ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

豊原功補

「遺産相続弁護士・柿崎真一」1 ☆☆☆

なんて下世話なw
金持ちの葬式をチェックしては乗り込み、揉め事にたかるハエのようなクズ野郎、それが主人公の柿崎(三上博史)です。ぐしゃぐしゃパーマに適当スーツ。トトリをだらしなエロくした感じですかね。

今朝も老人の葬式で、亡くなる6時間前に入籍した若ーい妻と娘が取っ組み合い、壮絶です(^^;;;)
結局、妻(奥菜恵)から依頼を受けて相続権のお話し合い、娘(紫吹淳)から法廷で争うと言われてそわそわする柿崎。だって弁護士資格ないんだもん…って!これは斬新、詐称でしょうか。それとも剥奪?どっちもありえるw
夫婦の間に愛はあった、と証明したい柿崎側。老人ホームやら妻経営のクラブやらで聞き込みをすればするほど金目当てとしか思えず、柿崎の部下(森川葵)はこっそり娘とコンタクト。相続を放棄させてみせるから金よこせ、ですと。分裂してますね!

でも柿崎のセフレ歯科医(酒井若菜)情報では、老人はそのクラブママとのチューのためにインプラントを入れ、不要になって入れ歯を『ご褒美』と称して彼女に贈っていると……。いやあ、総入れ歯を総インプラントだなんて何百万円仕事ですよね。どんだけ愛しててどんだけ金持ち(^^;;;) なるほど歯科って金持ち老人とつながれますねー。
で、ご褒美ってことはその入れ歯が純金製?と推理するお茶の間でしたが、それじゃ重いよw

マスコミに『6時間妻』とバレ、追いかけ回されてカメラの前で愛と相続放棄を誓ってしまう妻でしたが、代わりに故人の思い出の入れ歯をもらうことを娘に認めさせ……なーんだ、入れ歯の箱に貸し金庫の鍵が入ってたのかあ。そこに現ナマ(相続税なしの裏金?) が唸ってたのね

もとい、二人のイニシャルと出会いの日を命名した星の情報も。
望遠鏡、覗き用じゃなく本当に天体観測が趣味だったのねー。亡き老人は彼女を愛して妻にしたし、金を無くした芝居をされても世話したし入れ歯を捨てなかった彼女にも老人への愛があったわけですね。
(日記中の<ママ>は、彼女に会ったその日から亡き愛妻じゃなくなっていた……ドラマ的にはいい話ポイントで純愛ですが、正妻の身としては自分の死後とはいえそんなことになったら嫌だなあ)

てなわけで柿崎は成功報酬6000万円を見事手にし、女どもにスーハー嗅がせてやって左団扇……と思ったら。借金取り(豊原功補)が現れて利息だと全部持って行っちゃいましたよ!利息だけで6000万円って元の借金はいくらなのよー!
追いかけた部下は、漁夫の利だった相続放棄の報酬小切手を持って行かれます。こちらも、300万円を口止料と言われて引き下がるって、どんだけ後ろ暗いのよー!

いやあ、一筋縄ではいかないメンツ。また弁護士ものかあ、と文句言ってた旦那も最後まで笑って見ていて、期待以上の面白さでした。文句といえば、瀕死の割に枠に収まってる婚姻届の署名と、日記や星を贈るメモの妙に読みやすい文字w そこは老人の達筆でお願いしますよ、持ち道具さん。さておき、毎回とんでもないお家騒動や荒技法解釈が見られたら面白そうですねえ。
その反面、毎回見なきゃいけない話でもなさそうな……。例えば柿崎の過去やら借金の事情なんて解き明かされなくてもいいです。ずっとこんな男として生きてきててもいいじゃない。

「のだめカンタービレ」9 ☆☆☆☆

 千秋にカニを貢がせる女(笑)

過去のトラウマもありながら才能の片鱗を見せ始めた、のだめちゃんであります!
 幼少時代、あーんな小さな子が、あーんな技巧的な曲(だよね?)弾いてるのも凄いけど、そーんな前にやった曲を譜面無しですらすら弾くって、いくら音大生でもやっぱり凄いんだよね??
(二次予選、「嫌そう」なのかーあの音はー)

 それなのに、今度は千秋が、目の前に世界が開けた途端に躊躇してしまっているのが面白かったです。
自他共に認める才能も財力も人脈も、かてて加えて語学力まで充分なのに、まっしぐらに飛び出す前にやっぱり足が竦むんだねぇ。
「ケツの穴の小さか」千秋が、年相応に可愛く見えましたわ♪

 そして現れたシュトレーゼマンは……やっぱり写真集が目的だったのか!!amazonで頼め!!(^^;;;)

 「お歳暮」でもめるハリセン&のだめと、のだめに『ねぐせドレス』!と愛称をつけて呼んでいる審査員の先生がほのぼの楽しかったです。来週は本戦で勝ち抜いて(優勝を逃して特別賞でもとると、ドラマ的に盛り上がる感じ?)、千秋と一緒に留学で最終回か??
 ハリセンの奥さん白石美穂、楽しそうでした。千秋が合宿した時にもずっとあの調子だったのでしょうか!(ご夫婦並んで、何か思い出すと思ったら「電車男」だった・笑)
 もう谷岡先生は出てこなさそうですけど、面白いからいいや。

「のだめカンタービレ」8 ☆☆☆

 千秋、のだめにはノーガード(笑)
口では何を言ってももう、入浴覗かせちゃうほど心許してる仲ですものね?

 コンクールで優勝した者も挫折した者も、賞とは無縁の場所に居る千秋も、それぞれのプライドを賭けてS☆Rオケに挑んでまとまっていく様子がテンポよく描けていたと思います。
 で、『え、もうコンサート当日?』と思ったら、千秋のトラウマ話。

 これを治しちゃったら千秋は旅立ってしまう。

 悩むのだめが、それでも千秋の音楽を聴いて、彼を世界に送り出す決心をする様子は感動的でした。(せっかくの催眠術なんだから『のだめを妻にする〜』もいれときゃ良かったのに ^^ )
そしてやっとピアノの演奏に本腰をいれるわけですよ!!
 そういう真剣な青春と、「おなら体操」(しかも先生、上手い!)が並列なのがのだめの楽しいところでしょう。

 それから、ゲスト登場の千秋のお母さん。いい配役でした。目立ちすぎず上品で才能のあるお母さん。これで高畑さんとか室井滋が出てきたら、気になり過ぎちゃいますから!シュトレーゼマンと話してる場面を想像するとまた怖いし(^^;;;)

 ・・・朝日新聞大阪版のTV質問コーナーは、
『西村雅彦さんの髪型はとても自然です。特殊なカツラですか?』でした。写真付きで(笑)
不自然でも自然でも、結局注目を集めてしまう、それがカツラ…
(ちなみに質問への回答はこちらに)

「のだめカンタービレ」7 ☆☆☆

 ピンクのモーツアルト(^^)
精鋭ソリスト志望が集結したR☆Sオーケストラとはいえ、若者が集まってたらそりゃ恋は生まれるでしょ。これ、選曲がピンクでOKだったからいいものの、いぶし銀を目指してたなら取り返しつきませんね。
(で、どうでした?本当に音色も変わってました?教えて耳のいい人!)

 担当教師が替わって逃げ回る、のだめ。
3階の窓から飛ぼうとしてましたからねー、どんだけ嫌いですかハリセン(豊原功補)が。
でも穏やかな谷岡先生の優しさが、「生徒へのサービス」であって教育ではなかったと笑顔で語られると(きゃ〜西村さんステキ〜!!)、追いかけ回すハリセン野郎の方が愛情に満ちて見えてくるから不思議です。
 ハリセン捨てて、プリごろ太と弁当を用意(流石だ千秋)して、方針を変えての教育が実を結ぶのか??

「絶対なぐんない」約束でしたけど。ぐーでぶっとばす千秋はいいんですかい(愛?)
ついに清良ちゃんまで瑛太殴り倒してて、皆さん奏者ならもっと指を大切に!

「時効警察」最終回 ☆☆☆

 メガネが曇るわ、イギリス人だわ・・・・(^^;;;)
初回のギャグを踏襲、見事な最終回でした!
ゲストのローリーも良かったなぁ。先週、TVチャンピオン「芸能人弾き語り王選手権」でみたばっかりなんですよ。バンド再結成に向けての露出増でしょうか。それにしても、あまりにぴったりな役で大笑い。
 「アンズ」さんのところに帰ってきた女学生は、ローリーの落とし胤っちゅーことでよろしいのよね?

 で、殺人&盗作事件でしたが。

 1年に1曲。15年もの間、他人の才能をもてはやされて生きてきたってあまりに哀しい。
でも殺人犯かどうかは別として、たいした才のなかった女が、恋人の死後突然名曲を(それも彼に作風のそっくりな)発表したら、そこの点だけは疑われないんでしょうかねぇ?
 まぁいいや。
『だれにも言いませんカードF』角が丸めてあります(笑)最高!

 これが最後の事件。帰りのバスで。
霧山から柄にもない礼の言葉なんか言われて、泣き出しちゃう三日月ちゃんが可愛かったなぁ。あそこで告白しちゃえばいいのにー!!
 風で飛んでった婚姻届け、だれか拾って提出しちゃえばいいのにー(笑)

 最後でまた新たな婚姻届に、霧山の署名捺印が!!
パート2で使ってくださいね!!

「時効警察」8 ☆☆☆

 荒熊さん♪ありがとう♪ って、間違えるかそんなとこー!!

 そんなマイマイな話はおいといて。
今回もぶっとんでて楽しかったですねー「時効警察」!
 霧山君のそっくりさん、事件当時にそっくりだったんだから現在はもっと老けてるだろうに、ちっともそんな話にはならなくて、下着泥棒疑惑には笑いましたー。
『変態でもいい!』
と心を決める、健気な三日月ちゃんにも笑いましたー。
でも三日月ちゃん、君相変わらずただの都合のいい女だよ(涙)

 事件は、入学試験での入れ替わりから、発覚を恐れての殺人。
相変わらず初動捜査が適当で、現場の靴痕とかツメの間の微物とかいっくらでも痕跡は残していそうですけど・・・そこが目的のドラマじゃないからなぁ。
 被害者が森に向かった理由も、『2人で昔埋めた』思いでの品を見に、なんて。2時間ドラマだったら瓶をみせられたら親友の名を呼んで泣き崩れそうなものじゃないですか。それがー。
「なんて書いてあるの?これ?」
って、自分で書いたクセにっ感動の場面が台無しですがなー。
(またその2人の書いた字が、同学年とは思えない差で能力差を如実に表しておりました・笑)

 亀にやどかりに沢ガニ・・・・それが何の説明もなく霧山宅で皿にのってるところも、好きだわー。

「時効警察」7 ☆☆☆

 今度は、
『アナタが犯人じゃないってことは』誰にも言いませんよカード!!ナルホド。
コロッケ屋で、子供の頭をめっちゃ撫でてるオダジョー可愛かったわー♪ナチュラルに変なオダジョー満載で毎回楽しいです。

 何がなんでも楊枝を(それも足元に・笑)携帯したい葉月里緒菜の発明品でプチ笑いしつつ。

 いつも黙って頷いているだけの女が、大それたことをしでかした気持ちを想像してみると怖い。
アレ、でも、
”3億円事件のアイディアを盗用されたから”友達の夫を寝取ったんだよね?
それとも変な楊枝のアイディア??

 それが逆で、葉月さんがちょっかい出したせいで犯行に走ったんだったらもっと怖かったのになー。

 葉月さんが手記を書くのはいいけれど、その騒動に平凡な旦那さんと子供達が巻き込まれるかと思うとちょっと可哀想。

 十文字がお馴染みのポーズで『まっ白な灰に』なってるのは楽しかったけど、三日月ちゃんがタイムマシーン見つけちゃうのは話の流れにもジャマで余計な感じだった。この辺のお遊びへの趣味は人によって別れるところかと。

「時効警察」6 ☆☆☆

 ええっもう『時効』を扱うのが嫌になっちゃったの??あんなにカード作ってたくせに?
そんなのは第2シリーズになってからかと思ったら。

 でも、いくらなんでも分かり易すぎる逃亡犯の特徴だとか
(酔うと播州弁、耳が動くってアナタ)
スナック俺、ボク、私だとか
ベタベタなお笑いは変わらずで、いい感じに脱力しながら金曜の夜が過ぎていきます。
普段めっきり録画派なのに、何故かこのドラマだけは生で見たいんですよー(そのせいでキッスの回を見逃したわ・悲)

 関係ないけど「有頂天ホテル」みてたら三日月ちゃんが出てました。
オダジョーも出ていて、何故かちょっと得した気分。うふ。

「時効警察」2・3 ☆☆☆☆

  いやーもう、楽しすぎ(><)

 相変わらず、捜査は直球勝負です。
2話で『それ以来泳いでいない』のは、妹は火事現場に居合わせて火傷を負ったから!と睨んだらスルー。
3話ではミスリードそのものもありゃしない。
 でもそんなところはどーでもいいの!

 片桐はいりがドア越しに喋り(締まるスピードまで最高!)、電気屋のオヤジハイテンション。美しい新聞配置(笑)
 同僚刑事達のどうでもイイ日常は、「やっぱり猫が好き」を彷彿!それだけでもずっと見ていられますー。
 あの”可哀想な”十文字さんも好き。彼の悩みを、しれっと霧山くんが解決する(しかも十文字はそれ忘れてる)パターン、3話目からはちょっと変えてくれてホッとしたりして。いい感じですよー。
 撮影現場、楽しそう。

 3話、容疑者と目撃者の馴れ初めが妙にえっちだったのは・・・『深夜枠』らしくってテコ入れなんでしょうか(^^;;;)別にどっちでもいいけど。
どーでもいいといえば、 2話で霧山くんが「シロクマくん」だったのは、霧ヶ峰エアコンのCMがシロクマ君だったから??
 
 そして、アタックが上手くいかない三日月ちゃん!!
アナゴ寿司はフラレ、婚姻届入りの財布を預けたのに忘れられ・・・・って、遠回し過ぎます。あのニブチン相手には、堂々とドアにでも貼らないと見つけてもらえないよ(いやいっそ、押し倒せ! ^^;;;)

 あの暗い「白夜行」の世界でも、時効まで頑張れば霧山君がやってきて
『誰にもいいませんカード』を渡してくれるかと思えばちょっと和みます。
(3話、奥さんの分も2枚要るよねー。)

「時効警察」1 ☆☆☆☆

 セット丸出しの警察署、ゆるーい日常会話、微妙なルックスのオダジョー。うわー、いい感じ♪

 巻き込まれ型のヒロインが、だんだんとオダジョーに惹かれていく・・・んじゃなくて、既にはっきり狙ってるのがまた今までになくていい感じ。それにしても配役、オダジョーと電車男でも可哀想だったあの人以外知らない人ばっかり。
 同時間枠として比較されるだろう「トリック」とは、違うベクトルのふざけたドラマとして楽しめそうです。事件そのもののリアリティはどうでもいいや。

 日曜日にメガネはねぇ。イギリス人じゃないんだから(笑)
「誰にもいいませんよカード」最高!!こりゃ金曜の夜が楽しみです。

「電車男・もうひとつの最終回」 ☆☆

 電車とまるで同じ告白をする桜井さん。ラジコンは諦めたのか(^^;;;)そして陣釜さん最高!

 最終回直後の総集編。人気があった証拠だよねー。
回想シーンを撮り下ろしでつないでいく、そこは本編からして山田君が『電車男』として掲示板に書き込むことで毎回回想してるようなもんだし。ネット住人の普段がちょっと出るのもいつものことなんだけどさ。
 つい先週の山場、感動(?)の告白シーンをアキバ系なんとか氏2人が掲示板声に出して読みはじめたのには参りましたよー。
 伊藤美咲の顔に、劇団ひとりがアテレコ! おい!!

 普通にドラマとして見ちゃったら、ウミガメ@劇団ひとりのいいところが(金以外)描かれていないので須藤が彼を受け入れようかと思う気持ちが分からない。せめて熱だしたら来てくれた、ぐらいの事でもないと。『アナタが好き』と言ってくれれば誰でもいいのか?
 でもまあ、原作が売れたり映画ドラマ化のせいで『オタクブーム』とかいってるのと同様、須藤ちゃんのOKなんて一時の気の迷いさっというキツイ意見表明かもしれません。ふふふ。

 阪神ファン六角さんの恋も体当たりで上手くいって良かった良かった。(バー華阪神に笑ったけど。だったら何故コリアンバーなのだっ)

 最終回、銀河鉄道で旅立っていったエルメスと電車が本当に婚前旅行に出発していたのにもびっくりしました。イメージ映像じゃないんだ。そしてエルメス積極的過ぎ(掲示板に報告されてるのも知りながら ^^;;;)

 バラエティだった本編を、更にネタで盛り上げて終わり。筋が通ってて実にいさぎよかった!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ