ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

間宮祥太朗

「ハムラアキラ 世界で最も不運な探偵」1 ☆☆☆

 のっけから遺体が「葉村晶」!
タイトルにも不運と謳われる探偵が、殺されるまでを描いちゃうのかと思いきや方向が違いました。終始不機嫌なシシドカフカがかっこいいです。ボサボサショートカットも意外に似合うね。

 冷静根暗なハムラアキラ(シシド・カフカ)宅に、突如現れるチャラい実姉珠洲(MEGUMI) 次から次へと男に貢ぐ金をアキラに無心。断っても勝手に家財道具を売られ…と回想が悲惨orz  そんなとんでもない姉が、いきなり『セブ島旅行』をプレゼントしにわざわざ?パスポートがないなら今から作ろうと熱心に?
 休日は家で本を読む!と、海外行きを断固拒否したアキラでしたが、そこへ探偵の依頼。幼馴染メイの夫を名乗る生沢曰く、妻を見張っていてほしい。100万円支払おう。いやいや休日だって言ってんだろ、と不機嫌全開のアキラは塩対応。他の探偵を紹介します、信頼できる人を紹介します、それともご自分でどうぞ。と、喫茶店で押し問答をしている間に世間に流れていたニュースが、冒頭の死体発見。黄色いコートで顔を潰された遺体は「葉村晶」さんと見られ…
知らない間に歩く死体にされていたアキラなのでした。

 早速「葉村晶」の職場である本屋に警察が。
なんでも、本屋のバイトとして採用されて彼女の転々とした職歴(押しかけてくる姉のせいだよね)を面白がった店長(中村梅雀)が探偵事務所も始めたせいで女探偵を兼任なんだとか(^^;;;;) 集まっていた常連も皆、アキラが何かした側だと決めつけるわ、被害者側と察しても面白がるわ、推理マニア丸出しで不謹慎ですorz  
コロシの被害者として家宅捜査されるアキラ宅。がらんと何もない部屋は逃亡犯のようと怪しまれ(姉のせいだよね…)不憫なり。

 入れ替わりで帰宅し、やっと「葉村晶」さん殺害のニュースを知って警察に向かおうとするも殺されかけたアキラ。とりあえず大流血の手当てを書店でする間、謎のイケメン警視(間宮祥太朗)の問いかけに答える形で、薄々気づいていた事件の真相がまとまっていきます。

「今度の男はいい人」と、海外旅行を持ちかけた姉珠洲。
やたらアキラを車に乗せたがった生沢。妻の見張りを持ちかけながら、本人と話そうとすると唐突に依頼は打ち切りに。この2人がぐるだとすると。

 遺体は生沢メイ。それを隠すため、入れ替わりに選ばれた身元がアキラだった。埋めもせず目立つコートで放置して発見させて、珠洲が姉として「晶です、間違いありません」と証言すれば、見事生沢メイ殺しは完全犯罪に。もしセブ島に行ってたら、そっちで殺されていたのかもね(帰国後、金で説得を考える警視。お育ちが良いw)

 そして港で対峙する珠洲と晶。自分の写真を貼った生島メイ名義のパスポートまで持って!豪華客船に乗るつもりだったって? アキラの誤算は、また男に騙されたとばかり思っていた姉が、むしろ主犯で晶を殺すつもり満々だったこと。えええー。
「私をバカだと思ってるんでしょ?」
と煽る珠洲、うーん、後釜の内縁の妻におさまるならまだしも、生島メイになりすますのは即バレ必至でバカだと思うよw  

 実の姉に命を狙われる。
珠洲の自殺を止められなかったこともあり後味の悪い事件ではありましたが、葬式で全吹っ飛び。母が来ない理由が
「黒を着る気分じゃない」
他の姉2人も母の態度を肯定で、側にいたのに助けられなかったアキラを責めるとかマジか。珠洲の死を悼む様子もなくて、一体葉村家どんな修羅の館だったのか。厄介者の黒い羊」だった珠洲。でもそれは晶も同じ、と言い遺されて。
これから起こる事件より、葉村家や母に俄然興味が湧いてきましたw  
 また、アキラの無数の職歴が探偵業に活かされる展開が見たいです(アメリカドラマにあったよね、毎回「昔手品師だった」「飛行士だった」「サーカスにいた」と特殊技能の数々を「え、言ってなかった?」で済まされるのw) 


「エ・キ・ス・ト・ラ!!!」1 ☆

 共感性羞恥の強い人には地獄かもw

 ドラマの現場にエキストラがいる。
私も参加したことあるので、思い出しちゃいました。どのくらい映ってるかなーと放送を見るのが楽しみよね!でも所詮お客さんですから、撮影時にはお邪魔にならない様におとなしく、ひたすら邪魔しない様に小さくなっているものです。
ところがこの主人公(間宮祥太朗)ときたらいっぱしのプロ気分?

 専門用語でスケジュール進行は気にする、衣装にと和服は持ち込む、自分の演技プランを勝手に立てるw どうでもいいのにw
ドラマの登場人物たちが演技している背景で、妙に目立つ通行人。それどころか、喫茶店の店内で喧嘩の演技中も、奥からどんどん近づいてくる客がいるーw やめて、こっちこないでw しかも、冒頭でここだけ見せられた時は笑えましたけど、後にこの後の場面も続けて見ているとどうやら本人でなく「余計なことをさせるな」と、ADさんが叱られるんですよ。マジやめてあげてorz

 役作りしたり演技に魂込めたいのなら、エキストラじゃなくまずは端役でも役者になるべきでは。それとも、事務所にも登録した上での、プロエキストラ崩れなの? コントで見せられるならまだ笑えるけれど、あの迷惑さで本人は「ここに俺がいることを認めて」と本気&必死だと辛いです。実家からも呼ばれてて。


「僕はどこから」1 ☆☆

 展開がのろい!事情がさっぱり分からん!

 と文句言いつつ最後まで30分見ましたw  だって気になる~。
コンビニ店員の主人公薫(中島裕翔)が持つなんらかの超能力、売れない小説、若いのに痴呆症の母、血まみれの遺体、墓前で銃を突きつけられる薫。そしてヤクザの組長藤原(間宮祥太朗)が引き受けた胡乱な依頼…。あれもこれも思わせぶりな断片だけ見せて次へ!

 いっそ若年性痴呆症の母と丁寧に暮らす壮絶介護エッセイの方が売れると思うのですが…、それは置いといて。

 料理するどころか胡椒も忘れ、食事にも介助が必要な母(仙道敦子)家中「トイレここ」等の張り紙だらけorz  夜うなされたら駆けつけてなだめ…と、家に帰っても休まらない苦労の中でよくぞ仕上げた小説だというのに、どれも誰かのコピーみたいなんだとか。
雑な手書きの地図。目的地は読み取れないのに、それを薫が持つと情報が溢れ出して把握。ってサイコメトラー? いや書き写すのがポイント?と思ったら、次の「能力」発揮は、プロ級の調理の腕前でした。え、それで稼ごうよ?

 とにかく1話ではっきりしたのは、薫と組長藤原が知り合いで。学生時代薫に小説を書けと勧めたのが藤原だったこと。そして、主人公が困窮していると知った上で訪れて、あの能力はまだ使えるのかと尋ねるのです。
「他人の思考を使う能力」
は?
そこまで知っていて、パクリでは世に出せない小説書きを勧めるとは。当時はバカだったか、もしくはいつか都合よく使う時まで、薫を貧乏なままでいさせたかったとか??

 組長が抱える大きなシノギ、誰もが嫌がる先生の依頼、にその能力はどう効力があるのでしょう。そして、協力したら母の入院費個室代やらに困らないくらいの支払いは、ちゃんともらえるんでしょうね??
 というか母の若年性痴呆はもう診断もされているようなのに、介護と結びついていないことが気になって仕方がないですよ。鑑賞のポイントが我ながらずれている気もしますが、とりあえず次も見ます。


「俺の話は長い」~5 ☆☆☆

 いや本当に長いよ、満(生田斗真)の御託w
同居を始めて喧嘩が絶えない姉綾子(小池栄子)や、仲裁する母房枝(原田美枝子)が顎が痛むのは、喋る時間が激増したから疑惑、さもありなんです。

 父の月命日の外食でもやっぱり口喧嘩。墓参り経費のちょろまかし非難に始まって、じゃあ墓参りに来い、見舞いに来なかったくせにともう延々と喧嘩なんですよ。せっかくのお父さんが好きだった料理が不味くなるじゃんかーと、げんなり(言い争い場面苦手です)見ていたらまさかの姉が泣き始め、流れるように喧嘩からしみじみ思い出話に転がり込んでいくのです。脚本もすごければ、その期待にがっつり応えている役者さんたちもすごいです。

 険悪ムードが突然終わるのは、美人オーナーとの会話もそうですね。
犬の散歩バイトを頼んでいたオーナーさん(倉科カナ)、帰国して冷蔵庫が空っぽだと満に頼んだ買い物が大量だわ場所も離れてるわ、お駄賃程度でさせる範疇を超えすぎw 後から「一緒に食べるつもりで」と言われたって知りませんがな。まして、満の言葉尻を捉えて「じゃあバイト代要らないの?」ってバカにしてんのかと。もう満は不機嫌丸出し、それでも議論大好きで黙りこまないから会話続いてるだけなので、ホント無理もう帰るってところで
「誕生日なの!」
と言われちゃったら、そ、それは無敵でずるい…。一方の家族は届かない牡蠣と満を待ちぼうけ、牡蠣鍋が冷凍鶏肉鍋になっちゃて食べ物の恨みは怖いのでしたw

 リクルートに来た、元バックパッカー現在社員で結婚も控えてます!な青年(間宮祥太朗)の説伏も見事でしたー! 彼の幸せアピールを、中退が無駄、具体性がない、周囲と比べて不安になっただけ、と論破してしまう満w  そのくせ涙目の彼が
「僕、会社を辞めます!」
と言い出すと冗談だよーと誤魔化すんですよw  満の反論って、議論のための議論。ムカッとしたらやり返すだけで、自分の現在が正しくて皆にもそうしろと布教するつもりなんてないんですから。

 無職にも才能がいる。都内に実家がある才能、寂しい母の相手という大義名分もあり働かなくても暮らせる才能w 物は言い様ですよねえ。
 そんな合間にも、姪っ子(清原果耶)は志望校と恋に悩み。相談されない母綾子も悩み。仕事に疲れた夫(安田顕)も悩み。それでも義理の父娘はやっと並んで買い物に行けるようになり。姉と弟は並んで爪を切り/銀杏の殻を割って、思い出話に花を咲かせるのです。
 「フォレスト・ガンプ」は中学生のデートには向かないよねw 長いしベッドシーンあるし~(逆にまだ分からないのかなw)
志望校を誰かのために決めてはダメって、母綾子が説く人生の可能性云々の正論よりも、満の実話「相手が落ちた」が一番効きますねw
 そんなこんな、小ネタてんこ盛りでキリがないです。

 お目当の牧本さん(西村まさ彦)は、房枝の脚立を抑える仲(「阿修羅のごとく」を思い出してしまいました…。脚立のふくらはぎに欲情して押し倒すアレw)
房枝と同じスポーツ吹き矢に入門し、お仲間(長谷川初範)が店に来れば常連です特別ですと真っ向から喧嘩を売り、肝心の房枝には笑顔でいなされてしまうという不憫~。結構本気そうなのに、満くん、再婚を家庭内の冗談にはしないであげて~。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ