ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

野際陽子

「途中下車」☆☆☆☆

ある日、突然のパニック障害発症。


本来は休職なり、勤務時間を減らして対応してもらうなり、職場の理解を求める道もあったはずなのに。見栄っ張りの主人公(北村一輝)は、転職でもするかのように辞表を出してきてしまいます。家族にも相談しないまま……
元々日本中を旅して回るお仕事、海外企画も目前なのに通勤の地下鉄にも乗れず、出世列車からも途中下車。 


人一倍有能だっただけに、ショックだったんだろうなあ。

隠さなきゃと思うが故に、余計に辛かったんだろうなあ。


でも、見栄で内緒にされた家族も辛いし、妻(原田知世)も似たもの同士で黙ってパートを増やして倒れる始末。

家族なんだから、もっと一緒に悩もうよ…


そんな時救いだったのが一人息子の樹くん(松田知己)

あんなキリキリして有能な父親の子とは思えないのんびりふんわりした子でw


無理に電車に乗った父に、 飴あげて「何味でしょう?」とクイズw いい感じに気がそれて発作が弱まったりして。海で遊んだり、実は学校を勝手に早退してきたんだとわかるところも良かったわ~
そして父子で登山旅行 (^^) 


いままでは、可愛がりつつも仕事仕事ですれ違っていた父親とゆっくり過ごす日々。強くてなんでもできるパパから、実はちょっと弱いんだと打ち明けられるパパになって、絆は強まったのかも。

でも

「病気になって、かえって良かった」

と、主人公が言っちゃうのはまたぞろ強がりだよねw

「ならなかった方が良かったよ」と奥さん

「そうだけど、それでわかったこともあるし」な主人公

そんな二人が手を取り合ってのエンド


パニック障害についての啓蒙あり、安易に励ましたり解決したりしないところも含め良いドラマでした。
カウンセラーの野際陽子も良かったな (^^) 

「7人の女弁護士」 ×

 うわ。警察いないよ、この世界!
ご近所の聞き込みも弁護士がして、鑑識は深い仲だった男の指紋すら見つけてないなんてー。

 事件もねー。わざわざ賑やかに女性弁護士を集めた割に、女性ならではの動機や視点があるわけじゃないし(痣から、生き別れの弟発見!・・・て、男も見つけちゃったしね)

 となると、女優が豪華な分余計に嘘臭いじゃないですかー。ニセモノ感倍増!
弁護士@釈由美子と同棲してる解剖医@永井大!!嘘臭い(^^;;;)
 いっそ開き直って、ホステスになって潜入捜査でもしてくれればいいのに。

 そんなわけでリタイアでっす。

「夢で逢いましょう」1 ×

 ぬるい。ゆるい。たるい。

 笑うに笑えない、かといって文句をつける要素もないまったりとした時間が流れていきます。中高年がターゲットなんでしょうか?
 今時、ぶつかって本を取り落としてボーイミーツガールだなんて!しかも幼馴染みかい!
 IT御曹司の出現にまるで伏線無し。取り合い無し。

『ここ、笑うところかなぁ?』
『この人、カッコイイの??』 疑問だらけよっ

 父(長塚京三)と娘(矢田亜希子)のすれ違い、お互いに偽装恋人を連れてくる顛末やら、売り言葉に買い言葉で
「結婚してやるー!!」
と引っ込み付かなくなってしまういきさつは楽しいンですよ。
 でもそれを、のんべんだらりと見せられても。

 脳裏にずっと”笑わせたかったらこう来るでしょう〜??”という代案がぐるぐる渦を巻いてしまいました。
 キラリーンと効果音&CG光背負って登場する御曹司!「私が玉の輿にのるのよ」とヒロインを押しのける猫背椿(出てないけど)

 でもまぁ、なんでも笑いたがる私がいけないのかもしれません。リリカルなホームドラマを楽しみたい人と長塚ファンの方にはきっとおすすめ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ