ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

藤木直人

「心がポキっとね」1 ☆☆

何がしたいドラマなんでしょう……。


男女4人のハチャメチャ同居?生活を描きたいなら、普通に楽しくやればいいじゃないですか。カップル二組、でもその片方ずつの二人が実は元夫婦、内緒だよって設定は楽しそう。

なのにどうして誰もが病んでるの(><)

可哀想って思う人、私もこうって思う人がターゲットですか?逆に鬱経験者は辛くて見られなくない?


主演の春太(阿部サダヲ)はタイトル通りにポキっと折れて、DV離婚/失職/ホームレス

DVされてた奥さん(山口智子)も、名を静に変え慰謝料で新生活ハッピー!かと思いきや、幸せアピールで心の平衡を保ってるだけでかなりギリギリ。

2人を拾ってきた心(藤木直人)は、習性として親切な人ではあるけれど…相手の気持ちの読めない人ですよね。


そしてまた一人、心に拾われてきた水原希子も…恋愛ストーカー歴だけでなく、投げやり過ぎる暮らしが変ですって。心を神と崇める状態も変ですって。

春太を見守りすぎたり、水原希子に金貸しすぎたりする店員も病的。

この勢いなら、水原希子をストーカーしてる女も近日中に心に拾われて店にやってきそうです。


なんなんだろう、心って人は。

名前と裏腹にほぼ心が無い人ですよね (^^;;;) 

ていうか、深く共感する人は相談を受けたら自分も辛くなっちゃうからね。悩み多き人と関わって平気で受け流していけるって、そういうことなのでしょう(私も、死にたいとか言われても本気で心配できず受け流す結果……病んでる人と付き合いが続いてしまう系だw 心無かったのかw)


と、メイン4人のうち3人の名をもう覚えてますよ、私。

普段はタイトルに主人公名入ってるとか連呼してるとかでないと覚えずに、そのままレビューも書きますからねw 名付けが印象的だったのか、それだけちゃんと見てたってことなのか。

とにかく楽しく初回見たんですが、それでも心の神っぷりとアラフォー同居ドタバタは別々のドラマにすればいいのにと思いますです。


映像は桜もいい感じの散り具合で美しく、春太の緑/水原希子のドピンクとキャラごとの色も目を引き、各部屋インテリアも納得の拵え。店の名『RIO BONITO(きれいな川)』、何度も♪Mira Me(私を見て)♪と入る挿入歌もスペイン語で優しい響きで心地よかったです。


「ドクターX(2)」~最終回 ☆☆☆

なんだかんだで見てました。

「私、失敗しないので」

「いたしません」

等、決めゼリフと主人公のキャラがはっきりしていて楽しめますよね。米倉涼子のがっつりアイメイクが映える手術中のマスク顔w 白衣にミニスカ、巨大ジュエリーw


で、毎回めんどうな患者や難しい手術の間に、主人公の脇でごたごたしていた医局の出世争い。それが最終回で見事に結実し、手術に必要な外科医3人が主任教授選で不在というしょーもないピンチになりました!

あの未知子が、いつもの台詞
「失敗しないので」

を口にしない、初めての難手術なのに大丈夫か??(いや、絶対成功するに決まってるけどさw)


結局、当の外科医も2人までは、出世より世紀の大手術に立ち会いたい、10才の女の子の命を救いたい、と選挙を棄権、手術室へ。

残って何もしなかった腰巾着、遠藤憲一が……ラスト、報道陣の前でなんだかんだで執刀医として紹介されちゃうという大波乱につながって笑わせてくれました。

事務所の岸部一徳が、無免許医で未知子の師匠という、未知子の腕前の謎もちょろっと明かされてびっくりでしたよー。(「雲の階段」三郎みたいに仕込まれてたのか?) 


最後はタイで、富豪の息子の手術。

変に動物出さずに、普通の可愛い息子の手術で良かったのにね。

「ラスト・シンデレラ」1 ×

下品。

残念な女すぎて笑えない。


深夜でもないのに一発ヤルだセックスだってうるさいです。

そしてヒロインは他人のダサイ服でパーティーに。どうして普通に素敵な篠原涼子じゃダメなんでしょう。視聴者が『美人ならモテるけど私じゃ無理よね』とチャンネル変えない様に保険かけましたか?

でもオシャレが仕事の美容師が、ドレスの一着も持ってないとかリクルートスーツとか本気でヤメて(><)本社にもあれで行くから店長になれないのかもw

更に、濡れたから着替えるのが常連老婦人が手作りの服w 髪もその老婦人がw だーかーらー美容師が2人いるのに、なんで素人が髪までw

例えば、若い子向けの店で店員にやたら褒められて一着買ってみたっていいじゃないですか。で、”露出が恥ずかしくて挙動不審”とか、”お揃いを着てる娘と並んでしまい年の差が歴然で落ち込む”とか、素敵な篠原涼子でもコメディにはいくらでも出来るでしょうに!


そんなわけで、主人公は万年副店長の美容師・桜(篠原涼子)。

仕事と友達があればいいと思い続けて40才目前、新店長は同期のチャラ男(藤木直人)にさらわれてがっかり。

『男をつくる!』

と宣言したものの、ご無沙汰で出会いが分からない(><)

サクラで行った合コンで泥酔して目覚めたら、若い男の子(三浦春馬)と裸でベッドの中でしたよ、と。ハイハイ。


ここで更に保険。

彼は女友達(菜々緒)の指令で、桜に声を掛けてます。

『篠原涼子だから』にならないように出会いに小細工して、そのうち本気の恋になったら視聴者にも

『きっかけがあって内面さえみてもらえれば私も』

と思わせると、至れり尽くせりですよ。
同期の藤木直人も桜を好きなんだろうし。


タイトルのシンデレラが何かと思ったら、桜が脱ぎ捨てた靴を拾って、春馬がそう呼び止めるんですw ひーキザ。

合わない靴で痛いとずーっと独り言を言ってる桜も桜で、いい年で稼いでるんだから、靴ぐらいサクッと別のを買おうよ。


その他、桜の友達役で飯島直子は色情狂。行きずりの男をトイレに引きずり込む……のを、知っていて友達を続けている桜も怖いぞ。

専業主婦大塚寧々は、主婦層にも媚びておこうという3つ目の保険かなあ…。


「priceless」最終回☆☆☆

ボールが戻ってきたー!!!


ついに金田一本人に明かされた出生の秘密と、ミラクル社長との血のつながり。……ってことは、数々の嫌がらせも、家の炎上も、機密漏洩の冤罪も「兄弟喧嘩か!」と、もの凄い納得をしてしまう金田一さん。いやそれって、違…わないのね金田一的には。しかも赦すw


人間関係を大事にしつつも、”目的のためには手段を選ばず”で突っ走るハピネス流だと、もう魔法瓶が作れるんならミラクルでもいいじゃん、で社長は元通りに兄社長でいいじゃん、になるわけです。それは違うと渋る工場長さんたちも、金田一の影響で変わり始めた兄を認め…いい話でしたー。


終盤、ライブ映像があるというので今か今か、この映像がまさかライブなの?と気が散った感じもありまして(演説とかで入れてくるとばかり)、雪の中の映像は楽しかったけれども全部録画で構わなかったのにね。


そして1つだけ気になるのは。

昨日のコーヒーが温かいのはいいけど。一週間経ったコーヒーって飲んでも大丈夫なのかしら……スープだとしたらもう具は全部ドロドロなのでは? 雑菌の繁殖は(^^;;;)


「PRICELESS」〜8☆☆☆☆

面白いよね。


貧乏暮らしから始まっても、そのうち仲間増えるよねー社長になるよねー町工場巻き込んで味方につけるよねー「究極の魔法瓶」記事になって売れるよねー……と、予想通りに展開していくので特に記事は書いていませんでしたけど、その間もずっと主人公金田一をぶれずに

「熱い男」

「いい奴」

「でも変」

と魅力的に描き続けてずっと面白いって、話数が重なれば重なる程なかなか出来ないことなので、実はすごいドラマかもと思い始めてきたところです。

来年の年末には一挙再放送とかしてるんじゃないのかなー。とんとん拍子の出世物語、まとめてみたら釘付けだと思います。


兄社長が切った町工場を集めて自分の魔法瓶を作ってもらう。律速段階になってしまった工場も切らない。そこで金田一が能率が悪い工場を抱え込むだけでは根性論ですが、経理ちゃんが作業割り振りを考えてみたり、接待巧者モアイさんが◯◯社と××社は付き合いが長いから一緒にやりたがってる等と現場の声を足してみた結果スムーズに作業効率が上がるなど、ちゃんと3人居る意味があるところも素晴らしい。

一昨日のタイ企業と提携では、接待にバッティングセンターと、まさかの…炊き出し(><)

『なにを演じてもキムタク』

とは主演木村拓哉への定番揶揄ですが、当て書きがピタリとハマって魅力全開の金田一を見せられたら、もうそれでいいよと思ってしまいます(><)

一度出て行った経理ちゃんも、1回分でもう帰ってきてるしw
来週は魔法瓶で仕掛けるそうですが、なーにハピネス魔法瓶が結局は勝つでしょw 

 


ただ、兄社長の描き方は可哀想。

先代社長が実父とは知らないまま、あとを追う様に魔法瓶に入れ込む金田一を褒め讃えるドラマになっていますが、兄だって彼なりに父の残した会社を更に大きくしようとしてのリストラでありCI。やり方に情がないとか攻撃されますけど、そう育てたのは誰だよw

先代が魔法瓶に拘った「理由」が商売抜きにちゃんとあったことを、兄は知らなくて弟の庶子金田一だけが知っているなんて。そこはちゃんと教えておこうよ先代社長!

『実は金田一はお前の弟』とか

『時期社長はお前でなく金田一』とか

死ぬ間際まで黙ってるからこの大騒ぎなんだしさー。

でもそこも、最後には兄弟対決でお互いに能力を認めあう展開になるんじゃないかと、これまた安心してみていられるわけですよ。
先週今週と、最終回でもないのに延長版にしている意味はよくわからなくて、年末になる最終回を2時間3時間spにするのだけは見られないからやめてほしいと思いますが、とにかく毎週楽しみなドラマです。

「PRICELESS あるわけねぇだろ、んなもん」1 ☆☆☆

タイトルのひらがな部分は必要?

学生時代、ホントに野草つんで食べてたの思い出しましたw 部屋代込み月5万円で暮らすの貧乏だったなあ。でも寮生活で少なくとも部屋はあったのって幸せだったのね。
 

突然の解雇、爆発、携帯水没w

何の祟りか踏んだりけったりで、身ぎれいな会社員からあっという間に一文無しのホームレスになっちゃう主人公金田一キムタク二三男くんが悲惨です。本人だけじゃなく見てるこっちも

「どーして?」

と思っていたわけで、最後に明かされる理由が

「社長の隠し子だったから」

は?

二三男を次期社長にと遺言された義兄の副社長(藤木直人)が、全てを指示しているというひっどい話でしたよー。でも金や地位を守るためでなく、自分が父と出来なかったキャッチボールを二三男はしたんじゃないかと嫉妬にかられてなのは、副社長も可哀想な人なのかも。

確かに二三男の宝物は北別府サインボールで、それをくれたのは北別府ファンだった「父」社長で……。

でもだからって、機密漏洩までねつ造して解雇って犯罪ですから!

そして父の社長もさー、不慮の事故や突然死じゃないのに、そんな大切な話はもっと前からしておこうよー。


いつも影の薄ーいモアイ部長(中井貴一)が裏工作を聞いてしまい、経理部のお固い女史(香里奈)が漏洩日の二三男の出張伝票は不正出張だと……いえいえアリバイだからそれ!

さあ彼らが二三男の名誉を挽回してくれるんでしょうか?


寸借詐欺兄弟との触れ合いや、サバイバル生活指南も楽しかったです。
1日500円を稼ぐのがどんなに大変か……。
「銭ゲバ」主人公ですら持っていた携帯があれば、バイトサイトに登録も出来たのにね。ていうか飲食系は回ってもガテン系の求職はしてなかったね二三男さんw 一番手っ取り早いの男ならそっちかと思うのですが、肩が悪いからなの?
 

貧乏なまま、ライバル会社でも起業して対決するのかなあ。遺言書や全てを知る顧問弁護士でも出てきて相続の運びになれば来週でもう解決ですけどw

「三毛猫ホームズの推理」7☆☆

生活保護絡みの犯罪でタイムリー??

老人に立ち退いて欲しい大家と、老人を自分の物件に住まわせて生活保護を巻き上げたい「囲い屋」が共謀しての連続放火事件。ふむふむ。

美人記者が毎回現場にいる、しかも通報者だっていうなら主人公より先に誰か気付いててくださいよ~(><)
 

さておき、警察は頼れないから自分達で殺しちゃえ、それを中継して世論を動かしちゃえ、と恐ろしい犯罪を計画する美人記者なのでした。いや、ご老人たちが自分でっていうけど、ライブ配信を老人が思いつかないでしょ~w で、実行後老人達がどう暮らすのか。いっそ一緒に死のうとするという予測がつけられないのが若さなのでしょうか←甘すぎるよねw

そこを、警察だってやるぞっと必死の捜査で救ったのが義太郎。刑事らしくなりました。


前回前々回での連続殺人が、聞き込みに行くとべらべら追いつめるとべらべらと全て会話で説明されていて辟易。それに比べると随分見やすかったです。


ラスト、祖父の時代にもホームズが居た?? 猫又だったのかw

「三毛猫ホームズの推理」1~3 ☆☆☆

草食系にも程があるw


オシャレで弱虫、女性恐怖症。血を見ると気絶するダメダメ刑事ヨシ太郎に嵐の相葉くん。

それが野良のデブ猫 ホームズ を拾ってからは、不思議な導きで事件を連続解決。辞めて花屋になるよりも、刑事でいるのもいいかもな……だなんてw 情けなさすぎて、つい応援してしまいます。


赤川次郎原作だけあって、毎回の犯罪とトリックにはまあ異論ないし主人公をワイワイと囲む兄妹&同僚刑事のキャラ立ちも魅力的、そして何よりホームズが変身した姿がマツコ・デラックスというインパクトが強大です(><)


とりあえず、義太郎が捜査中に好意を持つ相手は毎度容疑者や重要参考人w

「そんなことをする人じゃない!」

と言い張る通りに、確かに殴ったわけじゃなかったり、殺してなかったりしてるんですから、刑事のカンは亡父ゆずりかも。

まだまだホームズ頼りの義太郎ですが、3話にして「絶対協力しない!」とホームズにへそを曲げられて独力で頑張ることに。女性とも普通に話していたしね、だんだん頼もしくなって……いくのかなw


2、3話跳ばしても人間関係動かないだろうし、気軽に楽しめそうです。

あとiron maiden 鉄の処女は、鉄のオトメと読んで欲しいです。ショジョショジョ連呼されてなんか恥ずかしい(><) 


「専業主婦探偵 私はシャドウ」1 ☆☆☆

深キョン最高。


夫ラブ上等!の専業主婦(深田恭子)が、ひょんなことから探偵の手伝いをするはめになり……。


聞き込みの筈がじっくり話し相手になって、お土産までもらっちゃう天然の聞き上手。で、もちろんそこから事件を解決w ズレっぷりが可愛くて楽しかったです。

化粧でヘンシーンして尾行!も素敵(あの声で絶対分かるけどねー)


で、いつもと違う私♫を旦那様(藤木直人)に見せに行ったら浮気の現場を目撃してしまうのですが……さて。

浮気といっても、キスされた旦那が驚いていた程でまだ序盤。すぐに邪魔しに行けば止められた程度なのになー。動けなかったのは、自分に自信が無いから。

「まず自分が変わらなくちゃ!』

と励まされての探偵修行が始まるのでした!!


イケメン旦那にも義父と共謀のヒミツが何やらある様子。

べた惚れされてウザがってますが、就職の機会も与えずに家にいさせた自分が招いた事態だという自覚がないぞ!そして、妻に150%惚れられていると自信満々なのは今のうち。探偵家業の妻を知ったら、動揺するでしょうね~。そして惚れ直す??


なにしろ上司の探偵くんとは、ガミガミ怒られながらも二人三脚。素行調査を今されたら、探偵君(桐谷健太)との浮気を疑われちゃうかも。


これからの事件が楽しみです!

「幸せになろうよ」~5 ☆

ついに告白。


なのにちっともトキめかないw

普段ならドラマは隙あらばキュンキュンする為に見るようなもので、手が触れたのみつめあったのするたびに
「いや~ん☆」「きゃー☆」
と年甲斐もなく大喜びなじゃすみんですが。ねちっこい喋りの香取慎吾に「一人の男として」とか言われてもね。フーンとしか。
やっと言えたのね、とも思えない。ずっと好きだったと言われても上辺だけで響いて来ないのよ。そこに、元カノとか現れたから何だっていうのやら。
 

本気で主人公に共感させたいなら、その元カノと親友が結婚を決めて捨てられたところこそ描くべきだったのでは(そのトラウマで、あのべったり喋りになった設定なら許すw)

藤木サイドの種明かしとか、実はお腹の子の父親はとか、そんなのはどうでもいいし。
むしろツライ事情なんて何一つ知らないまま、入会希望の黒木メイサから目が離せない、他の男なんか紹介したくない、と暴走する香取慎吾なら楽しかったかも

と、素人考えの「こうだったら」を並べても仕方ないんですけどねー、つまんないんだもん 


じゃあ見るなとか言われると困ります。だって小松原さん@大倉孝二が面白すぎ。彼がどう幸せになるかにはめっちゃ興味あるのじゃ。

(BOSSのやまむー:温水洋一登場に笑いました、BGMもアレでw)


「幸せになろうよ」1,2 ☆☆

どうせ香取と黒木がくっつくんでしょ?

そんな安心感は盤石ですが、正直、もっと若い主人公で見たい話かなー。


慎吾ちゃんももう35才、黒木メイサ22才と年の差がかなりあるね、とか(母親役の原田美枝子が嫁に見えますw) 1話のスポーツデート、どっから着替えが出てきたんだとかw 気になります。


舞台の結婚相談所がそもそも、ヒロインは職歴と家族を詐称、イケメン藤木直人も妊婦の妻が居ながら登録と、そんなことも確認せずに他人さまに紹介をしてるのか?とツッコミどころ満載だというのに、他のこともポロポロと納得いかない月9です。でもいいか、大倉考二さん演じる小松原が最高に可笑しかったから!(ちなみに個人的には、イケメン弁護士よりああいう冴えない理系男が大好き。今の連れがもうそっくりw わかんないロボットの話とか小一時間聞きたいw)

主人公の恋愛トラウマもね。

5年付き合った男女が、結局結婚しないのはいいですよ。でも、主人公と同じラグビー部だった親友と電撃結婚て。披露宴に呼ぶ方も、参列してスピーチする方も、どうかしてる(ラグビー部全員でボイコットじゃないのね ^^;;;)そこは職場の同僚とか、突然現れた人でいいじゃないですか。

まあ、その辺はこれから使うのかもしれませんが。


「歯が痛いのは恋してるから!」はいはい。

中居くんと上戸彩の「婚カツ」が結局ゴールインせず煮え切らなかった様なの、もういいですよ。ひねらなくてー。いつまでも気付かないふりせずに!さっさと付き合っちゃいなって。

(となると、メイサ父と慎吾母が恋に落ちそうなフラグは余計だと思うのですが……熟年向けサービス??)

人気ブログランキングへ

「CONTROL 犯罪心理捜査」2 ☆

ひねりの無さが、いっそ潔いのかな??

前回、「ガリレオ」残念版なんて書いて笑ってもらったりしてましたが、既にその残念さすら見あたりません。事件に不思議の欠片もなく、看板の心理捜査も『刑事のカン』レベルで充分な域。
いったい何がしたいんでしょう。
だいたい、監視カメラの映像チェックぐらい本隊の捜査一課がしてくれなくちゃ困ります(「相棒」の捜一だって、特命係と同じところにちゃんと現れる程には有能ですよ) 


でも、意外に家族には好評です。分かり易いんだって。ドラマにひねりを求めていない層には、安心して観られるドラマなのかも……。

でも、それでも一言言わせて欲しい。

あの研究に白衣要らなくない?

薬品使うわけでもないのに……。そして、返り血浴びた証拠品、私なら洗って&切り刻んで、生ゴミにでも混ぜて捨てますが。そのまんま自宅のゴミ収集に出すとか何故に。
そっちの心理分析の方が興味あります(笑)

藤木直人と松下奈緒のコンビは見慣れてきたので、そのうち掛け合いがこなれてきたら楽しくなるのかもしれませんねー。
……それまで観るのかなぁ……。 

「CONTROL 〜犯罪心理捜査〜」1☆☆

劣化版「探偵ガリレオ」だー(><)

「LADY」とかぶる、という前評判だったのに何一つまったく思い出しませんでした(笑)同じく動作や心拍数で心理を見抜く「ゴタ消し」すらも浮かばず、ひたすら「ガリレオ」……の残念版(^^;;;)

まず主演の松下奈緒がお上品で。がさつでも熱い女でもないんですよー!!(なんだあの慣れない走り方 笑)
「ロジックを越える」
と教授に言わしめるラスト、狙いは分かる、分かります。でも全然そんな風に見えていませんよ~。
つまらないわけじゃありません、それだけに、ああこれが仲間由紀恵なら、仲里依紗なら、戸田恵梨香いや背の高さなら長澤まさみ天海祐希、いったい誰だったらよかったのかなーと、そればかり考えてしまう1時間でした。

それは藤木直人教授の方にも言えて、どうにもしっくりきません。思わず真似したくなるような決め台詞の1つもなさにがっかりです。
専門バカの「変人」でなく、ただの「変な人」になっている様ですし(ex 遺体確認時のありえない軽口。誰かを怒らせるためにわざとかと思ったら、ただの非常識とかorz)
藤木直人が悪いわけじゃないんですけど!!

 

人気ブログランキングへ

「ホタルノヒカリ2」3 ☆☆☆

何故オール オア ナッシング??
ゴーヤ好きとゴーヤ嫌いの同居でも、それこそ外でドカ食いしておいて家で食べなきゃいいだけなのに、何故沖縄料理屋の呑み会をパスなの??そして何故、結婚話まででている2人がチュー以前なの??

空気が明るいので和みますけど、時折謎です。
前者は、ゴーヤのボーリングピンやじんましんの面白み出すためにも無理な我慢させなきゃゃならないというご都合を感じました。そ、それとも私に乙女心がナッシング?
後者の方は、アホ宮のアホさがムードをぶちこわすのねと部長に同情が湧いてきました。他の人なら出来たそうだから(笑)困った女に惚れちゃったのね

しかし、ムードたっぷりの良い場面でも「アホ宮……」とアホアホ何度も繰り返す部長も部長。結局似たもの同士の奇跡の出会いだったんですね。
ついに同僚にも同居が発覚??向井くんがラブアタックかますらしい来週が楽しみになってきました!

それにしても、先輩バカップルが来ていた似顔絵Tシャツ!!あんなのどこに注文出来るんでしょう。ほ、欲しいかも。いえ私はああいう夢はありませんけど。ツレが恥ずかしそーに来てくれたら萌えます(笑)

人気ブログランキングへ

「ホタルノヒカリ2」1 ☆☆

前作をみていないので、時折ノリについていけず。
擬音を口にして張り合う2人とか。「シャー」って(^^;;;)
それに、チューもまだ??とか、同居を知ってるのは誰なのかとか。泥酔して男と朝を迎えたホタルが喜ぶのにもびっくりなら、「先輩」と呼ばれての般若顔にもびっくり。藤木直人のサンバ衣装にもドン引き。
でもまったりした感じは、なるほど癒し系ですねー。

3年たって、頼りない新米から「先輩」へと変身していたヒロイン(綾瀬はるか)。でも部長だって3年の間にイロイロあったそうで。部長には美人が、ヒロインには同僚の水木しげる(向井理)が現れて恋の四角関係かー??

……と思わせておいて、1話であっさり結婚宣言。ここで前作のファンは喜んだのでしょう。うん。私も、ヘンな誤解やすれ違いでイライラするよりも、この方がすっきりでまた観ようかなという気になりました。

あの庭がいいよね!


人気ブログランキング
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ