ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

豊嶋花

「都会のトム&ソーヤ ぼくたちの砦」4〜最終回 ☆☆☆

 いやあ大満足です。

 学校脱出後半は、バスの臨時運休でただ走ることになり創也(酒井大地)が捻挫で大ピンチ!時刻表より、テーピングが必要でしたよ女史!でも途中で謎解きのヒントは拾えたし、内人(城桧吏)の機転で創也運搬にはゴミ捨て場のベビーカーを活用⁉︎ 帰還がギリギリにはなりましたが、創也がマラソン中に捻挫したと思えばむしろ自然で結果オーライでしたよね。

 続く幽霊編は夕方の校内でワイワイ。
カントク(りきまる)が見た「空飛ぶ本」は、挟んだ手紙を探して本を振っていたからだった?? 謎が解けた様でいて、そもそも転校するその子って本当に生徒?幽霊だったりして?という含みもまちトムらしかったです。
って、先生も本探しでその子とがっつり会話。帰宅が遅れると「お家にも連絡しておいた」のに? まあいいかw

 そしてラストはサバゲー編!
テレビ局のイベントに参加?お祭りみたいにはしゃぐ子供達を見守る栗井栄太……のリーダー神宮寺直人(市原隼人)が、ねっとりと怪しくていいですねw こんな子供相手に何を本気に、感が実写では際立ちます。
森を歩きながら、アケビの蔓をなんとなく手に入れる内人。後でパチンコ作りに役に立つ、そんな「その辺のものを集めて使う」ところが見られて嬉しかったですよー。また、宝箱の回転マークを見てぶん投げる大胆さもw
「君は本当にすごいね」
と創也に言わせる、2人の違いがいいんですってば。

 さて、これと映画版はどう絡むのでしょう?
映画はあまり評判よろしくない様な…それより学校を舞台メインのミニシリーズで続けて欲しいかもしれません。でも少年たちはすぐ育っちゃう。そこが実写最大のネックかな?

「都会のトム&ソーヤ ぼくたちの砦」2、3 ☆☆☆

 楽しいね! 都会のトム&ソーヤと書いてマチのトムあんどソーヤ。

 2話は地下の雨水処理施設でピクニック⁉︎
栗井栄太の出したヒントが地下に降りる某所マンホールと見抜いたのは創也(酒井大地)で、ちゃんと専用のオープナーや休憩椅子、温かい紅茶は準備していましたけれど(自分の分だけw)    いつも気取った創也が地下ではちょっとびくびく。しかも前へ前へ進むことしか頭になくて……

 帰り道を忘れてましたよ!

 どれも同じに見える施設の扉に、内人(城桧吏)が印をつけながら歩いてきていなかったら、地下で迷子だったかも?「絶対、生きて帰る」山の掟を叩き込まれた内人、頼りになります。
ちなみに使ったチョークは、1話で真田女史(渡邊心結)がくれたもの(予知能力w) 
 電気に意識を向けさせたり、写しとってきた図形をぐるぐる回してみたり、毎回創也が謎を解くきっかけになるのは内人で、本当にベストバディです。

 3話ではまた、校内。
「あなたが好きです!」
なんて花束持って美晴ちゃん(豊嶋花)に捧げている内人! 何事かと思ったら、ほら映画同好部の撮影w あるあるw  突然。助っ人で出演の内人が、役名クリスティーナを忘れて何度でも美晴ちゃん好きって言い続けてるの、お茶目な監督(りきまる)でなくてもからかいたくなるわ〜。
 で、コンテスト締め切り当日。
大傑作、優勝間違いなしと盛り上がっていた応募DVDが、まだ手元に?? 締め切り日の勘違いに一斉に萎れる演技も可愛いよねw 今日の14時という微妙なリミットまでに募集先TV局に届けるには、授業を抜け出さなくては!
まずは、正面から先生にお願いして不許可なところ、中学生ですよねー。 それでも行く!と暴れる監督を制して、立ち上がったのが我らが創也くん。マラソン授業の間、バスで行って戻る時間は十分、ただし行くのは既に注目を引いた君でない者にするべきだ、と。同好会の正式メンツでなく、可もなく不可もなく目立たない普通の生徒……はい、内藤じゃーん? と全員が内人をさしますよ。そういえばそんな設定でした、実際は愛嬌で目立ってますけどね!

 そのために、体育館に仕掛けられたのはピタゴラ装置!
最後に大量のボールが雪崩れ落ち、片付けで大騒ぎのうちに抜け出して、内人と創也と美晴でバスに乗り、さあ目指せTV局!学校ジャージでw(路線バスの時刻表を、そっと差し出す真田女史w  やっぱり予知できる?)

 ボディーガードの卓也さん(中川大志)に頼めば?とちょっと思っちゃいましたけど、竜王グループ社員を私用で使っちゃダメかw  それでなくとも転職希望、強面なのに夢は保育士というコメディ設定出てきましたよー!

 また、次々と課題をクリアしてくる人物が中学生と把握して、ざわめく栗井栄太側の描写も楽しく見ています。常にアンニュイな市原隼人w リモートで会話する本田翼に森崎ウィン、映画版につながるだけあって豪華なメンツですよね。

「都会のトム&ソーヤ ぼくたちの砦」1☆☆☆

 主人公初め、中学生がみんな可愛くて上手い!
この夏の映画公開に合わせ製作されたAbema TVのドラマです。ジュヴナイルな原作が活かされたドラマ化で感激しました(^^)    これもそのうち地上波放映あるのでしょうか。その頃にはお札が渋沢栄一になっっちゃってるかなーw

 転校生、内藤内人(城桧吏)はフツーオブザフツーの中学生。ところが同じクラスのザパーフェクト、常に満点の御曹司、竜王創也(酒井大地)の仕掛けた罠をくぐり抜けて以来、仲間に。創也が「砦」と呼ぶ隠れ家に入り浸るようになりますw
 創也の目指すゲーム制作とは? ゲームクリエイター集団、栗井栄太(市原隼人、本田翼、森崎ウィン玉井詩織)の挑戦を2人は解けるのか?

 フツーの子、内人がその辺のものから捻り出すサバイバル術がいいんですよね。仕込んだおばあちゃんもそのうち出てくるかな?  そして、御曹司にボディーガード(中川大志)はつけても公立中に通わせる竜王グループw 地に足ついてますよねーw
 息子が原作に夢中だった当時、はやみねかおる氏のサイン会にも連れて行きましたよ、懐かしい〜! 中学生のゲーム制作やバーチャルリアリティ、当時は怪盗クイーンと同じレベルの荒唐無稽だったのですが、いつの間にか時代が追いついたなあとしみじみ。創也はタブレット持って歩いてるし、栗井栄太はYouTuberかVtuberと思うと違和感ないですよねえ。

 ところで、転校生と言っても2年前はこの街に住んでいた内人くん、幼馴染美晴(豊嶋花)ちゃんもクラスメートにいて、誘われた映像研究会に入ってのエピソードも楽しみです♪

「大豆田とわ子と三人の元夫」〜最終回 ☆☆☆☆

 すごい、何も変わらなかったw
いかにも最後の男に見えたオダジョーは四人めにならず、乗っ取られかけた会社は結局無事で。押しかけてくる元夫たち、生意気な娘、とわ子社長は今日も笑顔です。

 かごめ(市川実日子)の死から一年。
やっぱり漫画賞は受賞したんですねえ。ただそこにトロフィーがあるだけで何も語られはしないのですが。思い出を語りあいたい夫その1(松田龍平)と、避けるとわ子(松たか子)の仲はギクシャク。
 そこに現れた愚痴れる相手、朝の体操で出会って一日おしゃべりしちゃうようなゆるっとした男小鳥遊(オダギリジョー)が、まさか 会社を乗っ取りに現れるとは〜! 更には、そんなことがあった翌日でも公園で会えば変わらずに話しかけてくるとはw 仕事は仕事、っていうけど普通そこまで分けられませんよ!
 それでも訥々と語られる普通じゃない生い立ちと経歴では、このルックスにして女慣れしていなさも納得で。『社長の娘と結婚しなければならない』と口説き方を とわ子に学びながらも2人の距離が縮まっていく皮肉は浪漫ちっくで見応えがありましたわ。そして結局はとわ子にプロポーズ。
 でもシンガポールで暮らさないか、って。
小鳥遊が騙してはいなくとも、小鳥遊が騙されている可能性はありありで落ち着かずに見守っていたら、そうかーお別れかー。夫その3慎森(岡田将生)が泣いて諭さずとも、とわ子さんは、憧れの家を与えてもらって
『夢が叶った』
とは思わない人なんですよ。いいなあ。

 最終回もいつもの様にバタバタと事が起きたかと思えばしんみりと語り合い。とにかくお母さんは、悩んだこともあったけれどそこまで不幸でもなく、家族のことは愛していたよってことで大丈夫ですかね。確かに私も今、そんな感じだわw
『家族を捨ててでも一緒にいたい』
と、書いた手紙を亡母が投函せずにいた相手が、まさかの女性w
そこで「恋人だったの?」と聞ける唄ちゃん(豊嶋花)は今時の子w  相手も苦笑しつつ否定はしないのがまた今時で。 でもさ、主婦が現場から逃げ出して女友達と暮らしたいって、そこに性愛はなくても成立すると思うぞ。少なくとも、自立している女友達との同居は家事半分こじゃん。 夜のおしゃべりとか、スイーツ分けっことか、噂話とか、うわあもう楽しいことばっかり☆

 一方で、不利なジェンダーと戦うのが馬鹿らしいと女医志望を辞めちゃった唄ちゃん。医者の妻になれば早いと玉の輿に目をつけた相手が……とんでもない奴だったよなあ。なんだよ16歳の今から、人を顎で使っておいて『いい奥さんになる練習』って。それは奴隷になる練習だ。
「落ちてしまえ!」
と とわ子と一緒に捨て台詞w   受験に。気が早いけど、国試にもね。
結局は唄ちゃん、また思い直して医者を目ざすそうで(あいつとは別れたのね)良かった良かった。

 1話だか2話だかの詐欺船長(斎藤工)が再登場でw 
また四人めか?と現れた同級生(竹財輝之助) もこの流れだとパイロット詐欺みたいでしたけど、今度は口説かれもせずw 

 そうだ、第一話から変わったことがありましたよ! 
慎森がお土産を買ってきた〜!!  夫三人お揃いのシャツw  なんだそのセンスw  
慎森は会社で雑談もできるようになったそうですよ! それこそ何があったんだ慎森!
夫その2(角田晃広)の器は小さいままだし、夫その1の色気はダダ漏れなままなのにw
あ、でも避けていたその1とは歩み寄り かごめの思い出話ができる様にまでなりましたっけ。そして夢想するのは、別れずに2人で唄を育てていた世界線。それだけは、他の2人とは考えないことだもの、元夫その1はやはり特別なのかな

 元夫三人で とわ子の家に上がり込んで酒飲んでw
「大豆田とわ子は最高!」って。

なんなんだこいつら、と思いながらもやっぱり私たちも思わずにはいられませんよね
「大豆田とわ子は最高!」 

「おいしい給食」~9 ☆☆☆

 パンにまみれたい女子中学生w なんだそれw

 前半は身体測定に避難訓練、校外写生の会と毎回イベントに絡め、毎日忙しすぎてた常節中学校でしたが、後半はあるあるにシフト。机の中にカピカピのパンがいっぱい、って小学校でよくあるあれですよねえ~。
でもさすがに中学の、それも女子(豊嶋花)の机がパンだらけはありえない(^^;;;;)  先生たちの
「誰かに入れられたのか」
「食べきれないと怒られるから?」
な懸念は妥当でしょうが、本人は笑顔で大人の決めつけを否定してきます。 な、なんと大好きな神野くん(佐藤大志)にあげるためにとっておいたんですってよ~?今までずっとパンをあげていたのに
「良い食べ方を思いつかないから、もう要らない」
と断られ、いつかまた欲しくなった時のためにとっておいた、んですって(古くなったカピカピを何個も要らないよ!ハイジか!)

 前回も、クラス中が食欲がなく(焼きそばなのにw)、すわ感染症か食中毒か?? と慌てる甘利田先生(市原隼人)にバシッと突きつけられたそれ以外の食欲不振の可能性は
「満腹、です!」
調理実習に、解剖実習のイカ実食(高2の時したわ~)w   それぞれはご褒美タイムなのに、教師同士のすり合わせが悪いと日が重なるのも中高あるあるw そこで神野くんがとった手段は、消化を促す体操に加え、調理実習のエビと解剖のイカをとっておいて加える海鮮焼きそば。天才かw

 しかし今回はみんな大好きカレーシチューを運搬中にぶちまけるという悲惨なあるあるで、カレーシチュー揚げパンが実行不能に!どうする神野! って、まさかのアルコールランプ持ち込んでのチーズフォンデュでしたから! シェイカーでコーヒー牛乳以来の衝撃w えーっと、個人的には甘い揚げパンをシチューともチーズとも合わせるの嫌ですけど(そもそも揚げパンは毎回男子にあげてたなあ、食べきれない)工夫の才には唸りました。
なのに、それが原因で「もう好きじゃない」となる恋愛の理不尽さも、また良きかなw

 ところで産休代行だった御園先生(武田玲奈)、あと2週間のはずがもう一年続けることになる?
もう最終回が放映されたと言うので、このまま映画に続くのかと一応納得していたらBS12で視聴しているともう1話あるそうでしたw そりゃそうか。

「死役所」~5 ☆

 う~ん、ゴン狐的に もやもやする orz

 どの死も理不尽。みんな死にたくないですよ。
でも中学生のひよひよデートが、いや正確には引越し前に一度だけと頼んだデートもどきが、トラックの下敷きで終わるだなんて悲劇を、なんで私たち見せられているんでしょう。そこになんの教訓も、希望も発見もなく、ただ死にたくなかった若い女の子(豊嶋花)の涙を見ているだけ。
 自分の、一気飲みで急性アル中もみっともないけどまだマシかと、1話からふらふらしてたミチル(黒島結菜)が成仏しましたけどね。まだまだあるはずだった時間と、遺された家族を想うとどっちもやりきれないよ。

 5話、ハヤシ(清原翔)が死刑になったのはなんと妻子と浮気相手の撲殺。
でも奥さん(岡野真也)酷すぎるでしょ。一歳になる愛娘がそいつの子な上に、もう夫の存在が『気持ち悪い』orz  えーっ彼が母親と義父(はやシ祖父)の不義の子なのは全く彼の落ち度ではないし。それでも知ってしまって生理的に無理、になったとして。何故生まれる前に別れない~。生まれて1年も育てさせる~。
過去にも、彼女をいじめてた女を無言で3階から突き落とすという、激昂するとやらかすタチを知りながら、何故人目のあるファミレス等でなく自室で別れ話をしてしまう~。
 3人揃って死役所の他殺課に現れて、『浮気を打ち明けたら、夫が』と書類に書いたんでしょうねえ。誰かに「そりゃあんたが悪い」とツッコまれる方を、むしろ見て溜飲を下げたかったですよ。 

 その全てを、淡々と受け止めるシ村(松岡昌宏)
彼も幼い娘を手にかけた罪で死刑になっていますが、なんと冤罪ですってよ? 手を血に染めて、娘さんの遺体に立ちすくす生前のシ村…そんな映像が繰り返されて、どうして冤罪になってしまったのか真犯人は誰なのか、気になりつつもどうせ胸糞悪い話な予感orz


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ