ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

鍵のかかった部屋

「鍵のかかった部屋」最終回 ☆☆☆☆

ニヤリ。

えーっ、謎を解く側が消えてエンド??ピカレスクでもないのに妖しいラストで驚きでした(でもそうか、榎本は始めから正義とか倫理とか道徳とか、興味ないものね)


月9=恋愛ドラマだった枠に、まさかの犯罪もの。

キャスティングに嵐を持って来たところでどうよ?と思っていたものですが、榎本青砥でじれったい恋愛もほのかに匂わせ、事件は……そもそも主人公が殺人事件に興味ないんだからw 謎解きをふんふんと観ていればいいだけになっていて、仕掛け上手でした!

(オリジナルキャラの芹沢=佐藤浩市がまた上手かったし)

変わった切り口の犯罪もので、楽しく観られました。音楽も良かったわ。 


事件を捜査といっても、警察でなく弁護士とセキュリティー会社の社員。
ヤクザ絡みだから…とか、警察に言えない、言わない場合も多くて、『それはない』とツッコんだりw 時に斬新でした。

最終回なんて、通報すると真犯人を脅していた挙げ句に、どういう取引か盗まれたダイヤの何割かを懐に主人公失踪ってw

榎本が過去に何か犯罪を?な伏線はずっと出ていたので、正直ラストの真犯人は榎本の昔の仲間的な、もっと具体的に過去が暴かれるだろうと思ってました。そんな予想に比べれば、盗難事件の度に監視カメラに『偶然』映っていたぐらいの疑いと、やはり『元から偽物』かもしれないダイヤすり替え疑惑なんて軽い軽……いか?

まあ、気になる続編は淡々と再会しちゃえばオッケーでしょう。何を聞かれても榎本が答えなければいいだけですw


ちなみに、最後の電話が事務所でなく青砥の個人携帯宛でちょっと萌えました。覚えてるかメモするかしていたわけね、なんてw
ひとつだけ気になったのは「君の事を調べさせてもらった」という佐藤もとい椎名章。貧乏人がちょいと調べたぐらいで榎本の秘密が分かるなら、警察要らないよね

そして次回作の予告で大笑い。
IT社長との恋w 通常運転の月9だー、観ないかも


「鍵のかかった部屋」6、7 ☆☆

また田舎の古い家、狐火だのって「都市伝説の女」か!


さておき今回は、せっかく逃げ道の窓を開けたのに、意図せず密室になってしまった事件。下のぬかるんだ道に足跡が残る筈だ!なんて素人は思いませんからね。……というわけで鑑識さんはちゃんと仕事をしたのか、便槽に流されたなんとやらや大の男が家に居て殺された痕跡を見逃す無能なのか、むむむ。


頭を打っただけなのに、救急車も呼んでもらえなかった娘が不憫です。あれ、適切な処置してたら生きてない?

ラストも、もっと早く殺すんだったと慟哭する父は別の経緯で見れば深いのかもしれませんが、この番組でだと特に響かず。そこを見たいんじゃないというか。

そういえば前回も、究極スローで舞台を横断するという執念の殺人トリックでしたが、そこまでして殺したいのかと呆れる方が先というか。殺人に至る心理よりも、密室を作るぜ!という方向に熱意を感じてしまうからでしょうかw

あとね、悪魔の様とさんざんなこと言われてる息子なのに、大雨の中久しぶりに帰省して誰もいなくても、ちゃんと家を壊さずに近所から脚立調達してきて面倒にも二階から入るとか、偉いじゃないですか。ちゃんと元にも戻してるし。もしかして更正してたりしなかったのかしら…… 


とにかく、榎本と青砥の距離が縮まりつつあるのが、毎回の最大の注目ポイントです!

前回のお芝居はどんな風に誘ったのかなーw 今回強引に長野で合流でしたが、あれあれ同じ部屋に布団二組ない?一緒に泊まるの??うひーw トリックと違って、その辺のどたばたは丸っとスルーなので逆に勝手に脳内補完で楽しんでおります。

モナコで豪遊なのに、密室組を気にして仲間に入りたい芹沢サン可愛いw

「鍵のかかった部屋」5 ☆☆

ドア閉めない方が良かったのに。


密室ものにありがちな穴ですよね。わざわざ閉めたせいで人手の関与を証明してしまうという。
自殺に見せたい、のなら密室を作る意味もあるでしょうけど、事故死ならほっておけばいいのに。マシンなんか持ち出してあれしてそれして掃除機で吸ってお片づけって、小一時間はかかりそう。その時間、さっさと学校に戻ってずっと居たようにみせておく方がましでしたよねー。


でも、警察と榎本を取り合う佐藤浩市が楽しかったのと、自分と榎本の関係について考える青砥もなかなか可愛かったからいいかな。




「鍵のかかった部屋」4 ☆☆ (ちょこっと3 ☆☆)

毒蜘蛛放し飼い。えええええー!!


臨場の鑑識さんを噛むならまだしも、遺体搬出と一緒にとか外に出ちゃったら野良で噛み放題なのに犯罪隠蔽のため放置とは。犯人許すまじ(><)


後のトリックはなんちゅーか

「奥さんも知ってる筈でしょう?」

って旦那の蜘蛛の種類の見分けなんか、家族でも多分つきませんって!

うちの旦那の車だって私、色でしか見分けてないから駅で他人様の車に乗り込んだ事がありますよ。それが蜘蛛って。おまけにかぶせるってサラッと言いますけど、自分が刺されずにそれを出来る難易度を考えるともう無理無理w でも悪女なら出来るんだw

(実は奥さんとも蜘蛛愛好サークルで知り合ったってオチかと思ったのに)


それはそうと、榎本と青砥の距離が妙に縮まってますよね。

気がつくと部屋に居て、邪魔じゃない。ナイスカップルで微笑ましい(^^)


ところで前回のソフト「激指」、実在するんですねw

朝日新聞8日夕刊に第22回世界コンピュータ将棋選手権の記事がありまして、激指くんは6位ですよ!じゃあこれからいくらでもこんな事件が起きてしまうかもしれないじゃないですか……ってなにも密室だったり美人だったりしなくてもいいですけど。


相武紗季に白石美帆と、いかにもな犯人が続いている気がします。もうちょっと意外なキャスティングがみたいかも。


「鍵のかかった部屋」2 ☆☆☆

BGMがうるさい(><)

地味な現場検証をせめて音で盛り上げたい様ですw


今回の密室はシャルル・ボイルの法則など駆使しまして(たった2、3度で扉開かなくなるんだ!)、密室にしたい理由もその日にしたかった理由もある、きっちりした密室事件でホッとしましたわ。 キャラクター的にも、密室だの完全犯罪だのを面倒くさがらずにせっせと準備する感じw 初回にはなかった納得感でした。

今回も大野君は不機嫌顔っちゅーか「魔王」を思いだす無表情。はまり役です。「体操のお兄さん」といい「怪物くん」といいあの手この手で不機嫌顔な役をどんだけ探してもらえるんでしょう、愛されてますねw
でもドラマを楽しく盛り上げてくれてるのは今回も佐藤浩市かなー、今期の助演男優賞が早くも決まりかもw そして高嶋政伸の悪い顔も印象的でした。

防犯のお勉強もできてお得なドラマです。
弁護士側と警備会社社員の大野君の今回の接点は『前回の報酬』としての相談。じゃあ次回はどんな理由づけが来るんでしょう。3回目はもう普通に知り合いだから?w


窃盗犯(中村獅童)と知り合いの大野君。解錠を習った師匠がいたのかも。その辺にシリーズの軸になる謎かなんかがあるかな??


「鍵のかかった部屋」1 ☆☆

異能の人、謎を解く。

トリックを解くだけで犯人には興味ゼロなところや、凝ったジオラマでの見せ方が面白いです。


変人鍵師大野くんと新人弁護士戸田恵梨香。2人に邪魔されまくる佐藤浩市が、変に笑いを狙ってなくて脇をぐっと締めてくれてます。毎回違う密室殺人が起きるとかで、楽しめそう。


でもさ。計画殺人なのにね。


これが、うっかり殺人→ごまかそうとジタバタ な結果の密室なら仕方ないですけど。計画してたなら、実行日だって(何故、途中で現場を離れるその日なのか)、方法だって(何故シルクシーツと画鋲なのか)、他を選べた筈なのに、どうしてそれになっちゃったのかが真の謎だと思うのですが……。

ま、いいか。


ひっつめ髪の戸田恵梨香が別人の様に地味ですが、あれはあれで可愛いかなー。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ