ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

西畑大吾

「大阪環状線(4)ひと駅ごとのスマイル」~最終回 ☆☆☆

ずっと手帳を持ってうろうろしてた男の子つるぎ君(西畑大吾)、なるほど周一郎おじいちゃん(宇崎竜童)の昔の恋人を探していたんですね。え、一人じゃない?恋人たち?
もてもてだったおじいちゃん『失明するまえに、一目会いたい』という手紙を受け取っても、誰のことかすぐ分からないうえに、昔のことで皆さん転居していたり周一郎自身も東京暮らし。孫の下調べを受けて来阪、懐かしの再会に挑むのですが……2階から水バッシャーw 何しでかしたのw
結婚式場勤務だと会いにいけば、修羅場の真っ最中。花婿の元恋人が勢ぞろいですってよ。こういう場に慣れてる(!)おじいちゃんを司会に、一斉に花婿に物申しボッコボコにされる花婿w でも最後には花嫁が割って入ってめでたしめでたし……。それを見て昔を懐かしむおじちゃんと元恋人さんw なんちゅー過去が……。でもとりあえず手紙の主は、この人ではないですね。

休憩中の公園で、以前道をきいたカメラの娘(鎮西寿々歌)とすれちがい「栞さん!」と名を呼ぶおじいちゃん。昔愛した人(のひとりw)に生き写しのその子は、そう、手紙の主栞さん(萬田久子)の孫だったのです。
実は手紙は亡き妻の遺品から見つけたもの。隠されていた間に日も経って、すでにその人の目は光を失ってしまっていましたが。『優しい奥さんやな、私なら捨ててるわ』と笑うその人の手をひいて、デート。ツインタワーの空中庭園から大阪の街を見下ろし、彼女のためにピアノの生演奏をして。ロマンチックに時が過ぎました。
その割に、電車の時間がきたとあっさりお別れですけどw なに、縁があったらまた会える!

そうそう、想いは今!伝えなければ!と背中を押され、孫も想い人に告白していたんです。そちらもうまくいきそうですよ…。お相手はただの可愛こちゃんでなく、可愛い重量挙げの選手(なんと八木かなえ選手ドラマ初出演!)で、目標もってキラキラしてると描かれているところが素敵でしたね。西畑ファンはやきもきしちゃうでしょうけど!

その他の回を簡単に
「今宮駅」☆☆☆
引きずり女(間寛平)~~~!!
未練をひきずる、悲しい妖怪ひきずり女(^^;;;) お巡りさん(森田哲也)が広いグラウンドで「あ~あのエラー今でも悔しい!」とわざと叫ぶと現れるのウケてしまいましたw ヒロイン(中村静香)は財布が盗まれた、と思ってたけど妖怪wの狙いは金じゃなく、いつまでも持っていた初映画デートの半券。さあこれで、前を向いて生きていけるぞ!
「桜ノ宮駅」☆☆☆
濱田マリと南野陽子の姉妹が、取り壊しのきまった実家を最後に訪ねながら昔話を延々と。花見の思い出を愚痴りながらも、水買ったりするときはオバちゃん丸出しで楽しかったですね~。最後、実家の庭が花で満開になるところ胸熱。
「鶴橋駅」×
キモ。 学生時代の恋を、ひきずるにしろ15年は長すぎでしょう!役者も徳永えり、桐山漣と若くて、4、5年前大学時代大切にできなかった後悔を、再会した今日……ってロマンスかと見ていたら、大昔すぎてガックリきました。相手も自分をまだ好きでフリーだとなぜ思える、15年後で!その分、喫茶店の同じ席が残ってる喜びはまあ、そりゃ嬉しいね(^^;;;)  しかも最後にカットがかかって、メタでした。いやーん。

「僕らは奇跡でできている」最終回 ☆☆

そう来たか!

ロシア語に水泳。してましたねえ。その頃から一輝さん的には確かな目標だったんでしょう、宇宙。樫野木先生に怒鳴られたから大学を止めるんじゃない、次のステップに行くきっかけになった、ということなのかな。
「興味のないことを、何かのためにやることは初めてです」
育実のために変わったりはしないけれど、頑張るウサギの影響をそう受けたことって納得でした。そして育実先生も、カメの影響で違う考え方がひらめきます。
できない理由を並べるのでなく、『する』と決めて手段を探る。そしたら自分のクリニックでだってインプラントが出来ちゃうかもでしょ。まず育実先生が苦手な料金計算、歯科衛生士のトリンドルちゃんは得意で医療事務の資格持ちですと。え、なんで黙ってたのって『聞かれなかったし☆』 お給料はどっちがいいんでしょ。でも歯科衛生士が足りなくなっちゃう……って、子育て中で短時間パートをしたい衛生士さんのアテが出てきましたよ。探せば道があるものです。

そしてそれは、やりたいことが見つからない学生への助言にもつながること。
ガラクタ缶の中身がアイディア次第で何かの役に立つ様に。皆それぞれの資質を生かして、生きていけばいい、と鮫島先生。それを説明する過程で、樫野木先生の八つ当たりな相河先生批判が『いいことを言う』と評価されているのも、また愉快でした。曰く、相河先生に憧れて『やりたいこと』を探すのはいいけれど。探しているだけで満足してしまったり。逆にないからダメと自分を責めたりしたら可哀想だと。どれも志望校を決めたり就活したりする頃のあるあるですもんね。
『だから相河先生は悪影響』って飛躍は、言った本人も反省してるからさておきw この時期にこのドラマに触れて救われた、目標模索中の人もきっといたことでしょう。

学生さんたちもそれぞれに、コンチューバーの弟子はコンニャクチューバーになりw 青木さんは今度は樫野木にロックオンw その樫野木先生だって、面白い授業を目指して自分の昔の写真を生徒に晒してみたり、しはじめましたよ(それだけが面白さの道じゃないけどねー) 育実の元カレはあれ以来、山登りにはまった? 虹一くんのテストは低空飛行でも、お母さんはいいこと探しが上手くなった様です。

あれもこれも問題が片付いていく様子が最終回すぎて、正直面白さのピークは6話7話かなw でも大好きになった人たちがそれぞれ幸せに近づいていくラストでホッとしました。なんと一輝さん、本当に宇宙で船外作業までしてるじゃないですか! 通り過ぎた自転車の後ろ姿に、多分一輝を思い出して微笑む育実先生は見慣れないコート姿。何年後?
そしてまたある日ばったり行き合えば「こんにちわ」って挨拶しあうんでしょうね。それとも、山田さん=お母さんが大騒ぎで呼び出してくれるかも。
そんな日を想像して頬がゆるみます。

大河原さん……一輝はああ言うけれど、案外いるのかもしれないしw

「大阪環状線(4)ひと駅ごとのスマイル」4☆☆☆

物語に引き込まれました!徳井の軽い父親も好演でしたが、それ以上に娘役の子が良かったわー(「悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語」の子か!)

西九条駅で下り、言い争いながら歩いている父娘。
小学校の体育で怪我をさせてしまった謝罪にと、級友の優子ちゃん姫星(きらり)ちゃん宅に向かう途中です。お父ちゃんにまかせとき、あれもこれもお父ちゃんのおかげ、とまくしたてる父(徳井義実)は有名店チーズケーキを手土産に手柄顔ですが、娘萌絵(平尾奈々花)が何か言いかけるたびに

「分かっとる!」

と遮るのは感心しませんわ。男手一つで、萌絵ちゃんを身綺麗に育ててるのは偉いけど、日々の会話は成立してなさそうです。1軒目はそれでもお互い様で済みますが……。案の定、嫌がっていた2軒目に向かう途中にいなくなる萌絵。探す父親に優子ちゃんは、姫星ちゃんは本当に嫌な奴で、萌絵はずっとイジメられていたんだから謝る必要ない、と。途中チーズケーキが川に「落ちた」のも、行きたく無い萌絵が投げたよねw やっとみつけた娘に頭をさげる父ですが
「私の言うことは聞かんのに、優子ちゃんの話は一度で聴くんか!」
と更に怒らせてしまいます(まったくだ!)それでもまだ「分かってる、わざとやなかったんやろ」とかぬかす父は
「わざと突き飛ばしたんや!」
と泣いて訴える娘を抱きしめて……。

いやー姫星むかつくw 持ち物なくなれば萌絵のせい、片親なことまでネタにバカにするって相当ねじくれてますよ。いいお友達が優子ちゃんと落ち着いた名で、イケズが珍名なところも細かいですね(^^;;;)
そのイケズ娘の住む大豪邸、門から玄関までめちゃ遠いんですよw ガツンと文句言ってやるという父が「謝りに来たんやないのに、手土産も変やな?」とどら焼きをカバンにしまっちゃう暇があるぐらいに。インターフォンの姫星母の声は手強そうで、あの調子のいい弱腰パパはきっちり文句言えたんでしょうか?そこは視聴者のご想像にまかせたまま、頼もしげに父を見上げる萌絵ちゃんで終わるのもうまかったです(^^)
ちなみに狂言回しの西畑大吾は、公園で娘の行方を聞かれてました。


ここまでしばらく、ちょっとしんどい話でしたよね~。
2話の夫婦は、意思の疎通なさすぎw 結婚記念日にレストラン予約してるって知ったら奥さん(鈴木紗理奈)きっと喜んだでしょうに。『毎年頼んでる似顔絵師を探す』と奥さんが拘ってるのも、新婚時の幸せが大事だからなのに……ただ黙って予約をずらす無理難題で店と喧嘩する旦那(三浦誠己) それで奥さんを尊重してるつもりなの怖いわ。

3話は、森ノ宮駅で同窓生がばったり遭遇。
先輩の結婚披露宴に行く楓(水上京香)は、喪服の渚(谷村美月)に、いくら先輩が好きだったからって嫌がらせとは…とドン引きですが、渚呼ばれてないし!行き先は恩師の葬式で、むしろ担任だったのは楓だし!早々に誤解が解けたのは良いにしろ、ラスト衣装と目的地を交換した2人には……。ドラマ的にはうまいオチでも、無理無理無理と頭かかえてしまいました。正装で突然の服の貸し借りとか無理~!お仕着せの制服交換ならまだ分かるんですけども。

ところで谷村美月、ちょこちょこ顔出す割に役柄には連続性がありませんねw シーズン1の1話では芸能人のマネージャで……名はさち子さん。別の人なのか! 

「僕らは奇跡でできている」4、5 ☆☆☆

「愛されたい……」
たいして儲からない父のクリニックを継ぎ、たいして反響のない地域貢献を続け、手伝いの申し出も断り孤軍奮闘。もうほぼ別れてる恋人は、『仕事が』と他の女に呼ばれて帰る。真面目に頑張ってるのに報われない、甘えられない、愛されない育実の悲しい本音に胸を締め付けられました。しかも、普通のドラマでなら
『本当の願いはなんですか?』
などと聞いてくる男は、育実の弱音も予測済みで抱きとめる気満々なものなのですが。相河一輝にそんなつもりは皆無ですからね、泣かれてびっくり、困ってましたよ(^^;;;) 
……雨宿りのコーヒーの後、使用済みの歯ブラシを差し出す場面、ドン引きしましたが。歯磨きじゃなく、シミ落とし用に渡したとわかってホッとしましたw (育実さん、森に真っ白なニット着てきちゃダメよ)

ミラクルな4話では、群馬に星を見に行ったらコンニャク畑にはまり、畑の持ち主は生徒新庄の両親w コンニャクの不思議と魅力を語り、コンニャクを配り事務長さんを悩ませw でも「だったら…」とコンニャク農家を継ぐ将来もちょっと考えてみた生徒の相談には、ばっさりと
「僕ならしません」
親が喜ぶから、という他人物差しな考え方は、しないし出来ない人ですもんね。しかしその『親が喜ぶから』をまさに実行している育実先生にはその態度が、不愉快&動揺を呼びます。なんだろう、優秀さと引換にしか可愛がられてこなかったのかしらん。おまけに女友達も出てこないですよね。相河先生には、両親はいなくても型破りなまま可愛がってくれる祖父がいることを思えば、ますます不憫です。

そして5話。
チャイムが鳴って思わず早口になる相河先生ですが、1話の頃と違い、なんと生徒はじっと聞いてくれています。そして、森での実験に誘うと「行きたい!」と、こんにゃく仲間以外にも手があがるんですよ(感涙)
ただ、野外実習は出来ても、教師の個人的な活動に生徒を呼ぶのは出来ない決まりだ云々。小林薫先生が行きそうになると「僕も!」と手を挙げ、実は行かれないとなると「僕も……行かれないんですよね」と、とことん上司におもねる要潤先生が面白いですねえ。それで、リスの橋かけ手伝いを育実先生に頼んで冒頭の事件になるわけで。

2話で言い出したリスの橋がまだかからない様に、「なぜ虫歯と呼ぶのか」問題も、ずーっとひっぱっています。
虹一くんに会うために子供虫歯教室に参加する相河先生。それだけでも昨今なら少年好きの怪しい男扱いありえるしw またぞろ「なぜ虫歯」質問を持ち出して頭の固い育実先生を混乱させ、『僕なりの考え』を披露して子供の人気は独り占めなんですから、そろそろ八つ当たりでクリニック出禁になっても不思議じゃないのかもw

マイペースな相河一輝の周りで、ゆっくりゆっくり何かが変わっていく様子が見ていて楽しいです。そうそう相河先生を好きなJD、例のキス顔写真を他の学生にみせてましたけど変な誤解や混乱はなく
「相河先生が好きなんだね」
の確認で終了w そんなところも心地よいです。

「大阪環状線(4) ひと駅ごとのスマイル」1 ☆☆☆

♪大阪にはうまいものが、いっぱいあるんやで~♪

初回は名物親子漫才w
例によって大声で歌い踊りながら、恥ずかしげもなく繁華街を歩くオカン昌子さん(キムラ緑子)と息子の順平(波岡一喜) 店の仕込み前はこうしてあちこちで食事して研究するのでしょうか
(ちなみに親子の登場回弊レビューPart2弁天町駅こちら、part3福島駅こちら

ドンキホーテ前から新世界、通りがかったアサヒ劇場で『この役者さん、同級生やった~』と大衆演劇に飛び込んで芝居と歌を堪能。帰り道で団長親子の喧嘩に巻き込まれます。知らぬ仲でなし、と通天閣まで娘美麗ちゃん(曽和瑠布子)をを追いかけて、話を聞く……というか親子漫才で気持ちをほぐし笑顔にして。

黙って言うことをきけ、な父団長(中川浩三)が不満な美麗ちゃん。それって成長ですよね。どこの家庭にもある話。ドサ回りで日本中巡っても、芝居ばかりでろくに観光もせずコンビニ飯ばかりな親子を、福島駅の順平の居酒屋に招き、大阪名物串かつをふるまえば、ほら仲直りです。ちゃんと娘への感謝を口にできた父も偉かった!
最後は、オカンがまさかの大衆演劇ステージに登場!振袖に通天閣カチューシャでうまいもんの歌を熱唱して大拍手ですよ~。舞台化粧の緑子さん、さすがお綺麗☆
♪たこ焼き、餃子、お好み焼き、豚まん♪ 加えて串かつ~♪

順平の居酒屋が、こども半額が効いたか、順調に家族連れが集まる店になり賑わっていてホッとしましたよ。

今シリーズは狂言回しが初めての男の子で、ジャニーズ西畑大吾くん(手帳忘れて、長原成樹に呼び止められた子ね、千葉雄大系)そのおかげか大阪以外の視聴者が増えて『すいかの名産地の替え歌』と言われていて、びっくり。そ、そういえばメロディー同じ…かな。でも大阪ではこれ、保育園幼稚園でのお遊戯の定番なんです。たこ焼きでほっぺ、餃子で耳をつまむのはお約束。ほら、会場が全員唱和できてる~w
串かつのソース二度漬け禁止、は有名では。上からかけずに、ソース入れにどぷんと漬けて喰べるので、入れていいのはかじる前の一回だけ、なんです。以上大阪豆知識でした。

そして、ふふふ、エキストラで撮影に参加した私、映ってました~!やったー!
慣れない出番待ちの私たちを、緑子さんはキラキラ笑顔で励ましてくださったし。真横に立ってた浪岡さんは、いい匂いが……別にしなかったw お仕事中の普通の兄ちゃんで嬉しかったです(謎褒めw) 雨で撮影スケジュールが何度も何度も変更になって、私たちみたいな素人にもその度連絡回して、当日も何度も何度もテストしてその度に元に戻してまたテストして。どのカットにも手間がかかっているんだなあと学んだエキストラでありました。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ