ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

高校生レストラン

「高校生レストラン」~最終回 ☆☆☆

ええ話や~(感涙)


3年生は巣立ち、2年はそれを見送って自分たちの成長を誓うのです。「先生」はまた板前に戻るチャンスを振り捨てて、これからもずっと先生でいてお前らを育ててやるぞと。

正直、予定調和でどこにも驚きはなくて、でもそれが安心でいいんです。家族でゆっくり見られるんです。このドラマで生といえば食材、せいぜい生ビール。それでいいんです。


伊藤英明と主人公の妹、松岡と魚触れない先生、どっちかの恋心ぐらいは描くかとおもっていたら最後までほのめかすぐらいで(「ボランティアでお手伝い」って!)、でもそのぐらいが本筋がぶれなくて良かったです。


役名をちっとも覚えてないあたり、我ながら正直w それでも、いつの世もこういう落ち着いて楽しめる良質なドラマはあっていいと思うのです。



人気ブログランキングへ

「高校生レストラン」~5 ☆☆☆

「『ごちそうさま』は『ありがとう』なんだ」

ええ話や~

そして、『いらっしゃいませ』も自分たちからお客さんへの『ありがとう』だと言われて接客練習をまた始める子供たち。なんて可愛いの!


というわけで、普通に楽しんでます。

「鈴木先生」の子供たちが調理クラブのこの子たちより年下かと思うと脳みそ沸きそうですが、就職や人生について真剣に考えている部分は決して幼くはありませんよね。まあどこを切り取るかというわけで。

「遠足なんか行かずに」

と、視察団の接待を優先させようとする役所には腹が立ちましたが、ちゃんと学校側がそれを断った上で、気がついた子供たちの中から有志が戻ってくる展開にはまた胸が熱くなりましたわ

家族で安心して楽しめる、というのもいいですよねー

人気ブログランキングへ

「高校生レストラン」1 ☆☆☆

これぞ王道! どーん。
町おこしを狙い、調理科の高校生が厨房に立つレストランが出来る、という実話をもとにした地に足のついたお話。地味だけれど飽きずに見られました。
学園もの‥…でもあるけれど、板前が料理を教える、という専門性の前には有無をいわせないものがありますね。最初こそ文句をたれる生徒たちですが、どっちが正しいのかはみんなしっかり分かっています。
鍋を磨け
右手で切れ
出汁は大事
‥‥どれもごもっともな基本です。

ただ、基本から学び始めた高校生をよそに、観光課はもっと見栄えのするメニューで商売がしたい。それもまた、ごもっとも。
さて、「とろろうどん」で開店するのか?
それとも特訓や自主連で奇跡的に腕を上げ、松花堂弁当ぐらいは作れるようになって開店できるのか??もうオープンまで一ヶ月なんですけど。

どっちにしろ、
「もう俺がいなくても大丈夫だな」
と、板前が去っていく涙の最終回が今からもう見えるようです(笑)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ