ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

藤竜也

「はじめまして、愛しています」2、3 ☆☆☆☆

2話、特別養子縁組に申請のため、まずは里親認定に四苦八苦。でも最後に子供から手を握ってくれます。
3話、里親に。『試し行動』に苦しみ縁組を断念。思い直し、再度迎えに行った夫婦にハジメ(と名付けた)は歩み寄り、また手をとってくれたのでした。

もう毎回泣かされてます(><)
そして毎回ダンナがうざいですよねえ。
「ピアノを聞かせてあげる!」
と言ったら立ち上がって、ついてきた。なのにピアノに直行せず遊園地行っちゃうってさ、信次は超善意で最大限サービスのつもりでも、約束と違います。ボートに乗せられながらも、男の子はイライラしてたのかも。夫婦そろって注意をそらしたわずかの隙に失踪です。ああああ (子供の失踪は経験ありすぎて、ドラマでみてても胃が痛く……orz)
場内呼び出しをしようにも、男の子に名前がないw
『ハーフパンツを履いた、男の子が……』
なんてざっくりしすぎの迷子お知らせが徒労すぎてもう、絶望。しかし、彼らには奥の手があ~る。広場にはお誂え向きのピアノがイベントに向けて一台セッティング中。常識人の美奈だけならまさか実行には移せないところを、強引にマイウェイな信次はぐいぐいと妻を座らせて、まあいいからと弾かせてしまうのです。と、本当に木陰から現れるハーフパンツ妖精、もといあの子。

ここで脱走を叱る美奈が
「この人は絶対にあなたを裏切らない。そんな人の手を離しちゃダメ」
と教える場面は……美奈自身も、そう思って信次の手をとり夫婦になったんだなと思えてとても素敵な説得でした。それに応えて男の子が握るのが、まず美奈の手なところに笑い、次に信次に伸ばした手が、ほら江口洋介がデカイから子供の手がますます小さく見えて……うるうるっ。

里親認定のための聞き取り調査では、夫婦の間の隠し事があれこれと明るみに出ます。
美奈の職業病の痔(レッスンって座ってしますしねえ)はともかくw 美奈の母が自殺だったこと、その時手を離したことをずっと気に病んでいること……。小さなハジメの手をとる今は大きな美奈の手も、当時は大きな母の手に握られた小さな手だったのに、可哀想に。
なのにまた信次は「なんで言ってくれなかったのー!」とグイグイ来るんですよ!ウザいよ、言えなかったんでしょうよ。なのに自分は自分で、事故で父と兄を亡くした時の母との揉め事をむにゃむにゃと誤魔化すんですよ。大したことじゃないって、そりゃこっちのセリフだー!
ついでに言うと、美奈が子供の世話をしているとニヤけて『お母さんっぽい』と喜ぶのも、時間の語呂合わせ以上にウザいんじゃとずっと思っていたら、美奈からも文句が。ですよねえ。
しかし信次はある意味、 美奈のフリーダムな父に似ているし、美奈は信次の母にクールなところが似ていそうです。家族や夫婦ってそんなものなのかもw

そして里親認定がおり、夫婦とハジメは3人で暮らすことに。
「これからの方がもっと大変」
と児相の堂本さんがあれこれ予言してくれていたように、ハジメは『試し行動』を律儀に開始。パンと海苔しか食べず、ジュースをケチャップをソースを床に撒き、タンスの中身を放り、そっちを片付けてる間にこっちにまた……orz うわあああああ、と毎度トイレに向かって叫ぶ美奈ですが、これってむしろ狭い個室で声が響くのではw せめて流して音でごまかさなくていいのでしょうか(^^;;;)
もう家中匂うは腰は痛いわ痔も悪化するわw
でも止めても怒ってもダメ、本人が納得してやめるまで見守るべきですって。そこで記念に写真をとる信次……orz

自分もこんなことした?とJKの娘。うんしてたしてた、ただし0歳1歳の頃にね!
どれも赤ちゃんなら、見てない大人が悪いね、あらあらダメよーこぼしちゃったねーで済ませるようなささいなこと。それが5歳じゃ冷蔵庫も上の棚も手が届く、力も強い、ダメと分かっているはずなのにするから腹も立つでしょう。黙って見守るなんてどんなに辛いか……(ちなみに障害のある息子の問題行動ならやはり、騒がず反応せず淡々と処理するのが鉄則ですが。それでもまず止めるしダメと教えることもするわー)

そんな修羅場に、わざわざ親戚を集めハジメの披露パーティをサプライズで目論む信次。こ、こいつはどこまでウザいのか……(^^;;;)
またそういう時に限って問題行動はひっこめて大人しくしていて、それも腹立つよねw 折り合いの悪い美奈父も呼び、どうせ来ないと思ったら来ちゃうし。ピアノが好きと聞いて弾いてくれたら、美奈の父との唯一の思い出の曲「白鳥」で、思い出通りのことをハジメにも語ってるのもおそらく嫌なら、ハジメがいい子に連弾を始めたのもしゃくにさわるでしょう。せっかくの祖父と孫との交流を、声を荒げて遮る美奈が大人げないですが、そうさせたのはお父さんなわけで……。

もう限界、信次がこの子の親になるなら別れるとまで言いだす美奈に、折れて養子をやめようと決める信次。え、そんなあっさり?
翌日訪ねた施設でもハイハイと受諾。美奈の言い訳は中途で遮られ、怒られもせず。堂本さん曰く、特別養子制度は親のためじゃない、子供のためにあるのだから次の受け入れ夫婦を決めるのが先で、美奈を叱るなど時間の無駄だと。なるほどです。そして養子申請の取り下げに別室に向かった信次でしたが……。
後日、我に帰り愕然とする美奈が施設に走ると、なんのことはない。信次は手続きを保留していたのでした……!カーッとなった妻に何をいっても無駄で、落ち着けばきっと気が変わると完全に行動を読まれていましたねw 信次、なんてまたうざ……GJなの!

そして「帰ろう」と呼ばれたハジメは小さな手を差し出し……。今度は一緒にジュース撒くぞ!という養父母の変なテンションを察してか、もう汚しまくりは卒業したのでした。していいなら、しないんだよねw

その次は四六時中ママにべったりが始める模様……。
一日中抱っこにおんぶ、昼寝もママの上で!って2歳児でもかなり辛いのにねえ。また大変です。そうやって育て直して、初めて喋る言葉はなんでしょうね。初めて呼んでくれるのはいつでしょうね(過去に喋ってたかも分からず、障害がないとは限らないのでは。本筋とは外れるからそんなことないでしょうけど)


映画「海猿」 ☆☆

 ハリウッド映画みたい!

 潜水士になるべく厳しい訓練を受ける、海上保安庁の若きエリート達。・・・と地元の女の子の恋っていったら、もう絶対「愛と青春の旅立ち」!
 主演:伊藤英明くんのスマイルもまぶしくって素敵!

 ところがエリートっていっても、ちょっとカルイのかな〜
 飲み屋の生け簀に裸で飛び込んで、どっちが長く潜っていられるか対決、だなんて子供かっちゅーの(^^;;;) 地元の評判も芳しくなく、呑んで騒いでヤリ逃げする『海猿』・・・すっごい命名(^^;;;)
 こりゃー、楽しいスポ根系?と思うじゃないですかぁ。

 ・・・いや、それでも。人命救助を志すんだしね。誰か脱落したり、誰か救えなくて悩んだりするかも、とは思い直しましたよ。でもまさか!
 主人公の全ッ然いないところで、取り返しのつかない、努力の仕様もないコトが起こるとは思いませんでしたよー。クライマックスでもないのにー(涙)
 
<今更ですが、一応この先ネタバレ> 続きを読む

「汚れた舌」最終回 ☆☆

 軸軸軸って、どうしたの突然?

「生まれ変わったら絶対結婚する」千夏宣言にひっくり返っていたら
「生まれ変わったら」こっちはしないと杏梨。
ああ、両方とりあげるんですね。脅かさないでください。

 大人の関係の終わりがさらっとあっさりなのが衝撃。え、そ、そういうものですか?
(振った相手にストーカーされたことはあっても、つきあった人とはそのまま結婚してて別れた経験ないもので^^;;;)

 特に耕平ね。
自分だって、まだ潰れてない会社の社員再就職口を探しているくせに、千夏が片づけしてるってだけで終わり??はぁ??
 ・・・でもあれはヨリ戻るよね。確実だよね。

 今まで何度、「もう会いません」「東京帰ったら終わり」って言ったのよあの2人。
それが同じ花屋をご近所でするのよ?
下手したら明日にはお食事して寝て、来週には共同経営者(笑)

 あれだけドロドロしてたのに、結局惨めに不幸になった人はいないじゃない。ホッとしたような、肩すかしをくらったような。
 ああ、一番可哀想なのは杏梨でしょうか。
実家に戻ってのうのうと暮らす前にとりあえず侘び入れてみたら、弘子に捕まるとは!!
働き口はみつかったけど「もっと苛める」宣言まであって、泣き笑い顔が洒落になりませんでしたよー (笑)

 そして笑ったのが、カウンターレストランの店長。泣くなよ、客の話聞いて(^^;;;)
杏梨が食い詰める心配よりも、絶対耕平の方が危ないと思うんですが・・・。まぁ、いっか千夏とよろしくやってるんだから(決めつけ)

 オープニングの、舌にまつわる文言がラストまた美しく繰り返され締めくくり。キワモノなりに、実はきちんと暴露され精算されて終わる道徳的な物語でした。

みっちゃんの今後の成長と女性関係だけが心残りです。親元離れたのは正解だけど・・・・嫁姑&小姑でまた一本ドラマが作れるから。

「汚れた舌」9 ☆☆☆

 『2枚舌』というと聞こえは悪いけど、一応は誰かを守ろうとウソをつくみっちゃんが、主要メンバーの中で一番大人に見えてきます(バレバレだけどね^^;;;)
 またそれに、「2枚じゃ足りないっ」と嘘つきを極めろとすすめる母親が居て余計にややこしいって!!
 今週も不愉快に盛り上がって楽しかったです。もう千夏最低。 

 葬式の手筈だ、自殺の阻止だって、頼んでもいないのに周囲が動いてるってのは確かなんですけどね。してもらって当然みたいな顔してますよ??

「東京に帰ったらもう会わない」 と耕平に宣言。
 そりゃあ”尽くし損”じゃないですか。嫁とモメながらも金沢来てくれたんですよ、せめて、せめて一晩イイ思いさせてやってから言えないのかなぁ〜。
 ↑これって普通、女性の立場から言う事じゃないんですけどねぇ。千夏があんまりなので、つい。

 ホステスで稼いで、結局は白川に金借りて、女の武器をフル活用しておきながら
「お金は”借りた”」
「ちゃんと返す」
と言い張るところが見苦しいのよー。
 だったら耕平に頼りまくりの恩はなにで返すんだっ

 かといって、悲劇の正妻:杏梨に同情出来るかというとそれも微妙(^^;;;) 最近、子供ほったらかしだよね。

 来週また、千夏は酷い目にあってるみたいです。
予告で、泣きを入れてる千夏にちょっと溜飲下がったりして。自分が怖くなるなぁこのドラマ(^^;;;)

「汚れた舌」7,8 ☆☆☆

 心筋梗塞の原因は「過大なストレス」って・・・あの食事会だよ(笑)

 夫婦親子不倫の恋人、勢揃いしてるその席順がまた修羅場で
「ヒトを呪った一生でしたから」
なんて言ってた人がその晩急死よ?驚くより納得しちゃいそうです。ああ、刺されたんだなって(自然死なほうがびっくり・笑)
 いやー、今回凄かったわ。

 千夏のウソがお母さんにチョンばれた前回も凄かったんですけどねー。どうも、杏梨で冷めてしまって。だって、自己分析してるんだもん。
「千夏さんの服についた血の染みが、苺の形をしてたの。だから苺は見たくない」

普通、”どうしてそうなのかわからないのに止められない”ものじゃないかなぁ。
分かってるならヤメロってば(^^;;;)
 それにネットの中傷で客激減て(笑)
大手の「富士」は、ああいうところチェックしてても理解できるけど、ご近所で花買おうってひとは見ないよそんなもーん。

 でもソレを言ったら今回も、5秒前まで唄ってたヒトが心停止しても、電気ショックでもマッサージでもなく「ご臨終です」な医者、ありえないんですけど…。

 まぁ。いいや。
だって葬式での鉢合わせが待ち遠しかったんだもーン!白川殴るわ、杏梨が不作法だわ、期待通りでしたよーん!

 そして、葬式の手配から出棺まで、親戚でもない副社長に手伝ってもらってたくせに、一夜明けたら結婚を思いついて白川の元へ走る千夏。
 断られていーい気味だぁ!!(鬼)

 そうそう、糸切りバサミに自分の舌を挟む千夏。
あれって、握ったら切れちゃうんですよ?なのにタックルかます耕平に仰天でした。キケンだろ!!撮影用は刃を潰してあったんでしょうか(^^;;;)

「汚れた舌」6  ☆☆☆

 何時間スケスケで彷徨ってたんだ千夏!! 暗くなってるよっ!!

 ウソの注文で、まだ生きてる人に枕花届けちゃった千夏の花屋。
 電話でも通販でも花送れる時代に、わざわざ顔見せてウソつく依頼主に笑いましたけど、千夏もともかく謝らなきゃ。 スミマセンの前に「でも」ってアンタね。
「私は悪くないモン」な態度で、コッチまでイライラ。殴られて水かけられてもちっとも可哀想じゃないゾ。

 挙げ句、社長に会うなり気絶って、待ち伏せてたんじゃないかと疑うタイミング(^^;;;)
かと思うと白川の元へと押し掛け慰問菩薩。こーのー女はぁー!!

 対する奥さん杏梨が、お嬢さん育ちのくせに甘え下手で可哀想になってきましたよ。壊れてきたしなー。
 つらいときに、とりあえず笑顔貼りつけて笑っちゃうのって何かしら・・・・。本当に可愛がられていたんじゃなくて、甘えて泣くと殴られるみたいな環境を想像してゾッとしました。考え過ぎかしら。
 とりあえず、苺は始末しようよ。
 壊れてる杏梨はともかく、つき合いで食べる弘子の息子まで掴んでむさぼることないじゃないですか。 ミキサーでイチゴミルクつくるのはどうでしょう (^^;;;) 

 ベッドシーンが2回もあったのに、どっちも淡泊でちょとガッカリ(笑)あれなら未遂のキスどまりin花屋の方がエッチだったわー。

「汚れた舌」5   ☆☆☆

 菜の花の中に何か・・・・人? 杏梨??
生き霊かと思ったら、千夏普通に挨拶していて怖さ倍増でした(^^;;;)

「一回のキスならアクシデント」
「身体の関係さえ無ければ許される」
 千夏あんた甘い、甘すぎるよっ
お母さんが白川刺したのも、薄々気付きながらとりあえず知らないふりって何。

 そして白川との仲はそのままに、社長耕平もキープ。そんな上手いこといくわけないじゃん。
また、男どもは仕事で繋がり出すし。いつか3人出くわしてドロドロするんだわー、きゃー(楽しみなのか、私??)

 とりあえずディズニーランドは、パパ抜きで娘だけ連れてってやりましょう。なんなら、義弟を荷物持ちに連れていったら・・・・。とか思っていたら。
 義弟も腹黒い・・・・。
 耕平みたいにおっかあに欲情してとか、ずっと好きだった、じゃなくてとりあえず優しくしてみただけ??きゃー。

 怒り狂う杏梨に、貼りつけた笑顔で心にもないことをいう弘子。
別の方向から100倍返しする女なのに・・・弘子が一番まともに思えてきて怖いです。
ていうか耕平。お金あるんだから別居しようよ(涙)

「汚れた舌」4 ☆☆☆

 おいおいーっ 花屋でサカリ始めましたけど、外から丸見えじゃないんですかっ!!

 ”結婚より仕事”と言うくせに、その仕事をホイホイ投げ出してデートしている千夏、でも白川もちゃんとダメだと思ってたのねー。
 仕事のミスを花屋社長に救ってもらう千夏。
 恋人の家から、自分に気がある男に電話して『助けてお願い』ってアンタそれどういう了見だよって話ですけどねぇ。器の広い3代目、お願い聞いてあげちゃうんですもん。
 好感度UP・・・・なのはいいけど、お礼に(?)寝るなーっ

 その他、母と白川や社長夫人は次回の騒ぎへの布石だけでちょっと地味。

 義母ヒロコの不幸語りは今回も健在ですね。
 今は良い服着て豪邸住んでるんですよ。ピアノは息子にさせるなりして昇華すりゃあいいものを。いつまでもくすぶっています。これが生きるエネルギーなのかしら・・・。息子はあの話、もう何度も何度も聞かされてるんじゃないでしょか・・・・(^^;;;)
 室内3重奏を背に、てっきり鬼の形相で出ていくと思ったらはりついた笑顔だったのが怖いやら笑えるやら。

「汚れた舌」3 ☆☆

 不憫だ・・・あの息子。ひたすら不憫だ。
彼女が出来たって、あの母親に会わせるわけにいかないよね(^^;;;) ていうか、まともな恋愛が出来るんだろうか。

 そんなわけで、密会中を妻&義母とはちあわせちゃった可哀想な社長。言い訳もさせてもらえずに、全員で同席です。キッツイわ〜(><)
 横一列並びで、ただでさえ話しにくいのに会話の中身も針だらけ。

 杏梨、途中で帰るなっ ていうか、旦那の密会を抑えたら怒れっ
その場で椅子でもひっくり返しゃいいのに何故弱気になるんだーっ

 後日、「主人はあの人と・・・」って姑(笑)に言い出したところも完敗でしたよね。
『社長は気があるけど、女の方は全然よね♪』って断言されて。
浮気だって、旦那がモテてると思えばちょっとは気持ちいいだろうに、フラれてちゃ二重に惨めじゃない!
  もちろんヒロコ、それ分かって言ってるし。
あれで実の親子なら、息子が不誠実で申し訳ないってなるんだろうけど後妻のヒロコには全然責任ないし(^^;;;)

 一方で展開する白川と飯島直子の恋はもー、どーでもいいなぁ。
 娘は不倫デート(っちゅーか記者会見見学)中に、デパートで買い物するお母さん。え?店番は??
それに、服をデパートで見るって生活に余裕のあるイメージ・・・・。

 居間が映っても、一度どん底苦労して何もかも手放した人の家具には見えないんだよね・・・・。その辺もあって、どうにも母娘パートは嘘臭いです。

 しかし! 記者会見の記事からウソがバレルのにはやられましたー!
「自分から白川の匂いがしたのかと思った」という生々しいモノローグもあいまって、最高にスリリング〜。

 あれですね、死人もゾンビもでないけどホラーです。

「汚れた舌」2 ☆☆☆

 うひー、社長自爆!!

 だいたい妻との外出をドタキャンして逢い引きだっちゅーのに、いきつけの店に行くなよー。ドレスアップした妻がそのまま家に戻るわけないじゃんっっ!!戻ろうとしたって あの恐ろしい”おっかさん”が無理矢理 社長の居そうなところに連れて行くにきまってます♪
 女と会えるように仕組んだのも彼女なんだから。 怖っ

 しかし、そうしたくなるほど怒らせた牧瀬嫁も、天然じゃ許されないボケっぷりですよ。
「途中で辞めたらカッコワルイ」
と子供に教えるのに、家族それぞれの挫折を教えるっちゅーのもワケわかりませんが(自分たちみたいになるなといいたいのか?)、生活苦故の高校中退と、海外留学断念が一緒ですか??
 ある意味、差別してないともいえますが…。いっそ謝らないほど悪意満々の方が、まだましかもしれないです。
 その場で怒らずに、周到に周到に張り巡らす復讐の罠・・・・・。

 それにしても、まだ寝てもいないのに疑われるってたまりませんね。

 前半、金沢での愛の逢瀬やパパ自殺の事情なんて結構どうでもよくて、5年前の融資の時まで本当に白川を憎んでいたのにはちょっとしらけたりしてました。
 そうそう、社長の正体を知ったからってイキナリ、勝手な妄想で怒鳴り込みに行くのもどうかと思ったわ。

 それが、ママが絡むと俄然面白いです。
大学通いはウソだけど、先輩と不倫だったから・・・・なんて言い訳、騙されないし(笑) とうとう孫が居る妄想まで来て、配達忘れましたよー。どうなるのこれはー。

 不愉快エンターテイメント。来週が待ち遠しい!

「汚れた舌」1  ☆☆☆

 オープニングから大受け(^^;;;) あれは笑わせようとしてるんでしょうか、どこをとっても濃い濃い。

 とりあえず、ヒロイン千夏(飯島直子)が父親を死に追い込んだ男(藤竜也)を憎んではおらず、逆に恋愛関係にある、と確認できてホッとしたりして。これで母親の教えるまま『会ったら必ず殺す』なんて思ってる方が怖いよね。

 千夏と出会って、不倫を夢見ちゃってる3代目社長(極楽とんぼ加藤)
 彼と同い年で、亡くなった先代に19才で後妻として嫁いだ”おっかさん”こと森口瑤子。この2人にも肉体関係はあるのかないのか。どっちにしろ3代目の揺れる心を逐一見抜いてする嫌がらせが楽しすぎます(笑)
 そして、ジジイへの色仕掛けで貧乏からはい上がってきた、と明け透けに聞かされて育った息子(=色仕掛けの結果誕生)が可哀想すぎ。でも、すごいなぁと感心したのはそういう母を息子が嫌っていないこと。
 過去の屈辱をあげつらい、狂気を滲ませてくる母親を置いて部屋を出るのではなくて・・・寄り添って手を握ってくれるんですよっ

 そういえば千夏も、明らかに常軌を逸している母の相手をちゃーんとしてあげているよね(騙してはいるけど)
 色恋に狂っても、親子の情は別 という話なのでしょうか(違)
 共感できる人は1人もいないけど、着地点が不明でワクワクします。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ