ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

鈴木亮平

「テセウスの船」~最終回 ☆☆

 もう元と同じかわからなくなってしまった「テセウスの船」は、事件でなく心さんのことだったんですね…orz

 最終回も案の定文句タラタラで観てましたw 酷いw
 差し入れの本に「家族皆殺し」の暗号って~佐野文吾(鈴木亮平)でも気づく雑な暗号をスルーして与える小藪刑事もダメですが、
「私が犯人です」
って自白したら世間から家族がどう見られるのか、分かってない文吾にがっかりだよ! 心さん(竹内涼真)何のために過去に来たんだよ! ←こう書いちゃうとまるで狙い通りタイムスリップしたみたいですけど、偶然ですから! なのにこの音臼村、やたらタイムスリップに寛容じゃないですか。なんと文吾を刺した真犯人まで「文吾と心先生は親子だろ」と異常設定を受け入れていて大爆笑w  もうこれ、音臼村周辺では普通に時間旅行頻発してて、河童並みに語り継がれてますよね。霧の日に見慣れない服装の人が歩いてたら親切にしてやれ、とか言われて子供たち育ってますよね。文吾が心さんの正体を、奥さん(榮倉奈々)には頑なに告げなかったのって奥さんはよそ者だったからでは(いや、文吾だって音臼村には赴任しただけで育ってはいないかもですが)

 さておき、ミキオがぜーんぶ分かりやすく喋ってくれた事件の真相。を、録音した機器は令和元年製品でしょ。再生してハイ犯人!ってだけ? 平成元年にはあり得ない小ささを誰も気にしないの?記憶媒体テープじゃなくきっとSDカードだよ?気にならない?

 もうホントSFとしてはダメダメでダメ過ぎて、悲しくなるほど。

失踪=真犯人か?と一瞬ミスリードされた校長先生は、単に息子が恋しくなって会いに行っただけ!だって文吾と心を見ているとまるで親子のようで。ってさー。文吾には実子も3人もいるというのに? 肉体年齢10歳違わない2人にそこは「兄弟のよう」でないと可笑しいでしょうに。

あと、佐野家が今更思い出した心さん来訪理由「父親を探す」!「見つかったの?」と聞いて、うなづかれたら次は「誰?」じゃないの?こんな小さな村でw  もうツッコミどころがありすぎるー。

 でもドラマとしてはきっちり毎回泣かせどころがあって
「俺は家族が大事だー」
「お父さんを信じる!」
等と異論の出る隙もないことを、感動的な主題歌に乗せてお送りするので何かいいもの見たような気がしてしまうという罠。 最終回では、佐野家タイムカプセルから文吾の「家族への手紙」を掘り起こし、その家族愛溢れる内容に、一時とはいえ文吾を疑ったことを後悔する家族…。「お父さんゴメンなさい~」って子役の演技に泣けましたよねえ。
…なんで妻でなく他人の心さんが読み上げてるんだって気づくと涙引っ込みますけど!

 真犯人が、心さんと同じように「人殺しの子」と後ろ指さされて育ち、捜査した文吾は幸せに暮らしやがって、と逆恨みした設定は、皮肉で成る程でした。ただ終盤5分にセリフだけで全部言われて。妹いたことも唐突で。ベテランが演じても難しいだろう場面を、ドラマ初出演の芸人さんに任せるとは無謀な。原作と犯人変えたそうなので、配役した時にはまだ犯人決まってなかった疑いがw

 さてラストは30年後、無事犯人にならずに初老を迎えた文吾を囲む一家団欒。子供達はそれぞれに伴侶を迎え…(成長したイガグリ兄が澤部で、話題をさらっていましたけどねw 芸人キャスティングしすぎ~)思い出の中の心さんそっくりに成長した「息子の心」は、上野樹里な嫁を迎えて。その名前が、結婚指輪に刻まれた人と同じなことを文吾だけが知っているのです。
えーっと、その妻が父親を信じろと言ってくれたことは文吾も聞いていましたっけ。でも、出産で死んだことや、赤ちゃんの名前は? それこそ平成元年の心さんが今際の際に言い残したのなら、時間旅行の渦に飲み込まれて可哀想ですし、これから奥さんが亡くなるだろうとただ1人予見してしまう文吾の心情たるや、ですが。だったら逆に胎児に遺児の名を提案しちゃダメダメ~! 

 てか、その「息子の心」がいかに異常に過去の心さんに似ているのか、ひっそりと確認するためにも当時の写真が一枚は残っているべきでない? せっかく過去に持ち運んだ新聞記事スクラップも早々に捨てたまま、犯人たちが拾ってどうしたのかも語られず(配信見ろとかやめてね)全く気が利かないというか。
 せっかく放映日にリアルタイムで観たのに、自分の中で消化するのに随分かかりましたw このダメさが原作由来なのか、どうなのか。うっかり読みたくなってしまっている今日この頃です…。くううう。

「テセウスの船」7、8 ☆☆

 ほんと捜査に向いていないわ、この親子。

 気持ちがまっすぐで、嘘がつけない。
そう書くと長所なんですけども。小学生相手でも、怪しいと思ったら渋面で問い詰めて胸ぐら掴む勢いw 挙句に泣かれて、周囲から責められる間に、容疑者みきおはフリーに。事件を起こさない、という大目的を考えたら一番やっちゃいけないことなのにさ。ちょっと気が利けばまずは笑顔で近づいて、褒めて喋らせて何かつかもうとするものでしょうに。
それと、父親逮捕を避けるためにも肝心なのは、保身です。常に第三者に見られる場所にいて、後から犯人扱いされないように振る舞わなくちゃなんですよ。なのに、どうして裏に裏に行くのー。それでいて、何とか汁の子供達の分は別鍋という情報すらご存知ないorz  中止中止と無策で騒ぐより、がっつり準備に関わって人の配置やタイムスケジュールを把握しておく方が大事だったんですよ! しっかりして!

 心がいったん消えていたことを
「未来に戻っちゃったかと思ったーw」
と実に素直に受け入れて、また未来から来てくれたと喜ぶ父。心が綺麗すぎてw  えーっとその間にユースケサンタマリア刑事がどうなったのか、未来で聞いた翼彼女の証言だと犯人に殺されていて、それもみきおってこと無いだろうと思うのにそこ、触れられてませんよね?え、私気絶してました?
で、自分はあっさり受け入れたことを妻には頑なに告げずに「とにかく村を出ろ」一点張りの文吾orz   ユースケサンタマリア刑事には言ったし、しかも信じてくれたのに? 「殺人犯になる」の部分だけぼかして伝えればいいんじゃ無いのよ、そういう腹芸確かに向いてなさそうですけどね!

 村を出ようとした佐野母子が逆に捕まり監禁されて。ますます、みきおの単独犯行は無理ゲーになりました。いや最初から共犯者の存在は考えようよ、小学生相手なのに。  
そして何度やらかしたら学ぶのか、1人で犯人に会いに行き捕まる文吾orz  警戒心の薄いこと…。
その文吾の行き先を、メモの筆圧痕跡から探ろうと鉛筆横にして擦る心。うわーシャーペン主流の平成生まれと思えない。しかも、遺留品をすぐ素手で掴む男が。てっきり、父の影響で警察もの推理ものから遠ざけられて育って捜査のイロハもご存知ない奴と思っていたので、躊躇ない鉛筆さばきにびっくりしましたよw 名探偵コナンは見てたのか? 青酸カリ舐めて確かめないでよ!


 さて真犯人は。演出上、今いちばん怪しいのは仲本工事の息子(霜降り明星せいや)かな。今野とせいやで並んで話す場面などあって、そう言えば芸人率の高いドラマだなと思ったり。で、文吾を恨んでの犯行?何しちゃってたんでしょうね、文吾。そしてみきおは鈴ちゃん狙い?

 こうなったら最後まで見ますけどもー。

「テセウスの船」5、6☆☆

 ほら死んだorz
そして皆タイムスリップに理解がありすぎて驚愕w

 証言を申し出た松尾さん(芦名星)の死までは、ああ殺される~とハラハラ見ていましたが、その後続いた人死にには驚くよりも頭が痛かったです。心、迂闊すぎ。 殺人犯の息子として、自分が疑われる!と怯えてしまう心理はわかりますが、だったら常に目撃者を連れておいて。次善の策は素早い通報でしょ! どこでも監視カメラがあるご時世に、通報せず逃げるのが最悪手では。

 その合間、取材で由紀と距離を縮めながらも、「友達が」と過去の由紀へのプロポーズを語る切ない心。
祖母の形見の指輪を失くして探す彼女に、ほらあった!と別物を見せてのプロポーズは微妙で、聞いてる岸田由紀も『なんで今その話?』だったかもですが、心にとっては、妻由紀と岸田由紀が別人だと区切りをつけるための大事な時間だったのかと。

 それだけに終盤、大スクープ!事件直前の音臼村にタイムスリップしたんだよ!と唐突に打ち明けられた岸田由紀が、そこに登場する「妻」だけに反応して
「私…?」
と、そもそもの真偽を問わないのは謎すぎですorz  妄想扱いしないんだ。差し出される指輪の刻印 SHIN TO YUKI ぐらい注文できるし。飲み物の好みを熟知=監視や盗聴の可能性ぐらい、記者なら疑ってw
そうならずに、由紀に心との絆を信じさせるエピソードは、『珈琲より紅茶が好き』程度のことでなく、教えなければ知らないはずのもっと大事なことじゃないのかな、まさしく『その指輪は祖母の形見』みたいな!(岸田由紀が落とした指輪を拾って紛失を未然に防ぎ「形見でしょ」と知らないはずのことを言った上で「プロポーズをするつもりの日に、彼女が指輪を失くして」と自分のこととして語っていた、ならまだ「それ、別の世界の私?」と思えなくもないかなあ…)

 とりあえず由紀に喝を入れられ、また音臼村慰霊碑に向かう心。
車椅子のみきお(安藤政信)とばったりw出会い、犯行を高らかに謳う彼に殺されかけるわけですが…三たび忍び寄る白い霧。またまたまたタイムスリップかーい!

 真犯人が来ると見越して録音機器を準備し、警察も呼び寄せてある手際良さ。しかし「俺が犯人だ」の自供で呼んでは、後々絶対面倒なのにorz そして、格闘に備えて防刃チョッキか新聞紙の腹巻き(ヤクザ映画参照)ぐらいは仕込んでおきたかったですよ。
 そして過去では、事件の何日か前。
当時小学生のみきお君が、本当にそんな大それたことを目論んでいたの? 優しいさつき先生も当時から実は? ユースケサンタマリア刑事はもう死んでいる日付なんでしょうか?
予告に、未来の自分の声をきくみきお君が流れていましたが…『僕と同じ名前の人だー』としか思わないんじゃないのかな。それとも、既に心のタイムスリップを確信していたら…。って、いやいやいや、未来日付の新聞記事だって免許証だって、TV用の小道具だと言われる方がまだ
「未来から来ました」
より絶対マシな言い訳だって!

誰か1人ぐらい、絶対タイムスリップを信じないマン居てくださいよー。

「テセウスの船」3、4 ☆☆

 えー、現代に戻ったw

 音臼村から心が消えて、事件は止められず毒殺犯はやはり父文吾。でも母と兄は心中死と、心のタイムスリップは事態を悪くしちゃってましたよ。でも、過去が変わったなら妻生きてたりする?と自宅に駆け込めば、赤子はおろか2人暮らしの跡形もない殺風景。結婚してなかったことになっているのね。

 なのに心の左手には結婚指輪orz  そういう齟齬がこのドラマ気になるのよ!

 その後も、獄中の佐野文吾に会いに行けば覚えていて、自分を無実と信じる「心さん」がいつか会いにきてくれることを支えに生きてきた、と。その父子のやり取りには泣かされるんですよ。文吾の老けっぷりはさすがで、老けメイクの自然で良いし、鈴木亮平のことなので村で警官だった撮影から老けメイクまでに痩せたりもしてるかもw
 しかーし!
 だとしたら文吾が新生児に心と名付けたの? 獄中から頼んで?
「あなたの息子です」と告げた心を信じた文吾には意味あることでも、妻和子(榮倉奈々)や兄姉には無断で消えた短期同居人の名前。どう納得したものか。 

 更には、この世界の心=佐野心は、母を亡くして施設育ちで独身。30年前に文吾と知り合った、教員志望で既婚者の田村心とは全然別人に育っているはず。生後1度も面会に来てないなら、文吾には違いが分からないでしょうけどね。佐野心はどこに? 彼も同じように廃村の音臼村を訪ねたのだとしたら、何をきっかけに?

 妻由紀(上野樹里)に会いに行けば結婚どころか知り合いですらなく、姉の鈴(貫地谷しほり)に会いに行けば「もう帰って」と。親しいはずの関係が消えていて切ないのですが…。
由紀ったらこの世界では雑誌記者!音臼村事件を取材し、心のことも『佐野文吾死刑囚の息子の』という認識です。愛する夫のため、と文吾の事件をスクラップしていた由紀が、そもそも調査向きだったとはw なんか愉快ですw
そして姉鈴は整形済み!
記者に追われずに生きていくため、名前も顔も変えたのだとか。そこも泣き所なのに「そうかー1話の顔にアザがある鈴が貫地谷しほりっぽくなかったのは、そういうことかー」と要らないことを考えてしまいますw

 そしてなんと、鈴の夫は音臼村事件の生き残り!義母は、彼を引き取って育てた、小学校のさつき先生(麻生祐未)!

いやそれ、どっちも鈴をよく知っている上に、心の顔にも見覚えが(あちらは30年ぶりとはいえ)ある筈(^^;;;;;;)   そして事件の話になるたび、文吾を早く死刑に!と叫ぶ人たちと家族でいるなんて。贖罪のつもりか、なんとも辛い道を選んだ鈴なのですが。
久しぶりに会う、一緒に育ってもいない弟心が突然、30年も経った事件を調べたいとか言い出して、鈴の暮らしはますますハードですよorz

 現代で当時の証拠集めをして(心と由紀はまたそれで親しくなり)、またタイムスリップした過去で事件を防ぐんでしょうか?
元々はジュースに毒物が入れられた事件が、心の干渉で汁物に毒が入れられることに。でも多分、心が未来から持ち込んだ新聞記事は日付やジュースのこともそのままなんでしょうねえ、残っていれば。
 何しろ、見られてはならない!と謎の決意で早々にノートを捨て、証拠ゼロで「未来から来ました」と言い張る羽目になったのに、文吾もユースケサンタマリア刑事も、信じましたからね…。ノートの意義は、むしろ誰かが拾ったことで発揮されるのでしょうよ。そして最後は、文吾が捕まらず心は教師で、母も妻子も無事で幸せな未来になるのよね、きっと!
頼みますよ!

 タイトルからして「修正を繰り返したら、それは別のものでは」というパラドックスにまつわる「テセウスの船」 てことは、心はまだ何度も事件前の音臼村に戻っては修正を繰り返し、事件は全く違うものになっていくのかも(事件を防ぐより、文吾を殺して犯人扱いにならなくする方が簡単そうw)  そして心も全く別人に?でもそれって誰から見てかって話で。佐野心と親しくて、急に変わったねと思うような人は…、いないのかな。殺人者の息子として日陰に行きてきたものねorz  むしろ、田村心時代に由紀とどう結婚にこぎつけたのか。

音臼村から戻って以来、仕事もしてなさそう。大丈夫なのかw

「テセウスの船」1、2☆

 平成元年がこんな色褪せた過去扱いにorz

 そして雪深い山村なのに、子供野放しすぎ。大人も山狩りならもっと厚着しよう、とか。証拠品触るなよ、とか。言いたいことは山ほどある上に
「僕、未来から来たんです」
「そうかー、だと思った☆」

と、1番困るだろう部分がスルーもスルーされて頭が痛いのですが、そもそものタイムスリップにも伝承も意思も何も絡まずラッキーだけで始まってるので、もう何を言っても。そして、何よりの衝撃が、古色蒼然な平成元年描写だったのですが…TV分厚いしカタカタ打ってる画面のドット荒いし←しかもあれ多分、パソコンじゃなくワープロでネット繋がってなくて、まだスマホはおろか携帯電話も普及してなくて、と当時を思い出すと確かにあんな古さだったことに凹んでますorz

 田村心(しん 竹内涼真)の父親は、犯罪史に残る大量殺人鬼佐野文吾(鈴木亮平)
逮捕後に生まれた心は父親を知らず、マスコミに追われ笑顔も泣き顔も許されなかった一家は、父はいないものとして暮らしてきた。

愛する妻由紀(上野樹里)と共に第一子誕生を心待ちにする心は、妻が父親の事件を調べて主張する冤罪の可能性に耳を塞ぐが、妻の死を機に事件と向き合う決意をする。
佐野が21人を毒殺したという、音臼村は既に廃村。現場となった小学校の慰霊碑に花を手向けていると、突然の霧に包まれて…。

 雪の中、倒れている子供を助けて運び込んだ診療所で、自分が「平成元年」に居ると気づいた心。そして助けたのはなんと、幼き日の姉、鈴。診療所に駆け込んで来て礼を言う駐在が…父?
衝撃に声を荒げてしまい、名乗りもせずに立ち去る心だったが、姉鈴の頬に見慣れていた凍傷痕が、自分の早期救出で遺らなかったことから『過去を変えられる可能性』に思い至るのだった。

 心が、心の中でもずっと父親を「佐野」と呼んでいる距離感が悲しいですよね。
そしてねえ…刑事ドラマなど見ずに育ったんでしょうねえ。平成元年早々の音臼村で起きた数々の事件を未然に防ごうと頑張るも、ピンボケ。なんで倉庫に入ってパラコート瓶を素手で触るのさorz  そもそも、青酸カリもパラコートも同列に「毒物」認識ですが、厳重管理されている筈の青酸カリと、除草剤のパラコートとは手に入りやすさが違うんだから。被害者宅から持ち出して捨てたって、どこそこにほったらかしてあるのよ。守るなら、家にいるように仕向けるか、ずっと見張ってるかでしょうに~。

 第一の被害者、千夏ちゃんはあえなく殺されorz
まずは佐野の疑いは心に向きます。そりゃそうだ。それでも鈴を助けた恩人として佐野家に滞在することになり。雪崩から工場長を救い、熊に襲われた少女と文吾を救い、
「未来から来た」
ことも打ち明けて、これから起きるだろう老人(仲本工事)の焼死を共に防ごうとするのですが、知りすぎているせいで逆に、翌日起きる予定の事件は無対策に。なぜか火事は起きずに少女と鈴がいなくなったことで、文吾の信頼が揺らいでしまいます。隠し事は、そりゃしてるから。君が殺人鬼にされるって言えないでいるのよ(これも悪手で、とっとと記事を全部見せて白状しちゃえ、としか思えません。というか、過去と起きる事件が変わっても、記事が消えたり変わったりしないってことは。ここで何を変えても、心がいた未来の家族は、あのまんまというタイプのタイムスリップなんですかねー。その辺は区別していないんですかねー)

 心が小学校の代用教員になれたのも、なんだかなー。
地域住民がボランティアでする放課後先生ならともかく。身分証明書も卒業証書も用意できない人が担任?? あの当時は、来るべき生徒減少に備えて正式採用をめっちゃ控えていて、代用教員のなり手は(私含め)うなってましたから。いくら山梨で山奥でも、そこまで適当なことはorz しかも、先生なら少女連れ出しも容易だろうと、警察に疑われる原因にまでなるorz  「誰か」が描いた絵を手掛かりに、監禁場所を割り出しても容疑が益々深まるばかりですよ。

 それでも、家族に絶望していた心が事件前の両親と触れ合って考えを変えていく様子は素敵です。頼もしく信頼できて何より家族想いの父文吾。明るく美しく、やはり家族が一番大切な母和子(榮倉奈々) 愛し合い信頼し合う夫婦。可愛い兄妹。そこに混じって、5人で手を繋ぐ。子供の頃のできなかったことを今体験する幸せ。
この父が犯人のはずがないし、この母が父を信じられないはずがないでしょう!
 でもまだ母の「父親はいないと思って」が引っかかる心は、友達の話としてそれを、若い和子に問いかけます。すると返ってきたのは非難でなく、思いがけない肯定。子供達に良かれと思えば、内心夫に謝りながらそのぐらい言える、と。

マスコミに追われ笑顔を無くしていた和子の中にも、同じ気持ちが潜んでいるのかもと希望を抱かせてくれる答えでしたよね。

 しかしこのままでは、心が犯人にされてしまうでしょw
最初に怪しかった、小学生と遊ぶ翼(竜星涼)が毒を煽って自殺。次に怪しいのはユースケサンタマリア刑事ですよねー。

 心は令和の時代に、母を亡くした我が子未来(みく)の元に戻れるのか?その世界の文吾はどうなっているのか?辻褄は合うのか?  

今の調子だと謎解きは期待出来ないし、SFマインドもゼロでしょーもないんですけどねえ。しばらく様子見ます。


「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」1 ☆

ルパン成分がなさすぎ。

民放とコラボであの銭形警部の大活躍を描くシリーズwowow版。先行した民放版で既に鈴木亮平渾身の役作りをみていましたからね、それなりに期待して見始めたのですが。あれれ。普通の刑事物ですよね、主人公がダミ声で服装がアレなだけの。 
<「友よ静かに眠れ(前編)」銭形の先輩だった研究者倉科(浜田学)が遺体で発見される。彼の恋人(芦名星)につきまとっていたストーカーの犯行と思われるが、その男も変死。被疑者死亡で一件落着となるも、銭形のしつこい捜査で恋人の嘘や身元詐称が浮かび上がる。倉科の研究データを狙ってスパイが暗躍する国際犯罪だったのだー!>
てなわけで、一応国際スパイ登場しましたけれどもねえ。男二人に双方がストーカーだと嘘をついて騙すとか、色仕掛けな感じにしたかったんでしょうけれどねえ。峰不二子ならもっとホイホイと手玉にとれたんじゃないかと思ってしまうじゃないですか(薬で朦朧とさせ車に轢かせた犯行も雑、反対車線に目撃者がいたら即バレでしょうが)

2時間ドラマだった民放版と比べるのは酷かもしれませんが、美術品を狙って偽ルパンが出た云々を抜かしても、あちらはもっと銭形らしい踏ん張った動きやら、通行人を飛び越す走りなどアニメに通じる楽しい画面作りがされていましたよね。wowow版は暗い画面で終始普通に捜査するばかりなり、どこがインターポールですか。
締め上げてたスパイが殺され、何故か銭形が逮捕されて以下来週。でも続きが楽しみじゃありません。

いやいや、ルパンが出てこない時の人間銭形を描くんです、というなら銭形の住んでいる部屋でも見せてくださいよ。あの帽子とコートは一張羅なのか、自室の壁にルパンの写真でもぎっしり貼り付けてやしないのか、それともいつでも旅立てるようにスーツケースひとつでホテル住まいなのか。 ルパンと関わったきっかけとかも、聞きたいですよね国木田くん!


「銭形警部」金曜ロードショー ☆☆

銭形だ!銭形警部だ!
あのダミ声を見事にものにし、体格俳優鈴木亮平が今度は銭形のとっつぁんを見事に演じてくれました。惚れる。洗濯物たたんだり机拭いたりしながTVついてるお茶の間で、声が似てたらもう銭形ですよね。
じゃあ映画「ルパン三世」での小栗旬もアニメの声を真似て『ふぅじこちゃぁぁぁん』とやらかせば満足だった……かと言われると分かりませんが。事件そのものを作り出すルパンにはスタイリッシュやらルパンらしさを過剰に期待するものでしょうが、事件をうけて捜査に走る警部は受け身なものですし、だいたい今回ルパン偽物ですしね!

そんなわけで、まずは美術館から絵画が消えます。爆破予告や花火で警備の気をそらしての手口が怪盗ルパン三世と思われましたが、警備員が死んだという一点で
『犯人はルパンではありますぇん!』
と断じる大きな影。そうインターポール所属、銭形警部(鈴木亮平)の登場です!

絵を盗むなら枠から外して丸めて運ぶのが普通でしょ。美術品をよく狙うルパン三世担当の捜査員が枠ごと持って逃げると思ってちゃ困ったものですが、今回は犯人本当にそのまま担いでたんだから困ったもの。靴もあんなピッカピカじゃなく履きつぶしててほしいなあとかとか思いつつも。細かいことと『刑事のカン』に拘る銭形の捜査は、見事警備員の犯行を暴き、マスコミの寵児に。
それを見た小津(上川隆也)は、クイズ形式で銭形に爆破予告をよこすのだが……。

スタイリッシュ知能犯vs絶対に諦めない銭形。
ダメな部下国木田(三浦貴大)も、優秀な部下桜庭(前田敦子)も、それぞれに銭形に影響を受けて刑事として成長しているという展開にはベタながらすっきりしましたよ。ただ、これが連ドラの1話だったとして2話3話に超期待できるかとなると自信ありません(^^;;;) 全4話のwowow版はどうなるのか、お手並み拝見です。  
今回の決めは背負い投げ! 鈴木亮平って元から柔道の心得あったんでしょうか。それとも俳優になってからそういう役どころが多くて上手くなっていたりしてw あと爆弾魔の山寺宏一がおいしい役でしたね

「東京タラレバ娘」1 ☆

うーん、視聴ターゲット層じゃないのに観てすみません(^^::::::)
原作が人気コミックだというから、そのうち面白くなるだろうと待って待って、特に何も起きずに1話終わってしまいましたよ。

ヒロイン(吉高由里子)は昔フった男(鈴木亮平)とディナーでいい感じ、再度告白されるかと舞い上がるも『大事な話』は年下女子との恋愛相談で大ショック。友達二人(榮倉奈々、大島優子)を呼び出してアラサー娘3人 、

『あの時、あーだっタラ』
『もっと、こーしてレバ』
と、タラレバな妄想と愚痴を肴に居酒屋で盛り上がるも、金髪イケメン(坂口健太郎)に馬鹿にされ、たまには他所で飲もうと男性とマッチングしてくれる店にいけば、20代女子しかお呼びじゃないと干されてまたショック。
「いい年した大人は自分で立ち上がれ、もう女の子じゃないんだから」
とまで言われてしまう年齢だったという現実に、呆然とする彼女たちの明日はどっちだ?

……って、もう好きにすれば、としかw
花の命は短くて。でも女子扱いの次が、ババアでなく『大人』扱いなら上等ですよねえ。

仕事のキャリア積んだり、自由に旅行したり遊んだりしてあっという間に過ぎた4年を、東京オリンピック開催決定から今年までと具体的に描写してみたり、肴のタラ白子とレバーが話しかけてくるタラレバ妄想はちょっと面白かったですけど、そこ以外はもうさっぱり。ずっと3人つるんで楽しく過ごしてきた結果の独り身を突然嘆かれても、ねえ。
そしてヒロインは金髪イケメンモデルとどうせくっつくんでしょうよ。
それよりも逃した魚、昔はダサいとバカにしていたのに垢抜けて出世した鈴木亮平に本当に惚れ直して、年下彼女との破局を虎視眈々と狙って再攻略するドタバタコメディだったらもうちょっと興味持てるかも。いや嘘、それも見ないかw

初詣の最前列で後頭部に賽銭をぶっつけられたら。振り向いちゃいけません、顔に当たりますよ。 



映画「HK/変態仮面 アブノーマルクライシス」 ☆☆☆

変態だー変態だー(褒めてますw)
レディスデイ、半分以上女性の客席でしたが方向は把握済みだろう皆さん、笑う気満々。変身場面では嬌声まであがる始末でしたよ。その期待に応えた鈴木亮平の見事な肉体!更にはアクションと決めポーズ……いえむしろ決めホーズの合間に戦闘もこなすという舞踊のごとき完成度の殺陣(?)の数々。感嘆しながらバカ笑いしてきましたw 
フォー!

狂介(鈴木亮平)も大学生。愛子ちゃん(清水富美加)と同じ大学に進学し『変態はやめる』と約束した様ですが、犯罪に出会えばつい変身して人助け。
挙句バイトはクビになる、愛子ちゃんパンツは返却、そして……女生徒のパンツが消えた日、愛子ちゃんは完全に狂介を疑っています。ひ、ひどい(^^;;;) でもまあ『全員ノーパン』と聞いたリアクションがあれじゃあねーw
宿敵/大金玉男(ムロツヨシ)の復活、女教授の誘惑と、愛子ちゃんとの溝は深くなる一方。NYの愛子ちゃんを守れるのか?
前半は怪人バキューム(皆川猿時)、後半はCMでお馴染み『変わらない吸引力』の怪人ダイナソンw が大暴れで、空飛ぶ大量のパンティが圧巻です。それも未使用は吸い寄せないんですってよ!何それ! 仕方なくおばちゃんのデカパンで戦う場面もしょーもなくて好きすぎますw 

ツッコミどころもあって、大学→NY→飛騨→近所の研究所と舞台は後半むしろしょぼくなるとか、各家庭タンスのパンティまで吸い寄せているのにポケットに偶然残ってるとか、あららです。吸われないパンティは持ち主の正体の伏線? そしてNYはスパイダーマンパロディを本場でやりたかったんですね、世界の「スパイダーマン」も「モテキ」「ヤッターマン」も同じようにぶっこんでくる姿勢が潔いです。他にもわからなかったパロディたくさんありそう。 
真琴(柳楽優弥)は、悪の手先の変装かと思ったら巻き込まれただけでしたけど、ラスト普通に友達に戻っていてびっくりですよ。狂介もあいこちゃんも優しすぎ。


大金玉男は今作も盤石に変でw 
ヒロイン愛子ちゃんの堂々たる脱ぎっぷり(てか、履きっぷりw)には成長を感じましたよー
と、前作あっての今作だというのに、安田顕は違う役で再登場、もうめちゃくちゃでしょ。これって芸能界で変態といえば安田顕ってことですか(wiki見たら、本当にそんな逸話が満載でしたorz  舞台でイケメンなイメージだったのにー)
ヒットしたら3作目もあったりして、3Dであれこれ飛び出してくるのかも。縄や天狗やおいなりさんがw

あ、上地春奈も出演、ちょこっとなのに印象強烈でしたね


映画「俺物語」 ☆☆☆☆

剛田くんが切なくて、笑いながらも涙が滲んで止まらない謎現象(^^;;;)
いい映画でした! 好きだあああああ!

誰よりも強く優しいけれど誰よりもゴッツイ漢、剛田猛男を鈴木亮平が増量剛眉で熱演好演です。また代表作が増えちゃいましたね。
不審者扱いが日常で、人助けをしてすらお礼は幼馴染のイケメン砂川くんに行くのもいつものこと(^^;;;;) そして好きになる娘はいつだって、剛田よりイケメン砂川くんの方が好き。 なので、やっぱり人助けから知り合った大和さん(永野芽衣)に惚れられたのがわからずに、親友スナとの仲をとりもとうとばかりしてしまう。最初っから両思いなのに
「俺なんて…」
「猛男くんはわたしのことなんて……」
とすれ違ってばかりで、もうおばちゃんは胸がキュンキュンしちゃったわー。
原作は猛男のビジュアルから少年漫画だと思い込んでいたのですが、美容院で手に取ったらバリバリの少女漫画でしたよ。確かに過去の女どもに見る、砂川くんの気を惹こうとしつつも親友剛田の悪口を平気でいう様な女の黒さを描けるのも、漢らしすぎて人外な猛男を可愛く描けるのも、女性ならではでしょうねえ。
大和ちゃんのためなら火の中水の中、手作りお菓子もお弁当もばっくばく完食!だって大和ちゃん、美味しく食べてもらえるように必死でで研究してたんですよ(しなくたって全部食べたと思うけどね) ああもう二人とも可愛い。そして、二人の両思いすれ違いに気づきながらも、自分から気づくように見守っているスナくんもいい奴です。最近人気だという坂口健太郎、棒読み風味でしたが……うん、セリフ少なかったし大丈夫(><)
ラストはもちろん、ハッピーエンドです!

あんなでかくてごつくてオヤジな高1の息子はちょっとイヤんですが、娘が連れてくる彼氏には是非猛男くんみたいであってほしいですwそうそう、剛田家両親が寺脇康文&鈴木砂羽。「相棒」初期の亀山&美和子カップルなんですよ! あの息子が生まれて納得できちゃうw

しかし、最後の最後に入る猛男の秘密特訓は……確かに漫画でも笑ったところでしたけど! 実写では生々しすぎるので無くてもよかったかな。


「結婚式の前日に」1 ☆☆

結婚が決まってヒロイン(香里奈)幸せいっぱい、なのに

1、死んだと思ってた母(原田美枝子)が生きてて、会いに来た
2、脳腫瘍で余命宣告

本来2の方が大問題のはずで、早くセカンドオピニオンを!婚約者(鈴木亮平)だけでなく父親(遠藤憲一)にも言った方が……と気を揉ませますが、騒動としては1の方がはるかに破壊力大。なにしろ28年ぶりに現れても事情通なのは、<釣り仲間リカちゃん>を詐称してSNSでずーっとヒロインの相談に乗ってたから!
彼とのデートも初キッスも、それとは知らずに実母に報告してたって……きっついわ……。瞼の母と心の友リカちゃんを同時に失ったんだよねorz

実は『病気もの』らしき予告で敬遠気味だったのですが……案外面白かったです。
鈴木亮平からの不器用なプロポーズ、いいわあ(><) ああ幸せになってほしい、と思える素敵なカップルです。なのに病魔が二人を引き裂く……のか、実母騒動で揉めるのか。香里奈のキャラクターと母のあまりの不思議さで悲壮感が薄いです。
特に冒頭が衝撃。
「私、死ぬんだ!」と病気で自棄になるヒロインでなく、なだめてたおばさん(実母)の方が何故か橋からどぼーんと入水w(しかも着物でw) な、なんでー?
一週間巻き戻ってあれこれ大騒動の末そこに戻ってきても、やっぱり母の行動がわけわからないw まあ3才の娘を置いて出奔できるような、その後28年間死んだことになってたのに平気で笑顔で現れるような人のこと、わからなくて当然ですか? しかし、母が自分で語った過去『浮気の末、夫と子を捨てた』はどうやら本当じゃないような。父と口裏合わせなきゃいけないことがあるそうです。……もしや、罹病で迷惑をかけたくないと失踪したのに案外死ななかったとかw? いや、その時点で戻ってこれるしw

破談にしようとする娘を、必死に止める母です。
「病気だと結婚しちゃいけないの?」 うーん……これは自分より相手が決めることかも。
しかも、娘の破談発言を止めるために来た、母の「実母でーす、生きてました☆」騒ぎの方がむしろ、縁談お断りの理由になってますよ(><) 人生を諦めるな、生存率3割って意外と高いよ、という無謀とも思える前向きさで、娘を励ましてあと100日だそうで。え、なにまで100日?ヒロイン死亡までだったらイヤンですよ。
100日後に幸せに結婚してくれたらいいなあ、病気もうまく落ち着いて。それとも実は母の方が余命100日とか?


映画「TOKYO TRIBE」 ☆☆☆

いつの間に東京ってあんな街に……w


全編ラップで綴られ、北斗の拳とみまごう世界観で新宿渋谷練馬歌舞伎町etc各地域を束ねる不良どもがバトルを繰り広げるトンデモ映画。誘われて気軽についていったら珍しい映画を観てしまいましたw

でも鈴木亮平の身体は見応えありましたしねー。トンデモくだらない理由で対立をおっぱじめた敵役メラを好演。頑張っておっぱい揉んでたしラップも頑張ってましたよ。

園子温監督らしく染谷将太も出演、こちらはどの地域にも属さずにラップで解説をし続ける役どころで、やっぱりラップ頑張ってましたよね。

一方、最近は唄、それもラップが本職と聞いていた窪塚洋平のラップが1番ハラハラで……。
 

各TRIBE代表は本職ラッパーなんでしょう?そちらに声が移ると正直ホッとして聞けましたw ちなみに三つ編みさんと早口さんが好き。


キチガイ支配者層を演じて盛り上げてた竹内力、叶姉妹の妹は存在そのものにパワーがあるからなあ。ちょっとだけ出た中川翔子と共に、死に方までもがナイス!
 

ところでお偉いさんの娘だったソンミ(清野菜名)は東京に何しにきたの?

最初から保護を求めて来た様でもメラ達を倒すために来た様でもなく、結局たくさんの人を巻き込んで死なせて迷惑な奴でしょうw でもアクションはナイスで、心掛けたという『美しいパンチラ』は見事でした。「進撃の巨人」に出演とプロフィールにあったのでそちらでもアクション楽しみにしています。クルクル回って斬ってくれる役だといいな。

組んでアクションしてた男の子も良かったよね←こちらはダンスが上手そう
(追記:あの子も女の子だそう、しかもソンミ役と同じ道場ですってw) 


そんなわけで楽しかったのですが、TVで放映してたら消すタイプの家族団らんには向かない映画w

トロント映画祭だかに出しているそうで、外国の人が東京をどう思うのか心配ですw

映画「HK 変態仮面」☆☆☆☆

なんていい身体……!!


顔にはパンティ、裸体にまとうは白ブリーフのHKが主人公(鈴木亮平)w

普段は気弱なヘボ拳法部員が、パンティをかぶった時だけエクスタスぃ~の力で変身するのです(SM女王さまと敏腕刑事のDNAだねw)網タイツで腰捻ってるしw どっからどう見てもまごうことなき『変態』なのに、正義の味方なのですよ。たとえそのパンティが更衣室から盗んだ物でも…ってダメじゃん(><)

必殺技は、股間をぐりぐりすりつけるアタック技。相手の精神的ダメージは分かる気がするけど、自分も痛くないのかなw

謎の敵組織から怪人達が続々押し掛けてきたり、ニセ変態仮面が現れたりと、およそありそうな定番は全ておきる!すがすがしい程のバカドラマで、いやもう大爆笑w

助けられたJKが、困るけど惚れちゃうけどでも困るーっと悩むのがよーく分かります あんなの好きだとか認めたくないよねw そして本人も、あれは自分だなんて言えないよねー。


主人公母(片瀬那奈)もノリノリで最高w

その他ムロツヨシに佐藤次郎と芸達者が揃ってて楽しめます。

DVDだったのでメイキングも鑑賞。当然ながら本番以外はパンツ一丁のわけがなくベンチコートを着込んでいる鈴木亮平、それを見てしまうと変態仮面がより変態に感じられますw
ポージングへのこだわりも熱く感じられてナイスw 


「彼岸島」2、3 ☆☆☆

冷の目的が分かったところから、俄然面白くなりました。

だよねー。

どんどん吸血鬼化するんだったら、すぐに人間が=血が足りなくなるよねー。で、集めて来る係な訳ね。


また騙されるおばかさんたちが素直過ぎて泣けます。


死体をどこへ隠そう

うちの村=島へどうぞ

はい、行きます


いやいやいや、これは抜けた金髪君が正しいでしょう~。

死体を船に積み込んだ時点でもう、いいじゃん。その前の、吸血鬼の死体を隠さなきゃって時点でほったらかして逃げるなり、口裏合わせて冷になすりつけるなり、出来たじゃん。

主人公の兄問題だって、捜索願が出てるなら冷は重要参考人じゃないですか。警察に連れて行けー。

なのにぞろぞろ船に乗っちゃうんだ(><)


そして再会した兄も、まあおばかさんでしたよ。

婚約者に秘密があったのがイヤだった、と。 離婚歴や隠し子ってわけじゃないのよ、村の伝承ですよ。……相手が誰でも、将来モラルハラスメントな夫になって、携帯履歴から外出時間までいちいちチェックする夫になっていたのでは。

結局、村でのお客様扱いを我慢できずに、封印された土地を単身覗きにいっての吸血鬼解放ですよーorz

モラハラ被害者予定だった婚約者はもう死んでいるんでしょうか。怖い怖い。
 

吸血鬼vs兄も、『血液製造機』な人間の飼育法も、いろいろグロくて参りましたが来週もまたグロそうです。見事に深夜向けだというのに、あまり夜に観たくないですw


「彼岸島」1 ☆

オープニング映像以外の掴みがゼロでした。


原作が有名だよね、とか。

あの三池崇史監督だ、とか。

そんな期待でワクワクと見始めたのに暗い画面に眠たくなる始末。深夜なのにエロエロでもグロでもなく、ホラーでもなく、笑えもせずって、何(><)単にTVついてただけだったら絶対最後まで観てないから!むしろ時計を見るw 次回観ようかどうしようか迷うレベル。HK鈴木亮平が出ているというのに。


で、物語は吸血鬼退治な筈です。

失踪した兄(鈴木亮平)を助けに島に渡り、兄が解き放ったという吸血鬼達と対決する……んですよね?

でも、主人公(白石隼也)がもう噛まれちゃって=吸血鬼になっちゃって?? 冷(佐藤めぐみ)は何をしにきたのやら。
 


とりあえずオープニングの丸太の場面まで、観る事ができるかなあ

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ