ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

警部補矢部兼三

「警部補 矢部兼三2」1 ☆☆☆

 宣伝乙w

そういえばシリーズ前作も本編映画の宣伝だったんだから、今回も同様で筋は通ってます。
それなのに真面目すぎが違和感の元だった前作でしたが、今回は謎解き役を『天才小学生』にすることで程よくバカっぽくていい感じかもー。

そんなわけで事件は、宝石を狙う強盗団から送られる、謎掛けつきの予告状。
「24時間寝ない駅と24時間覚めない駅の間」…が根津駅と鮫洲駅の間と、サクッと女子小学生が解きましたよ!たまたまその予告を聞いた矢部と、そこを通りかかる監察官w

警視総監が「お前にまかせる!」と指差した先がちょうど矢部だったりw それをきっちり録画、後で証明してみせる秋葉(池田鉄洋)といいコンビです。
そこに孫娘が加わってトリオか?と思いきや、子どもには邪険なのもいいかも。推理の結果や、総監の脅迫ネタだけは聞くんだよねw
そして総監と矢部のやりとりを誤解した監察官が、どんどんと矢部を切れ者と勘違いしていく様子は鉄板で楽しかったですw
(一方の東大君「東大なのに!」ネタや、駄菓子屋「ちっちぇえなあ!」ズキン☆ネタは。毎回ずっとするのかと思うとめんどくさいわぁ。)

山田の大家のハルさんと夫ジャーミーが宝石屋にスイートテンリング買いに来て、捕まってたのには笑いましたw そりゃ怪しいw そして金髪刑事さんがもう廃業で登場しないのに、ジャーミーさんはまだ日本にいて出演してくれてるんだ…。
賀集利樹 の役名が網戸で「あぎと」にも苦笑w いろいろ若い人には分からないネタが山盛りですよね。しかし秋葉の「萌え〜」も。最近は言わないよね、きっとw

「警部補 矢部謙三」1 ☆☆

あれ、矢部ってこんな男だったっけ?

能なく面の皮厚く、ひたすら運の良い男 矢部謙三。あ、毛もないんでした。彼の活躍を描くと見せかけて、実質主演は貫地谷しほりと鈴木浩介の庶務コンビで、とてもまっとうな推理ドラマです。
事件がまとも過ぎるんですよー!

もちろん、いちいち頭部にかかるモザイクとか、山田の大家さんとか、TRICKが好きなら懐かしいものはあるのですがそれは映画版で見られるし。がっつり矢部だけ見せられて、無能だ横取りだだけ強調されてもなー。と、見せかけて実はキラリと有能だったり……してもそれはそれで違うしなー。
あ、ロープを張る位置は完璧(笑)

むしろ、こんなまっとうな事件の合間に、教祖さまだの消失トリックだのとつきあってた矢部さん大変~と思うべき?

スピンオフだと思わなければ
「普通どっちか切るだろう!?」
は膝を打ったし、楽しめたので見ますけど。

人気ブログランキング
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ