ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

葵わかな

「年の差婚」1 ☆☆

 いやあああ竹財さんがオジさん! 
デートの間ずっと後ろ手組み。髪型も時々ぺったり地味スーツorz 年の差を強調するために無理に老けさせてます? ヒロインが一目惚れする44才なんだから、「マイラブ・マイベーカー」社長のような貴公子っぷりスタイリングをして欲しかったです……。  『声が素敵』と思う場面には私も同意(^^)

 箱入り娘の麻衣子(葵わかな)24才に、父親(吹越満)が決めた見合い相手はバツイチ44才の花里春海(竹財輝之助)
取引相手の顔をたてて1度会うだけ、すぐ断られるだろうと思っていた春海は、乗り気の麻衣子に困惑。はっきりとそう告げるも、男女交際に不慣れな麻衣子が必死に寄せる好意に押し切られ……3ヶ月後、めでたくゴールインと相成りました☆

 とあらすじだけだと、キスで子供出来るとでも騒ぎそうなうぶうぶ感ですがw 冒頭から春画で初夜の予習ですし!遡ってデートやプロポーズを描いて、また初夜!
だったら夜のドラマらしくがっつりセックスしちゃうかと思いきや、バスローブの下の可愛いキャミを見せて寄り添った後は、もうずっと肩までシーツw 「あ」とか「やめないで下さい!」とか何かしてる風でありつつ全部シーツの下の出来事でした。中途半端なんじゃーい!

 翌朝、春海が作る朝ご飯に感激する麻衣子(^^) でも
落とし卵:ポーチドエッグ
ミックスジュース:スムージー
と、呼び名に世代差が出てますよw 

 麻衣子リサーチ、10才年下夫を持つ先輩曰く
*カラオケはお互いしらける
*体力、肌の潤いが違う
なんてのもあり、これからそんな年の差あるあるを描いていくんでしょうか? 春海の前妻や、麻衣子の同期などが現れてひっかきまわしてくれそうです。

「舞え!KAGURA姫」 ☆☆☆

広島発地域ドラマ。
若者が迷いながら打ち込めるものを見つける王道ストーリー、いいですねえ。

両親の離婚で、東京から母の里広島に連れてこられたJK児玉咲子サクコ(葵わかな) 転校早々はじけた同級生タマキ(中村ゆりか)に付きまとわれとまどうが、結局はタマキが誘う神楽部に入部。共に神楽甲子園を目指し……咲子は広島が好きになっていく。

神楽部? 神楽甲子園? と耳慣れない言葉が並ぶんですけどw それも地域発ドラマの良いところ。全国大会といいますが、東京大阪は出そうにないですよね、故郷埼玉にもそういうのなかったなあ。検索してみましたが、広島県安芸高田市にて行われた第6回神楽甲子園に出演したのは広島、島根岩手鳥取高知静岡宮崎より16校。豊かな文化を引き継ぐ若者が頼もしいです。お国自慢物産展も同時開催。

途中タマキが怪我をし、新参咲子が主役滝夜叉姫の代役を射止めた時にはタマキがあんまり可哀想だと思いましたが。その後の言い争いから
『そーだよ、代役が回ってきて嬉しかったよ!舞台に立ちたいもん!』
と本音をさらけ出すことができたことで、二人は本当の友達になるんです。部活動を受験からの逃げと謗る母(大塚寧々)にも
『逃げてるのは母さんだ』
と、はっきり告げることができて、サクコは変わったんです。まず、別れたお父さんがすすめる剣道部に入部しなかったところで一歩解き放たれて自由に。親が思う「良かれ」や「こうなって欲しい」が子供にはどんなに呪縛か。私も親だから、良かれと道を示す気持ちもわかるとはいえ、若者には親が喜ぶことより、自分がしたいことを選んで笑顔で生きて欲しいですよね。

そして迎える神楽甲子園、必死で舞う咲子はじめ神楽部の面々。途中、咲子まで足を痛めてしまいますが舞台を下りません。
「神様にみてもらう、今ここで生きてるってこと」
と、踊り続ける健気な咲子には、もう涙腺が……(><)でも舞台ラスト、斬られて息絶えるはずの滝夜叉姫がニッコリと、やりきった笑顔を披露する段では笑っちゃいましたよ。若いっていいなあ。

ちなみにタマキの幼馴染に加藤諒w 田舎の高校生がまだ似合って、若いヒロインの横で画面をキュッとしめていました。母の同窓生マキタスポーツもね。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ