ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

須賀健太

「僕の歩く道」3 ☆☆☆

 リアクションが長いよねー。
セールスの電話であんなに黙り込んだら、切るでしょ普通。なのに続く沈黙に、追いつめられるテルと共に見てるこっちも息苦しくて(^^;;;)
 天竺ネズミの解説も同様。
子供の視線を浴びて固まるテルと共に固まるって。

 おまけに家庭のギスギスしてること・・・・!!
あの嫁っ「子供の気持ちが分からない」のはアンタでしょっと、首根っことっつかまえてグイグイ揺すってやりたい程ですが・・・・甥っ子の悪事は内緒、という『約束』なのでいたしかたない。

 そんな陰気な空気は相変わらずながら、今週はちょっと楽しかったかな。
都古ちゃんと不倫男の間(それも都古寄り!)に座るテル・笑。
MEGUMIとの3秒ルールも笑った。おっぱいをしげしげと眺めて「大きい」。正直だよねー。応えてMEGUMIの「ありがと」って!!
 でも、せっかく楽しかったのに都古ちゃんのいつもの解説
「何の意味もないのよ」
が入っちゃって興ざめ。天使ですか?あってもいいじゃないの性欲や女体への興味は。触ってないんだし。

 そんなこんなで、天竺ネズミの解説が言えました!の回。
テルをカツアゲした甥っ子が(妹もしてたって??)、反省と、多少の理解と敬愛をもってテルに接する様になり、最初の失敗での不安が解けたおかげです。
めでたしめでたし。
 私たちには理由がわからないことも、本人の中ではちゃんと繋がっているんだね、ということをまた丁寧に丁寧に描いてくれました。

 几帳面な字で綴られたおこづかい帳、良かったな。
「あげたお金 5000円」動かぬ証拠です。
それにしても、毎日行く食堂でチキンカレー500円って高いよ!!

「僕の歩く道」2 ☆

 眠くなる・・・・・・(^^;;;)

 どうしてこうなんだろう、と苦しみながらの1時間。
だって楽しくないもん。すぐ神の啓示みたいな後光が射してきて、テル昇天かっちゅーの。

 自閉症には慣れてる&TVの描き方に興味がある私ですらかったるいのに、こんな、お勉強させられるばかりの展開で、みんな、飽きないの??

 シリーズ前作、「僕の生きる道」では主人公、ガンで死にそうだったけど笑えたでしょう?末期の一言が「砂肝・・・・」で、涙と鼻水垂らしながらも笑わされちゃっって苦しかったわ。
 なのに今回これって・・・。

 障害のある人で笑っちゃいけない、と抑えているんでしょか?(それとも「チクるんじゃねーよ」がヨソではもっと爆笑ネタなのかな)家族や都古ちゃんといった身近な人達が、もっとテルの存在で楽しんで暮らしててもいいのになぁ。

 でもまぁ、そんな疑問・不満のおかげで、事前に構えていたよりずっと冷静に見てこうしてレビュー書けているのですが。

 テルに過保護な母さん、更に過保護で外に出すなという兄さん。放っておかれて不満げな妹。
そのうちにこの家庭も爆発するのかもしれませんね(クワバラクワバラ ^^;;;)
 飼育係で、妙につっかかる小日向さん。
あれは逆に、身内に障害者がいて世間に冷遇される現実を骨身にしみて知っているとみた!

 都古ちゃんの不倫、賢い娘なのにどうして嵌っちゃったのか不思議で可哀想。
「来る前に電話して」
以前にさ、結婚指輪してきて「妻が」「妻が」と言うのを辞めさせられませんかね。

「僕の歩く道」1 ☆☆☆

 イエロージャージ!!
自転車好きの主人公、いつも黄色い服なのはアレですよね、ツールドフランスの区間王者かなんかだけが着られるという勝者の証が黄色だからですよね??

 真面目で穏やかで、ちょっと変人な主人公。
クサナギくんの普段のイメージと重なるところもあって(失礼^^;;;)、ただこういう青年がいる、という感じで見ることが出来ました。
 というか、私が普段接している自閉症の子供達はもっと知的に重度なので、ここまで意志の疎通が出来るならオッケーほとんど普通じゃないかと。
いいじゃん、「寒い」があっても無くても(^^;;;)
いいじゃん、時間が来たら帰っても。
     (新人にありがちじゃん・笑)

 新しい職場での杜撰な紹介は、そりゃ、揉め事が起きなきゃドラマにならないから仕方がないなと笑って見られたし(天竺ネズミの無造作な掴み方、サイコー!)

 BGMに頼ることなく、淡々と綴られる日々は、1話を見ただけでももう力作、良作だと思われます。

 ただこの先、何の話になるんでしょうねぇ。
ドラマ仲間の奥さんは『恋が実ったらいいねぇ』と気軽に言います。幼馴染みへのほのかな想い。でも実るって何?
例えば一度のキス?まさか一晩の慰め?だって結婚は無理でしょう??

 もしメッセージが『(東大生にならなくても)生きてるって、それだけで素晴らしいんだよ』ってことならば、ドラマで説明されなくても毎日思ってる(^^;;;)

映画「花田少年史」 ☆☆☆☆

 楽しかった!!

 事故で一命をとりとめて以来、幽霊が見えるようになってしまった花田一路(須賀健太)くん。
両親の語らない過去を幽霊からいろいろ吹き込まれ、ぐらぐらと崩れた家族への信頼を、絆を、これまた幽霊の助けで取り戻していくまでの物語です。

 もちろん西村雅彦氏目当てに見にいったわけですが、それを抜きにしても心温まる、素敵な物語でした。
 夏休み最終日の館内は、子供連ればかり。小ネタで笑い、泣き所ですすり泣く(臨席の小学生なんて号泣・笑)素直な盛り上がりでしたよー。でもお父さんっていなかったな・・・平日か。父親の株がぐんと上がる映画なので、パパと一緒に見せたいですねっ
 
 もう、みんなイイヒトなの。
両親の過去を探るなんて、なにかエグイことになりそうでドキドキしたのですが2人ともとっても優しい。不幸な生い立ちの少女も、未来の花田夫婦と居たときだけは幸せだったと分かってちょっと救われました。
 他の、母・父親の再婚にとまどう子供達もいい子だし、その親御さんたちもイイヒトなんだよね。

 親友:そうた君が亡き父親と過ごした海の想い出が秀逸!
今とそっくりで、でも幼くて。そうた役の子の実弟で撮ったのだそうです。胸に迫りました。これが別の小さな子で回想だったら魅力半減だったと思います?。
 で、そのそうた君が、一路の助けで父親の霊と話す場面泣いちゃいました・・・。

 また、物語に関係ないところでも、例えば夕食が大皿にどーんと盛ってあってワイワイ食べるのが美味しそうっとか。親子お揃いのパジャマとか。
 花田家って、家族っていいなと思える2時間でした♪

 とはいえツッコミどころは、特に終盤いろいろあって、
嵐の海
「主人を助けて!」
って、すぐ追いかけても二重遭難だよね、とか。
一緒に舟出したむにゃむにゃさんにされたことを、お父さんは一体どう納得したの?とか。
(この辺、原作読んだら解決しますか?)

 西村さんの役どころは一路の父:大路郎。元漁師、現タクシー運転手。
サングラスの運転手さん、ステキでしたよ♪
母:篠原涼子と渋谷で出会った青春時代は、ロン毛でほぼコントでしたけど可愛かった。
漁師時代は、海で泳いでいる場面ばかりで・・・・でも回想場面だから増毛(^^;;;) エンドロールの『ヘアメイク協力:propia』は、この場面で大活躍かと思われます!

「喰いタン」コロッケと給食 ☆☆

 コロッケの回、小学生が
「買い食いといえば、デリのパン」
とか抜かしているので、生意気ーと思っていたら珍しくちゃんとそれが伏線でした(笑)そして我が家の夕飯のコロッケに、ちょっとパセリが入ったりして。
 盗聴器騒ぎで、モモちゃんが決め台詞の「五十嵐ーッ!!」まで紙に書いてたのがツボ。

 そして学校給食。
箸の持ち方とか、もったいないとか、しっかり伝えてくれて良かったですねー。
あの箸キラーンなポーズをするには、正しい箸使いが必要とは恐れ入りました(^^;;;) そして給食で箸をクルクルと振りまわして怒られる小学生が・・・・(え?最近の給食って箸??)

 たかが金庫を埋めたぐらいで、ほうれん草が枯れるほど土中イオンが変わるのかは謎です。不審者侵入にも、昨今はうるさいと思うけど・・・ま、いっか。喰いタンだから。

「喰いタン」3・4・5 ☆☆

 ソバにトリカブトにチョコレート。

 相変わらず、繊細な味覚と暴飲暴食を同時にこなす喰いタン。
原作ある割に、細かいところで時々『はぁ?』ってなるけど・・・まぁいいです。楽しんでます。森田君の小者っぷりが可愛いよね♪

 今回のチョコレートも、殺人事件の方はホントどうでもいい感じ。
現場のケーキが次の被害者を・・・って、整合性ないだろうっ どっから銃手にいれ・・・ああ、気にしちゃイケナイイケナイ。

 のんびりした銃撃戦が楽しかったです。
モモ 「撃てー!!」
五十嵐「犯人をデスか?」
モモ 「私を撃ってどうする!!!」いやはや。

 その他も、しおどめロンパンとか、そば粉入りの胡椒があるとか、そんな変なところが記憶に残るんですよねー。鍋も美味しそうだったなー。
 トリカブト入り鍋は再現できなくても、今回のチョコレートで作り方説明したみたいに、いっそレシピ紹介してくれたらいいのに。
 実在する店の美味情報や、実践3分クッキング、折り込んでくれないかしら。

「喰いタン」1 ☆☆

 体操の弘道おにいさんにやらせても面白かったなーと思いながら前半みてました(笑)
食べる食べる、でも跳ぶ踊る。
 そんな東山の箸使い、所作がキレイ! 口に入れたまま喋っても不潔じゃないのがいいね。

 胃下垂?満腹中枢異常??な食欲探偵:高野(東山) でも機内食に出前の肉まん山盛りじゃあ・・・質より量かぁとげっそりしていたのですが・・・スゴイのは胃袋だけじゃない。一口食べれば握りの違いも師匠筋もピタリと当たる、驚異の舌で見事事件を解決でした!!

 殺人現場に残った寿司を「いただきます」!!!
毒殺だったら死にますから(^^;;;) のっけのインパクトは大!でしたが、じゃあそれがどう事件解決につながるのか。それが、なかなか明かされない。
 実は同居人、途中でこっくり舟漕ぎ始めて時々起きては『どう?面白い??』
でもこっちは『まだわかんない』としか言いようのない状態で3回ぐらい訊かれましたよ。

 で、終わって。 うーん、面白かったかなぁ。

 捜査はメッチャクチャです(^^;;;)
カウンターで食べてた客、殺しちゃったから家に運びました・・・って!!
遺体移動させたら鑑識で分かるだろっ 家の鍵は、ひきずった痕跡は、微物は えーい!! その前に寿司屋が金借りてたなら、出前持ってきた親方が重要参考人でしょうが!!
 でも、警察がそこを見逃すこの異世界においては(^^;;;) 出前寿司の味、という食べなきゃ絶対に分からないことが鍵となって事件解決、筋は通っているのかも。

 謎を解いて意気軒昂、でなく。
「海が観たい・・・・」なんて落ち込む高野と、振り回される部下の森田剛。ちょっといい感じですよー♪
次回以降、京野ことみのモモちゃん刑事に怒鳴られながらまた異世界ぶりを発揮してくれるならクセになるかも。小さくまとまらないで欲しいです

「大奥 第一章」4 ☆☆

 将軍さま男狂い・・・って、側仕えのふくの長男は危なくないのか(^^;;;)

 竹千代と国松が、いきなり成人になったと思ったら名前まで変わっちゃうのが時代劇。
どれが誰だか分からないよーと目を回している間にも、とんとんと10年は経っちゃいましたよね。いろいろ、天下一大事のえーっと大阪の陣とか抜けている気がしますけど、そこは関係ない話の様なので、まあいいです(^^;;;)

 ていうか、例えば旦那の会社が一大事でも、夕飯の献立と子供の塾選びもやっぱり大事という感じを演出してみたとか?

 いまわのきわのお江与が求めたのが、家光(西島秀俊)でなく竹千代だったというところ。
高嶋礼子、熱演! 家光号泣でした。でも、今の大きくなった家光にはそれ、結局自分じゃないじゃん。それでいいのか?
 ・・・久しぶりの実家に、赤ん坊な自分の写真が飾ってあった時の微妙な気分を思い出しちゃいましたよ。『これが一番可愛いんだもん』て母上、そうかもしれないけど会いに来てる現在の私の立場は(^^;;;)

 さておき、家光の夢が、母の手を取って、優しく抱かれる・・・・そんな当たり前なことだったことに泣かされちゃいましたよ。ちょろい視聴者です。

「大奥 第一章」3 ☆☆

 展開、早!!

 家康と話したと思ったらもう江戸城内に戻ってるし、そこに家康が来て世継ぎは竹千代と宣言したと思ったら、あれよあれよと位牌が写って爺はお亡くなりですよ。 もっとも後で、
「爺のように、ふくも何も言わずに居なくなるのか」
と竹千代が泣く場面につながる演出でもありますし、なにしろ飽きないのでサクサク進むの大歓迎です。

 天下の将軍様。
遊び放題かと思ったら、違いましたね。どこかに囲って通い詰めたならともかく、出先で押し倒すときも、たった一度で妊娠したと告げられたときも狼狽えている将軍様が可愛いというか不憫というか。
 でも、お江与が妾のことでふくを悪く言えば言うほど、実は自分の身に帰ってきている皮肉には、溜飲が下がりましたわ。

 で、いきなり3代目将軍襲名ですよ。 早!!

 最後、青年に育った竹千代が
「我こそは、生まれ付いての将軍」
と名乗りを上げるところは立派でしたよね。
 で、懲りずに文句たらたらのお江与側と、まだまだバトルは続くんですね、そうですね。

 今週も可愛い赤ちゃんが見られて嬉しかったです。来週も誰かの赤ちゃん産まれないかなぁ。

「大奥 第一章」2 ☆☆

 夜なべで他人の流産を祈る女・・・・怖すぎる(^^;;;)

 しかし、国松君と御台さまのバカ母子ぶりは、だから乳母が必要なのね、と思わせるのに充分でありました。 武士の頂点に立つ将軍と、現代の優等生に必要な資質は違うのでしょうが、どう考えてもあの次男坊はろくな男に育たないぞ。
 あんな女でも母と慕う竹千代(須賀健太)君が不憫で不憫で。でも将来将軍になるのは君だからね!

 来週はおふくが、御台さまのバカっぷりをはるばる秀吉にまでちくりにいくそうですが・・・その間に若君がまた虐められるんじゃないかと心配ですよっ

 そうそう、おふくに置いていかれた長男、千熊も立派な若武者になって若君の遊び相手に。でも、もう母でも子でもないっと言い渡すおふく。うなづく息子。ここも泣かせるわ。

 あまりに時代劇らしくないので、こっちも硬いこといわずに気楽に見ています。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ