ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

袴田吉彦

「深層審査 ドクター大嶋二郎の事件日誌」 ☆☆

フグを持ち帰った=テトロドトキシン抽出って、そんな簡単なものなんでしょうかw

タイトル通り、警察の捜査よりドクター大嶋(長塚京三)がメインの事件捜査ものです。
なので医学解説や治療の場面も多く、真相のためなら患者の故郷函館まで観光旅行(それも北海道新幹線を使ってw)その大嶋医師が目の前で妻を殺された過去も含めて『ザ・2時間ドラマ』でしたよね。

レストランチェーンの社長(本田博太郎)が毒殺され、社長夫人(賀来千香子)はショックで声を失い記憶もあいまいに。犯罪被害者対策室長柏木(かたせ梨乃)の仲介でドクター大嶋が治療にあたり、過去の痛みと事件の真相が明らかになります。
夫人だけでなく、死亡現場に居合わせた人たちは、死因や犯罪とは無関係でも激しいショックを受けていて駆けつけた医療チームの語りかけで徐々に落ち着きを取り戻していきます。殺人が日常な刑事ドラマではさらっと流されがちな部分に着目したのは興味深く、シリーズ化したら色々な心理療法が紹介されそうですね。
ちなみに今回は『HTPテスト』House(家)Tree(木)Person(人)を描かせることで人格や心的状態を把握するテストや、子供時代の写真を見ながら患者自身が語る手法が使われました。

犯人は工場長で、動機は社長に横領がばれた逆恨み。
ドラマ的には、彼が社長夫人と幼馴染の野球少年で、幼き日の夫人を助けてプロへの道が絶たれ……って思い出と心の傷の方を時間をかけて紹介していましたが、実状はギャンブルに溺れた自業自得w むしろ無職から工場に世話してもらった恩を仇で返しやがってと怒って欲しいですよね。また、夫人が幼馴染告発を迷っている間にもう2人、口封じに殺されてます。夫人はこっちの人の死にこそ責任感じて泣かなくてはいけないのでは……(^^;;;)

おめあてはもちろん、谷本係長(西村雅彦)w 受け答えが何やらフェミニンでキュートです(^^)
そして妙にかたせ梨乃が絡んで距離が近いですよ! 元捜査一課にいたとはいえ、捜査会議に入り込んだり勝手に捜査指示をしたり、その度怒るでなく「どうしてお前が……」とぼやくだけ。元夫婦でしょうか。 
自宅にも出入りし酒を酌み交わす大嶋医師との関係は『精神科医だった父の元患者』と明らかにしているのに、係長との仲が不明なのは、シリーズ次作で明らかになる予定なのかも……?
警察部下の袴田吉彦も好演。かたせ梨乃が演じるざっくばらんは鼻に付くのですが西村さんが出るなら次作も見ますよ。


「花嵐の剣士 ~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」 ☆☆

実在の女剣士、中澤琴を黒木メイサが演じる一代記。
ゴロツキ退治に街中で、刀を抜いて大立ち回り。それを沖田総司が見守り、龍馬(加藤雅也)と知り合うという豪華な導入でした。龍馬曰く、真の剣士は命を惜しみ敵に逃げ道を作り、引き際を知っているのだと。負けたくなかったら弱くなれ、と助言をされるのですが、それが出来ない気性の琴は動乱に真正面から挑んでいってしまうのです。

メイサのキリッとした顔立ちはなるほど男装の剣士にぴったり。大男の背に駆け上り首をしめるなど体術も含め殺陣も頑張っていて、一番の見所は芸者姿でお座敷での立ち回り、美しかったです(^^) 刃に陽光を反射させ敵の目をくらませるという法神流奥義も面白いじゃないですか。なのにワイヤーアクションは宙づり丸出しでねえ……。仇役相馬要蔵(袴田吉彦)の片目が青かったりする様に、時代劇っぽくなくしたかったんでしょうか。

琴を江戸まで追い新徴組に入隊までした婚約者源五郎(吉沢悠)が、農民らしく腰低く聞き回ることで情報を集めるに長け、案外重宝されていて可愛らしかったです。でも戦いに向かない彼は戦場に散ってしまいました(ちょっとオスカルとアンドレを彷彿w)

西村雅彦の役どころは、攘夷の志士清河八郎……だったのは「竜馬におまかせ!」w 
今回は養父として琴に法神流剣法を教えた中澤孫右衛門です。子供時代の琴は父に褒められたい一心で稽古に励んだそうで、兄を負かした琴と孫右衛門がニヤッと笑みを交わしあう場面は、子役がメイサ似のキリッと美人なこともありなかなか印象的でありました。また法神流の極意を「人を知り、世間を知り、命を知ること」と語る力強さも必見です(^^)

琴が「剣とは生きること」と悟り兄(筒井道隆)と帰郷して以降は、昭和まで里に生きたそうで冒頭と巻末で黒木メイサが足跡を訪ね墓参りをしていました。スペシャルでささっと流すには惜しい人物でしたね。


「ビンタ!」1 ☆☆☆

無学なチンピラが法律事務所に就職??


弁護士ドラマって、要は揉め事メイン。すれ違い、いがみ合いと延々罵声が続いてイヤになっちゃうことって確かにありますねー。

そんなとき主人公ミノワ(松本利夫)は、

「もういい!聞きたくなーい!」

と叫ぶ自由人w そして

「事務員は黙れ!」

と弁護士山口紗弥加に怒られるというw ナイスコンビ誕生ですねえ。


「兄妹は助け合うもんだ、仲良くしよう」

って、相続で争う兄妹に言ってもねえ。それがこじれてるから弁護士頼むんだってばw

しかし暴走ミノワが遺産のボロ家にゆんぼで迫ると、共に立ちふさがって思い出を守った兄(袴田吉彦)と妹(酒井美紀) ほら仲良く出来たじゃないですか…無理矢理とはいえ。そして結局、互いに譲り合う形で遺産は半分こすることになりましたとさ。

めでたしめでたしw


法律で『正しく』争うのとは、違う解決策がある。

今回もいきなり塀をぶっ壊し始めた時はどうなるかと思いましたが、大団円w 毎回『やり過ぎぐらいがちょうど良い』解決策でびっくり出来そうです。

ちなみに兄妹にこだわったのは、ミノワに異母妹がいたと判明したからw

小学生も高学年の美少女なのに、なんで養育先候補が独身の母方の叔父か、初対面の異母兄ミノワなんですか(><)

結局ミノワが引取ったし、だんだんと打ち解けてくるんでしょうねえ。


じゃすみんお目当ての西村雅彦さんは、法律事務所の所長です。

でも『依頼人の利益より事務所の利益!』と明言してミノワにひっぱたかれる(スローモーションでorz)ような人物。

ミノワも山口紗弥加も1話で退職しちゃうものの、敵役でずっと登場する様です。
 

山口弁護士が知るという、何かヤバい所長の素顔もそのうち分かるんでしょうねえ。いろいろ楽しみです。

「地の塩」2、3 ☆☆☆☆

「真実は作るものです」

捏造告白、キター!


当時、あのタイミングで「発見」がなかったら、研究費が打ち切られていた。そんな勝手を熱く語る神村。なるほどですが、嘘は嘘でしょう~。

しかも「君にだけは言っておこう」って、迷惑もいいところです。警察相手同様に、嘘をつき続け信じさせて欲しいものです。だいたい、何故彼女(マスコミ)に。美人だからかw

既に町おこしでハッピーな人たちの笑顔を壊すんですか、とか言われても、ねえ。それはまた別の話だし、いつか本当に本物の遺跡が出て来た時に信じてもらえないのでは…←助手(田中圭)が疑い始めてるので、次回そんなことになりそうな。


そして殺人犯も現場を掘りまくり。

遺体を埋めた時になくした腕時計は、既に神村先生が発掘済みなのに(本当に引きの強い…w)そうとも知らずの夜なべ仕事で、神村の捏造現場を発見かと寄ってきた学者さんを殺しちゃいましたよー。

神村が口を塞ぎたかった男の死。

その手には神村の手袋……って、出来過ぎですからw 発掘現場に置き去りなのも、神村の犯行なら絶対しませんよねw


さて、盛り上がって来ました。


「dinner」9☆☆☆

またもやドタバタw 


ケータリング先から帰ってこない江崎たち、残ったメンツで客をさばくぞと張り切るも、副料理長今井がぎっくり腰でダウンw 仮料理長wになった夏野まで倒れて、メイン料理を作れるシェフが居ない??


まずはおでかけ組が、寄り道で食材探しだの(江崎w)、道に迷った、車が壊れたと、どんどん帰りが遅くなるのが可笑しかったですよねー。数馬(八嶋智人)の演技もあいまって現実味はないけど、そこはもうシットコムだと思えば全然オッケーです。

逆に居残り組の状況は悲惨の一言。

予約客だけ、コース料理2つに限定で乗り切ろう!と頑張ってるのに、予約ミスで8人増えるわ、全員違う料理を頼んで味見しあおうとか言い出すわ。それを丸っと通しちゃう支配人は皆を背中から撃ってるも同じでっせ。でも

「遅いわねー」

と待ちぼうけな客にもお世辞とワインと講釈をプレゼントして時間稼ぎとチームワークで乗り切ったり、初めて前菜を1人で作った、しかも客が完食してくれた、と大喜びする場面はなかなか心暖まりました。

なのに夏野まで倒れて。初めての料理をまかされる はづき は自信がない……。

ここで、車の江崎と厨房をスマホでつないで油の音など聞いてタイミング指示するのは面白かったです。でも電源ギレで肝心の大詰めは1人ですることになってまたまた大ピンチ!

でもそこで、大チャンスだぞ、と励ますというか「羨ましいぞーオレがやりたい」と言い出す江崎がまたいい味だしてました!(最近それを強調しすぎて、アホの子になってきてる気もしますw)


確かに、厨房にいる人たちみんな料理は好きで自信もあるだろうに、お客さんに出す料理をまかされるのはトップの人であとは下ごしらえや茹で加減といったサポートの立場が何年も続くんですものね。アクシデントで調理をまかされてやりとげるのは大チャンス!
以前のお父さん逮捕回のラスト、女でもなんでも上手なら料理長になれる。と応えた通りに江崎が彼女に店をまかせることになったのでした(ここで、回想が入る訳でもないところが連ドラじゃなくシットコムじゃーん)


でも客の立場なら、裏の騒ぎを知っちゃったらこの日は半額ぐらいしか払いたくないかもしれない(><)


ちなみに今井と夏野の腰をいわしたトマト缶の箱は、ドルチェのおばちゃんがお片づけw まさか3人目が?と思わせてスカす感じ好きです。(子どもに「まずい!』と言わせて締めたとの、やったことは逆ですがスカ具合は同じかもw)

こんなドタバタ&江崎料理バカのシットコムで、ずーっと続けてほしくなってきました。


「dinner」4、5 ☆☆

「相棒」みたいだった4話、ドタバタな5話。繋がりが悪いよね。


今週スポットがあたるのは「料理長になった」と家でウソをついてるパスタ担当袴田シェフ、妻の来店に焦りまくり。

でも皆は彼女を「料理長=江崎の奥さん」と思い込む、というコメディ仕立てはお気軽で勘違い騒ぎを楽しめました。そこに、江崎をちょっと意識してた支配人の複雑な気持ちや

「『愛してる』より『美味しかった』が嬉しい」

という台詞を江崎(妻)と袴田の不倫相手ソムリエに重ねて吐かせて、これだけ観たらいい感じ。

しかーし4話とはえらい違いじゃないですか?


女シェフの苦悩や親子の絆に焦点をあてて暗かった4話。

冒頭で「どんなに頑張っても女は見下される」と気負った台詞を吐かせ、頑張りすぎで鍋を倒せば落ち込み、心配されれば逆ギレと厨房はピリピリしてたのに。今週は料理をヒックリかえしても、ただのギャグ扱い。えー4話の彼女がイヤミのひとつも言わないの?


更に、女シェフ父の犯罪が長々と解説され(ひったくり程度じゃ張り込みつかないしね)、もちろん最後に食べに来て感動の「花丸」が……!ってやってた翌週には、蛸の投げ回しですか?


そういえば

「張り込み刑事がいる!」=「江崎が犯罪者!」

というドタバタの場面が浮いてましたよねー。せめてそこにドタバタを挟むことで、今回へのつなぎにしたんでしょうかw 


毎回、2話で江崎と副料理長とのタッグを描いても翌週にはすっかり忘れ去られて、副料理長いたっけ状態だったりと、連続ドラマ感がうっすいんですよね。

1話から妙に目立ってた常連モダンちょきちょきズさんは、

「お酒飲まない」+「有能女刑事が顔面惜しい」=「潜入刑事でした!」

以来、もういないし。
江崎のキャラも『料理が出来れば幸せ』なのは一貫してますが、それで奥さんから心が離れるのかな?彼の態度は変わらないのに、奥さんだけ我慢ができなくなった、と言って欲しかったですよ。

そして次回もまた悪評で客が減るとか、グルメブログ悪評の影響はナッシングだったくせにどこの口コミだと「シェフが人殺し」だなんて信じる奴がいるんですかー。適当ですよねー。観るけど。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ