ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

銭の戦争

「銭の戦争」~最終回 ☆☆☆

川に向かって投げないんだ。不思議。

そういえば顧客データも池じゃなく茂みに向かって投げて拾われてましたが。原作通りなのだとしたら、韓国には『水に流す(=清める)』という考え方がないのかしらん。父親が自死に使ったカードの破片を投げ捨てた場面のことです。血もこびりついたままずっと(裸で!)持ってたことにもびっくりしたけど、その辺に投げちゃってもっとびっくり。危険物……! (池や川にもゴミ捨てちゃダメですけどね)

川に流さないなら、手向けた花に添えて置いて欲しかったかな。


そんなわけで、後半の主役は隠し部屋の20億円どーん。

それを探したり盗んだり戻したり脱税金として発見させたり。ハラハラドキドキで飽きずに見ていられました。
特に、恋愛ドラマ家庭ドラマからリタイアしまくりの主人が最後まで楽しめたのがこれ。非日常で誰も責められてる気にならないところがいいのかも……借金がなければw 

牢屋でもかっこいい赤松や、最後見事にグループ総裁としてデビューした元カノちゃんや悪役おばあちゃん、娘を助けに駆けつけた未央パパもキャラ立っていて良かったです。

その分、主役の富生と未央が地味でしたけどw だからこそ負けそうで応援したくなるのかな。

(富生母と弟は…いなくても良かったかもなあ)


ただ、雑に便利に使われている未央のお友達は心配。当初の美容院のサクラぐらいならまだしも、最後は20億円の運び屋ですよ!ヤクザがちゃんと調べて未央をさらってくれたからいいようなものの。何がどうなって、何も知らず富生に恩義もないお友達が代わりになっちゃったり現場を押さえられてボッコボコにされる可能性だってあったはずでしょう~w このポジションは、富生に恩ある人にしておいて欲しかったかな

 

まあとにかく、鬼になりきれなかったことで法的には逆に救われた富生。


最後に未央を抱きしめて風にさらわれたように消え、どこかで金の匂いを嗅ぎながら…のエンドってちょっとイヤンw 赤松2世じゃんw

いつか、未央の足元にコロコロっと500円が転がってきて…ってな風に再会してくれるといいな。

「銭の戦争」2 ☆☆

ついに青空テント生活。携帯も引き落としできずにつながらず、再就職がパーになりましたorz


そこは、居住権てあるんだから再就職が決まるまでは豪華マンションに居座るとか、命綱として携帯代の口座の金ぐらいチェックしておくとかするべきだったよね。

弟がまた偉そうに「兄さんは金の亡者だ」とかぬかしてますけど、その亡者さんが何千万円も払ってくれたからマグロ漁船に売り飛ばされてないの、何故わからないのかな。自分がもう少しバカじゃなきゃ、倒産前に手も打てたかもしれないのに何を言うんだか(弟は学生継続?大学院やめて働くとかないのか?)

夢枕に立つ父にも、テント訪ねてくる婚約者にも腹が立つ。


救いなのは主人公は負けん気でやる気なこと。金貸しになろうと大先輩(津川雅彦)に弟子入り志願してついてまわります。

定食屋で食い逃げしたり皿洗ったり得意の経理を見たりしながら、まずは試験合格で、本格的に金貸し業を学ぶことになるのでした

(うちのマンションローンは元本から先にガツガツ払ってるよー、金利だけ返すのって楽だけど損なのは常識だよねえ)


で、恩師コンノ先生(大杉漣)から取り立てることに。あ、それはちょっと面白くなりそうかも。

「銭の戦争」1 ☆☆

エリートリーマン転落物語。


他人の不幸は蜜の味?ってことで、実家工場の倒産を契機に主人公(草なぎ剛)が貯金も職も婚約者も失っていく初回2時間spは飽きずに見ていられました。

でもだからって来週も見たいかというとどうかなあ。登場人物に魅力を感じません。


主人公実家の経営状態に興味なさすぎw

これが就職したて自立したての20代前半なら、自分のことに必死だったり親は全能だとまだ思ってるの分かりますけど、実際はアラフォーでしょ?しーかーも連帯保証人!

その立場なら帳簿ぐらい見ようよ。

院生弟も「俺は相談にのってた」じゃないよ、兄に電話しようよ

父も「息子に迷惑かけたくない」じゃないよ、倒産失踪自殺って迷惑最上級でしょ。報告連絡相談のホウレンソウだよ。高金利で借金するより息子に集る方がマシマシ


婚約者(木村文乃)は財政界の大物の孫。

なのに大事な孫の恋人をリサーチしなかったのか、したのに実家の経営危機に気づけなかったの?
当の恋人も、実際にどれだけの窮地か把握もせずに3000万円足りないって人に小遣い銭持って行っちゃそりゃ無表情にもなろうというものですよ。ていうか、もっと早くに取立屋対策のできるプロを紹介してやればよかったんじゃないの? 

応援したい人がいません。


草なぎくんの実家が工場とあっちゃ嫌でも思い出す「恋に落ちたら~僕の成功の秘密~」は迷走ドラマだったけれど、少なくとも1話の島男はキラキラしてたのにね。

途中で帝国金融の桑田&灰原(中居くんw)が通りましたし、懐かし「ナニワ金融道」ぐらい膝を叩きたくなるような詐欺にでも引っかかっての倒産にしてくれたらよかったのに。

ただただ知らず、知らせず、払ったけど足りないよーじゃ、ねえ。


葬式で切った啖呵を実現させて、札束を積み上げるぐらい儲けたとしても、あんなおバカさん達じゃまた無くすだけなのでは…。


それと後輩に借金を頼んだ時のゲロ食え場面。

トライするほど追い詰められてた…としても、描き方を工夫しましょうよ。キラキラ光って飛び散ってた「あしたのジョー2」が懐かしいです


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ