ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

赤楚衛二

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」2,3 ☆☆☆

 ゆっくり丁寧に描かれていて好感がもてます。誰の心を読んでも『良いヤツじゃん!』となる優しい世界(^^)
しかし主人公、心を開いて行動するのは良いことですが、相手の気持ちばかり優先していていいのかい?

 2話、洒落た黒沢家にお泊まり、寝間着姿のやたら可愛い自分が空想されていたwこと以外は、特に何も無く。もちろん襲われず、びくびくしたことを申し訳なく思ってしまう安達(赤楚衛二) その後も、何かと仕事を手伝ってくれる黒沢(町田啓太)の心の声は
「せめて安達の役に立ちたい……」
と後ろ向きで悲しみに満ちたものばかり。お礼に奢る件すら自然にできず嫌がってると思われてしまい。
これじゃダメだ!と、食事に誘うべく黒沢を追うのですが。

 3話。エレベータ扉に挟まれる安達くんラブリーw
意を決してのデートの誘い(違う)は、会社の飲み会に吸収合併w 『もう二度とないかも』とやはり後ろ向きな黒沢の心の声。更に、王様ゲームの命令『3番と6番でキス〜!』は黒沢と安達で……いやいや魔法使いにはファーストキス!
「男同士っすよ」
と言ってしまった安達に同調する黒沢。でも止まないコールに「さっさとやっちゃおう」と触れてきた心の声は
『ゴメン……』
いやーこれは切ない(><)しかも固まる安達の様子に、キスを唇からおでこに切り替えた黒沢、紳士じゃないですか~。事後、席を外した黒沢を思わず追った安達くん。普通に受け答えしながらも『ごめん、好きになって』と思っている黒沢に対し
「嫌じゃなかった!」
と力説してしまうんですよ。え、それって慰めているつもりでしょうけど、読心を知らない黒沢にしたら安達から告白されてるも同然なの分かってる?? キュンですね~

 王様ゲームで強制のノリが、ハラスメントとして描かれているのも今時(^^)
また安達が苦手なウェーイな後輩六角(草刈拓弥)も、実は宴席は苦手だけど逃げずに盛り上げてると知って「スゲー良いヤツだった!」と感激する安達。用事を頼んで外の空気を吸わせてあげる、君もやっぱり良いヤツだよ。ホント良いヤツしか出てこなくていいですねえ。
しかしそれだけに行動は相手本位、黒沢を悲しませたくない、となりますが中途半端に好意だけ示して、同性愛は拒否だったら諦めていた時よりも傷つけますよ? 
 次回やっと、同僚女子の心の声も出てきてしかもモテている様子。原作がBLだから最後は黒沢と結ばれるんでしょうけど、ちゃんと安達に選択肢が示されるのは悪くないと思いました。追い詰められての承諾じゃなく、選択して欲しいよね。

 そうだ、安達の友人柘植(浅香航大)も30歳になり『魔法使い』化w さすがにそれはやり過ぎでは?
でもそっちでも、宅配兄ちゃん(ゆうたろう)の心の声は、捨て猫を保護した柘植を「案外いいやつじゃん」と評していて、ホント優しい世界~。

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」1 ☆☆☆

 なんとBL。
そもそものタイトル都市伝説が余計なお世話なのですが。まさかの噂通りに超能力を手に入れた主人公が、可愛い彼女が出来るんじゃなくて、相手は同僚男子ですよーってところが今時なんでしょうねえ。 とはいえ「おっさんずラブ」初回では、男に惚れられた=襲われる!と騒いで笑わせていたのと違って、主人公は戸惑っているだけ。相手も胸に想いを秘めているだけ。このまま真摯に同性愛を描いていく……のでしょうか?

 冴えない安達(赤楚衛二)は、彼女いない歴=年齢。

『魔法使いになっちゃうぞ』
と、先輩の浦部(鈴之助)にからかわれながらも童貞のまま迎えた30歳誕生日の朝は、いつもと変わらない筈だったのに。 通勤や買い物で誰かに触れる度にあらぬ声が聞こえ、会社でも浦部が近づく度に愚痴やら心の声がする。
幻聴?妄想?
 混んだエレベータで同期の黒沢(町田啓太)から聞こえたのは、
『朝からついてる……寝癖がカワイイ……』
と、恋心☆ 社内の誰に恋してるのかな、と見渡す安達でしたが、なんとその相手は自分?? イケメンで仕事も出来て優しくて気が利いて、モテモテ出世株の黒沢がなんで自分なんかを。と戸惑いつつも、実際何をされるでもなく、心の声さえ聞こえなければ親切な同期。残業で一緒に終電を逃した夜に、泊めてくれる申し出を断る理由が……ない!
 と、いうわけで次週は早速お泊まりですね(^^)

 いきなりの超能力発現w
 最初は小銭を渡して触れあう手と手で『また同じ、よく飽きないな』と弁当屋さんの心が読めましたが、どうやら素肌に触れる必要すらなくて服越しOK、靴と靴が触れあってる程度でも読めたんですよ?? まずパニック不可避、その後はどう利用しようかと考えそうなものですが、動揺は最小限だった安達氏がとった対策は、電子マネー導入&早起き時差通勤! つまり接触を減らして、ただ元の生活をしたいんですw さすが、深い人間関係を避け続けた男。事なかれ主義で一貫してます。
 それは黒沢の想いを知ってからも同じで、受け身なんですよね。距離を保ってただ好かれているだけなら、避けもせず友好対応。むしろ、自分の地味な気遣いや努力を、黒沢だけが気付いて評価していてくれたことは嬉しかったりして。
てことは、友情が深まるだけ『安達のここが素敵☆』黒沢ビジョンに慣れ、そんな黒沢が悩んだり悲しむと自分も辛くなるわけで。 同じ勢いで密かに安達を好きな女子が居なかったら、黒沢君の恋実りそうですよ?

「ねぇ先生、知らないの?」1、2 ☆☆

 恋に不慣れな少女漫画家華(馬場ふみか)と、女優にモデルにモテまくり美容師理一(赤楚衛二)との恋。と、聞いたらまずは漫画家が憧れて始まるのかと思いきや、美容師の彼の方から一目惚れですと。ほほう。

 3日フロなしの修羅場明けに飛び込んだ美容院が出会いの場!
正直、修羅場明け隈メイクでもないヒロインはお肌ツヤツヤ、髪ボサ度も程々の「眼鏡かけた可愛い娘」ですけどね。本来なら顔色悪くて少々臭うはずw そんな最低コンディションで惚れて、カット終わりに即、告白ってw  いくらイケメンでもOKする方もチャレンジャーでは。
 その後のおつきあいも華の仕事に理解があって、放置気味OK。むしろ、仕事電話での真剣な瞳にグッとくるんだそうだから相性抜群なのかも。

 と、可愛い恋愛ものを生暖かい気持ちで見ていましたら、突然大人のおつきあいに突入でした。そりゃそうかドラマ特区。少女漫画原作といえど少々エロあり枠でしたっけ。
恋人同士、シャワーは一緒に入ってイチャイチャするものでしょ?な彼と、やだ恥ずかしいな彼女。はいはい。 経験豊富な理一がこれから色々教えてくれそうです。そしてアシスタントの恋話がネタにされるように、自分たちの恋も逐一漫画になって発表されちゃいそうですけど、理一くんそこはわかってますかー?w

 そして共通の友人もいない、普通に暮らしていたら店でしか出会わない2人。まず本気か、遊ばれていないのか見ているこっちも疑いながらになりそうなものですが、なんと華側、理一側から同じ場面の視点を変えて繰り返し見せてくれるので、安心してご覧いただけますよ。
って、えー面倒くさい。相手の気持ちを想像する余地もないの、つまらなくないですか。これ原作もこうなの? 
 あと1話冒頭でまず驚いたのは、いまどき作画がオールアナログなこと! スクリーントーン貼ってる! もうデジタル世代なんだろうと思ってましたよ。

 


「わたし旦那をシェアしてた」1 ☆☆☆

 キャッチーなタイトルから想像するに、リタイア候補w ところが、ちょっと見てみたら案外興味を惹かれたままで、結局最後まで見ちゃいましたよ。一体何がどうなっているんだか!

 救急で救命中の男にすがる、妻(小池栄子)と娘。と、妻(りょう)と息子、さらにもう一人の妻(岡本玲)と双子の幼児~! 意識不明の彼の手帳にはなんと 妻1、妻2、妻3と書かれ、混乱した警察は全員を呼び出したのでしたw
ときたら、張り合いながら介護して、目覚めてからまた揉めるのねーと思っていたのに旦那(平山浩行)はあっさりお亡くなりにorz 入籍はせず『事実婚』、彼の持つマンションに住んでいた妻たちへの遺言はなんと、これまた彼が持つシェアハウスに移ることだったのでした!

とんでもない状況ですけどね、仕事が忙しいといいつつ三股かけていた男が、自称通りにちゃんと社長で、全うな財産があっただけマシというものでは。借金の保証人にされていたり、怪しい保険金がかかってたりしてもおかしくなかったですよねえ(^^;::::)

 シェアハウスの管理人は貫禄十分夏木マリ。
岡本玲は保母、りょうはパーソナルトレーナー、小池栄子は会社役員と、妻たちはそれぞれ自活十分な職があるシングルマザー、『結婚』という形式を気にせず事実婚を受け入れ……そしてどうやら、丸め込まれ易いという共通点を披露していきますw 同居なんてまっぴら、な筈がうっかり聞き入ってしまった妻たちは……遺産『3億円』を目の前に狂喜乱舞! 大金のためにもプライドのためにも、本当の妻が誰なのかを競い始めます。

 3股かけながら、どの家庭にもほぼ毎日顔を出していた超人的にまめな亡き旦那w だったら一億円ずつ3家庭に贈ったって良かったのに。殺される直前に買ったという指輪は一つ、てことは、誰か一人に絞ってプロポーズをする予定? 選ばれなかった女が殺したに違いない、と刑事(渡辺真起子)が推理してますが、いや犯人は男の集団でしたから。……そう、殺人なんですよねえ、これ。なのに、その集団にいたオドオドした若い男(赤楚衛二)は現場に戻って、瀕死の旦那から紙を渡され……。言われた通りにちゃんと、シェアハウスまで届けにくるんですよ。え、ポストに投げ込んで終わりじゃないんだ、顔晒して、リビングまで上がりこんで、
『ここに持ってくるように頼まれた』
と宝石の鑑定書を見せるんですよね。えーっと、重要参考人がいまーす!警察呼ばなくちゃ!

 旦那は何故、誰に殺されたのか。妻たちは利用されていたのか、ただ愛が3倍欲しかったのか。消えた指輪はどこへ行ったのか。いろいろ謎はつきません。ワクワク。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ