ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

逃亡者

「逃亡者」最終回 ☆

 「永井」呼び捨てから「永井さん」へ、TVの速攻手のひら返しに笑いました。

 いや?、タイトル「共犯者」にすればよかったのに。怪しい人が皆犯人。
 何より度肝を抜かれたのは、移植手術をされた本人が、事実を知らされていなかったこと!!
免疫抑制剤は飲むの止めちゃったら死んじゃうでしょ??どう言いくるめて飲ませてたんですか。避妊用のピルとセットで、ですか?? まー、どうせドラマですけどね(涙)

「明日まで待ちます」
 そう言われて、実娘殺害を決心する院長。
 ・・・・だったら、階段から突き落とすとかもちょっと医者らしく薬物使うとか。同じ金使うなら検死官を買収するとか!!簡単且つ大事な孫を巻き込まない方法があっただろ?!!
 この際、短い時間の中、ターゲット本人でなく夫の過去から義手の男を2人もほじくり出してきて
『明日殺してくれないかなー。あ、永井じゃなくて奥さんを』
と殺人を依頼、即オッケーをもらってくるという奇跡の手腕を発揮した人(国枝ちゃん??)の、「24時間」の方が興味があるぞ!!

 あとウケたのは、順子の墓の前で会った親子連れ。
「もしかして、順子先生の・・・」
ワイドショー&週刊誌で目に焼き付いてるよね(^^;;;) 

 ラスト、屋上で院長を絞め殺してしまって今度こそ本当に「逃亡者」になってくれたら伝説になれたのに・・・・って、もう話を面白くする方向にしか頭が動きません・・・。
 もったいなかったなぁ・・・・・。

「逃亡者」10 ☆☆☆

 「そういうことか・・・・」
って峰島っ何??何なの???(後でわかります。)

 ホテルには先回り、指紋データのすり替え。
警察側の、あからさまなもみ消しが出てきたと思ったら
「**のお父さんは警視総監なんだよっ」
 病院側でも、隠し事がただの医療ミスどころじゃなくて、違法な生体間移植とかいうえぐい疑惑が噴出です。
 やっと面白くなってきた?!!(って、最終回一回前なのに^^;;;)

 実際問題、警視総監ごときがそんなに偉いのか?って気はします。
しかも本人でなく娘。病院が法を犯すリスクを負うには、あまりに間尺に合わないですよね。

 移植が事実なら、これからの一生を免疫抑制剤と共に生きることになった娘。手術跡もさぞ目立つ身体で、夏の花:ひまわりと抱き合わせで春売ってるそうです。ひまわり
 可哀想ではないけれど・・・自暴自棄になるのは分かる気もする。

 あと一回で、ピースがどれだけはまっていくのか楽しみになりました。
とにかく、りくくんが無事でありますように。

 そうそう、田所の身辺調査があくまで「永井の被害者」として行われているところがツボでした。するってーと、田所邸の銃器は?? 永井が持ち込んだことになるのかなー。
 宿泊者死亡の場合、宿泊代は踏み倒しになるのか遺品の通帳からハラってもらえるのかも気になるところです。

「逃亡者」9 ☆

 永井、散らかしすぎだっ他人の家だと思って。

 田所が戻らないのをいいことに、やりたい放題永井くん。
レコード店の包みに目を留めたときには、思わず聞き始めちゃうかと思いました。(ほら、大掃除の途中に本を読み始めちゃうみたいな・・・^^;;;) もういっそ、ゆっくり風呂入って着替えればいいのに。田所の服なら着られそうだよね。
 おまけに、水野刑事登場。監禁暴行されたばかりの家にまた侵入って、びっくりです。
海外物なら、主人公と女刑事。ここでちょいと濡れ場でもありそうな・・・?

 そうそう、朝日新聞のコラムで島崎今日子さんも書いてますが、これのどこが「逃亡者」なのかと。下手に原作のイメージでいろいろ期待するからがっかりするんですよね。
 始まりがちょっと同じなだけなら、”原案”と断りをいれて別のタイトルにしてくれたらそのつもりで見ていたのに。(ほら、「東京湾景」もそうですよ・笑)

 ともかく、拳銃持って助手席乗ってるんなら行き先は警察だ!!
すんなり送り届けてどうするんですか、水野刑事。永井も、銃で脅すとか、走ってる車から飛び降りて画面を盛り上げるとか、もちょっとお互いの立場に気を遣ってくれないと(^^;;;)

 峰島と永井の対決が、先週の和解の後なのでハラハラしないのは「第四の欲求」でカオスさんも書かれているとおりです。

 どこかにいるりく君。
枕元でお母さんの死や、犯人は父親だなんてニュース流れているじゃないですか。聞かせないで、あんなこと〜っっ!! 最後、りく君の目の前で誰か怪我したり死んだりするのもやめてよねっ。
 犯人探しよりももう、りく君が傷つかずに日常の生活に戻って行かれる最終回だったらいいと願うばかりです。

「逃亡者」1 ☆☆☆

走る走る走る走る
 空撮、爆発、力入ってますね???

 江口洋介は保護観察官。
「俺は君を信じる!」なんていう暑ッ苦しい台詞がこんなに似合う人もいません(^^;;;) でも、どうやら大がかりに罠にはめられて居るようで、担当の子供にも裏切られてますよ?
 
 愛する妻が殺され、一度は助かった子供の生命維持装置がいじられ、凶器には自分の指紋、保険金は増額されて離婚届けに記名捺印!
 世間的にはどうみたって江口が犯人でしょう。

 外科医の奥さんは、大病院の跡取りだった様ですから職業・家柄とも不釣り合いと言えば言えます。
 容疑者でもないころから「お前が死なせたんだ」と江口を非難してくる義父=院長先生。孫は可愛くてもムコは嫌いだった様で、この辺の確執につけこんだ犯罪なんでしょうか?
(映画はみたんだけどな?、犯人の肉体的特徴しか覚えてなくて。あと、ダムへのダイブ!これは来週ですね)
 可愛い子供、幸せな日々の金色の浜辺の記憶。
 もちろんこっちは本当の犯人も観ているわけで、頭っから江口の話を信じない警察の態度も含め、完全に心情は江口よりですっ逃げろ〜、真犯人を追いつめろ〜(でも、どうやって??)

 所轄の水野美紀vs警視庁のデカイの阿部寛。
このなわばり争いも見所??

 音楽が鳴りすぎ、特にアンダルシアなギターがうるさくて、阿部ちゃんの低音が聞き取れないのには閉口しますが来週に期待をつなげるには充分でした。
  「人間の証明」がなんだかとっても地味に思えてきました。
走る走る走る走る
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ