ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

豊川悦司

映画「ジャッジ!」☆☆☆

コンコンコンコン♪ 腰コシ腰、ニャア!(注:これは猫です)

いや、どう見てもキツネだから!


作中で何度も繰り返されるクソCMが耳について離れないしw むしろ賞取ってたTOYOTAのより好きw


クライアントが猫と言ったらキツネも猫!という無茶振り広告業界を、誠実さで切り抜けていく主人公を妻夫木くんが好演しています。世界中から優勝を目指して集ったCM製作者たち皆に好かれ、でも危なっかしくて助けにはいられないw いいやつだよねー。


もっとも、脚本上では序盤の合コンで

『キモいダサい』

と嫌われまくり、からの後半での株急上昇。『ほくろに毛が生えてた』とまで女子に言われてましたけど、それ画面でわかんないしw 一人だけ嫌われるほど酷く見えない時点で軽くミスキャストだったか、冒頭はのび太君レベルに丸メガネでもかけさせておいて、海外コンペに行く途中でメガネ割るとか、ガラッと髪型変えるとか「電車男」レベルの変身を挟んでも良かったのかもしれませんね。

それとタイトルで損してる。

なんの映画かわかんないもん。


でもそこ以外はもう言うことなしでブラボー。ちくわw かまきりw オタクw ペン回しw

What I’m about to say… is very important.   w

リリーフランキーの怪しい窓際おじさん最高。

おおた きいちろう と おおたき いちろう は海外だとほぼ一緒だからお前代わりに行ってこい、ってw
横暴上司の豊田悦司も良かったし、北川景子もきれいでキツくて英語うまくてはまり役。

なにかときっちり回収されていく伏線は要するにベタなわけで。世界に通じるウェルメイドなコメディだと思うんですけど、よーく考えると肝になるCMがきつねうどんでコシでコンコンとかダジャレだわ、ちくわってなんだそれだわ、謎だらけかしらん。


映画「椿三十郎」☆☆

何十人無駄に死んだんだろう。金魚のフン共が莫迦なせいだぞー!!

近所の2本立て映画館でリバイバルされていたので見てきました。(旧作未見)
空調やオヤジさんのイビキがうるさくて居心地悪し。それでも、椿の花で合図といい、のんびり屋の母娘といい、最後の三十郎の不機嫌の苦さといい、話には引き込まれて最後まで飽きずに見られました。
勿論、松山ケンイチ目当てだったので、彼がずっと出ていただけで点が甘いです。……全然アップなくても。

ただねー。母娘のゆーっくりしたしゃべりが、わざとらしくてイライラ。(ユウコリンやDAIGO、大竹しのぶを思い出しても全音均等に引っ張ってるワケじゃないのに)
やっと登場した大目付さま藤田まことも、存在感はバッチリとはいえ別に馬面じゃなくてなんだかなー。

何しろ同じ脚本の「お手本」が存在するわけですから、ちょっと何か気になる度に、旧作はもっと面白いんじゃないか、こんなニセ椿使わないんじゃないか、馬面はどれだけ凄いんだろう?と、オリジナルへの期待ばかりがふくらむばかりでしたよ。
同脚本別監督といえば、三谷幸喜の「3番テーブルの客」。あんな風に、うわー全然違うよ!!と驚けるんでしょうか??
見なくちゃだわー、オリジナル。

織田くんは可もなく不可もなく。トヨエツは声がこういう役似合わない。

「犯人に告ぐ」☆☆☆

 wowwow制作、今秋公開予定の豊川悦司主演映画が、何故か一日限定放送。
ネットや口コミで「いいよ」と広まって欲しいのでしょうか?下手したら海賊版が出回ってしまうのでは。それともこれ、映画館でみるとラストにもう15分あるとか???←そんな風に思えないでもない終わり方だったわー。

 ともかく、豊川悦司は神奈川県警の刑事。
手柄を狙って、ムリをした挙げ句&記者会見での暴言で左遷になります。
 そして6年後、再び起きた相同の大事件に責任者として迎えられ(もろスケープゴート)、TVを通じて犯人に語りかけるという暴挙で再び時の人に。
 犯人は呼びかけに応えるのか?事件はまた起きるのか?

 いやー、その犯人に呼びかけるトヨエツがもうかっこよくてメロメロですってば。
専属出演のニュース番組が視聴率アップって、そりゃそうでしょう。
終盤では、とうとう襤褸を出した犯人に「もう逃げられない」的なことをいうわけで当人には恐怖の戦線布告、そして捜査に巻き込まれる地域の成人男性には良い迷惑でしょうが、犯人像にまったく合致しない私にとっちゃもう、ただただショータイム!
「今夜は、ふるえて眠れ」
きゃー捕まえて〜♪

 それを快く思わない二世ボンボンの上司(石原ユウジ似)が、トヨエツを陥れようとして墓穴を掘るのも爽快。また、「武士の一分」で下働きだった爺ちゃんがトヨエツの味方でいてくれるのも嬉しくて、人物配置がいいですね?。
 事件にだけ的を絞った展開が、多少色気はないですがスッキリしていて面白かったです。うん。

 ただ一つだけ気になったのは、冒頭で死にかけていた奥さん。
てっきりそのまま亡くなって、一緒に暮らしているのは妹かなにかだとばっかり思っていましたよ。心臓が悪い描写も6年後にはないし。助かって良かったと一言あれば良かったのにー。

「弁護士のくず」5 ☆☆☆☆

 うわーびっくり!!

「おとうさん!」と、若い頃の九頭の写真(ほっぺが真っ赤・笑)を持って現れた子供。
未婚の母だったお母さんも亡くなって、育ててくれてるオジサンとオバサンも悪い人じゃないけれど貧しくて・・・って、この状況で父親探しまでして触れ合ったら、なにやら養育家の事情を解決して元の鞘に戻るとか。やっぱり最後で『私たちが育てます!』と向こうがいうとか!思うじゃないですか。
 まさか本当に、引き取って帰っちゃうとは思わなかったよ九頭さん!

 でも、自分を悪い男だとさんざいいながらも、昔の彼女を思っていた気持ちはとても伝わってきたわー。涙まで流して。また実の父らしき男が、金の話しかしないんだもん。
「お前なんかじゃない、俺が父親だ!」
と啖呵切ってしまうまでの流れが切々と自然でしたね。
その言葉に喜んでしがみついてくる子、聞きましたよーと請け負う事務所の仲間(^^;;;)、後悔する九頭の半べそ、いやあ楽しかったです。

 一方の、認知だ不倫だで揉める夫婦の方も「血縁より想い出」でカタがついたように。彼女が欲しかったのはDNAだけの父親でも、育てるだけの人でもなくて、
「俺が父親だ!」
と叫んで庇ってくれる人だったんでしょうね・・・。
(でも現実として、こんな独身男が少女を養育だなんておかしいと思うんだけどな。実子認知できるの?それとも養子縁組?)

 ジャージ着ててもカッコイイ九頭さんのスタイルに脱帽。
弁護士になる、と熱い夢を語ってたヒモ時代があるなんて、九頭さんますます素敵です!

「弁護士のくず」3 ☆☆☆☆

 面白かった!!

 前回、後半半分しかみられなくても充分面白かったけど。今回はオープニングのトヨエツの細っっい脚に始まってすべてを堪能させていただきましたっ!
 九頭のヤダヤダァーも、高嶋礼子の年齢言われてギロリも、サラッと流すその塩梅が余計に笑えるんだよねー。良くできてます。

 で、小説家志望シャルロット(笑・片桐はいり)が、自ら仕組んだ盗作事件!
「クリストファー様!!」+馬の人、で笑わされつつ事件の裏は結構シリアスでした。

 唯一弱いったら、小説入りCDを拾ったからって、ケースに「未発表」とでも入れておかなかったら盗作を決心するまでにハードルが高いということでしょうか。なにしろ売れないグラビアアイドル、字なんて読まない可能性も大(^^;;;)
 反面、だからこそシャルロットにとっても賭けだった、と思えばリアルかもしれないし。

 前回、前々回と頭っから依頼人を信用していたくせに、今度はてんでとりあわない高田くん。そりゃクリストファー呼ばわりもイヤだろうけど。結局は君、見た目で判断しているんだよー。シャルロットを拒み続けてきた編集者たちと同じにね。
 その点九頭さんは、不細工も美人も同じ扱いで・・・・うたぐってかかる目には真実が見えたわけだ(笑)
 シンデレラはワザと靴を落としたんだろう、なんて。さぞ扱いにくい子供だったことでしょう。

 しかしなぁ。モノが官能小説だけに、いくらいい小説でもやっぱり美人に書いてて欲しいよねぇ。本人が盗作認めても、ゴースト用意するなりもうちょっと粘れ、編集者!・・・・と、要らない心配をしたりしました(^^;;;)

 無事デビューが決まり、でも暴露本は書かないというシャルロット。
それで生き残れるほど甘くない、とまたひねくれたことをいう九頭だけど、作家本人にそう決心させたのもまた、九頭が読んでくれた彼女の小説(クリストファーとシャルロットの・笑)だったというところ、なんて無駄のない。

 あ、でも映像的に。
リストカット痕のある手首を、丸出しってありえないっ 衣装に気を遣って欲しかったですよー

「弁護士のくず」1 ☆☆☆

 わっ懐かしい!
昔の探偵ドラマみたいじゃないですか?オープニングで街を右往左往している感じも。タイトル「弁護士のくず」が、チラシを剥がした後ろからでてくるあたりも!
 トヨエツと伊藤英明のWのっぽが並んであるいても、意外に似ずにいい感じでしたねー。

 トヨエツ演じる「弁護士のくず」さん。本当に九頭さんなんですね!
「弁護士の九頭です」と 自己紹介。
面と向かって「くず」と罵倒されても痛くも痒くもない(^^;;;)
 そして視聴者の思ったとおり、徹マンもキャバクラ遊びもちゃーんとお仕事の裏とりに役立ってるという有能さ。ナイス!
 一方の新人武田くん@伊藤英明、マジメ一辺倒!
(その武田くんの部屋が安アパートなのに、椅子だけ豪華でちょいウケ。勤勉だね!)

 ああいう真反対な2人を組ませて捜査するドラマ、刑事でも探偵でもなく、弁護士にさせるというのはなかなかに新機軸かもです。

 今回の事件はセクハラ裁判。
まぁ事件そのものはいいや(笑)。とにかく依頼人は金払ってるんだから、言いたくないことは言わないし。訴える動機も真実どうのこうのだとは限らない、と。
 どこへ行ってもオチャラケる九頭さんと、几帳面に反論する武田くんの対比を見せながら、裁判そのものの駆け引きも分かり易くみせてくれていたと思います。
 所長の白石さん(北村総一朗)も、秘書のほしのあきも、もうひとりの弁護士高嶋礼子姉御もばっちりはまってて申し分ありません。

 そのうちシリーズを通して軸になるような、九頭さんの過去だのライバルだの別れた妻だの、出来たりするんでしょうかね。そして訴訟で窮地に陥った九頭さんを救うため、武田君がついに信条を曲げて、九頭さん流の博打をうつ、みたいな??(ベタベタ・・・)

 鼻の絆創膏、ぐしゃパーマ、日焼けだか酒焼けの赤み、とにかく美貌は封印のトヨエツ様ですが面白いからいいや。来週も楽しみです♪
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ