ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

高嶋政伸

「ハニートラップ」1 ☆☆☆

またも『何かある女』を演じている仲間由紀恵。またこれが似合うんだ……。

「トリック」「ごくせん」後、普通のお嬢さん、普通の恋愛をする役を演じようとしてはこれじゃない感が強かった(ex「東京湾景」「ありふれた奇跡」)彼女なのですが、「美しい隣人」以来の変な役は妙に魅力的です。
正義の味方と悪女が同時に似合い、普通の人だと違和感が……何故なんでしょうねえ。

そんなわけでハニートラップ。

ってことは、スパイもの?妻(仲間由紀恵)が??
タイトルからして新素材の情報は漏れるに決まってるこのドラマ。今のところなんだかさっぱり分かりませんが、怪しい空気とバカリズムのCMでがっつり楽しめそうです。

あと、高嶋政伸のスタイリングは卑怯です。
あの髪型、あのメガネ。怪しすぎるw 私が主人公AKIRAなら、挨拶された途端に即、吹くわw 

「最強の名医」1、2 ☆☆☆

タイトルも中身もデジャヴュ。

ダメ総合病院に、ひょんなことから名医がやってきて改革が始まります。はいはい。


でもベタなドラマが悪いわけじゃないよね。

院長の親戚で甘やかされてる医師を高島弟がキモく好演しています(最近こんな役多いねー)

目の敵にされる主人公@名医にセクシー部長(沢村一樹)

宣伝でも「騙す」「脅す」と穏やかじゃない文句が踊るあたり、一筋縄ではいかない男で興味がわきます。自分の年棒をガンガンつり上げたかと思ったら、それをそっくり、まず病院施設の充実に使ってくれというあたりも面白かったです。←施設さえあればそんな額、簡単にまた稼いでみせるぜってことよね。


「最低の看護士だね」

とヒロイン?に毒舌を吐いておいて、ポイントが『笑顔』だったのにはガクッとしましたが。もちろん実力は認めた上での挑発でしょう。

その他、もっといい病院に移ろうとしている医師の転職を邪魔し、若造医師の金儲けを邪魔しw けっこうダークに荒療治を始める主人公には、奥さんを亡くした過去があったのでした。


徹頭徹尾ベタで楽しめそうです。

「美男(イケメン)ですね」3 ×

美男が女だってばらすよ

ハイハイ。

だから、外国で手術待ちとかいう兄さんもさー。自分が上半身裸の写真をサクッと送ってやれば済むことじゃない。 同じ顔で裸の写真が出れば、今ここで脱げとか言われないでしょー。
(「七つの黄金郷」の双子もその手法で、兄の女装をごまかしたのだ。懐かしいw)

気に入ってる家族がいるので、つきあいで見てはいますが脱力。
「お母さんは死んだみたいです」
って、メールや電話で言うことですか。いくらあのマネージャーでも軽すぎるでしょ!

原宿テレフォンデートはちょっとロマンチックだったので、ああいう胸きゅんが詰まった原作なんだろうなあ。教会かあ、韓国はクリスチャン多いっていうもんなあ。と穏やかな心で見る様にはしてますが。

アイドルが転んだからって『鼻血』垂らすなんて。

ここが一番許せなかったw

「美男(イケメン)ですね!」1☆☆

貧弱~貧弱ぅぅぅぅ!脱いでも貧相なんだよ(><)

で、誰一人美形に見えない、のも、ターゲットでないワタシの意向は関係ないからいいです。むしろ楽しみはレポーターの六角さんと山崎樹範(太った?)
しかしどうしても解せないのは、自分の人生の岐路を妹に託す美男(みお)、なんで直接妹に電話もメールもしないのか……意識不明なの??


というわけで、またもや男装ドラマです。

父を亡くした子どもの頃から、兄の夢は歌手、妹はシスター。

ケガの手術で歌手デビューが流れそうな兄@美男の代わりに、双子の妹が引っ張りだされて大騒ぎです。股間にスーパーボールを2つ入れとく場面では笑いましたよ、そんなーw 国民的アイドル歌手グループに加入して、メンバーの男3人と暮らすんですって。はいはい。

歌え、と言われて咄嗟に出るのは賛美歌。

上手い下手はよくわからないけど、男性には珍しい音域が出るのは確かなわけで認められ……それって、手術後の兄が戻っても同じ音が出なかったらますます困るだけではないかと。


まあ1話終わりで既に、メンバーには女だとばれたのであとは対外的なドタバタと恋愛騒ぎなんでしょう。社長@高島弟とマネージャー@柳沢慎吾が盛り上げて……うーん
個人的には兄が戻ってくる3ヶ月後、最終回のあたりだけみればいいのかもw


人気ブログランキングへ

「冬のサクラ」最終回☆☆☆

淡々と終了。最後までプラトニックという枯れたドラマでした。桜は咲いたけど(^^;;; )
 

刺したのはやっぱり愛人(白羽ゆり)でした、可哀想に。悪役だった院長も、輸血後はイキナリ回復イキナリ改心。
そうなると主人公とヒロインの同居が我が侭に見えてしまってなんだかなー。娘の琴ちゃんが気にしてないのがまだ救いではありましたが、お許しがでるのはもうちょっと間際でもよかったのでは。

その輸血で度肝を抜かれたのは、院長とハジメちゃんとの兄弟疑惑!!確かに、タスクとは異父兄弟という伏線はありましたが、今さら?そして誰も確認も否定もせずに、さらっとスルー??
先代院長が秋田の人だった、という情報は完全に後出しじゃないですか。それとも、1話での院長の妻捕獲、田舎道にいきなり出現したのは、秋田に土地勘があったという伏線だったのでしょうか(笑)お義母さまも前半のクソババアから豹変でしたよね。

その辺の適当さが残念ではありましたが、結局は1クール楽しく見られました。
控えめで美しい萌奈美さん。彼女が今井美樹だったことがまずすばらしかったし、最後をプロポーズでしめてくれた佐藤健と加藤ローサの爽やかさがナイスでしたね!と、相変わらず配役でドラマを見る私。
週末は「東京フレンドパーク」とか番宣のバラエティを山ほどみてしまいましたw

 

人気ブログランキングへ

「冬のサクラ」 〜#8☆☆☆

ワクワクみてます。
実はホラーや猟奇犯罪が売りの「美しい隣人」「LADY」よりも、この「冬のサクラ」の方が怖いですよね。夫(高嶋弟)が(笑)

開始前は、草なぎ君の不倫ものか〜と期待薄だったのですが、始まれば景色が美しく。特に感想は書いてませんでしたが楽しく見ていました。人妻今井美樹と職人草なぎ君は今だ愛を語るでなく手を握るでなく、何これずっとプラトニックなの??と変なところでヤキモキさせられています。
そして、愛人持ちで妻が浮気してくれたら渡りに船かと思われた病院長の旦那は、回を追う度に若い愛人なんかより妻だ妻妻と妄執を増してストーカーに。その息子大事、病院大事だったクソ姑(江波杏子)も、まさかの息子の暴走には呆然で、まともな人だった様です(笑)この辺、最初から計算していたんでしょうか。それともストーカー旦那が人気(?)で後押しされたのでしょうか。

予告編では、自分のメスで刺されたらしい旦那が倒れていました。ま、まさかタスクさんが?それとも、一番可哀想な事になっている愛人さん(白羽ゆり)に刺されますかね。

前述のプラトニックに加えて、主人公の弟(タケルくん)と恋人(加藤ローサ)が爽やかな事も、ドラマをドロドロの手前で踏ん張らせていますw
今井美樹の娘役も、幼顔で可愛いのだ(森迫永依だった!大きくなった!!)最後は、タスクが元の村で元の生活に戻って、毎年雪の中桜を見に行くのかなあ。
「青い鳥」みたいに娘と結ばれたりしていませんようにw

「冬のサクラ」1☆☆☆

まだ恋はつぼみ。

記憶喪失の女性に仮の宿を提供しただけで、いい大人同士がいきなりどうこうならないよねー。でも雪景色も今井美樹の笑顔も美しく、静かな大人のラブストーリーの予感。ぐいぐい引き込まれていく初回でした。
……終盤の、脳に病気云々までは。
そして主人公の弟(佐藤健)と、記憶喪失だった女性の夫(高嶋政伸)が広い広い東京で同じ病院勤務だとか妙な偶然でラストになるまでは!!まったく、世界狭すぎー!!
いやいや、『冬に咲く桜』の話を彼女が夫づてに聞いたのなら、そして夫は職場の噂で聞いたのなら伏線になるのかな←冒頭、見逃したあたりでこの辺解説あったならすみません。

母の介護を淡々とこなす、疲れた主人公@草なぎ君がくたびれながらも穏やかで素敵に描かれていて印象的でした。
都会では負け犬かもしれないけど、旅行先の田舎で出会うならまさに、『この人とこんな静かな暮らしが出来たら』と、違う人生を思い描きたくなる感じ?
怪我しても記憶が無くても、男作って出て行っても(←コレは介護されていたお母さん)、記憶取り戻して出て行っても、ずっと待っていてくれそうな人……って、「幸せの黄色いハンカチ」みたい(笑)
でも来週は、その男が東京に追いかけてくるんだよね。いきなり『スキー場でかっこ良かった人と都会で会ったらがっかり』的な再会になりそうである意味楽しみかも(笑)

いったいどこから恋愛にシフトするんでしょう??今井美樹の夫は、愛人がいてマザコン。DVの匂いもぷんぷんしましたから、救いを求めて、かなー。

山崎樹範くんが、気のいい駐在さんで出演なのも嬉しいです。

人気ブログランキングへ

「Mr.BRAIN」1☆☆☆

ペナント剥がすより、血で汚す方が簡単で早くない?←ダイイングメッセージ隠滅。
出張先の○○村に、去年行ってたらどうするつもりでしたか!

とか言いつつ、豪華絢爛キャスト&セットで楽しめました。
ユースケサンタマリアを登場させておいて、序盤でいきなり犯人でした、って! 贅沢だ!!
冒頭だけの広末、芸人アーチスト美人目白押しの広〜い科警研!!
でも、主人公が「つくもです九十九です」&「脳科学」「脳科学」っていちいちうるさいのは勘弁(^^;;;)

確かに脳は面白いです。
吊り橋理論とかね、脳は嘘はつかないけど簡単に騙されるよ?
そして”嘘をつくとき”はさておき、重度知的障害の児童が”思い出す”時に目玉だけ上に向けたので驚いたことがあります。そういう仕草って、真似して学ぶ社会的なものだと思っていたので。あれも本能的に脳がそうさせているの?
と、普段から興味ある方面なだけに、どれもどっかで聞いた話。でもそれはいいんです。パズルのピースは「キイナ」と似ていても、格段に気の利く組み合わせになっていて飽きませんでした。

この調子で毎回「右脳」「左脳」いいながら事件を解決して?最後には記憶を取り戻し=科学者九十九は消滅して、ホストに戻るのでしょうか??(でも誰かを好きだった記憶だけはハートが覚えてる、みたいな??)

ホストの金色短髪から、5年でロン毛科学者になった木村拓哉(この辺、「スマイル」よりは時間経過が分かり易かったですね) よくも悪くも彼のワンマンショーなので、いつものキムタクにどれだけプラスアルファを見せてくれるのかを期待しています。
白い病室、なくした記憶を不安がる弱々しい声には不覚にも胸キュンでしたわよ!!
(しかし、アグネスラムは見舞いの品なの? 誰からですか 笑)

水嶋ヒロも可愛いけど、好みの脇役者さんトップ2林康文と山崎樹範が出ててしかも並んでて嬉しい♪

「臨場」5 ☆☆

高島弟の辞職届!
そこに倉石が現れて、真犯人は絶対別にいると言い放つ!……のに、騒動のただ中でカレー食べ続けている伊武雅刀が可笑しくて(笑)なんなのあの無神経は(^^;;;;)でもああいう人いるよねー。

というわけで、
「根こそぎ拾う」
倉石さんが今回も、コーヒーの染みやらで女心まできっちり拾い、部下が母を思った娘心まで拾って泣かせました。

ただ、真犯人が例によってペラッペラ喋りすぎだったりして感動には至りません。
『ふーん』
になっちゃうんですよねー。
主人公や捜査陣の過去、人となりがまだ謎に包まれてそっちの方に気をとられるからでしょうか?
同じ話を「相棒」で例えばしたらどうなっただろう?と思うと、見せ方でしょうか(捜査権なく謎を解くのは、「相棒」も同じなんですけど)

前回のカーラー、今回の染み付きの服。
女心があまりに分かり易くて、いくらオヤジでもそれぐらい分かるだろーレベルなのはどうでしょう。ネイルにムラがあるとか、靴が今年の新作じゃない(「BOSS」より 笑)……まで行くと、倉石にも分からなくなっちゃうし。このぐらいが妥当なんでしょうか。
たまには男心も教えて欲しいです。

「臨場」4 ☆☆

あら、刑事の官舎って立派。

そしてずっと記者に見張られている(=夜回り)のね?そりゃ、家族はたまったものじゃないでしょう。その代わり無料警備員で安全♪かと思いきや、殺人犯は侵入できてしまいました。うーん。積年の恨みが爆発、と言われても全く共感出来ません。
何しろクワガタです。
間違った飼育法が推理の一端をになったわけですが、裏を返せば、それでもまだ生きていた程度の時間しか経っていないということ。
盗られた→不登校 は納得しておくとしても、そこから殺してやるーまでに数日って短慮過ぎ(^^;;;;)
それもイジメられていた子供本人じゃない、地位もある人が最初から殺人目的で?部下を利用して計画的に? うーん。
(まず不登校が半年一年あったうえで、ガセネタに文句を言ってたら干からびたクワガタ&息子の飼育ケースを発見、ならまだマシかなー)

そこよりも、ついに倉石の”17年前”の事件とその因縁が語られ出したことの方が重要な回でしたけども。
そして記者の娘っこが一皮剥けそう、というおまけもありましたけども。
もうちょっとまともな事件でそれを観たかったです。

「臨場」3 ☆☆

血液型の話。
”時には法則外の子も生まれます”というネタ、しょっちゅうドラマでみる気がするのですが。イコール周知徹底にはほど遠いということですよね。「華麗なる一族」の時代から、基本のABO式親子判定があまりにも普及してしまっている日本故の悲劇でした……。

しかし、主人公喧嘩しすぎ。
今回だって、もう少し言葉を尽くして「別種のDNA鑑定も是非」と頼む前から胸ぐらつかんで捨て台詞ですよー。
”根こそぎ拾う”
ことには誰も異論があるわけじゃないでしょう。
今まで外したことがない、と異能を誇る程の人なのに。「相棒」の右京さん&鑑識さんほどのツーカーでなくとも、主人公の優秀さを分かってる人が臨場の部下以外に居ないんですか?
うーん。
何か大ポカで信用を一気になくしたとか?それが奥さんを亡くした事件だとか?
でもそれなら、そう匂わせる罵り言葉が欲しいところです。

「血液型が合わないから他人、合えば父親?親子ってそんなものじゃない」
この松下由樹の台詞は、いいこと言ってくれた!

「臨場」1 ☆☆☆

異能刑事もの、ですよね?
「根こそぎ拾う」
が信条というわけで、解剖検死ともまた違う、遺体のある現場に最初に乗り込む(=臨場)者として、何一つ見逃さない上司@内野聖陽と、そのうち一課に戻る気満々の新人くん。
既にスタイルの完成した天才鑑識ぶりを見せる内野は、主演だけど主人公じゃないですよね。
「あなたを認めた訳じゃありません」
とたてつく新人くんこそが、3ヶ月後にはきっと立派な鑑識になっていることでしょう。(その新人くんの心の上司、高島弟もそのうち、内野を認める様になるだろうしー)

しかし、ややこしいダイイングメッセージには笑いました。山芋=病も(笑)
これちゃんと読み解いてもらったからいいようなものの、普通は通じないレベル。ひねりすぎて絵空事感が強まってしまった感じがします……。
殺すつもりがなかった、愛してた、と言う人が取り乱して居ないのも違和感。

煙草を口紅とまちがえたの事件の方が、納得いくしずっと面白かったかも。とはいえ、引き込まれてみていたことには間違いありません。
奥さんの死に何か謎があったりするかもしれないし?
来週もみます。

「危険なアネキ」2 ☆☆

 やっぱり料理できないんだ、姉(^^;;;)
レパートリーはチキン南蛮だけって・・・ポンカンと並んで名物なんですか??

 実はもうリタイヤしようかと思っていたくせに、不純な動機で(北陽とインパルスがゲスト出演って)つけてみたら結構笑えてしまった。
 弟の怒り方に理不尽度が減って、見やすかったのも1つ。でもその他にもミスターポンカンはでるわ、借金取りは荒川良々だわ、高嶋弟はグッジョブだわ。

「教授は、家が医者だったりお姉さんが美人だったりで差別するお人では」
いやホントにそれ、お姉さんは関係ないから(笑)
 酔って帰ってきた姉の痴態に、水かぶるタイミングはもう芸の域ですよ。

 これで、人が死ななかったらもっといいのにな。
病院を抜け出してキャバクラで倒れる末期癌患者、坂上二郎さん。見ていたら淋しくなっちゃった。死んだ娘の好きだった歌を、姉さんと歌えて幸せに死にました、って言われてもなー。

 舞台が病院じゃある程度仕方がない・・・なら、他の職業なかったのかなー。
 バカだけど人の良い姉vs冷血秀才な弟、を端的に表すなら、弟は敏腕弁護士・・・・弟はパイロット・・・弟はレーサー、ホッケー選手・・・は関係ないし。あれれ。

 まぁとりあえず様子見で。うふ。

「危険なアネキ」1 ☆☆

 なんでそんなにお姉ちゃんがキライなの??

 アネ視点のモノローグから一転、ラブコメな弟@未来くん。可愛かった♪
ここで美人のアネが乱入!となったら、マヌケでも明るい展開を想定しますよね(「鬼嫁日記」みたいな?)子供扱いしすぎ!とかさ。揉め事でも、意中の彼女から恋人と誤解される的な?
 なのに弟くん、強気で陰気に本気なんですもーん。さっきまでの好感度いきなり急降下じゃーん。

 下宿代に医大の学費、お父さんが出してくれたんでしょう?
お母さんはいない様子だし。実家時代の掃除洗濯食事の用意、お姉さんがしてくれたんじゃないの?それも弟担当だったなら、ちょっとは同情してあげるけど。
 ハッ そういえば姉さん、酒盛りはしてるけど手料理で出迎える場面がないっ 顔がいいだけで家事出来ないのか??

「アナタみたいにならないように」努力を決意した、その幼少時のトラウマが知りたーい!
究極、倒産も父死亡も後半に分かればいいから、代わりに可愛いアネと比較されまくって損しまくって、アネのバカの後始末ばかりしている、弟君の悲惨な半生から話を始めて欲しかったです。

 でもまぁ、ファンタジーだからいいか。
高嶋先輩から教授から現場のオッチャン患者さん、お姉ちゃんと出会う人はみんなお姉ちゃんのファン。そんな人気者だからこそ嫌いダーってなることはあるかぁ。それが不愉快に思えちゃうってことは、私もお姉ちゃんファンになっちゃってるってことだもんなぁ。

 婚約者に会いたい一心でキャバクラに勤めるお姉ちゃん。
何だそれ、と非難する弟だけど、いざ姉が悪し様に罵られたらやっぱり立ち向かっちゃうんだよね。分かっててもここは嬉しかったです!!
 そして気がつく。看護師の釈由美子がホステスしてるよ??

 迷惑な姉とちょっと仲直りしたところで、人間関係&物語が動き出すのは来週からになりそうです。とにかくこれ以上誰か死んだりはしないだろうから、気楽に見ます。

 インテリアもなかなか楽しい。弟君の部屋が古い和室でスクリーンと工夫で演出しているっていうのに、友達のボンボンのマンションったら2階付き。リビングにグルグル回る階段ついてるの!

 そうそう、芸人カメオ出演です。
一昔前なら伊藤俊人だの相島一之だの、劇場出身の役者さんがしたような役を今時は芸人さんがするんだよねー。
焼き芋屋の堤下さん、いい味だしてました。飛行機でのどに玉子つめてた板倉さんは・・・(^^;;;)恥ずかしくて直視できませんでしたよー。てっきり、CAの1人がイタッチーなんだろうと思って探してたのにっ

「バツ彼」最終回 ☆☆

「分かった! 章子さん、お前に似てるんだっ」
って恭介それ、愛の告白ですか(^^;;;) 陽平も答えにつまってるじゃない。

 まあ・・・ツレの親友と私も似ているそうなので、男女問わず安らぐタイプのはっきりしている人ということでしょうか。

 そんなわけで、あの陽平に恋愛指南(!!)されちゃいながらも、まとまり始めた恭介と章子。
「もう何もおっしゃらないで!!」
と、抱きつかれて白目剥いてる間に洗脳されたらしい陽平と、後輩ちゃん。

 落ち着くところに落ち着いた・・・・様でいて、恭介はまだ焼けぼっくいがあいこちに残っているし、真矢ねえさんは陽平にちょっかい出す気満々!!
 結局、盤石なのは男2人の友情だけ、という物語でした。
某所で、天野はいらなかったんじゃないかという感想を読んだのですが・・・ダメダメ、天野くんいなかったら真剣にホモな人達になっちゃうからっ(^^;;;)

 ラストは、いかにも続編がありそうでしたね。でも、本当に続編あっても、女性陣は入れ替わってるかもしれません!
 子連れになった真矢ねえさんだけが、「お向かいさん」としてちょこちょこジャマしに来たりしてね(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ