ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

鈴木先生

「孤独のグルメ(2)」11 ☆☆☆

ゲストに鈴木先生w

そういえば同じ時間枠だったっけ?映画版も公開になるわけで宣伝ですか、でもこんな地味な宣伝も珍しいかも。並んで食べてるだけ!


タイスイーツにタイ料理だったのは、ちょうど友人がタイ旅行から戻ってきてお土産もらったところだったので食いついて観てしまいました。こんなの食べてきたのかなー、美味しそう~w
でも五郎さん食べ過ぎだよ!!
 

民芸品の顔真似をしちゃう五郎さんにもびっくり。そんな人だったんだー!

「鈴木先生」6 ☆☆☆☆

しちゃった、のか竹地~!!


でも何故そんな話を母に?

1話の様に、小学生がコンドーム保持という分かり易いきっかけがあるでなし。使用済みが発見されたのでもなく。黙っていれば分からない、母不在時の性交渉/しかも生/なんて、できたら一生聞きたくないってば(うちにも中3の息子が~ ^^;;;)

そして指導を学校に振る親も、謎。

話を聞かずに暴れているわけでもなく、この先避妊なんかするものかって言ってるわけでもなく。単に持ってなかっただけでしょう。望まない妊娠は避けねばと、言えば聞く子でしょうに。


そこへ鈴木先生。

例によって斜め上、保護者が求めていたのとは全然違う発言が相次いでいて笑うと共に膝ポン!でした。

避妊しろ=子づくりも出来ない相手•環境での性交渉を許可、と聞こえますね確かに。寝た子を起こすとかなんとか、低年齢での性教育が嫌がられる土壌もその辺にもあるのでしょう(あー、原発が怖がられるから避難訓練はなし、も思い出したw)


その上『僕は生派』と言い出す鈴木先生、まだ実際抱いてない女性にそんなこと言うのにもどん引きですが、……その理論でいくと先生、童貞??


さておき、今日は河辺さんがめちゃくちゃ光ってました。あんな台詞言わされて、演じている女の子に同情しつつも、その役者魂に感服です。小林聡美みたいな女優さんになりそう。


そして相変わらず、無駄な背景説明を入れてきませんね。
竹地の騒動も、河辺がだれなのかも、噂をまいてるマリ(工藤綾乃)と河辺の確執も、河辺の元彼が一話で何してたかも、登場人物たちには記憶鮮明ホットな出来事。忘れてる視聴者にフラッシュバックで思い出させたりせずどんどん進むドラマです。
置いてきぼりのツレに解説するの、めんどくさいーw


人気ブログランキングへ

「鈴木先生」5 ☆☆☆☆

神さま仏さま小川さま?

教え子相手に、妬いたり妄想したりと大忙しの鈴木先生がキモイキモイ(><)


でも人間だから。
異性として意識してしまうことは責められませんよね。在学中さえ理性を保っていてくれればいいや(元生徒が奥さんの先生、私が通った女子高にも2、3人いたわーw)

逆に、小川蘇美を「仏」や「神」に例えてあがめてしまうという鈴木先生の自己解決の方が不自然ですよね。そんな女子中学生、妄想の中にしか居やしませんって!

なんと小川ったら、『優等生』をちゃんと自覚して背負い、鈴木先生の人気投票一位の重荷も理解して励ましてくれるという大人っぷりなんですよ。驚愕。鈴木先生じゃないけど、いい大人の我が身を引き比べて情けなくなります。

でもそれってあくまで対大人で、女子の世界では煙たがられがち(><)
囃されても助けてくれる親友ナッシングで、泣き崩れるしかない弱者でもありました。それって1話の小学生女子を思い出しますよね……大人に見えても子供なのよ?

それでも、恋バナはしない小川蘇美w
果たして本当に、相手は鈴木先生なのか?
そんなことはどうだっていいのか?
成人女性との恋愛は復活なのか?

また、生徒の人間観察力が鋭い!
竹地騒動の後、親友が小川と急接近で淋しい女生徒を見逃さずに巻き込んだのが、ぐっさん騒動で恥をかいた女生徒、ですよね??
噂をまく側、火消しに回る側、それぞれの観察力を月9も見習って欲しいものですよ。

そして細かい演出。
長靴登校といい、今回の朝といい、登校時の連れや登場タイミングにも意味がある!
全く「鈴木先生」では、どの生徒が誰で前回何をしたのかも、その視線が何を意味するのかも説明なくポンと見せられていて、視聴者として試されている、もしくは信頼されている気がします。
生徒の顔と役名を覚えてきた今、一話を見たらまた新たな発見がありそうです。

人気ブログランキングへ

「鈴木先生」4 ☆☆☆☆

空回り、自爆。そのうえゲロで駄目押しとはー(><)

ドンマイ、タケチ!

確かに、足子先生的になあなあで済ませたり、説明&謝罪に中途半端に介入してしまっては、タケチ(藤原薫)はただの『面倒な奴』で終わったでしょう。でもここまでどん底に落ちたらあとは、逆に浮上するしかない ですよね〜!
不登校やらも心配になるダメージ具合でしたが‥試験の心配が出来るぐらいだから、意外に図太いかな。


とにかく、学園ドラマ史上屈指の居たたまれなさ。
その前の小川へのアピールだって寒かったのに、学級会開始後は、もう黒歴史レベル。たまたまここから見たらチャンネル変えていたと思います。
耐えて言いなりの中村、でも我慢できずに捨て台詞。キレるタケチ、はしゃぐように解説を繰り出すも、級友は共感ゼロで針のむしろ‥…いやはや、きっついわー。


しかし見ながらずっと思うのは各キャラの人間観察の鋭さです。

3話「行っちゃ駄目!」という小川の言葉に従う男子5人→小川が好き それを互いに咄嗟に悟る5人。出来ないわー。いや私だってドラマでなら演出意図として読み取れますが、実生活の様々な場面ではまるっきり見落として生きている自信がありますよー。

先生たちも、一話から折にふれ生徒の名前だけでなく、性格所属部活交友関係去年の担任etcと膨大な情報を当たり前のように把握していて感心しています。それって普通ですか?私には出来ないし、自分の中学時代にそんなことしてもらっていた気もしません(13組まであるマンモス校だったし……)


ただ、相手の意図を読む姿勢がある人ほどその罠にはまってもいる様で、山崎先生にしろ酢豚の女子にしろ、優しさを勘違いして告白して自爆w


最後に鈴木先生の彼女が出てきて、どうなるかと思ったらまさかのエスパー(笑)

だからさっさと大人の関係になっておけば、小川で妄想せずに済んだのに!もとい、本気で超能力なんでしょうかw それとも彼女も、観察力が鋭くて思い込みが激しいだけ?たまたま図星な鈴木先生が、運が悪いだけ??w


小川生霊説。

古来より夢に出てくるのは『相手が自分を想っているから』っていいますからね。それが白昼夢でも。

さて、ひよこな小川さんが好きなのは、本当に本当に鈴木先生なのか??

彼女さんにとっては鈴木先生こそが生霊(しかもロリコン妄想をお届けしてしまう変態な!)なのか?

とにかく目が離せません。
(教師であるツレが、女生徒とのその辺をリアルだなーと評するんですよ。おいおい、君も何か克服してたりしますかw) 

学級会までだったら我が家の中学生に見せたい。でも小川で妄想する先生を見せたくない(^^;;; )悩ましいところです。

人気ブログランキングへ

「鈴木先生」3 ☆☆☆

山崎先生、これでもう退場??
ぐっさんの好演でいいキャラだったのに、残念です(><)
しかし、現役中学教師が風俗に、しかも勤務校の制服持ち込んでプレイって問題ありすぎでしょ〜!!相手が卒業生なだけでなく、担任生徒の姉だったとかも怖すぎです。もっと遠くに行かなくちゃ(違)w

いやいや、先生の人気投票がメインだったんだっけ。
でもあれは、先週の酢豚の様に単にきっかけにすぎなかったというか。結果あぶり出されてしまった山崎先生の不満、鈴木先生への歪んだ対抗心よりも私は、女生徒同士の確執の方が怖かったです。
汚い、キモイと認定している教師から友達を救ってあげようとしたのにね。当の友達からは
「私が男に優しくされるのが嫌なの?」
と、 みんなの前で 言われてしまうという‥…(><)

比べれば、その彼氏がいる河辺さん(小野花梨)だかよりも、彼氏の悪口も言ってた男嫌いちゃんのほうがきれいな娘だったのも配役の妙(原作もそうなのかな)

そうそう、鈴木先生の彼女が冷たくなっちゃいましたよ。
だから学校の話ばっかりし過ぎちゃ駄目なんだってばー(笑)
しかも、顔も知らない子供の固有名詞がんがん。まあそこはドラマ的わかりやすさ優先だとしても。楽しい話ならともかく、もめ事ばっかり聞かせるよりもさっさと二人きりになって!スキンシップの時間を取ったほうがお互い有意義だったのにねーw

この先、本当に小川(土屋太鳳)とどうこうなってしまうのでしょうか??
小川役の子の実年齢も中学だったら、あんな先生の妄想につきあって膝枕してやる様な場面はかわいそうだわー。
先生も人間だ!とは思います。
でも中学生はそれを知らなくてもいい、とも思ったり。

「鈴木先生」2 ☆☆☆

口で言え、と。
相変わらず作品のテイストは好きです。
「死んだおばあちゃんの味に似ている」
という泣かせる給食メニュー酢豚の存続と、それにからめての恋ばなだけでだって1時間保つでしょうに、このドラマだとそこはちっともメインじゃないところも笑えました。
もちろん、鈴木先生のビジュアルには今回も萌え萌え。

しかし、原因が食卓マナーとか!

「左手!」は我が子には言うけど、遊びにきた子の手がだらんでも、握り箸でも、くちゃ食べでも、心の中であーあーと思うだけでスルーですよ。マナーとは、相手にあわせてフィンガーボールの水を共に飲み干した的逸話にあるように、他人様に強要するもんじゃない。
「見て分からないなら 言っても分からない」
の発言だけなら出水くん(北村匠海)に同意ですが、マナー違反の仕返しに汚い食べ方して、汚い言葉を発するなんてことが意味不明です。 それ、自分の食事だって台無しですってば(><)

それでも、生徒に謎解きを吹っかけられる展開。さらにその謎が鈴木先生と彼女との関係にも影響してくるという構成は好きです。電話したり一緒に食事したり、どんどん仲良くなって行く様子が微笑ましいですw
‥‥あの可愛い彼女が、左手だらん族だったのはがっかりだけど。
それに、鈴木先生の話ばかりになってないか?と心配だったりもします。彼女の悩みも聞いてあげてね!!

(酢豚問題は、酢豚をメインでなく付け合わせに出すようにすれば解決な気がします)
人気ブログランキングへ

「鈴木先生」1 ☆☆☆☆☆

理詰めで冷静な学園ドラマ、斬新。
そして眼鏡萌えです。ちょっとこれ、素敵過ぎるー!!

正直、「中2と小4が性行為!」なんてセンセーショナルなあらすじには、期待するものは何もありませんでした。愛があればとか言っちゃう??


ところが実際は淡々と進み、落ち着きを取り戻した親は”きちんとした大人として”接し、場を預かる主人公@鈴木先生(長谷川博己)は事の是非を断罪はしません。むしろ、デリケートなプライバシーとして扱うべきでもある、と。

そう、秘密に出来なかったことが罪。これには納得してしまいました……。


性にオープンな家族なら親子で初体験を語る事もあるのかもしれませんけど。少なくとも私は、実家でそんな話題は知らんぷりです。3児の母になってすらw

”適時を計るのは精神年齢”

とは劇中の鈴木先生の意見ですが、個人的にはそれは独り立ち、独り暮らしが出来てからってことだと思ってますよー。さて、どうする我が子たち(とか言って、とっくに小4中1で経験済みとか聞かされたら寝込む ^^;;;;;;)


そうそう、ちゃんと避妊してた!

その避妊具所持で発覚するんですけどね。「14才の母」にしろ、産みます!とか言わせる前に避妊を話題にすべきと思っていたので、逆にそこは話題にならないほど”避妊してて当然”な空気で笑いました。時代が変わったのねー。


でも一方で、30前にも処女な娘さんはいて、そんな彼女(臼田あさ美)とデートという主人公のプライベートも平行して描かれていて、ホッとします。人生、仕事だけじゃないしプライベートだけじゃない。また、何かと性欲ムンムンのぐっさん先生の言動も、現実ですよね。


えーっと、バタフライナイフの事件もありました。

家庭科教師(富田靖子)の指導が友情至上主義、多数決主義で大失敗。痛々しくて笑え、且つ主人公の立ち位置を明確にする上手い対比でした。流されないヒロインの素敵さも描かれてナイス。


いちいち、鈴木先生の思考が浮かんでは消える画面とモノローグも、分かり易く興味深く効果的です。

そして何より、鈴木先生がドストライク!!

この後よほどぐっちゃぐちゃにならない限り、あの声あの目あのループタイwだけでご飯3杯かっ込みながら見続けて行かれると思います。

さて、生徒に手を出す日は来るのか?その前に彼女と??


人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ