ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

谷原章介

「半分、青い」☆☆→×××

朝ドラ、実はずっと見ています。でももう辛いのです。偶にツッコミ入るなら愛嬌ですが、素でイヤおかしいだろ……とドン引きすることが増えてしまいました。

だいたい週末に、週の6回を旦那と並んで続けて観ます(^^)
旦那は片耳失聴で私は漫画描いてた時期があって。お互いにうんたらいいつつ、星野源のオープニングもとばさずに6回見てw 永野芽衣ちゃんが可愛くてねえ。そうか漫画家になりたいのかと、応援していたものです。
それがプロポーズ断った(ことになった)あたりから、ストーカーなど鈴愛の奇行に戸惑うようになり。断筆しての第二の人生だって暖かく見守っていたのですが……。クズとの結婚はともかく。離婚も……『映画を作りたい』ではなく『別れて欲しい』から持ちかける旦那がやっぱり酷いとも思いつつ。

出戻ってからの鈴愛は、ずっと「変」じゃないですか?
いくら実家でも、自営業で必ず居ると分かっていても。ひと言の連絡もなく子連れで住みにやってきて、営業中の店内でいきなり喧嘩を始めるって。地上げ屋の嫌がらせより酷いわ。そして、大昔のプロポーズを蒸し返したり『律を支えたい』って、はあ? 
どれもこれも、離婚話から即日泣いて帰って不安定というならまだしも、季節が変わるほど婚家に世話になってからなのに? そして実家でのんびりと家事もせず、むしろ娘の世話は家族に丸投げで楽チン楽チンと朝寝してるのに?
そのうち考えついた仕事は、雇われるのがイヤだからと2号店。元手は両親の世界旅行貯金 ← 鬼か。

そこからは、仙吉さんに五平餅特訓されて、速攻でマスター。拍子抜けしてたらなんのとこはない。開店したら習ってない弟子も焼いて客に出してるじゃん!特訓の意味ない~! そういう雑さが随所に見られてもうイライラしっぱなしなんですよ。 仙吉さん急死で、カフェの名前が決まらない騒動も長い。それより、やっと命名ができて喜ぶ仙吉さんが見たかったなぁと思ってたら、なんだ。カンちゃんから仙吉案を聞き出すために、人形に携帯仕掛けたかったんですねえ。その延長に、カフェのアイドル岐阜犬が喋るアイディアがあって、それが懐かしの糸電話を彷彿とさせ……って、待ってよー。

店名案は仙吉さんとカンちゃんと愛狐ココンタ3人の秘密だったのに、家中の大人が教えろ教えろと騒いで、知ってるはずのココンタまで『忘れた、教えろ』と言ってきて。気が付いたら店にはその名がついてるんですよ、非道くないですか。カンちゃん怒っちゃうのかな、と心配したのに、店名に反応する場面なし。そもそも「センキチカフェ」と聞き出してからほぼ登場しませんorz
律(目上を呼び捨て!)の家に上がり込み、病気のおばさんに歌をきかせ(迷惑…)、漫画借りてと、野放し状態を延々見せられた挙句に用済みですか。あ、ママお手製の岐阜犬と陽気におしゃべりしてました。喋るココンタの裏切が響いてないのかと。『世界はひとつ』『パパとは心が通じてる』などと壮大なことをよく語るカンちゃん、携帯電話のギミックなどお見通しのこまっしゃくれた子供だと思ってたのに、逆にあのお題目はお莫迦の証拠で、丸っと言われたまんまを信じちゃうってことだったんですか?
どんなに頼んでも、一度もお絵描きしてくれなかったママが描いた岐阜犬。カンちゃんのためじゃないんだよね……切ないなあ(その設定も、断るエピソードの積み重ねでなく『一回も描いてない』と言うだけ)

またその岐阜犬の中の人が、和子さんorz
開店時間内、ずっとスタンバイしてるの? 余命宣告された病人が? 殺す気か。仕事があると張り合いがあっていいわねーって、それは元気な人に言うことでしょ。

サンバのサトエリさんが来て、仙吉さんの五平餅の思い出を語ったというのに、センキチカフェで鈴愛のを食べさせるでなくお父さんが作っちゃってびっくりですよ。
てかね、五平餅ですよ。オープンに秋風羽織を呼ばないの?
てか、先生が癌だったことは忘れていいのかな?
忘れるといえば、ママが漫画家だったこともカンちゃんはもう忘れちゃったかな。
夫の映画が完成して、試写会もしたのに評価はなにか流れてこないのー??

律の嫁が敵みたいに描かれていますが、あんな変な幼馴染そりゃ警戒するでしょ。和子さんも、遺品を鈴愛から律に渡してとか、自分の死後の律が心配とか、嫁をないがしろ。ほんとこのドラマ、巣立って親と違うコミュニティを築いている子がいないんですよ……。

さて今週は旦那の出張もあって土曜を待たずに見ちゃったら、ほらやっぱり和子さん、岐阜犬中に具合悪くなっちゃってる(あのオープンスペースで浮気だ友達がいないだと、ぺらっぺら相談するのも不自然ですが)
その後イチゴを頼まれて買いに出た律くん、当然のように閉店後の「センキチカフェ」に入り込み(戸締りは??)売り切れ閉店を知らずに復活した岐阜犬に向かって、『あなたの子で良かった』を繰り出しますよ。う、うん。20代ならそれでいいけどさ。もうアラフォーで人の親だよね律くん。家に帰って直接言えよ、それ。その前に、閉店を知らせるシステムが無いとは、病人を待ちぼうけさせるのか最低だぞ鈴愛。

爽やかなオープニングの、無邪気で可愛い鈴愛ちゃんを見るたびに悲しくなるんです。平凡な日常に、明るい落書きで彩りを加えてくれたこの娘はどこに消えちゃったんでしょう……。

「犯罪症候群」1 ☆☆

要求金額が500万と妙に控えめな幼児誘拐が。
これは通報されなかった案件もあるとにらんだ警察は、人事課の環を通じ、退職し今は探偵業を営む武藤(玉山鉄二)に捜査協力を依頼。かつて未成年に妹を殺されている武藤は犯人が未成年だろうと聞き、悩みながらも了解する。しかしそれは武藤を利用したい環からの偽情報、しかも捜査本部は早々に解散してしまう。
一方、誘拐された子供たちを遊ばせてくれる優しいお姉さん(ミムラ)も、ただ利用されているだった。誘拐犯ジーニアス(要潤)は
『目的は金ではない、愚民に思い知らせてやるんだ』
と言い放つ。
何が起きようとしているのか……。


渡部篤郎に玉山鉄二、地味ながら謎の犯罪。東海テレビとwowowの共同制作だけあって、成る程めっちゃwowowです。でも、1話ですでに謎の誘拐犯ジーニアスの顔まで見せちゃう展開はスピーディーですね。これから何が起きるんだろう、というつかみはオッケーでしょう。
 

冒頭、甲本雅裕が親バカ丸出しで写真を選んでいた育児ブログをジーニアスも閲覧していて苦笑。黙って支払いそうな誘拐ターゲットはそう選んだんですね。
刑事から探偵に職を変えた父を嫌う、武藤の娘にはイライラしますけど。そんな娘の夜遊びや家出のみならず、武藤本人や妻の動向も徹底追跡している、もとい誰かにさせている環って……。そのマンパワーを捜査に向けろよw
捜査一課の刑事鏑木(谷原章介)が、武藤を訪ねてきて「まだ憎んでるのか」的なことを淡々と言うのですが、ただ同僚だったんじゃなく、殺された武藤妹の恋人だった人なんですよー。冷静すぎでしょ。君ぐらいは一緒に憎み続けてあげてよとモヤモヤ。
 

騙され利用されているミムラが、将来の見えない介護中なのがツラいです。ネットで繋がるジーニアスだけが優しい言葉をかけてくれ、ジーニアス紹介のバイトで子供と遊ぶ時間だけが息抜きで生きがい。って、おもちゃのモニタリングと称して、誘拐の片棒を担がされているのですが……これって発覚したら逮捕?何も知らなかったってお目こぼししてあげて欲しいです。それ以上に、思いやりが嘘だったことに傷つくのでしょうが。

私も絶賛介護中、こんな楽しげなバイトしたいわー。突然家を空けられないから無理だけど!


「ドクター調査班 〜医療事故の闇を暴け〜」1 ☆☆

冒頭からラグビー開始で呆然。
<チームプレイで証拠を手に入れ、真相に迫る>意のイメージ映像ね?と自分を納得させて見続けていたのに、後に証拠品をわざわざラグビーボールの中から取り出していました。じゃ、じゃあ、本当に白衣を脱ぎ捨てた下に縞のラガーシャツ着て、タックルをかわしながらみんなで走り回ったんですね。五郎丸ポーズもしたんですね。
……大丈夫ですか、この組織(^^;;;)

そんなつかみはさておき、鉄仮面の異名をもつ遠山(高畑淳子)をトップに、医療事故の徹底究明にあたる医療事故調査委員会MAIC。
中でも7班は医師&弁護士の5名が、看護師や入院患者&家族に化けての潜入捜査までして証拠を集める凄腕集団なのです。何それ、もうスパイでしょw
基本和気藹々、コメディタッチで進行しますが、班長華岡慧(谷原章介)は婚約者を医療事故で亡くし、上司鉄仮面の亡夫を死なせた執刀医はなんとその華岡だという、シリアスにならざるを得ない過去もちらほら。

そして今回は「殺人病院」という密告文書に従って、腹腔鏡手術の後死亡が多い医師を調査します。丁寧に診察を行う医師で、看護婦患者の評判も上々。問題はない様に思えたのですが……。
華岡が育てている小学生(亡き婚約者の遺児)の言葉「時間をごまかしちゃダメ」から、カルテの手術終了時間無記入=丁寧すぎて手術遅延が死亡原因、と判明するあたりが王道展開でした。入学式に遅刻したうえ見苦しく言い訳させる脚本は、キャラ紹介だけでなくその伏線だったのねw
何かと「違和感が……」と口にし、そんな小さなほころびから真相に迫る華岡。「命に嘘をつくな!」の決め台詞は、同じ医者である相手の良心の呵責をついて効果大でした。刑事でも探偵でもなく医者が潜入することで、いざというときは調査員が患者を救える安心感もナイスです。
この後は班員それぞれに焦点をあてていき、合間に華岡の婚約者や遠山の夫の医療ミスの真相に迫っていくのでしょうか。

さてじゃすみんお目当は、1話ゲスト小野寺外科部長(西村雅彦)です。銀髪に白衣がマッチ(^^)
水川医師(福士誠治)担当患者の死亡原因を知りながらも、補助金や医院のグレードアップのために手術を腹腔鏡下で続けることに固執します。患者からの手土産も、断る水川にとりなしたものを自分がもらって必死で開封して「羊羹だけか」ってw 小判ならぬ現金入り封筒を入れる患者さんもまだまだいるんでしょうか。威丈高に振舞いつつも小者な感じがよく出ていましたよね。
MAIC本部に呼び出され、形勢不利になると

「数字の話をしよう」
と、遠山自身の言葉で買収をもちかけるのですが、勿論バッサリお断りでした!


「名探偵キャサリン」 ☆☆☆

ザ・2時間ドラマ!

山村美紗の原作を昔々読みましたが、とにかく主人公ガイジンさんってことしか覚えてませんw 時刻表、温泉、等の目を引くアイコンのひとつでしょうって感じ? でもまさにそこが、「まっさん」エリーを主人公にドラマを考えるなら最適w 外国籍の美女が日本でここまで目立つお話なんて他にひとつも思いつきませんからね! 書き下ろしだってこうはいかないほどの適役、すごいわ山村美紗、この日がくるのを予見していたのか(違)


そんなわけで、主人公は米副大統領の娘キャサリン(シャーロット・ケイト・フォックス)

来日の父に同行後、ビジネスのため1人京都に残って、華道3大流派の家元を歴訪します。つまり花に着物にと自然に画面が華やかですよ。パーティ会場でのドレスも素敵、そしてなぜか次々に起こるボヤ騒ぎや殺人……!
外交的には是非ご帰国願いたいわけですが、親友を亡くし犯人逮捕を強く望むキャサリンは、犯人を追って京都をひた走るのです。3つの殺人を華道の天地人になぞらえてみたり、故人の思い出の花ベルガモの花言葉を出したりと有能よ(^^)

相棒の文系大学教授に谷原章介。政治家の父と叔父にエスコートをいいつけられて振り回される間にキャサリンに惚れちゃうお約束な立ち位置w お約束といえば、谷ショーの秘書役に山村紅葉さんもねw


いくら日本文化に通じ日本語が上手だといって、捜査/法律用語や演歌にまで通じる人はそういない筈、かなり高度な会話をこなすキャサリンですが案外簡単な日常会話を知らないようで、屋台で酒を注ぎながら「おっとっとととと」w それは注がれる方が言うんだよと教えられ、お付きのSP達も同席しての「おっとっとと」3連発、可愛い~。 親子ゲンカでつんけん気味の冒頭から、だんだん可愛くなっていくのたまらんですよ。


めんどくさいキャンピングカートリックもミニカーでわかりやすく見せてくれました。でもそもそも、その工作必要だったかなw 車の移動がかなりトレースされている現代にはそぐわないトリックです。茶室の密室も、鑑識が入る前にドカドカ全員来てるわ、落ちてる鍵を素手で拾ってるわorz  まあ突っ込みどころも愛嬌ということで。

シリーズ化しそうですよね。

「限界集落株式会社」2、3 ☆☆☆

コンサルの手のひらで転がされてますねw


2話でいきなり月収300万円クリア!

ドラマとはいえ調子良すぎで、最後のコンサル失踪というマイナスで見続ける気が湧きました。

だってさ、幼稚園の遠足バスがコネで呼ばれてましたけど。

ああいうの、先生が何度も下見したりして半年は前に決まってるものでしょ!どんな非常事態で一週間やそころで行き先を変えますかね。

直売所でご飯も出すと軽くいうけれど、仕込みだけしてるのと違って、畑ツアーの解説もした上で、バスいっぱいの客を昼時にどっと捌くだなんてもう、無理無理(><)ご飯何合炊かなきゃかな、炊飯器だって何台必要だろう。食べ物出す許可は取ってるのかな!


なので3話で閑古鳥はむしろ納得。


ふらっと戻ってきたコンサル、

「俺が唯一美味しく食べられる野菜」

と、反町家の有機野菜をカリッとかじるパフォーマンスでむしろ反町を孤立、奮起させて村のとりまとめに就任させちゃいましたよー。かじった後には実はトイレに直行w 有機でも食べられないんじゃないのーw


愛と有機…もとい、勇気のとまり村。

俺の野菜は1番美味い、誰だってそう思って作っていると宣言して、有機にはこだわらずそれぞれの方法でやっていくことになってよかったです。珍しい野菜を作ってるおじいちゃんもいて、観光の目玉になるのかな。


村が募集した研修の若手。

いかにもパソコン得意な風貌で、サクッとホームページを手直し。でも、この作業担当はイヤで、土をいじっていたいと言ってくれました。人材としては惜しいところですが、農家の娘としてその気持ちが嬉しいヒロインです。うんうん。


いい感じだなーと思ってたら、嵐が来ましたよ!

いやその前に、反町パパの女も来たし、陣痛も来たし!

風雲急を告げる4話に期待!


「限界集落株式会社」1 ☆☆☆

撮影のために潰したキャベツがもったいない~(スタッフで美味しくいただきました的テロップが入っても困るけどw)


役所も病院もどんどん潰れ、あちこち廃屋、就職活動する年齢のヒロインが最年少でその上が30代かもという過疎の村。いわゆる限界集落の活性化はどうなるのか。

どうしようもなさと変化の芽を描いた1話は、納得の導入部でした。面白くなりそう!


みんなが農家で、みんな家族同然の村。

過疎も生産調整も何も、当たり前のこととして受け止めて、どう変えようとか一人だけ違うことをしようとか思わないのね……。その昔、その違うこと=無農薬農業をしようと試みた男(反町隆史)は、揉め事と借金で逃げ出した、と。


そんな閉じた輪をぶち壊すのが、葬式をきっかけに戻ってきたその男でなく胡散臭いコンサルタント(谷原章介)なのは納得です。やっても無駄だとか仕方ないとか思わない、外の人ね。まあ一応村人の親戚ですが。

ヒロイン(松岡茉優)とは就職活動で顔見知りだったのも愉快愉快w

手始めに、潰すはずのキャベツで金儲けさせてあげるともちかけて1話は終わりで、さあ何をしてくれるのかな。わくわくです。ヒロインの家の畑は亡きおじいちゃんの頑張りで有機農法、付加価値高いよね。


おじいちゃんの畑を継いたヒロイン。
都会から13年ぶりに戻ってきた、負け犬なお父さんのことなんか知らない!と頑なです。そのうち許してあげるんだよね?村人と父も、謝ってうちとけるんだよね?
見事に村を活性化できる日が楽しみです。

借金取りから逃げてるコンサルタント、そっち系の揉め事もこの先あるのかなー

「ホワイト・ラボ」1 ☆☆

またでた、鑑識もの。

月曜8時は和久井映見と愉快な仲間、新班長の和久井がたたきあげ系で、動機どうこうは

「犯人を捕まえたら聞ける!」

という立場なのがちょっと面白いです。また、微物担当の宮迫が分析結果を披露してる後ろで、北村一輝と谷原章介が話し続けていて怒られる等の演出も楽しいですよね。


不思議ちゃんポジションの北村一輝が、強面封印でいつになくカジュアル。部屋着もカラフルなボーダーだったりしてファンだったら嬉しいのでは。

でもそれだけで見続けられるのは、うーん。

谷ショーが元公安とか、北村の過去に失踪事件があったとか、仕掛けも用意されてますけどねえ。

「シェアハウスの恋人」2 ☆☆

いい奴だなあ、辰平(大泉洋)。


勘違いとはいえ、共同生活のルール破りを全部自分のせいにして。ビール飲んだのも、エッチビデオの着払いも、女性の下着が散らかってるのもなんでもかんでも自分とは捨て身です、なかなか言えないよw

それもこれも空知くんのお父さんをシェアハウスに置いてあげるためなのですが……。


追い出そう!

とアレコレ仕掛けを頑張っている弟くんと彼女。それでお父さんが出て行ったら、ハウスには大事なお姉さんとへんな男が2人っきりって分かってる?3人でいる方が安全に決まってるのに何してるんだか。

いっそ自分が住めばいいのに。


で、ドタバタの挙げ句の〆は、やっぱりホモ風味なのでした。背中から抱きしめて

「好きだ」

って、こっちは勘違いですらないのかー(^^;;;)
確かに辰平は好かれてしかるべき人なのですから。ここは「へ?」と返して深刻にならずに、1話の汐さんみたいに
「私も好きですよ(^^)」
と返して平然と流してしまえば良かったのにと思いますです。 


こういうBL(ボーイじゃないし、オヤジラブでOL?)はなんか嫌、ひっそりして欲しいのかなあ。他にも宇宙人問題とかあるのに盛り込み過ぎ。毎回ラストでこれって、来週への興味をつなぐために同性愛を利用している感じなのも嫌かなあ。

離婚問題での「死ね!」はあまりに直球でこっちまで凹みます。「最高の離婚」での「死ねばいいと思ってた」の方が、面と向かって言ってる分いっそ爽や…か…うーんw 

エッグベネディクトのレシピを検索しました。 

「シェアハウスの恋人」1 ☆☆

イタい人、淋しい人が集まる場所、シェアハウス。

悪いけどそんな感じの第一話でした(^^;;;) 本当にシェアハウスしてる人が見たら嫌なんじゃないかと思う。


弟=世間もうるさいしw
望遠鏡まで備えたオシャレな造りのシェアハウスも、じゃあトイレ掃除はどうしてるとか生活感がなさすぎてどうだかなー。

でもいい人だよね、自称宇宙人@大泉洋も淋しい女@水川あさみも。

そして加わる壊れた男@谷原章介が、なんとなんとなんと……宇宙人にキスしてたー??BL??


男同士のキス、それが見続ける動機になるのかどうかは人によりけり。私にとっては誰と誰なのかによりけりというか…うーん、一体どんな話にしたいのか想像がつきません。


3、4話たってから見てみて、興味がわいたら遡って録画を見るというのはどうかしら。

「ラッキーセブン」1 ☆☆☆

瑛太ってこんなに身軽だっけ?


どーせ月9だから、とあまり期待せずに見てみたら面白かったです。フリーター松潤がなんと探偵社に入社するまでで1話。

人妻との不倫を調査されたのが縁で、調査する側に回るわけですが。言いつけは守れない、探偵の分もわきまえない。有能なのは女のたらし方w そんなキャラがかえって魅力的でした(あの「夏色の恋は虹色に輝く」での売れないタレントの100倍は素敵。瑛太だってえーっと医学生で死因調べてたあれより)


探偵社に居たのは、もてない君(大泉洋)可愛こちゃん(仲理依沙)おじさん(角野卓造)社長(松嶋菜々子)と、足技格闘家(サンジか!)な瑛太くん。(……と、あと1人パソコンの前にいましたね、おいおい紹介エピソードがあるでしょう)

年の近い、不倫調査で恨んでる瑛太と何かとぶつかりながらも探偵業に足を踏み入れる主人公。


まず最初の追っかけっこも長かったけど飽きさせず、後半のアンダーグラウンド・ファイトでの対決もカメラワークやスロー映像のアクセント、足技の見せ方でずいぶん楽しませてくれました。
新田(瑛太)と駿太郎(松潤)がただ対決するんじゃなく、どこまでも追ってくるところや『2発返す!』で駿太郎側にはしつこい、噛むなど追いつめると意外な手にでる、と。新田側には強い、ふざけている様でキレたら危ない、という 描写を台詞でなく見せられたのは面白かったですよね。でも、駿太郎が猿で新田が犬……と最終的に呼び合う様になるのはなんか納得いきませんが、まあいいか。
 

調査して報告するまでが探偵。

その枠に慣れきってしまっている探偵社の面々と違って、何かしなくちゃと騒ぎ立てる新人の主人公。こういう図式ってよくありますけど、自分たちで解決じゃ危険すぎるけど、警察を上手く早く動かす方向でなら何かできるかもという流れが納得できて楽しくみていられました。残業代つかないけどねw


元々、探偵に憧れていたという原因になったドラマが古くさくて笑えるw(谷原章介の白いスーツw)


でも普段はほとんどティッシュ配りだそうですよ?来週はティッシュ配りに文句をいう松潤から2話開始に100ラッキー。そのうちに、駿太郎の女たらし力を活かしたミッションもあるでしょう。大泉洋が盛大に文句言ってくれるだろうなあ楽しみw
 

横で見ていた旦那は『就職ってこんなに甘くない』と文句たらたら。学生さんの就活が大変なのは分かるけど(><)ドラマ見て、俺も探偵に!とか、こんな楽しい職場がいいから転職する!とか思う奴がいたら、ドラマ的には成功ですよねーw

「HUNTER その女達、賞金稼ぎ」2 ☆

一回休み、な回。

それとも後の伏線になるのかな。妹が整形をしてても見破れます!的な。


100kgはありそうな指名手配の男は、激やせ&整形をして実家にヘルパーとして出入りしていた!

いやこれ、知り合いなら声や仕草で分かるでしょ~。「リバウンド」でのもこみちなんて、周囲が分からない設定が納得いかない程いつも通りの喋りでしたよね。

まして我が子が痩せたぐらいで分からないわけがないので、『母は知っていた』的美談にされてもー。


万引きの件も、監視カメラがあるならまず確認しろっちゅーの。

逆に事件でもないときに(警察の立ち会いもなく)画像チェック出来ちゃうのは杜撰過ぎ。いたずらした中学生の処分はどうなるんですか!


と、いろいろ気になりすぎるのに妹の失踪についての新情報は入らず。

姪っ子と少し仲良くなり、警察と少し馴れ合い、そうだ目玉焼きが作れる様になったね☆


「HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ」1 ☆☆☆

バウンティハンター!かっちょい~♫


でも日本ではそれで暮らして行ける程、賞金首なんかいないでしょー、と思ったら。逮捕協力でも金一封で出たりするんだ?

おまけに妹(山口紗弥加)が失踪。

情報を知るらしき男が『たまたま』指名手配犯で懸賞がかかっているとはなんて偶然w 妹探しのついでに懸賞金もゲットだぜ!楽しいじゃないですか!


初回では、4人で分けたとはいえ100万円を獲得。こうやって毎回こつこつ稼ぎつつ、だんだんと妹が巻き込まれた事件だかなんだかの真相に迫っていくわけなんでしょうか?


ヒロイン(米倉涼子)は、人の顔を決して忘れない。確かにそれは聞き込みにお役立ち。そして切にあやかりたいです。

その後輩CA(桐谷美玲)はソフト色仕掛け担当?CAならではの人脈や出張捜査も期待出来そう。

主婦(堀内敬子)は地元の噂をキャッチ。

DV夫から逃げている戸田恵子は、逃げ隠れする人間の心理を知っている……w ついでに、失踪した母を待つ小5の姪も学校ネットワークで役にたつのかも。


5人揃って5レンジャー!キャラも立ってるし分業ならではの見せ場にも期待出来そうです。(なんか「ショムニ」を思い出したw)


警察(谷原章介、小泉孝太郎)とはどう折り合っていくんでしょう。

素人が邪魔にされるのは当然として、どの程度、何をすれば『捜査協力』になるかがあいまいですよね。実際初めの情報は役に立ったの?それとも、もう知ってたからの門前払い?
今回も、刑事が犯人を逮捕したので報奨金は逃したのかと思ってしまいましたよ。でももらえたし。

そんな細かい事を気にする人は見ない方がいいことになるんでしょうかw
 

もっと細かいこと言うと、地図を指した戸田恵子の指がピッカピカにお手入れされていました。無色とはいえジェルネイル。転々とねぐらを変えて逃亡中の人が。まあいいですけど。気軽に観ますw

「曲げられない女」最終回☆☆☆

大団円!

胎児に向かって
「そんな子は必要ありません!」
と言い出したときにはドン引きでしたけど、ちゃんとそこは反省したし子供の方も聞き分けよく(?)陣痛が治まってちゃんと試験も受けられて……、でも合格じゃなかったところは一筋縄では行きませんでしたけど。

あちらもこちらも収まるところにきちんと収まる良い最終回でした。

赤ちゃんがもう可愛くて可愛くてー♪

もとい、中島先生のボケも、団らんの和に毎度入りづらい正登も、とにかく積み重ねてきたキャラが本当にきちんと活躍していたドラマでしたよね。

10年唐突に跳んだのも、まあ許せたわ。日記を盗み読んでた娘は、お母さんと違って要領よく育っていて父親の血を感じさせました(笑)サキも弁護士にもなれていて良かった良かった。その昔
「私の様に幸せになって」
と勝ち誇って去っていったセレブ婚の女は離婚の危機。ざまーみろではありますが、弁護士のサキとつきあえばそのうち、男次第の生き方から自立して行くんでしょう。

「コレが、コレなもんで!」
そっかー、璃子と藍田が最終的にはくっついたのねー(本物の妊婦女優を妊婦としてキャスティングするという点で、歴史に残ったドラマなのでは。よくぞ途中入院も激やせも激太りもせずやり遂げました!)10年経ったにしてはツルツルな「お姉ちゃん」2人に笑いつつ、この2人ならアリだと思ったり。

「シャッターが開く」時のサキの叫び声だけは最後まで不愉快で辛かったのですが、絞り出してこその本音だろうしなー。うちのリモコンの音量ボタンが効かない方が悪いのでしょう、うん。


あ、弁護士目指したバカ息子、10年後にはどうしてたっけ?

人気ブログランキング

「曲げられない女」8,9☆☆☆

あった蓮美の天職!!なんと介護士とは!!

穏やかな藍田氏はこの間から来ればみんなに料理を作っていて、サキの詳細レポートでも”料理人”という結論が出て来るのもなるほど納得。しかし理詰めのレポートでも出なかった蓮美の適正が、息を吐く様にウソをつくことにあったとは~。もうそりゃあびっくり。もちろんそれだけじゃ駄目で笑顔も優しさもセットなんですけどね。

そうそうマンションのバカ息子!あれがサキの父が命を賭けて救った赤ちゃんだったとはー!!(その御恩を本人に繰り返し語って聞かせていないの!?そりゃバカに育ちもするだろーと大呆れ)
サキの自分語りは長過ぎる気もしましたが、2人がこうして出会うタイミングとしては、妊娠して友達をなくしてしまった今だからこそ!の言葉を彼に届けられてこれ以上はないベストの時だったんだから良いでしょう。

正登も、最初はイケメンで弁護士で、どーしてサキみたいな変人の彼女で続いたのかなと謎だったわけですが、どんどん嫌で駄目で情けない奴に成り下がり……そうかー、元は似合いの2人だったのかと妙に納得。そして下がるだけ評価が下がると逆に、良いところが見えてきたりして。
俺はずるい、優しくするしか能がないという卑下に
「私の宝物だった元彼を悪く言うな」
とサキが言うに至っては……ちょっとロマンチックですらある。ここまで株を下げての元鞘も、やっぱりアリなんだろうかとドキドキしてきましたよ!

最終回前の現在、淡々と父親代わりをつとめる藍田があまりに結婚向きなだけに、ドラマ的には逆転の期待が??
2次に進んだ司法試験、果たしてちゃんと受けられるのか??

……それにしてもサキ、何度病院に運び込まれているんですか。医療費がかさむんだから養生しようよー(笑) 

人気ブログランキング

「曲げられない女」7 ☆☆

ああ、正登やっぱり嫌な奴だったー(><)
分かってたけど、妊娠を聞いてとんで来て3度目のプロポーズをしてくれたときにはちょっと変わったのかと期待したのに。
「お前の夢なんてたいしたことナイダロ!」
と言わなくていい本心をやっぱりペロッと言ってしまうのよねー。9年いったいサキは正登のどこが好きで、正登もサキの何が好きだったの??おまけに秘書はどうするつもり、秘書は。

でも、サキが堕胎するつもりで署名が藍田で、ショックを受ける正登はさすがに可哀想。自分の子が知らない間に始末されようとしていたなんて(自分がそれっぽっちの存在と判断されたと思うんだろうし)

勝手に正登に知らせた璃子は、正しかったのかお節介なのか。

もちろん、彼女の中では完全に正しいことをしたつもりだろうから怒られるわけが分からないだろうなあ。自分のことだって、誰かが代わりに旦那に知らせて、連れてきて欲しいと思っているのに誰もそんな”親切”はしてくれないし。藍田は藍田で、他の男の子供を産もうとしているサキを見ているのも、璃子との喧嘩を見ているのも辛いと出て行くし。
出来たばっかりの友達が去っていく~。

ただ、それをきっかけに璃子は腹をくくって、長部の家に頭を下げた……!!この璃子の変化が、物語をまたどう動かしていくのか?
(それにしても、彼女はリアルに妊婦さんなのよね?「あえて言わなかったけどお腹出てきた」程度のファッショナブルな着こなし、ずっと驚きの目で見ておりました。ツレに至っては気がついてなかった!!)

認知しない男の会社で、暴れちゃったサキにはドン引き。相手が誰かもバレて男の立場も悪くなることを、恋人だった女性は望んだんでしょうか? 女性が望む認知や養育費要求の時にも立場が悪くなるに違いないわ。

人気ブログランキング

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ