ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

豊川悦司

映画「ジャッジ!」☆☆☆

コンコンコンコン♪ 腰コシ腰、ニャア!(注:これは猫です)

いや、どう見てもキツネだから!


作中で何度も繰り返されるクソCMが耳について離れないしw むしろ賞取ってたTOYOTAのより好きw


クライアントが猫と言ったらキツネも猫!という無茶振り広告業界を、誠実さで切り抜けていく主人公を妻夫木くんが好演しています。世界中から優勝を目指して集ったCM製作者たち皆に好かれ、でも危なっかしくて助けにはいられないw いいやつだよねー。


もっとも、脚本上では序盤の合コンで

『キモいダサい』

と嫌われまくり、からの後半での株急上昇。『ほくろに毛が生えてた』とまで女子に言われてましたけど、それ画面でわかんないしw 一人だけ嫌われるほど酷く見えない時点で軽くミスキャストだったか、冒頭はのび太君レベルに丸メガネでもかけさせておいて、海外コンペに行く途中でメガネ割るとか、ガラッと髪型変えるとか「電車男」レベルの変身を挟んでも良かったのかもしれませんね。

それとタイトルで損してる。

なんの映画かわかんないもん。


でもそこ以外はもう言うことなしでブラボー。ちくわw かまきりw オタクw ペン回しw

What I’m about to say… is very important.   w

リリーフランキーの怪しい窓際おじさん最高。

おおた きいちろう と おおたき いちろう は海外だとほぼ一緒だからお前代わりに行ってこい、ってw
横暴上司の豊田悦司も良かったし、北川景子もきれいでキツくて英語うまくてはまり役。

なにかときっちり回収されていく伏線は要するにベタなわけで。世界に通じるウェルメイドなコメディだと思うんですけど、よーく考えると肝になるCMがきつねうどんでコシでコンコンとかダジャレだわ、ちくわってなんだそれだわ、謎だらけかしらん。


「椿三十郎」☆☆

何十人無駄に死んだんだろう。金魚のフン共が莫迦なせいだぞー!!

近所の2本立て映画館でリバイバルされていたので見てきました。(旧作未見)
空調やオヤジさんのイビキがうるさくて居心地悪し。それでも、椿の花で合図といい、のんびり屋の母娘といい、最後の三十郎の不機嫌の苦さといい、話には引き込まれて最後まで飽きずに見られました。
勿論、松山ケンイチ目当てだったので、彼がずっと出ていただけで点が甘いです。……全然アップなくても。

ただねー。母娘のゆーっくりしたしゃべりが、わざとらしくてイライラ。(ユウコリンやDAIGO、大竹しのぶを思い出しても全音均等に引っ張ってるワケじゃないのに)
やっと登場した大目付さま藤田まことも、存在感はバッチリとはいえ別に馬面じゃなくてなんだかなー。

何しろ同じ脚本の「お手本」が存在するわけですから、ちょっと何か気になる度に、旧作はもっと面白いんじゃないか、こんなニセ椿使わないんじゃないか、馬面はどれだけ凄いんだろう?と、オリジナルへの期待ばかりがふくらむばかりでしたよ。
同脚本別監督といえば、三谷幸喜の「3番テーブルの客」。あんな風に、うわー全然違うよ!!と驚けるんでしょうか??
見なくちゃだわー、オリジナル。

織田くんは可もなく不可もなく。トヨエツは声がこういう役似合わない。

「犯人に告ぐ」☆☆☆

 wowwow制作、今秋公開予定の豊川悦司主演映画が、何故か一日限定放送。
ネットや口コミで「いいよ」と広まって欲しいのでしょうか?下手したら海賊版が出回ってしまうのでは。それともこれ、映画館でみるとラストにもう15分あるとか???←そんな風に思えないでもない終わり方だったわー。

 ともかく、豊川悦司は神奈川県警の刑事。
手柄を狙って、ムリをした挙げ句&記者会見での暴言で左遷になります。
 そして6年後、再び起きた相同の大事件に責任者として迎えられ(もろスケープゴート)、TVを通じて犯人に語りかけるという暴挙で再び時の人に。
 犯人は呼びかけに応えるのか?事件はまた起きるのか?

 いやー、その犯人に呼びかけるトヨエツがもうかっこよくてメロメロですってば。
専属出演のニュース番組が視聴率アップって、そりゃそうでしょう。
終盤では、とうとう襤褸を出した犯人に「もう逃げられない」的なことをいうわけで当人には恐怖の戦線布告、そして捜査に巻き込まれる地域の成人男性には良い迷惑でしょうが、犯人像にまったく合致しない私にとっちゃもう、ただただショータイム!
「今夜は、ふるえて眠れ」
きゃー捕まえて〜♪

 それを快く思わない二世ボンボンの上司(石原ユウジ似)が、トヨエツを陥れようとして墓穴を掘るのも爽快。また、「武士の一分」で下働きだった爺ちゃんがトヨエツの味方でいてくれるのも嬉しくて、人物配置がいいですね?。
 事件にだけ的を絞った展開が、多少色気はないですがスッキリしていて面白かったです。うん。

 ただ一つだけ気になったのは、冒頭で死にかけていた奥さん。
てっきりそのまま亡くなって、一緒に暮らしているのは妹かなにかだとばっかり思っていましたよ。心臓が悪い描写も6年後にはないし。助かって良かったと一言あれば良かったのにー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ