしくなる程の用意周到さですよ。いつからだーと怒り出す議員も含め、面白いやら楽しいやら。

そんな西村ファンの萌えポイントはさておき、主人公側も急転直下でドラマです。
億の金を動かすかと思えば、200万円で人生が狂う男を救えない……そんな無力な主人公、ストーカーに狙われるのかと思ったら!!

……ついに起きた殺人にびっくりでした。

「俺に、させないでくれ」
という謎の言葉もありましたし。あの殺人は、例のなんとか問題を解決するための駒に使われたというところでしょうか??会社のために生きるのが、どんどん嫌になりそうな展開です。

「隠蔽指令」2 ☆☆☆

議員の間でマイ石鹸がブーム(笑) 面白くなってきました♪

何がなにやらだった前回に、バラバラとまかれていた事件のパズルがくっついて形が見えて来た感じ。
首相を狙う西村さんはエロおやじでもう(シャワーシーンもサービス ^^;;;)
現職の女性スキャンダルでチャンスを掴んだというのに、女遊びしてていいのでしょうか。

で、その秘書地村さんから主人公に、大金の融資の代わりにあの事件をもみ消して&なんとか法案を潰してやろうと誘いがありーの、自宅に謎のFAXありーの。陰謀がいろいろ動いております。
確かに主人公、銀行の金5億を用意することは出来るのですが……上司は自己責任でやれよ的にもしやの時には逃げる気満々。地村の提案に乗れば何もかも解決に見えますが、そう簡単に上手く行くのか??

このドラマの高橋克典は、珍しく奥さんに一途で遊ばない男みたいです。それどころか、むかし地村とオレのどっちが好きだったんだなんて、今さら聞くほど自信がないのー??

主人公の名前は覚えてないのに、地村が耳について離れません。どうしてー??

「隠蔽指令」1 ☆☆

ウヒャーわけ分からない。

島耕作よりは身持ちの堅い克典さんが、会社勤めの浮き沈み。左遷されたり社長秘書に返り咲いたり。あの事件この事件とポーンと時間が飛ぶわけですが、じゃあどうしてここから1話を始めたのか??
ダンディ西村さんは与党の政治家。仕事も女もお盛んなのはさておき、その秘書(高嶋兄)と主人公が昔馴染みなんですと。さてそこから話がどう動く??

今までのwowowドラマ路線とはどうも違う複雑っぷり。とにかく1話だけでは、話の向かう先がちっとも見えないまんまです。
いきなり自殺で始まっただけに、次は誰が死ぬのか殺人もあり得るわと身構えていたのにそういう展開でもなさそうだし??
とにかく2話をみないと始まらなさそう。

「特命係長只野仁」あしながおじさんの謎☆☆?

高い塀を乗り越えて自殺。
「足の悪かった男に出来るか?」
という目の付け所はいいなーと思っていたら、後半の犯行映像で大笑い、無茶すぎるー!失神した大男を担いで脚立昇って落とすなんて、うっかりしたら一緒に落ちて死んじゃうよこれ!!

盗撮が犯行現場をとらえた!
という偶然も、生着替えのエロと事件を融合させて新しいねと思っていたら、なんと犯人(「暇か?」課長 笑)、自分が映りこんだ映像を編集もせずに市場に出してるって!!そんな馬鹿なー(笑)
ついでに山中の誤射で犯人不明もアリエナーイ

まあ只野仁だから、逆さプリンと竜巻があれば矛盾なんてどうでもいいけどね?
逆に、辻褄が合わない分を全部部長がひっかぶって、もう5人は殺してるぜ的大悪人に演じてくれちゃって、これまた大笑い(^^;;;)電王堂からまた犯罪者出ちゃったよー。

離婚したての安達祐実がやっぱり可愛くて、最後は只野に抱かれて手術を決意するかと思ったので何もなくてちょっと残念(笑)
係長の正体に気がついてしまったら、もう再登場はないかなー。

しかし
「道ばたで拾った女」
の正体、猫だよねって言い合ってたら亀??寝かせてくれなくて、は何ー?タンスの裏にでも入り込んで詰まっちゃってた??(笑)

特命課長只野仁リターンズ

 うっわー、懐かしいっ

 普段は冴えない係長。でもメガネを外して夜の街に立てば・・・たちまち女が群がってくる、ケンカもおまかせスーパーマンに大変身っ

 ・・・それこそ漫画みたいなお話(原作漫画だし・笑)を、オーバーにやらかして笑わせてくれます。
 今回も笑ったわー。何回あったの、ベッドシーン(^^;;;) そう、エッチなハズの場面ですがあれは笑うところ!!

 連ドラだった前シーズンでは、主役の高橋克典は頑張ってるのにドラマの作りは結構杜撰で、もったいないなーと思ったものでした。
 オカマ拳法の回が面白かったけど、どーしょもない時も多かったもの。
それが今回はさすがスペシャル、ちゃんとしてたじゃないですかっ。

 いえ正直、年賀状書きながら見てましたから、じっくり見てたら中だるみもあったかもしれませんが、いつもの脇役にいつも通りの見せ場をもたせつつ、課長の株がちゃんと伏線だったところなんて、凄い、普通のドラマみたいでしたよっ
 事件もきっちりひとひねり、格闘もアクション&お笑いだし、小柳ルミ子は踊るし、エッチも満載(^^;;;)

 ていうか、9時開始すぐの温泉でいきなり乳見せはいーんですか??
 この内容なら、9時の「相棒」は潰さずに、10時から放送した方が良かったんじゃないでしょうか?。

 また連ドラになるそうで、そっちもこの調子でやってくれるなら大期待です!


 なんの事件だったのよー、と言う方は↓こちらへどうぞ♪
だって私はドラマ好き♪
1クールドラマとミステリが好き

「バツ彼」最終回 ☆☆

「分かった! 章子さん、お前に似てるんだっ」
って恭介それ、愛の告白ですか(^^;;;)陽平も答えにつまってるじゃない。

 まあ・・・ツレの親友と私も似ているそうなので、男女問わず安らぐタイプのはっきりしている人ということでしょうか。

 そんなわけで、あの陽平に恋愛指南(!!)されちゃいながらも、まとまり始めた恭介と章子。
「もう何もおっしゃらないで!!」
と、抱きつかれて白目剥いてる間に洗脳されたらしい陽平と後輩ちゃん。

 落ち着くところに落ち着いた・・・・様でいて、恭介はまだ焼けぼっくいがあいこちに残っているし、真矢ねえさんは陽平にちょっかい出す気満々!!
 結局、盤石なのは男2人の友情だけ、という物語でした。
某所で、天野はいらなかったんじゃないかという感想を読んだのですが・・・ダメダメ、天野くんいなかったら真剣にホモな人達になっちゃうからっ(^^;;;)

 ラストは、いかにも続編がありそうでしたね。でも、本当に続編あっても、女性陣は入れ替わってるかもしれません!
 子連れになった真矢ねえさんだけが、「お向かいさん」としてちょこちょこジャマしに来たりしてね(^^;;;)

「バツ彼」11 ☆☆☆

 うわー、「会社のただの後輩」ちゃん、送り羊!!

 いい年した男の朝帰りなんて、ホントはどうでもいい話なのに可笑しい(^^;;;)
聞いてる恭介がメッチャ嬉しそうなのと、聞かれるままに答えてる陽平の狼狽ぶりがいいんですよ。

 でもねー。 笑いながら見てるんですけどねー。
どういう女がいいのかっていう基準が結局は、料理上手やボタン付けなんだよね。そこのところは、がっかり。
 家事も仕事もできなくて、気も合わないけど、身体の相性だけはバッチリ!なんて女じゃやっぱりだめなのね。せっかく(?)関係もっても、毎回記憶がないんだもん。男性陣いい加減にして下さい。

 酒飲み、仕事好き、ゴミの分別適当、な真矢ねえさんのキャラは面白いナーって思ってたのに、妊娠であっさり恋愛戦線離脱。この辺、もったいないです。
 それとも、あと一回でどっちかとどうにか・・・今更なられても困るか。

 ラスト、高校時代に好きな娘にふられた、と告白する恭介。えー。
初体験は中一です、とでもいいそうな男が高校でそんなにウブかったですか??なーんかとってつけたようです。
 叱ってくれる人=好き なら陽平でいいじゃん、もう。って毎回書いてる気がする。

 シンガポールに引っ越す元奥さん。顔が出ません。無駄にキャラが増えないところ、好きですね。

「バツ彼」9,10話 ☆☆☆

「章子が好きなのは、アナタよ恭介さん」
カラーンと、なにか取り落とす音(笑)
だから、聞かれちゃマズイ話は玄関先でしないでって(^^;;;)

 子供をダシにされ、気乗り薄でデート(デートか?スイミングスクール見学が??)していた章子もさすがにキッパリとお断り。
 だよねー。
 章子の行きたいところに連れていこうって姿勢がかけらもないもん。それを言ったら、4人とも行動範囲はメッチャ狭いんですけど。

 子育てを意識したとたん、陽平がいい感じに見えてきたらしい真矢ねえさん。”会社のただの後輩”も積極的に迫ってきます!!なのになー陽平ったらなー。
「昔からあいつは。自分を好きになる女には興味がないんだ」
そして、恭介を好きになる人ばかり好きになる(^^;;;)難儀な人です。

 逆ギレ陽平に殴られても難癖つけられても、ひたすら耐える恭介。
そりゃ、まともに話し合える状況じゃありませんから、上がりこんでくる方が間違ってます。
「お前と友達になったのが間違いだった」
とまで言われた恭介の哀しそうな顔ったら。ダメだよ、また絶交してもお互い友達は他に天野っちしかいないんだからー。

 「人間の証明」より一週早く始まって一週遅く、12話あった「バツ彼」。
来週、陽平と後輩さんがどうにかなった挙げ句にどこに着地するんでしょう??
離婚した男の女性遍歴よりも、男同士の盤石の友情に焦点があったような気がするんですけど??

「バツ彼」 7,8話☆☆☆

 大変なことに〜×2(笑)

 先週の「男の責任」は、いかに陽平びいきの私でもさすがに五月蠅くて
「なんでこんなのと友達やってるんだろう」
という恭介のぼやきに共感(^^;;;)
 でも、そのぶんだけ今週の天野っちへの説教役が笑えるんだよねー。誰を叱るにも自信満々。ほんと、この勢いで女に向かえたらねぇ?

 その説教の横で小刻みに相づちうったり、「お前が言うとうさんくさい」と発言を止められる恭介も可笑しかったわ。この辺って演出も入ってるのかしら、それとも高橋個人の力量かしら。
 真矢ちゃんの妊娠を知らされた時のアタフタも可笑しいんだって。(「ああ探偵」の永井くんも、あれくらいのオーバーリアクションしてみなさいってのよ。)

 で、ついに”会社のただの後輩”に迫られている陽平くん!!座り込んでHELPの電話かけてる場合じゃないですよ。しゃきっとしなさい!!
 そしてね、章子さんとはダメだよ。
彼女の気持ちが恭介に・・・とかのレベルじゃなくってね。
「産むわ!」
といってのける真矢ちゃんを呆然とみつめる陽平と章子さん、同じ顔してるんだもん。先行きを心配する、マイナス思考の顔。
 こんな2人で一緒にいたら、坂を転がり落ちるように不景気になりますって。

 悪いこといわないから、君は”会社のただの後輩”さんにしておきなさいよー。そして・・・?章子と恭介ってラインはまだこれからあるんですか??

 最後の方、あまりに子育て礼賛になってきて、どうしたのかと思っていたら・・・・恭介の娘を抱き上げる知らない男!!ってつまり、元奥さんに男が出来たってことよね。
 さーてまた一波乱♪

 

「バツ彼」5、6話 ☆☆☆☆

 ベッドシーン(ていうか翌朝)でこんなに笑ったの初めて。
毎回毎回、ヤッタかどうか相手に聞かなきゃわからないってこの男は?(^^;;;)
 更には、こっそり帰ろうとして陽平と鉢合わせしたときの声にならない声!!
ほらほらまた絶交されちゃうよ??

 その絶交もね、なんなんですかこの腐れ縁な男2人は(笑)
 別々のデートで、相手を褒めたり昔の話を延々・・・・って、もうあんた達でつき合っちゃえばって気になりつつも(^^;;;) 可愛いなぁ。

 このドラマ、主人公恭介がモテモテなのは分かるけど、対比としてダメダメに描かれてる陽平くんが、決して相手に嫌われているわけじゃない・・・・「本当にいい人」で主人公も含めみんなに好かれているのが味わい深いんですよね?。
 ”真逆な2人”だけなら良くある設定ですが、電車内の姿勢ひとつとっても、すっごく丁寧にありえなく真逆で好きよー。
 で、「ただの会社の後輩」が、ついに参戦してきましたよ?、ナントカかぼちゃ持って!!

 自分が好かれていたと知って驚くにぶちんな陽介。
でも、章子さんだってデートの前、陽平が本気だと聞いてあせってたし(笑) 自分への視線に気づかないというのが、恋愛下手の原因なのでしょうか。
 はっ私も誰かの熱い想いを見過ごしてるとか????

 事前情報では、「高橋克典がもてまくり」と聞いて見るはずなかったドラマなのに。今や我が家でイチオシはこれです(^^;;;) 病気も苦悩もなくて、お気楽だし〜。
 芸達者が揃って、かぼちゃの名前ギャグまできっちり落としてくれます。最終回もあせらずにまとめてほしいなー。いっそ、どのカップルも上手くいかずに初回にもどったっていいんだし。

「バツ彼」4 ☆☆☆

 あー、面白かった。ゲラゲラゲラ

「うっかり浮気をした男」は天野だったんですね。それも、恭介(モテモテ君)へのさやあてに誘惑されただけ(^^;;;)
 奥さんを説得に行く陽平(マジメくん)が、
「キスをしたけど、それ以上はない」だなんて本当のこといってくるのが大笑い。しかもチェーン越しですよ?。恭介がいけばちゃんとお茶だしてもらって、帰ってもいいってお墨付きもゲット。
 その差が
「奥さんの話を聞いてあげた」なところが、さすが女殺しですよねっ

なのに感謝するどころか、まさか奥さんと・・・と心配し始める天野っち、非道いっ(^^;;;)

でその奥さんが、後ろ姿の腕ぐらいしか映らないの。(「元カレ」つながりで、ソニンで想像しちゃう!) これ以上人間増えても混乱するので、そういう省略上手いと思います。

 正直、コテコテといっていいキャラ設定なので、キャンプ場での出来事もとっても既視感。そりゃこの4人揃えたらそうなるよー状態をきっちり見せてくれました(^^)v

 マジメすぎて、ともすれば卑屈になる陽平を優しくもり立てるショウコさん。感激の陽平君。余計に熱があがってます。

 一方の恭介とでは、離婚を報告してお礼をいって・・・・なのに、いつの間にやら大喧嘩。
あげくに、売り言葉に買い言葉で陽平にデートを申し込むとか言ってますよっ。

 きっと陽平君舞い上がるだろうけど・・・いかにも、本音は恭介が気になる描き方じゃないですか?。
 主役は数ある中誰とくっついても(どうせ浮気するし)いいから、真面目な陽平さんに最後花持たせてあげてほしいです♪
木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ