ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

高岡早紀

「探偵の探偵」2、3 ☆☆

女医(高岡早紀)はなぜ現場に。

妹を殺した男が生きていた! と、当時鑑定書を書いた女医に直接会って言われたら、まあ信じるでしょうねえ。なのにそいつが阿比留の手先だとはね。って、そこはいいんですよ、そこは。
なんで女医は廃工場にやってきて
『阿比留とつるんでるよーん、騙したよーん』
と沙崎に教えるの? 偽物なわけでも、うっかりみつかったわけでもない、自分でおびき出した場所でなんで待ってるのw 沙崎を殺すつもりだとしても、情報を与えるメリットなし。殺すところを見たいわけでも、殺す手伝いにいなきゃいけないわけでもなくとっとと車で帰ってるそうだし。

例えば廃工場にはただ対探偵課を恨んでる霜田がいて、琴葉ちゃんがつかまり、突然交番に居るかと思ったら証拠品を巻き上げるための罠で、偽おまわりをボッコボコにし、霜田もギッタギタにし、琴葉ちゃんを助け出すも意識を失い……

ってところで翌朝、爽やかに警察と阿比留が協力しあってて、爽やかに女医さんもそこにいる。←それだけで裏切りを示すのは十分だったのに。
なーんか視聴者にわかりやすく説明してあげるためだけに女医が来てたように思えてイラッとしました。
 

2番目のイラッとは、隠れてろと言われたのについていった琴葉ちゃんね。人質にされて邪魔になったでしょ!←でも彼女は、女医の登場がおかしいと訴えてもいるんだけどね。実際足手まといの弱点ではあるんだから。せめてもっと応援を手配しておくなり、誰かと連絡をとりあっているなりね、リスクマネジメントを手厚くしておくべきでしたよ。

琴葉ちゃん無事なんでしょうか。

妹ちゃんと同級なだけじゃなく、熊を一緒に買いに行くほど仲良くて、失踪当日も遊ぶ約束をしていたとか。「あの時誘わなければ…」と思い悩む気持ちもわかりますが、悪いのは犯人だから!突然の転校先で、妹ちゃんは幸せに暮らしてた。それが分かっただけでも姉は少し嬉しいよね。どよんとしたドラマの中で、楽しいお買い物は清涼剤でした。


なんちゅーか、1話で期待したほどは楽しくないです。暗いのはともかく、展開が遅くて一本調子で。
アクションも、北川景子は頑張っていますが基本常識の範疇なので「ヤメゴク」ほどスーパー強いわけでも「MOZU」ほど爆発どっかんやヘリで去っていくわけでもないですしね。ちょっと息を抜ける場面か、出てきたら楽しくなる敵役が欲しいわ。ユースケサンタマリアがそのポジションの筈なんでしょうか……?

「宮本武蔵」 ☆☆

見てしまいました、2夜連続放送スペシャルドラマを。


なんたって主人が宮本武蔵好き。

「バガボンド」も途中までの私に、こいつはこういう奴でこうなるんだよなーと解説してくれてご満悦、配役に文句は全くないようでしたが……。

いくらなんでもキムタク武蔵にサンタマリア竹蔵、セクシー小次郎はまとめて老け過ぎじゃありませんか??

いや、若かったとしても木村さんには武蔵の泥臭さがないというか。何十人もうっかり皆殺しにしそうな莫迦さがないというか。むしろ、神出鬼没の不思議キャラになっていた佐々木小次郎の方が似合いそうでした。

「武士の1分」は良かったし、時代劇の大見得切る感じは向いていると思うのになあ。


道場の偉いさんだった松田翔太は、関西弁あれでいいんですか?何か変な感じ。


そして女性陣が不思議に大根……orz'

私は真木よう子は大好きです。夏帆だって大好きなんですよ。むしろ番宣で彼女たちが出てるとしって、主人と一緒に見ようかと思ったぐらいに。なのに。演出にああ言えと指導されてなのか、時代劇には時代劇の作法がやはり厳然とあるのか、お通や朱美が出てくる度に残念さがつのりました。

あ、高岡早紀のお甲さんは別です。色っぽかったーw

そうそう中谷美紀の女郎は、似合いすぎるが故に別ドラマ「仁」を思い出してしまうので、やっぱりダメじゃないかとw


と、あれこれ思いながらも、吉岡一門皆殺しのあたりは殺陣も頑張ってるねと楽しく見ていたのですがね。

さぞ盛り上がるだろうと待っていた巌流島は驚きのあっという間でした。え?3夜目もあるの?ってな具合です。

待ちかねたぞ、とか、鞘を捨てるとは小次郎敗れたり!とかさ、むしろ1話冒頭からそこを見せて引きつけて、ラストでもう一回やりますよぐらいの名場面じゃないんですか?


旦那はといえば、その頃にはリモコンを握りしめて完全に沈没。
私もうっかり寝ていて巌流島を見逃したんだわ、きっと…… 

「遺留捜査(3)」2 ☆☆

相手を間違えた復讐!


素人の犯人探しなんてそんなもの、というところでしょうか。

娘にケガをさせたのはこいつ…!と特定するところまでは出来たんですけどね。

その後の『ケガを苦にした自殺』が実は殺人の偽装だった、とつきとめるには糸村(上川隆也)ですら鑑識の手を借りて、なんとか社の契約書だのかんとか社のインクだのという情報が必要だったんですから、無理ムリ無理。

「娘さんは殺されたんです!」

と告げる糸村の横で、水沢課長(斉藤由貴)が「何それ?」「じゃ、誰に?」と犯人さんよりびっくりしていて可哀想w


可哀想といえば、なんと本庁の森田(西村雅彦)まで水沢さんを無視です(><)

ルール破りの糸村に対し、王道で行くのが森田かと思っていたのに。勝手にいなくなるわ、火薬の同定等の重要な情報を隠すわ。おまけに怖いんですよ、糸村の方が穏やかな分まだましかもw

昔、水沢と同じ部署にいたそうで…どんな因縁があるのでしょうか。

「小姑みたいにうるさいところが変わらない」

だなんて、まさか男女の関係が昔あったりしたらもっと分かり易く色っぽい演出しますかねえ。ちょっと期待していたのですが。 


それにしても、指輪の線から母娘の関係を持ってくるのは大技でしたw

『この指輪をつけ続けて有名になれば、本当のお母さんが気付いてくれる!』

ふ、古くさい。でも『気付いてたのに』と泣く母(高岡早紀)の慟哭にはちょっともらい涙…。2人殺す筈が、結局どちらも死ななくて本当に良かったです

しかし、わざわざ火薬で爆殺を選ぶ女性は珍しくないですか。

前回の爆発と同じ火薬、ってことさえ無ければ2本の別の話に出来たんですから、マネージャーが火薬の扱いや時限爆弾の配線に手慣れている背景が欲しかった様な(母と娘を短期間に相次いで亡くしてるってのに冷静に爆弾手作り?) 、これ以上の説明はめんどくさい様な…


ターゲットを救出に向かった森田さんにハラハラ。あ、あんなノータイムで連れ出さずに最初に解除班が行ってよ!

そうだ鑑識さん。糸村のせいで私生活が削られて婚期が遅れているそうですが、いい相手がいましたよー。水沢さんだ! 妙にドレスアップして、月島署まで結果を手渡しにw これなら頼み易くなりましたねw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ