ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

貫地谷しほり

「警部補 矢部謙三」1 ☆☆

あれ、矢部ってこんな男だったっけ?

能なく面の皮厚く、ひたすら運の良い男 矢部謙三。あ、毛もないんでした。彼の活躍を描くと見せかけて、実質主演は貫地谷しほりと鈴木浩介の庶務コンビで、とてもまっとうな推理ドラマです。
事件がまとも過ぎるんですよー!

もちろん、いちいち頭部にかかるモザイクとか、山田の大家さんとか、TRICKが好きなら懐かしいものはあるのですがそれは映画版で見られるし。がっつり矢部だけ見せられて、無能だ横取りだだけ強調されてもなー。と、見せかけて実はキラリと有能だったり……してもそれはそれで違うしなー。
あ、ロープを張る位置は完璧(笑)

むしろ、こんなまっとうな事件の合間に、教祖さまだの消失トリックだのとつきあってた矢部さん大変~と思うべき?

スピンオフだと思わなければ
「普通どっちか切るだろう!?」
は膝を打ったし、楽しめたので見ますけど。

人気ブログランキング

「龍馬伝」4 ☆☆☆

うわ、下手なラブシーンよりドキドキでした。
道場で鬼小町を組み伏せる龍馬(><)うっかり覗いちゃう兄(←龍馬の励ましが、途中まで愛の告白に聞こえなくも無いところもニクイ 笑)

そりゃあただのデカブツ相手ならともかく、同じ剣術を学ぶ者同士でルール無用に殺し合えとなったら男の方が有利でしょう。剣の道を生きてきた佐那には辛い現実。(ワンピースのゾロとくいなを思い出したり)

「私は弱くない。あなたが強すぎるのです」
貫地谷しほりの涙が綺麗でした。そうか、そんなに強いんですね坂本龍馬は。入門初日にはコテンパンだったし、普段が笑顔で優しい人なので忘れがちですが剣の腕は立つんでしたっけ。いつの間にか道場主に迫る腕前になっちゃったのね。
その前段の、佐那の笑顔を喜ぶくだりも言うのが龍馬じゃなかったらまるで口説き文句。さてここから2人はいい関係に……?と、思ったところで黒船来襲。どうやら次週からは剣術修行どころではなくなる様子です。

『広い世間を見に行ったのに、何剣術ばかりしてるのか』
と、怒ってた乙女ねえやンだけは大喜びかも。

一方の弥太郎も一念発起、私塾を開いて子供たちに教え始めたところなんと加尾が、
「私にも学問を教えて下さい!」
喜んでる弥太郎でしたが、それって結局、龍馬に会いに江戸に行きたいってことじゃなくって??

気がつけば毎週とても楽しみになっています「龍馬伝」。ヒゲの桂小五郎(もう2階で女遊び済みだったのよね、アレ笑)も出てきて、最近の谷原章介はまたこんな役かー!

学生時代、一年だけ履修した剣道は防具が臭いわ、面を全力で振り切られて(上手い人は当てるだけで引くらしい)気絶するわ、ろくな思い出がないのですが。手ぬぐいを頭に巻くのだけは覚えました。ツレも習ったことがあったと思い出話に花が咲きつつ。秋葉原にあった道場だなんて! 

人気ブログランキングへ

「まっすぐな男」2 ☆

「お前は小さな頃から植物を育てるのが好きだった」
それでアパートでも大麻を(笑)

今回は案の定、小悪魔鳴海の過去に振り回されるお話。でも中途半端。

お前のせいでムショにというけど、そんなに鳴海は悪くない。大麻をお日様にあてただけ(笑)
あーんなに鳴海に執着して追いかけてた男が、途中からは松島@佐藤隆太に矛先を変えるの違和感あったし、誤解を解こうとしない理由も(せっかくカノ@しほりちゃんが訊いてくれたけど)良くわかんないし。説明会の演説も……甘い甘すぎる(素敵な家族ばっかり来るわけない!)全体にどうも消化不良でした。(そういえばどうして鳴海の自宅を知っていたんだっけ?)

「私が狙われても守ってくれる?」
と松島に訊いて、肯定の返事にはにかんで喜ぶカノちゃんは可愛かった!
かのちゃんにしたら、目の前で松島が鳴海に振り回されるのって不愉快で不安だろうなー。でもあれって、恋人になってもきっと同じ、例えば結婚しても同じように他人のために走っていくのかと思うと腹立つわー。振り回したもん勝ち?

同僚田中圭一君は、完全松島とかのを応援することにしたようです。来週はその辺を描くみたい。結局松島は自力で営業部に戻ってきたわけで、本当に鳴海と関わりたくないなら着信拒否ですむのにな。

人気ブログランキングへ

「まっすぐな男」1 ☆☆☆

なるほど、佐藤隆太(笑)
内心ちょこちょこツッコミ入れつつ(ex転送届け出そうよ!ガラスは最後まで拾って~)楽しかったです。

普通なら見過ごす面倒なことちょっとしたこと関係ないことを、やり過ごすことが出来ない主人公、松島。男友達からはバカ呼ばわりでも、女性受けはオッケーみたい。
例えば、自分から連絡先を聞いたカノちゃん(貫地谷しほり)。ここで逃がしたらもう2度とこんな人会えない、そうそれは恋なのね~♪そしてもう1人が深キョン。お金貸してくれて仕事も見つけてくれる、滅多にいない都合の良い男!それを迷惑がりつつ、斬って捨てられない主人公。それも恋の始まりかもね~♪

私としては、その辺の三角だか田中圭を加えて四角関係だかの恋愛模様を期待するだけで十分に楽しかったのですが、家人は仕事の話(サクセスストーリー?「いいひと。」みたいな?)を期待していた様で文句たらたらです。うーん。既に左遷、主人公の会社人生はもう危ういのに。ここから起死回生を狙うには、深キョンの出自が大手ゼネコン(例の主人公が内定を蹴った?)の社長令嬢だとか。謎の人脈で会長を紹介してくれるとか、そんな展開にならなくちゃかな。さて、どうでしょう。

会社に「女子」が訪ねて来たよーとざわつく感じとか、脇の人物のちょっとした描き方が好感触です。
逆に主人公の方がまっすぐ過ぎてウザイかも。深キョンの曲がったキャラも嫌われるリスク有りすぎ(笑)

それが、バイト先での事件を通じてちょい印象が変わります。いつも正しいわけではなかった主人公、間違えたら謝れる男でした。そんな彼のために?事実を言えなかった深キョンたらちょっと健気?? そういえば、「貧乏神」=あたしのことか!とちゃんと分かるのも、ドラマの不思議ちゃんにしては珍しくちゃんとしてたかも?

と一瞬見直してたら、金は盗らないけど酒盗んでるオチがちゃーんとつきました(駄目じゃんそれ 笑) やっぱり次回が楽しみ。

ところで、しほりちゃんのマフラー、深キョンのジャケット、デザイナー先生のセーター&皮パンとやたら紫の服が目につきました。流行ってるの?

人気ブログランキングへ

「きみ犯人じゃないよね?」1☆☆

E(イー)質問だ!(笑)

惚れっぽく馬鹿っぽい要潤刑事と、バイトの鬼しほりちゃんのコンビで送る推理もの。
土方に舞子、ウェイトレスとコスプレもといバイト先の制服で神出鬼没のしほりちゃんが楽しめます。このまま毎回第一発見者になるんでしょーか。不吉な(笑)
そして、記憶完璧な筈の彼女が唯一思い出せない、幼少時に起こった”何か”がだんだん明らかになっていく……んだそーな。

もっと「トリック」風味かと思ったら、「富豪刑事」と「探偵学園
Q」の方がそれっぽいかも。
ライトに楽しいけどインパクト薄め。
画面やBGMにコレだって特徴がないというか。じゃあキャラ命かというとそこも薄味。

すぐポワ〜ンと惚れる要潤は可愛いけど、あの容姿で名家出身の金持ちで女慣れしてないの?(上田教授がモテないのはすぐ納得できたんだけどなー。^^;;;)

小説家志望のしほりちゃん、「才能のかけらもない」のに殺人現場のトリックは即、解決しちゃうんだ?
犯人にしたってトリック思いつけちゃうんだ?
ここで、抜群の記憶力がかえって災いして”何書いても何かに似ちゃう”とか、トリックも”15年前に読んだ短編と同じ”とか(それが実は犯人の別ペンネームなら、伏線にもなるのに〜)、ちょこっと絡めてくれると印象違うのになー。

そんなわけで、心置きなく酔っぱらいながら観ることに。大化けしてくれたらまた書くかもデス。

映画「神童」☆☆☆

ザ・ベストオブ松山ケンイチ鑑賞映画。じゃすみん的に。
あんなに指が奇麗なのに、総合するとその辺にいそうな青年で可愛い〜。「ドルフィンブルー」に続いて、喧嘩の場面の彼が魅力的で嬉しくなります。大人しいだけじゃないところがまたいいのよね。ふふふ。

物語は、天才なのにピアノが嫌いな”うた”(成海璃子)と、技術はないのにピアノが大好きな”わお(松山ケンイチ)”の交歓。
もっとアマデウス的な展開もあるかと思っていたら、違いました。
”うた”は"わお"に「へたくそ」と言い放つし、”わお”も「うたはいいよなー」と言ってはばからない。そんな2人の関係には嫉妬や焦燥も、ついでにいうと中学生と音大生という年の差も感じられなくて、仲のいい兄妹のようでした。それでも同級生の恋人の前でも”うた”の事ばかり心配する様子は、真剣に三角関係かなっと。

そして不運にも難聴を発症する”うた”。
冬なのにこだまする蝉の声でその始まりが描かれるのですが……カナカナカナカナ(笑)
蝉は蝉でも、その音の選択は間違ってるらしいですよ。本当に突発性難聴から片方失聴している同居人が、もっとシャーシャーいう方の蝉の声なんだ、今もしてる(=本当にその音が映画で流れたら彼には聞こえない)と語りだし、しばらく難聴談義に。
この蝉=難聴っていう豆知識はそんなに一般的なものなんでしょうか?分かんなかった人もいるのかもね。

"うた"がどれだけ天才少女として世間に認知されていたのかは知りませんが、有名演奏家の代演まで勤めた挙げ句の失聴。
体育を休み手袋をして訓練の為に左手で食事までしてみる生活から、いきなりピアノが消えてしまう。日常への不安だけでなく、上手いと分かってた能力を(いくら嫌っていたとしても)無くすってどれだけか。
でもそこにはあまり尺が割かれず、わおに打ち明けるでもなく。
夢の世界に旅立って行く様な映画でしたけれども、なんかそこが逆に好きです。

えー、「ちりとてちん」にはまっているので、仏壇屋の菊江サン(わおの母役)や貫地谷しほり(声楽科の恋人役)の出演も嬉しかったのですが。歌う声のズレだけはありえない(><)

その他あちこちもったいないなーと思ったりもするのですが、息を詰めて全ての場面を見つめなくていい分、流しっぱなしで何度でも(いろんな表情のわおを)見たい映画かも。
もちろん、ヒロインの成海璃子ちゃんもハマってますよー。

うたの事故死した父親(やはりピアニスト)が西島さんで、映画ではわおに似て見えました。特に誰かがそう言う訳じゃないのですが、ピアノが嫌いだというくせに、ピアノがあるからとわおの部屋に入り浸るうたの描写には、父に似た青年を慕う気持ちが無意識にあるのかなーと思ったりもして。

作り込めていないぶん、妄想の余地があるのです。
例えばどこまでハッピーエンドなのか、も、それぞれに考えていいのかなって。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ