ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

馬場ふみか

「ねぇ先生、知らないの?」1、2 ☆☆

 恋に不慣れな少女漫画家華(馬場ふみか)と、女優にモデルにモテまくり美容師理一(赤楚衛二)との恋。と、聞いたらまずは漫画家が憧れて始まるのかと思いきや、美容師の彼の方から一目惚れですと。ほほう。

 3日フロなしの修羅場明けに飛び込んだ美容院が出会いの場!
正直、修羅場明け隈メイクでもないヒロインはお肌ツヤツヤ、髪ボサ度も程々の「眼鏡かけた可愛い娘」ですけどね。本来なら顔色悪くて少々臭うはずw そんな最低コンディションで惚れて、カット終わりに即、告白ってw  いくらイケメンでもOKする方もチャレンジャーでは。
 その後のおつきあいも華の仕事に理解があって、放置気味OK。むしろ、仕事電話での真剣な瞳にグッとくるんだそうだから相性抜群なのかも。

 と、可愛い恋愛ものを生暖かい気持ちで見ていましたら、突然大人のおつきあいに突入でした。そりゃそうかドラマ特区。少女漫画原作といえど少々エロあり枠でしたっけ。
恋人同士、シャワーは一緒に入ってイチャイチャするものでしょ?な彼と、やだ恥ずかしいな彼女。はいはい。 経験豊富な理一がこれから色々教えてくれそうです。そしてアシスタントの恋話がネタにされるように、自分たちの恋も逐一漫画になって発表されちゃいそうですけど、理一くんそこはわかってますかー?w

 そして共通の友人もいない、普通に暮らしていたら店でしか出会わない2人。まず本気か、遊ばれていないのか見ているこっちも疑いながらになりそうなものですが、なんと華側、理一側から同じ場面の視点を変えて繰り返し見せてくれるので、安心してご覧いただけますよ。
って、えー面倒くさい。相手の気持ちを想像する余地もないの、つまらなくないですか。これ原作もこうなの? 
 あと1話冒頭でまず驚いたのは、いまどき作画がオールアナログなこと! スクリーントーン貼ってる! もうデジタル世代なんだろうと思ってましたよ。

 


「決してマネしないでください」1、4 ☆☆

 嫌いじゃない、嫌いじゃないんだ!原作漫画も持っているんだ!
理系男子のズレっぷりは可愛い。モテそうにないのもよくわかる。しかし理系にも女子はいるぞー!

 ガチガチ理系へ理屈人間の主人公掛田君(小瀧望)は、彼女いない歴=年齢。というより、そもそも愛ってなんなのか?が未履修。食堂の飯島さん(馬場ふみか)が気になっても、彼女への距離と心拍数の相関を測り出すぐらいにピントがずれていますw
でも大丈夫、飯島さんはそんな理系男子を面白がってくれる人でしたよ。
てな訳で、いわゆるダメ男子あるある系のドラマ。次々と科学史の偉人が登場しては名言やその経歴で悩める若人に助言を…与えるんだかますます混乱するんだかw 音楽室のベートーベンみたいなカツラの人が行き交う画面はカオスです。

 もちろん掛田君の素顔はイケメンジャニーズ! オタクでメガネな小瀧君もかっこいい~とか言いながら笑ってみるのが本筋なのでしょうけど。悲しいかな私は、掛田君のダメなうんちくの方に興味があったりします。 そうかー、消火器の白い粉は肥料にも。 方程式の解がハートになる図は、女子高時代の数学クラスで流行ったなーとかw  広島の鳥居のうんちく、もっと聞きたいんですけど! もみじ饅頭で流された!
 そういえばこのブログを始めたのも、外で言えないツッコミを発散するためでしたっけ! 当時ツイッター無かったからねえ。

 4話「女性を褒めるなら、分かりにくいところを褒めると良い」と聞いた掛田君。
「それじゃ、飯島さんには褒めるところがないじゃないですか!」
と、答えたところだけをなんと本人に聞かれてしまって、大ピンチw  すったもんだの末、「だって可愛いし、性格もいいし!」まっすぐ褒める以外にどうしろと?と言ってるところをまた聞かれw   回り道ながら、2人の距離は縮まっているようでめでたいです。 飯島さんに着ぐるみを貸したゾンビちゃんGJ。

 そう、ゾンビちゃん=着ぐるみの中や戸棚の裏に隠れているのは理系女子なのです。 暴走しがちな男子に「付き合ってもいない男からのプレゼントは重い…」等と有用なアドバイスをくれる彼女の扱い、ドラマだとどうなるのかな。
あれ、もう見ないつもりだったのに続きが気になるよーorz 

 教授役で石黒賢、マキタスポーツ。 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ