ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

蟻地獄

「2015年8月上旬のインパルス」

☆「ウーマンラッシュアワー村本、インパルス板倉の暴言に助けられる」の記事(こちら
先月の27時間テレビ、村本に板さんが「死ねよ」と返したあのやりとりについて村本がラジオで語ったそうです。ライブドアニュースで流れるようなことだったんだw 村本発言の通りなら、私が台本くさーいと書いたあれこれがガチの総力フォローだったわけで申し訳ない。板さん漢をあげましたね!(でも内輪ノリ気持ち悪かったという村本の感想にはやっぱり同意w)

「ぼくらの時代」村本×山里×西野の回はめちゃ面白かったのもふまえ、村本を少し見直しましたわw

☆郵便局のCMに板さんがー!!!!!!
「バカまじめな男・20円」編(公式サイト動画こちら
ダウンタウン松本がゆうパック配達してる、あれですね。持込み値引額が20円増額になったのをアピールする新CMで、『拾いました』と20円ぽっちを持ち込まれて戸惑うおまわりさんに板倉俊之ですw 警官コスプレといえば板さんですからね!似合うわー 嬉しいなー

☆コミック「蟻地獄」発売記念イベントの記事(こちら
「火花と一緒に買ってね!」と、きっちり笑いをとって終わる板さんです。白いシャツが爽やか! 時節柄、又吉の芥川賞と絡めてのインタ。1年先輩でご近所で、食事しながら小説論を語ったりしてたらしいですよ。当時の自分をボコボコにしたい…!なんて照れつつw きちんと又吉を褒めて自虐で笑いとるスタンス変わらないですね。書き起こしの記事は「~なんです」が全て「~なのです」になってて激しく違和感w ぜひ動画を見て肉声を聞くべき!

(ところで、イベント後作画の武村勇治先生と板さんお食事に行った模様。先生のお魚をほぐしてあげる板さん…w(画像こちら骨になった魚w こちら

 

「ピラメキーノ640」(8/3~11)
朝に移って、まだやってたんだ!偶然みつけて仰天しましたw

廃校内でのかくれんぼ=ドロPの、警察をはねメン(板倉/博/梶原/が担当…って、夏休みのちびっこ分からないよw それも週またいで7回もするほど盛り上がったわけでは……orz それでも板さんの警察コスプレが毎朝みれるのは眼福w 理科室で女子を追い詰めた場面、いやらしい笑い声と共に机を踏み越えて近づいていくのナイス(><) その他は、すぐ隠れ場所に近づくミラクル馬場さんほどの活躍も無く。

締めトークで「今度ははねるに来いよ!」という梶原ボケに乗っかっておいて「……もう、無いんだよ」と哀愁漂わせてましたw


「くりぃむなんちゃら」(7/3)

<THEイイカタ> 有田、麒麟川島、板倉、銀シャリ橋本と並んでの特殊ルール大喜利。

意味ない言葉を、言い方で笑わせる…… インパルスが苦手とされてる方向←「という世間のイメージで仕事が減ってる!」と物申す板さんですが、始めてみたらやっぱり苦手じゃんw 考えるのに集中のあまり、他の人の解答をみないと怒られるw 更には「…ルール、わかってます?」と審判AD嬢が苦笑w あまりの一人負けにビンタをかまされ(すんごい音したよw)ての感想をひと言~ってのだけは丸もらえてましたけど、あとは最後までダメダメでしたよ!
「もっとインパルスをテレビでみたいんですよ」橋本の言葉が胸にしみるよー
でもビンタされて涙目の板さんもかっこよかったです(><) 白シャツに各色派手蝶ネクタイ&同色メガネのユニフォーム、ザ芸人になってる皆と違って、紫の板さんだけ何気にスタイリッシュでした。

2012年5月下旬のインパルス

「蟻地獄」、爆笑問題太田さんの協力推薦でamazonでめっちゃ売れたらしいですね。タレントさんとTVの力ってやっぱりスゴイ。紹介のお言葉も伝え聞く限りではツボをついてくれてて嬉しいです。

東野幸治は「分厚すぎるー」との文句で逆宣伝w 上手いw

劇団ひとりの「病んでる」は、あまり賛同できず。板さんが言われがちな単語を書いてみただけな気が……。


「アカン警察」(5/20)

アナウンサー2人を、嫉妬している筈!と対決させる企画w これを機にこじれそうw

それはともかく、ジャニーズ田中聖と並ぶ板さんを堪能しました。


「はねるのトびら」(5/23)

<すっぴん美人>新企画! 一流メイクアップアーティストの辣腕ですっかりヘンシンした虻ちゃんがまず見所ですね。「私であって私でない!」「写真が撮りたい!」とコーフンを隠せない虻ちゃんw でも無情にもこれはどんどんスッピンになる対決なのでしたー!!

というわけで、変則しりとり。

最後が「ん」(ただし3文字以上の単語で)の方が勝ち!……なのにずっと普通のしりとり。若くてきれいな娘はどうせ化粧落としたって可愛いんだから虻ちゃんの負けなんですけどw

観戦するはねメンが学生服で、ブレザー板さんに萌え萌えw

<突撃!実家の晩ご飯>アンガールズ田中

すごーい実家広~い!

夕飯より名物「つちのこ饅頭」が食べたい、相変わらずOL舌なイタスケでした。せっかくのお母さんの心づくしを、味が薄いだの、よその家のご飯がそもそも嫌だのワガママ言いたい放題で、お茶の間で非難囂々w でも褒めちぎるだけなら別の人がすればいいわけで、こういうコーナーなんだから仕方ないよね。

クイズが当たれば番組から、外れたら息子からお母さんにお小遣いプレゼント。また現金絡みではありますが、おかあさんにあげる形なので生臭くはないかな。

<パイロン積み>

連続11個詰めるのか?またかー。

でも今回は西野いじりで楽しめました。なんでああ威張るんだろうなあ。一番下に回されれば『つまらない』とぶーぶー。誰かが1番しなきゃ始まらないのに。ついに文句言う西野に上から水をかけだす板さん梶原、小学生かw


「第07板倉小隊」(5/25)

またもや勝利ー!!

ジャア少佐はぼろ負けでしたw

小柄で可愛いお母さんに、ジャア少佐がメットかぶせたりしていじってて羨ましかったです。うちにも絆が上手い息子がいたら良かったのかー!(メットの下の眼帯?も、ちゃんと原作通りのデザインでびっくり。見えないところまで細かい!)


「爆生!レッドカーペット」(5/26)

コラボ生放送!アンガールズ田中&インパルス板倉~!! うわーw

まず田中登場で悲鳴がw キモイ生き物T.T(田中卓司w)と飼い主小学生としゆきくんのコントです。ロッカーといい、潜入捜査官風味。客席の悲鳴にノリノリの田中と、笑いがこみあげてる板さん、2人とも楽しそうでした。宇宙生物T.Tは扱いが悪いと悲しむのでキレるつっつんよりも可哀想になるのですが、ジャンガジャンガで無理矢理〆て(これもメチャ嬉しそうw)、まあお祭りだからいいよね!

はねるのロケで実家訪ねてた時って、このコラボの打ち合わせもしてたのでしょうか。

残念だったのは、舞台裏生中継。

ずーっとずーっと板さんを目当てに見ていたのに、出番がラストだからちょっとしか居なかったし(><)舞台からはける時には生中継が終了だったのでした(><)


「お願いランキング」(5/29)

堤下いきつけの店、横浜中華街「吉兆」人気メニューの1~3位を当てましょう。

この15年歴代彼女と来ていたそうで、定番保健の先生ネタから、モデルの元カノまで話題になってましたw

あさりそばが美味しそう~。なんと板さんがおかわり!番組で板さんが自分から食べるなんて!

次が芝えびのチリソース。でも米が欲しい板さん、小ライスを自腹で注文ですw 16:30開始のロケなのに朝から何も食べていなかったそうで、珍しく積極的に食べてるのは空腹だったせい?w 

板倉「(けだるく)フカヒレスープが食べたい……」

堤下「じゃあフカヒレ!」

には、司会の竹山さんに趣旨が違うと怒られて注文し直しにw 相変わらずの甘やかしっぷりです。

で、堤下チョイスの料理が4位5位と外し続けると板さんご立腹。長引くと駐車料金がかさむじゃんw

野菜メニューの多い店で、初めて食べる空芯菜もゴマ味菜も気に入った様子。食わず嫌いせずに野菜食べて健康に気をつけてくださいね!


「はねるのトびら」(5/30)

<すっぴん美人>

ゲストはももち。ツインテールでぶりぶりは苛つくんだけど、ダンスはさすがにアイドルですねー。
「やっぱももちは腕あるわ」と板さんも認める反応のよさ、進行もスムーズで代わりにコーナーしてもらいたいぐらいですよ。で、必死に眉を守りたがるけど前髪で隠れてるのにw ちらっとみせたスッピンも普段と特に変わりなくない??

今回は、メイク状態ですらいつもより老けてると言われちゃってたイチゴクリームたんこと白髭さまこと虻ちゃんがひたすら悲惨でした。だ→だいこん、ら→ライオン ぐらいの手持ちはつくっておこうよ!でも、ももち相手に暴れるの面白かったw

最後、褒めてやるとの声に虻ちゃんがすっぴんを晒すもメンバー無言w「真空状態」と言ってたの板さんでしたよねー。今週も制服姿が似合いすぎでした!

<初心に返ろう!壁抜け>

カラオケ収録の前にこんなことが。と、スタジオ入り口で待ち構えるロバ山さん。横にはペンキを塗った壁。汚れずに通り抜けようと必死になる気持ちが、「はねる」開始当時のいつ番組が終わるか分からなかった頃と一緒だという理屈なのですが……なるほどw 緊張で引き締まるのね!いい表情にかぶりつきでしたよー(でも番組内でそれを出せばいいんじゃないの?結局汚れたの梶原だけとか、プロデューサーを汚してオチにするならロバ山さんでしてあげましょうよ ^^;;;)

壁の幅は一番太いところの半分。で、梶原と板倉が38cmで最細、逆に最太が55cmの堤下w 軽装半ズボンと可愛げディズニーTシャツなつっつんと、黒つなぎ長袖長ズボンで季節感が違う板さん、安定のインパルスでした!

「2012年5月上旬のインパルス」

☆ファミリーマートとよしもと芸人コラボ中♪

<インパルス堤下のブタメン>買いましたよん。

他にも麒麟<ええ声のど飴>や次長課長<お前に食べさせるタンメンはこれ!>などずらっと並んぶのをインパルスが試食する動画がこちら
<堤下の>と入ってるから俺は関係ないとすねる板さん。確かにw 企画の人ひどいよねw じゃあ板さんんは鶏ガラ味でと、返すつっつんに納得するのかは動画ご覧下さい。 あと、袋開けてはどんどんつっつんの口に詰めていくの面白かったですw


☆エメマン缶デザインコンテスト!

TVCMもちょろっと板さん映ってますけど、公式HPではみんなのデザイン缶に投票できます。つっつんの豚さんと板さんの『熱くても持てる』デザイン、投票数が多いのは??


☆「蟻地獄」情報をツイッターで探すと、亮さんが感想を上げてくれてたり、献本されたと作家さんが書いていたり。板さん道尾秀介好きだったのかー。グロ系なので納得、私も道尾好きの友達には安心して蟻地獄貸せたし。でも彼女の感想は石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」みたいってw


☆あと全然関係ないけど書いておきたいのがwowowドラマ「罪と罰」

めちゃ板倉テイストです。いや、いいドラマなんですけどね。シリアスな。でも「害虫を排除して何が悪い」とか「血をもってあがなう」とか、主人公の主張が厨2病全開でヨハン・リーベルトかとw ああコントやってほしいな。


「ロンドンハーツ」(5/8)

板倉さん空気orz

まさかのラブマゲドン出演に期待したのに、まるでいいところなしですよ(><)1stでガチにきれいな娘に行って成立しなかったら、その後はもう姿勢からしてやる気無し。あるフリをする番組なのにー!(劇団ひとりと競った次、板さんは引き吉村は突っ込んで来たのが象徴的っていうか)

ラス前でレスラーの娘とカップルになりましたけど向こうだって消極的選択で面白味ゼロ。これが女芸人の回ならネタでふっきれたのかなあ、misonoでもいて選んでくれたら良かったのかあ←って他力本願なw

また当分呼ばれないのかなー、運動会とかランキングとかで観たいなあ


「はねるのトびら」(5/9)

<カミングアウトinみちのく合衆国>ちびっこ大会!

早速、仕事中のナンパをカミングアウトするMC板倉さんw で、番号渡した後に連絡はあったのか無かったのかw GWらしく小さいコも多い大会で微笑ましかったです。


「機動戦士ガンダム第07板倉小隊」

ついに勝利して喜ぶジャア少佐! いや、子ども相手にそんなw

サイゾーでとりあげられてるぞと思ったら「観てはいけないものをみてしまった感」ですってw(記事こちら
かもねー、板倉といえばクールなイメージの人もいるのでしょう。もうあの番組の板さん、私は見慣れちゃったけどw 


そうそう4月最後の放送の「再会ジャアとセイラ」、親子対決の家族がガンダム好きすぎて下の娘さんの名前がセイラ!いるんですねー。 抱いて連れ去る板さんでしたよw


「蟻地獄」板倉俊之

面白すぎるよ、板さん!


インパルス板倉俊之の小説第2弾。
前作「トリガー」が殺人許可など異世界設定で悪ぶり感があったのに対し、今回は普通の若者が犯罪に巻き込まれ(もとい自業自得で首をつっこみ)四苦八苦するという、もっと身近?な物語になっています。

寒がりで頭脳派で19才で無職の主人公。

ファンなら19才当時バイト暮らしだった板倉さんを重ねずにいられませんよねw(暑がりでおデブな友人は幼なじみがモデルだそうですが、私の脳内映像ではつっつんです)


5日で300万円つくらないと友人が殺される!

そんな無茶な状況でも逃げず、諦めず、次々と思いつく『名案』を乏しい予算で進めて行く主人公を追って、読者も右往左往させられます。この熱意で仕事もできたら稼げるだろうにねー、でもそもそも発端のいかさま賭博をしちゃうところがダメなんでしょうねー。


練られた展開で、残り少ないページ数でもまだまだ何かが起きるジェットコースター・サスペンス。伊坂幸太郎やジェフリー・ディーヴァーを思わせる、とまで言ったら褒めすぎですね、ファンですので許してw

でも十分に、板倉もお笑いも知らない本好きの友人に、こんな新人いるよと勧めたい一冊です。


もったいないのは、冬の話で終始寒がってるのに4月出版なことと、分厚さw 小ぶりのハリーポッターかという存在感で1700円は平積みになりにくいし、通りすがりに気軽に買える本じゃないですよね。面白いのに!(ハードカバーじゃなく、京極堂シリーズ的装丁にならなかったのかな)


ちなみに、前作で丸出しだった個人の好み(じゃがいもゴロゴロカレーw 銃のうんちくw)の出方は、もっとソフトになってます。便利なライトやスタンガンの銘柄指定ぐらいなら物語の邪魔じゃなく微笑ましく読めました。


猟奇的な暴力描写はあるものの、そこがメインではないし(時に笑いどころですらあります。そうだ!◯◯で稼ごう!ってw ←いちおう伏せます)
動物や女子供への気遣い、家族とのやりとりなどはやはり暖かい人柄が滲みでていて、穏やかな読後感も気に入ってます。同じ二村と修平でまた事件に巻き込まれて欲しいくらいです。こんどはデブの修平も大活躍とか。


でも本業インパルスの活躍を願うとコント作るのが先ですよね。
ピン活動がインパルスに刺激を与えた様に、この執筆活動も芸人板倉俊之の良い糧となるのでしょう、これからも板さんから目がはなせません☆ 

ちなみにじゃすみんの「トリガー」評はこちら


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ