ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

鈴之助

「警視庁いきもの係」5 ☆☆☆

鉄アレイを高いところに片付けるバカは逮捕で。

4話はヤギ。
「ヤギは紙を食べる」
とみなが思い込んでることと事件がリンク。不幸な少年が救い出され冤罪も晴れて良かったです!

5話はリスザル。
またしても、専用の部屋でエアコンつけて細やかにお世話されているペット様w(流石にヤギは外飼いでしたけどw)
金も力もある親戚が、一族の恥ダメ男に世話した仕事が愛猿のお世話がかりで専用の部屋に専用のおもちゃ……もうリスザル様のおうちに世話係が間借りしてるのねw しかーしこのダメ世話係(鈴之助)、リスザル様さえ大事にしてれば安泰なのに世話から体良く逃げ出したい一心で
「そうだ!猿が人を殺したことにすればいいじゃん!」
ついでに二股も片付けちゃおうという(^^;;;;) まともに働けないクズがこういうことにだけ頭が働くって嫌だわ~。でも薄を第一発見者に利用しようと呼び込んだことで、墓穴を掘りましたね!
証拠になったイヤリングを、猿が餌のキウイに埋めてたといういう習性も興味深かったです(遺体食べたりされないで良かったこと…… ^^;;;;)


と、毎回事件もバラエティに富んで面白いのですが

「須藤さんは記憶喪失なんですよ?」

という4話終わりの薄のぶっちゃけもいいアクセントでしたねー。
元々親しかったみんながわからなかったことを、現相棒だけが気づいていた。薄のいつもの観察眼の前には、刑事須藤もただの動物というわけでw 「あの須藤さんが」等の先入観とっぱらったら、確かに異動以来ずっと変なこと言ってますからねえ。でも誰も辞めろとか言わずにスルーw

ただし「俺のことも忘れちゃってるんだ……」と密かに愚痴る若造。ほうほう秘密の深い仲だったのかね(違)


「ブランケット・キャッツ」1、2 ☆☆

イケメンと猫。そして家族の物語。パッと見いい話で主人公に不満はないのですが、ゲスト家庭の信条が斜め上でもやもや。これは原作の重松清さんとの相性問題なのでしょうか。

妻が遺した猫7匹の、もらわれ先を探す家具屋の椎名(西島英俊)
でも引き取りたいという家庭は毎度なにか問題があって主人公も巻き込まれ、そちらは解決しても猫は出戻りに……。


1話は、祖母痴呆症の家。
祖母がとてもとても可愛がっていた亡き愛猫とそっくりの一匹を、祖母の一時帰宅に合わせて連れて帰りたい、という若い女性(蓮佛美沙子) 更には婚約者の身代わりに椎名まで借り出されることになりますが……和やかだった食事会も、お祖母ちゃんの豹変で悲惨なことに。
う、うん。
いくら発端が善意でも嘘は嘘ですよね。違う猫を受け入れただけでもラッキーで、そこで止めておけばよかったのに、じゃあもう一つと嘘を重ねるからorz どうせなら素直に「今ケンカしちゃってて」とでも言っておけば……え、そっちじゃなくて? 遠距離に赴任した彼(鈴之助)に向けて素直になって
「今すぐ来て!」
と叫びますか(^^;;;;) そして久しぶりの電話の開口一番がそれでも
「それを待ってた」
と平然と彼も応えますか、しかも出先の仕事中で(^^;;;) ろ、ろまんちっくなのかなこれ。ドン引きなんですけど。まあ結果オーライなようでお幸せにどうぞ。

2話は、父リストラの家。
本当は猫を飼うどころか、一戸建てを売って引っ越す算段なのに
『子供達が欲しがってた』
と謎の頑張りを見せる父親(マギー) 当時なら喜んだでしょうねえ、でも姉はもう反抗期の中学生ですから……見向きもしないどころか、お世話諸注意に逆ギレです。猫の引っ越しには気を使うのに、娘の私がこの家に居たい気持ちはどうでもいいのか、と。
え、中学生にもなって、しかも家族の経済悪化中にそんなわがまま言いますか。しかも買い手さんの内見時に
「この家を飼う人は不幸になれ」
と壁に書いてしまう暴挙。この文言はないわ。売れなかったらもっとお金に困るの、もうわかる年齢でしょうに。
その後母が叱りつけ、父がフォローして仲直りといい話風に進みますが、きっかけは猫の安心毛布を捨ててきたから。弱い生き物を虐めるな、それは正論ですが、そこじゃないでしょ感。他にも怒らなきゃダメなことありますよね。猫を介さないと子供を叱れないって一体。

と、よその揉め事に巻き込まれては、亡き妻(酒井美紀)との生活を振り返って悔やむ主人公。今でこそ立派に世話をしていますが、当時は7匹もいる猫それぞれの名前も知らず、仕事ばかりの自分へのあてつけに飼っていると思い込んでいたんだとか。回想でいつも笑顔の奥さんだったのに、嫌われてる、離婚したいんだろうと自棄だったとは、なんて不幸な誤解。
その亡き妻が大事にしていたバラの鉢を世話する椎名に、ちょっかいを出してはトゲで痛い目にあう幼馴染の獣医女史(吉瀬美智子)……女史ったら口では否定しつつ、椎名が好きなようですが、こんな典型的な死に別れ妻がいては勝ち目がなさそうですよ。

でも毎回猫は出戻ってくるし、このまま一匹も嫁には行かず、逆に女史が転がり込んでもう一人増えましたという落ちにでもなるのでしょうか。

「みんな!エスパーだよ!」8 ☆☆

ラブ・コントロール☆


ホルモン分泌を操る能力で、おデブのブスでもスレンダー美人に見えてしまうマジック?? 要は好みに見えてしまうってことだろうから、『あばたもえくぼ』『恋は盲目』の強力版でしょう。

ターゲットはテルさん。

傍目にも生気を失って行くテルさんを救え!と立ちあがる男どもでしたが、みゆきだけは

「恋かもしれんがー」

と、反抗的。

うんうん、外見だけでなく中身で好きになってて欲しいんだよね。スレンダー好きエロオヤジだって、ぽっちゃりを好きになるかもと思いたいって、ロマンチストJKだわー。


前回の大騒ぎが無かったことのように、物語も元の様に仲間を救えーになってます。足りないのは嘉郎の魂の叫びかなw
サイコメトラも透視もテレポートも大活躍!
( テレポートの人、妙に顔が赤くありませんでした?日焼けした??撮影中なのにw??)


ちょこちょこ声をかけてくるサエさんと、そのどす黒い心の声のギャップには辟易しつつ聞こえない振りの嘉郎くんだったのですが、終盤ついに心の声にも返事しちゃってましたよ。

「くそメガネなのに気安く声かけてごめんね」
「ここは田舎だけど、それなりにいいところもあるんだよ。思い詰めんで楽しく過ごした方がいいと思うよ」 

この余裕、大人になったって感じですか?


しかし源さんを操ってた彼女、結局セックスどころかキスもしてないんだよねー。それであの支配力、もの凄い力ですが、なんかもったいないw 自分も楽しんだっていいじゃないですか。

結局はコントロールを解いて街を去って行きましたが。

源さんのために人参抜きカレーを作るほどには好きだったのになあ。自分への盲目の愛を残したまま、廃人にせず、普通の暮らしや普通の性欲を保っていくのは無理なのかしらん(まあ、そこまで自由に出来るなら若くて金持ちのイケメン相手に発揮する方がいいかもですがw)

……あ、そうか。
処女と童貞だったから超能力なのだ。関係を持ったら能力が消えるのかも。
「能力者同士は惹かれあう」
って、力をなくす方向に働いているということ? 

「みんな!エスパーだよ!」5 ☆☆☆☆

「勃起は生きてる証なんだ!」

う、うん。堂々と言いきられるとそんな気もしてきた。強くなったね嘉郎くん(^^;;;;)


今回追加のメンバーは、サイコメトラー!(「ガチバン」よっちゃん先輩だ~)


物に触ると持ち主の記憶が甦るサイコメトラー。覗きを楽しむ人なら便利だろうに、残念にもストイックな彼は、彼女が他の男とどーしたこーしたを受信して荒れてしまうのです、難儀な(><)

元はといえば、母のふしだらがトラウマで←誤解でしたけどね。


母と息子の誤解を無理矢理解いてのナイスキャッチボール!な、なんだろう、目から水が…。

しっかし、お母さんがグローブに残した思い出がちゃんと息子とのキャッチボールだったから良かったけど。実はヤバいことだったり、何度も触ってた嘉郎の記憶になっちゃってたりしたらどうしようかとハラハラしちゃいましたよ。あんどハイヒールでキャッチボールもアブナいよお母さん。 


そして衝撃の新事実で以下次週。えー。「東京から転校してきた浅見さん」の父親って、あの変態教授なのか!!(手!その手を!娘が来たんだからヤメなさい!!)


(って、夜眠すぎてつい録画したら早朝に息子が見た形跡がー。見てないドラマの5回目とかに興味もつとは不覚!)

「ガチバンMAX2」☆☆☆

夏になっても長袖学ランw 


新宿歌舞伎町に移った勇人とよっちゃん先輩&のんのん。

今度は安アパートに居を定めて、夢は2人(3人?)でペットショップを開くことに変わっても、結局収入はのんのん一人の売春なのね…。男どもはティッシュ配りもせず、ただ座って待つだけ。

夜は夜で真横でsex始められちゃ、居候も大変です。朝まで帰らずにうろついてみたり、チンピラに絡んで憂さ晴らしと、無為の日々にイライラをつのらせている様子。


さすがに稼ごうと思う勇人ではありますが……結局すすめられるのは女を食い物にする仕事で

「反吐が出る」

と拒んでは、実際それで稼いでるよっちゃん先輩や元締め社長の顔を潰す、生真面目ヤンキー勇人君ですよ。

「俺は間違ってない」

にはおばちゃんも同意ですが、だったら土方でもして自分の身体で稼いだらどうなのかと。

しかもその社長が中学時代の担任教師w

当時既にヤンキーだった勇人に人の道を説いた先生だったのに、自分が思いっきり踏み外してるなんて(男子学生の体操服を盗んで、懲戒免職…orz 勇人のも盗まれちゃってたのではw)

MAXでは雑踏で表されていた渋谷。今回は、ちょっと場所を移るにも路地を抜けたり物を乗り越えたりと主に裏通りで、新宿の街のせせこましい様子が活写されています。 そして勇人視点ののんのんが、めっちゃ奇麗。ロマンスですよー。


昼に2人きり、のんのんをまぶしげに見つめる勇人。……好きなんだろうなあ。

そしてのんのんも、勇人が好き、だからsexしよ☆と誘われて揺れる揺れるw よっちゃんは「大事な人」、でも勇人は好き、って何だそりゃー! あと5分あればしちゃってたんだろうけど……先輩が帰宅したら即イチャイチャ、いま勇人を誘ってた後ろめたさも、雄叫びあげて出てった勇人のことを気にもしていないってのんのん……。

ずっと、本当に何も考えずにいたんでしょうね。

それが売春を辛く思い始めたのは、勇人が「女は守るべき」と大事にしてくれるからで。

「私が売春やめたら、ヤンキーやめて別の街に連れて行ってくれる?」

こーれーは 殺し文句ですよ(><)


歌舞伎町高校と勇人が揉めたキッカケだってのんのんの為なわけで、どっかで思い切ればそんな選択もあったのかも。でも、のんのんを泣かせた男の始末をよっちゃん先輩に譲った時点で、やっぱり勇人はヤンキー道を選んじゃったのかな。

今度のラスボス戦も、お互い楽しそうにタイマン張ってましたよね。

つるむより、強い相手と戦いたい。そこがヤンキーの生きる道??


闘い済んで、消えたのんのんの姿を雑踏に探す勇人と先輩。

さてこれからはどう稼ぐのか……。あ、「アルティメット」でムショ暮らしか!

「ガチバンMAX」☆☆☆

「うららが立ったー」w ギャグですか!


他人様の車いすまで投げつけて暴れるキチガイがいるよと思ったら、主人公黒永勇人です(窪田正孝、細い! 顔が幼い ><)

仲間が就職だの将来を考えだしたのが気に入らない勇人。そんなのヤンキーじゃないそうです。 牧場で喧嘩して馬の横でそいつらをぼこぼこに……って、繊細な馬が可哀想だからやめてあげてw

で、てっぺん取りに渋谷に行った先輩を思い出して自分も渋谷に行くことに。気合いを入れて金髪にするぜー!!


先に「ガチバンアルティメット」を観てしまいましたが、本来このMAXがガチバンシリーズでの黒永勇人登場第一作だそうです。

「アルティメット」で書き忘れましたが、勇人を演じる窪田君はドスの利いた声を出しますよー。「こら」じゃなく「ごらぁ」w 目が合ったらまず殴り倒す狂犬くんです。日常なら絶対近寄りたくないけど、変にヤンキーに一途で、作中人物としては応援してしまいます。


慣れない渋谷で何人も殴り倒しつつ「よっちゃん先輩」を探すのですが。やっと出会った先輩はまるで別人。チャラいチーマーに成り果てていて、ホストクラブの勢力争いに必死。慕ってくる勇人を使って、ティッシュ配りや美人局まで手伝わされる始末です。

なのになんでよっちゃん先輩を見限らずに一緒にいるんでしょう。(そういえばアルティメットで冒頭に裏切ってたのもこの先輩だと思うんですけどw)

「俺の家、来い」ってそこ、ネットカフェの個室。

売春させてる彼女を、いずれ立派なキャバ嬢にしてウィークリーマンションに住むのが先輩の夢orz

ついでにその彼女も夢は看護婦だけど、なるにはバイト募集に応募したらいいと思ってるという、もう本格バカップルorz

気はいい奴らって描写はちゃんとあるんですけどねー。。


幻滅しても裏切られても、先輩がピンチと聞けばやっぱり助けに行っちゃう勇人。それが男ってものなのでしょうか。よっちゃん先輩(鈴之助)の出てる前シリーズ作をみるべきかしら…多分そこでもセコイ奴なんだと思われますが…。

「ヤンキーとして死す別死」

そんな世露死苦系な刺繍の学ランを大事に思う気持ちがある限り、よっちゃん先輩は不滅なんでしょうか。


そんなわけで窪田ファンなら(&血飛沫大丈夫なら)、1時間半と短い中で起承転結きっちりまとめてあって見やすく盛り上がれる作品でした。ヤンキー映画とあなどるなかれ。小道具のステッカーの扱い1つにも、無口な勇人の気持ちの動きをきちんと見せてくれてます。


暴力はあってもエロは無し。

先輩の彼女にセックス誘われても「もっと大切にしろよ!」とつっぱねる硬派です。その辺、女性ファン向けに作ってあるのでしょうか…。

女の子慣れしてなくて潔癖で、どう考えても童貞w いいつけられた美人局も「俺の女に何を…」ってな定番の脅し文句に不慣れでw 実際に客を脅す前に、ぼそぼそ練習をしていて可愛いんですよw

可愛いといえば、携帯の着信履歴には「お母さん」がぎっしり……。だって高校も卒業しないまま、学生服の身1つで家出ですから、絶対心配されてますよね。先輩の連絡先を探す時に映った家が、古めでもきちんと片付いていて、2段ベッドだったから兄弟もいて。公園で食事しても散らかさないところなど、ちゃんと育てられてる感じなんです(タバコはポイ捨てですけど)

なんでヤンキーになっちゃったんだろう?

舞う様に生き生きと暴力ふるう黒長勇人、よっちゃん先輩と彼女と三人で次は歌舞伎町制覇に向かうそうです。

いやいや、絶対その先輩とは縁を切った方がいいと思うw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ