ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

菊川怜

「役者ダマしい 女将に愛の告白」11 ☆☆

別れた女房と待ち合わせ……と「かわきく」に訪れた男(モロ師岡)、30年前まだ赤ん坊だった女将(菊川怜)を抱いてあやした、料理もたまにまかされたもんだったと昔語りに花が咲きます。
しかーし、ガンガン厨房に押し入って作り始めた一品は『エンドウ豆のスジの塩もみ』 ほぼゴミw  鋼山鋼三(はがねやまこうぞう)だと名乗った名は固く、次々移る会社の職種や名も硬いのですが、その先々で女性問題を起こし不渡りを出しと、聴けば聴くほどしょーもないのに、なぜ自分から語り出すのかw
終いには、もう女房は来ないよと、奥さんのための花を差し出しプロポーーーーーズ。いやダメだろw 何度アタックしてもこれダメだろw なぜアリだと思ってしまったのかw

もう途中から女将もドSモードで、おしぼり差し出して「800円です」お酒も「3杯目からは1000円ですがどうしますか」と謎の追加課金システム導入w 鋼山氏自作のお通しも「芝生のようだ」と、本人がねをあげる味なのにニコニコと完食をすすめます。そして採点は……「2点」 ですよねえ!
いやあ、めちゃくちゃですが楽しかったですw

写す角度が違うとおもったら、そもそも別の店で撮影している様な。

「役者ダマしい 女将に愛の告白」10 ☆☆

 ♪桜島がどか〜ぁん♪ って(^^;;;) 
リーゼントに革ジャンのミュージシャン(迫田孝也)が女将(菊川怜)を口説く!

迫田孝也って誰だっけと見始めたのですが、そうか「限界団地」の隣の旦那か。その他「真田丸」出演で、「西郷どん」の方言指導もされてるとは毎週お世話になってました!

最初はいかにも売れっ子な風に語るバンド「ボルケーノ」の「.T(ドットT)」 実は夢破れ「かわきく」での食事を最後に地元に帰る予定、でも未練たっぷり。なら帰らなくてもいいじゃないと言ってくれる女将Reiに愛を告白ですw 
♪桜島がどか~ぁん おいのハートもどか〜ぁん♪
一緒に鹿児島に帰って欲しいそうです。店どうすんだよー!

で、31点w
.Tからは暖簾に腕押し、REI女将からは置いてきぼり感ってことで噛み合わない二人でしたが……折れない男迫田孝也には楽しい時間で、もうひと勝負行きたいそうですよw すごいw(ただし、別キャラで?) 見ていても楽しかったです。オリジナルソングが下手すぎて耳に残りますよ〜。 

そして店を出ると昼間の街中。しかもそこには8話のゲスト松尾諭が!褒めるに褒められないと毒舌が愉快なやりとりでした、どこかスタジオの近くなんですかねw

「役者ダマしい 女将に愛の告白」9 ☆☆☆

なんとクレーム始まり!ガラッと顔だして「表のぺんぺん草、抜かなきゃ」ってw
恐縮する女将(菊川怜)に、踏んで滑ったし見栄えも悪いと捲し立てて出て行ってからの、二度見で戻る作業ジャンパーの工務店社長さん(斉藤暁)
「噂の美人女将ってこの店か~」

その開けた引き戸の向こうはなんと外、バイクや車が走ってましたよ。ほおお、どこか居抜きで借りて撮影だったんですか。確かにスタジオにいちいちセット作るには小物も多いし。更に、水道の具合を直すと厨房にぐいぐい来ると、カメラの脚をくぐる形にw 皆さんそこは気にして動いてたでしょうに、あえてのw


そして「綺麗だね!」だの、注文も「女将のおすすめがいいなあ(^^)」だの、親子のような年齢ならではの直球で褒める甘える。
会話も無理のない広がりで、町内会長だ、なんでもまかせろだの、東京五輪に向けて街を綺麗にだの、小料理屋は文化だの、楽しかったですよ。これは女将も甘えちゃいますよねえ……本職の配管はともかく、ぺんぺん草w 抜かずに植え替え希望なうえにプランターも社長に準備させんのかーい。実働は工務店の若いのが来るにしろ、甘えすぎってぐらいな。
さてそこからどう口説くのかと思いきや。
 

奥さんが亡くなり、娘さん嫁いでの一人暮らし。

うちにいつでも、食べに来てください~なんてやりとりは良かったのになあ。なんでおっぱい褒めちゃったかなあorz

そして六千万円の預金通帳を投げてよこして、一緒に使おう。剛毅な。

「君の、お世話をしたい」


セクハラ&パワハラ! 愛の告白というより、愛人に勧誘でした~(^^;;;;;) 15点だ!
飽きずに楽しかったんですけどねえ、「よくいる嫌な客」をモデルにしちゃダメだったのではw 

「役者ダマしい 女将に愛の告白」8 ☆☆☆

今夜の客は、まだ浅い時間から訪れた自由業の男(松尾諭)

ポンポンとキツイ大阪弁で、女将(菊川怜)をたじろがせる男は文筆業で……恋愛小説家!ペンネームはジャックもとい雀(ジャック)天野w美人はもててばかりで、恋愛なんて疎いんだろうとつっかかります。
そして段々と、小説にならなんでも書いても、自分で口には出せないと悩み相談の様になったりして。じゃあ紙に書いてみたらとアドバイスしては叱られる女将なのですが。
もう帰ると勘定をする段になり「財布を忘れた」という雀。
支払いをする秘書だかの連絡先を残し、また来るからと出て行ってしまう雀を見送った女将がふと裏返したその紙には

「惚れた」

うわーw
ちなみに本編では文字は分からず、裏を見た女将が素で驚いて終わりです。オシャレ! 
ただ反省会を見ると、裏を見てくれるかは賭けだったという綱渡りw ホント何の気なしに、という女将に「運命ですね」って切り返す松尾氏がカッコよく見えてきちゃうじゃありませんかー。 ただ、偽刑事が出たようにこの小説家が本物かどうか。告白縛りがあるこのドラマじゃなかったらこいつ食い逃げっぽいよねとは思いつつ、今までで一番ちゃんと口説けていたのでは! 
採点は85点でした。

「警視庁機動捜査隊216」シリーズでおなじみの松尾諭氏、経歴を調べていたら文春で連載している青春譚(文春オンライン「拾われた男」)が面白すぎて夜更かししてしまいましたw エチュードを成功させるにはやはり、構成力文章力、要りますよねえ。 



「役者ダマしい 女将に愛の告白」7 ☆

原田龍二。え、怖い怖い。

閉店間際、転がり込んだのはベロンベロンの酔っ払い(原田龍二)
タイパブに行くはずが間違えたそうですがw 女将(菊川怜)を一目見るや「可愛い……」と居座ったのはいいとして、ガラスの飾り物振り回すわ股間に当てるわ。暖簾を勝手にしまった挙句(女将に怒られて戻したw)、やっと帰るかと思いきや、入り口の鍵閉めるんですよー!店の二階に泊めてくれって!
二人きりだね、じゃねーよ。「もう帰って下さい」とマジおこ女将w 何故こうなった(^^;;;)

本来飲まない人だそうで原田龍二氏。普段から酔っ払いのやりたい放題を、あれいいなと思ってたんですかね。でも、酔っ払いのごり押しが通るのは怖いからで、好かれてるからじゃないんですよー。
なのに女将の採点は「90点」と高得点! こういう人居そう…って、あれ?そういう採点? 口説けそう指数じゃないなら納得です。

そうそう「整形を告白」して気持ちの距離を縮める作戦でしたっけ。途中からご自身も設定吹っ飛んでましたねw 女将に見せた、元の怖い顔の免許証写真はなんと小沢仁志! そしてセットの二階を妙に気にしてたのは「ちょうど座敷童のロケに行って…」と、紳士に戻れば愉快な原田龍二氏でした。こっちの感じで普通に口説いてくださいませ。

怖いわ叱るわ、普段よりぐったり疲れたという女将さん。お疲れさまでしたー。


「役者ダマしい 女将に愛の告白」6 ☆☆

刑事(マギー)登場!
警察手帳をかざす手元が怪しいと、疑う女将(菊川怜)

でも『ドラマ好きが高じて刑事になった』と聞いてからは、2時間サスペンス好きの女将、崖の話題など結構前のめりw さらに、刑事ドラマっぽいこんな小料理屋で「憧れのアレ」がやりたいと請われ、「相棒」ごっこをやり出しますますよw 
『僕としたことが!』
って、右京さんモノマネのクオリティ高いじゃないですかw 上着を脱げばサスペンダー。ポケットには……ティーカップ!高いところから日本酒注いじゃダメー、ほら零したw そしてどうでもいいことで女将を問い詰めての「僕の悪いクセ」w
などなど、楽しく意気投合した二人ですが、嘘をついていたと告白する刑事、もとい偽刑事さん。そんな僕ですが、この料理屋にはまた来てもいいですか……?

前回に続き、カウンター奥の女将を手伝わせる流れ。やりとりの中で笑顔も多く、いい感じだと思ったんですけどねえ。女将の採点は結構低かったのでした。あれあれ厳しい。女将けっこうMなんでしたっけw


「役者ダマしい 女将に愛の告白」5 ☆☆

今回役者いっけい氏は、ギャップ萌を狙う作戦に。さあ演技派の腕の見せ所?

うわさの美人女将(菊川怜)に会いにきた、という今夜のお客(渡辺いっけい)
でも美人に偏見あり、とややこしい人でチクチクと嫌味が混じります。なんとその元凶は、学生時代のフォークダンス!

憧れの美人さんとフォークダンスで手がつなげる……と思ったところで、彼女の手はすっと上がって
「気分が悪いので保健室に行きまーす」
それが心の傷に、という人にまた女将も
「お客さんが本当に、気持ち悪かったんでしょうね」
って、違うでしょw 普通はそこ、ただ具合が悪かっただけでお客さんのせいじゃないですよ、でしょw
あまりの直球に、逆に、そんなこと言ってくれた人は初めてだ……と運命を感じ出すお客様ですが、自分の心に正直な女将は、気持ち悪いから無理、なんですってよw ヒドイw

途中、美人は毎朝鏡を見るのか?なんて導入から、お互いを鏡に見つめっての変顔合戦。女将と客のやりとりが多い、フォークダンスなど動きもある、なかなか楽しい回でした。
「気持ち悪い」といいつつ、菊川怜の採点85点て、最高得点じゃないんですかー?

しかし建築家という設定に「私も建築科卒なんですー」と女将の目がきらりん☆ そうでした、そうでした。知らずにインテリにしたかっただけのいっけい氏、専門用語が出たらどうしようと焦ったそうです。惜しいツッコミどころを逃しましたねえ。

また、ワインがいいなあと、無茶振りをしたらありますありますと出てきた赤ワイン。しかも普通は肉なのに、今夜の料理に合うんです、とは。マジかw この辺の消えものの打ち合わせがどうなってるのかも気になるところです


「役者ダマしい 女将に愛の告白」4 ☆

金子昇、ダダ滑りー!

今日はバイトお姉さん(春輝)のいる「かわきく」に、ホームズの挿絵みたいな古臭い探偵(金子昇)登場! 浮気はするかと女将(菊川怜)に問うて以降、まあ喋る喋る。でもまったく会話が噛み合わず、最後は唐突に
「つきあってください! でなかったら 結婚 してください!」

いやもう笑うしかないというかw 

「早く食べて、帰ってください」

と、追い出されて終わりでしたよ。何故これで行けると思ったのw


反省会での言い訳は、知り合いの劇団員相手役にシミュレーション。何パターンもやりとりを想定して自分の中では完璧だったとかw 職を聞かれたらこう、名刺を出されたらこう応じる、等々のつもりが、そうは問屋がもとい菊川怜がおろさなかった!

えっと、何をしている人か聞いて欲しいならあの格好してちゃダメでしょうにw


本当にもう、せっかくのイケメン、静かに呑んで口説けばいいだけなのに何故こうなったw

「『ほうれんそうのおひたし』って卑猥ですよね」

等々の謎台詞。その他準備したのに言えなかったという台詞もほぼ意味不明でしたから、案外趣味がアングラなのか……センスないのかな(^^lllllllll) 練習相手の劇団員さんとはどう成立してたんでしょう、酷すぎて逆に気になりますよ。
もう2度と来ないなんて言わないで、リベンジしてくださーい!

ところで、最近のお仕事は……5/13「鉄道捜査官18」見てみようかな(^^)
え、2010年に「コーチ 40歳のフィギュアスケーター」って!佐野稔、伊藤みどり、安藤美姫、荒川静香って!やだ見たい!(追記*見ましたw 感想こちら

「役者ダマしい 女将に愛の告白!」3

小市慢太郎は、無口で口説く!

何かしなくちゃ、と役者は過剰にやりすぎる嫌いがあるので、と。何もしない方向を目指すという小市慢太郎。なんと登場してもだんまりw 注文した出し巻き卵も、女将(菊川怜)が間をつなごうと「美味しいですよ」なんて勧めるまで、箸もつけないw やっと食べてもまただんまり、ラストの反省会でカウントするとなんと30秒にも及ぶだんまりですw
「何か考え事でも……いえ、邪魔しちゃいましたよね」
なんて女将が苦しい接ぎ穂をひねり出すとやっと料理を褒め、お互いの来歴の話になり、料理人だったことなど訥々と語り出します。
で、口説きは!

「もう口説かれないのかと思いました」
と反省会の怜ちゃんw ほんとそうですよね。最後の最後でどストレートに言うんですけどね。
「俺、あんた好きだ」
これって直球すぎて、告白じゃなくなっちゃうじゃないですか。案の定女将も、軽~く受け流してお見送りして終わりですw

前回の神保悟志のやりすぎといい、照れがこうさせる気がするのですが、逆にこの無言と最後の一言で口説き落とせるとしたら「特命係長只野仁」並みのタメと眼力でくらくら~っとさせなきゃで、かえって大変ではw 口説くって難しいですねえ。

次回は金子昇。
……怪しくも古臭い探偵姿ですよ。タータンチェックのインバネスに虫眼鏡って!虫眼鏡って!不安しかない! 正統派のイケメンで年頃も合うのに、なぜそんな変なことに!
みんな、なんで普通に軽く酔って現れて綺麗だ優しいねと褒め称えて口説かないのか。手相を見て手を握るとかベタな手段もあるじゃないですか!普段からそんなことしてると思われそうで嫌なのかなw 


「役者ダマしい 女将に愛の告白!」2

<天国から来た男>
神保悟志が菊川怜を口説く!しかも人間じゃない?

なんとこの企画、台本なしw 役者が設定もセリフも考えるだなんて、まさに丸投げです。 ただし一つだけ決まっているのは女将の菊川怜を『口説く』こと! 打ち合わせで唸る役者神保悟志をまず見せてから、お芝居のスタートです。

小料理屋に現れた、笑顔全開の男(神保悟志)
飲み物は「焼酎の牛乳割り」しかも、できれば皿でw 骨つき肉の準備がなくてがっかりし、女将(菊川怜)の昔のことを根ほり葉ほり。高校時代のご近所の飼い犬事情に食いつく、その会話にはさまる荒い息づかいと、鳴き声と……小刻みに振り続けているおしぼりは、しっぽかな。
そう、実は男はダルメシアンのポチの仮の姿だったんです(^^;;;;) 
12時までにキスしてくれないと、また天国に召されちゃうよーと女将にキスをねだりますw いや、無理w 鼻を濡らして皿のミルク焼酎を飲み、魚も皿に顔付けて丸かぶり~。革ジャンの下に首輪とダルメシアン柄のシャツまで仕込んでいるけど、もう無理w

ハグでもいいとポチは粘りますが、渋る女将には他の人みつけたらとか、
「天に召されるところ、見てみたいかも(笑)」
とまで言われて、お会計もされて送り出されてしまいましたよ。お気をつけて~って、天国まで?

なんと終了後は反省会!
設定を知らされていなかった菊川怜と、犬と分かったのはどの辺かとか、おしぼり振りが通じてなくてショックーと語らいます。時間決めの一発撮りってことですよね、過酷(^^;;;;) また、出されたミルク割りが本当に焼酎入りで、しかもくらっとくるほど濃かったとか! 本物が準備されてるんですねえw
神保さんが犬設定を入れた理由は、素では口説けないと思ったからだそうですが、かえって無理でしたよね。菊川怜的には、カウンターを挟んでいる距離感もあり
「ガッと(カウンターを)超えてきてくれたら」
とこれまた無茶なことを。
「強引な男が好きなんだ?」
と分析されたところで、お後がよろしいようで…… .。

うわー、来週は小市慢太郎! その後は金子昇と渡辺いっけいと! うわー西村まさ彦も出ないかな!

「打撃天使ルリ」1 ☆

だっしゃあー!

……って、打撃の気合い。字面だとインパクト強いのですが、見終わってちっとも印象に残らなかったのが意外。
この手のドラマで悪役がイヤな奴なのは、最後にやっつけた時の爽快感が増すワケだから我慢して我慢して見てたのにー!!ちっともさっぱりしなかったよー(><)

ラスボスを殴るときぐらい是非スローで!!
ヒットした拳で顔がゆがむの見せて!
角度変えて何度も再生して強調してしてー!!
「ハチワンダイバー」で出来てたことを乱闘シーンで出来ないって何故だー(><)

かけ声もいっそ「どぅわっ……しやああああああ!!!!!」ぐらいタメテ気合い入れて耳について離れない勢いでお願いしたかった!!
ギャラクティカマグナム!!!!!
デビルプロポーズ!!!!
を見習って背景が宇宙になったりバラが乱れ散ったりしてもいいじゃない?

そんなわけで、病弱なOLなのに突然、超打撃力を身につけたルリ。
なんでも”打撃人類”というお仲間がいて宇宙人みたいな指導者(?)もいるようで、そこに属すことになるのか?という問題もあれこれありそうですがー。
目覚めた拳は悪人ホイホイとして犯罪者を引き寄せてしまうそうで、毎回タチの悪い暴力は必ず見なきゃいけないんならーちょっと我慢出来ないかもー。
菊川怜は嫌いじゃないけど、甘え上手じゃない分、泣いてる時はホントにぎりぎり感が漂ってしまうのでこういう設定で泣かれると見てられない。

この枠にしちゃ笑いがないよね。エロもね。

「着信アリ」最終回 ☆☆

 ラスト数秒、ヒロインの満面の笑みと無音がちゃんと怖かった!!

 ・・・というのは、その15分ぐらい前にばーんと出たゾンビが大爆笑で、高校時代の由美と姉の演技がもうふろふき大根で。ぶち壊し!だったものですから。最後でちゃんと持ち直したナーっと。
 この時間枠の菊川伶って無敵。

 でも話の方は、モトから無理あったのに、最後のひとひねりで更に無茶苦茶に。
 由美が亜美だった??じゃあ知ってること捜査してたわけ??
・・・まぁいっか。自分の携帯からの着信も、未来を予告する内容も、全部霊の力だっていうのに物語の方だけ辻褄あっててもなぁ(霊はみせかけで、誰かの犯罪なんだろうと最初は思ってたのになー ^^;;;)

 ゾンビを抱きしめて「俺を連れて行け!」と叫ぶ津田寛次の愛にはちょっと感激。同時に役者稼業にちょっと同情。

「着信アリ」2 ☆☆

「何するんだ、俺のハヤブサ号に!」
って、車に名前つけてんですか警視正(^^;;;) 

 死の予告電話を受けた、という女子大生に気安く警護を請け負っておきながら、いざというと腰抜けだし張り込みは初体験だし、会議に呼ばれていなくなるし。
 石黒賢の警視正は、やっぱりトコトン使えません。・・・でも何か、この事件にこだわる動機があるそうなんだよね。

 結局、事件は女子大生の狂言、ということで落ち着くのですが・・・んなもん、音声分析ですぐ分からんのかい!<<爆破音の偽造。
 自分の番号からの着信ってのも偽造できるものなの??
 ていうか、摩訶不思議な力でなく爆弾がセットされちゃってた段階で・・・あー、もう深夜ドラマ相手に文句いうのも空しい。

 それでも、最初に3人の犠牲者を出した女子校での、『10年に一度』とかいう呪いの噂。それを嗅ぎ回る新任教師(津田寛治)。犠牲者の手に残る薔薇の花の痣。
 ちょっとまだ切れない雰囲気。

 怒りんぼでイケズで理系の中村。キャピっとした役よりもはまってますよ菊川伶。
ラストでは、石黒警視正になんと死の予告電話!!
この人殺しちゃっていいの?助かるの??

「着信アリ」1 ☆☆

深夜枠の菊川伶主演、そりゃ安っいドラマに違いあるまーい!
と、ある意味変な期待に胸ふくらませて見ましたら。アレ?アレレ?

 なんだか普通なんですよー。
バスガイドや守銭奴で騒いでた菊川伶じゃないぞ。全体でも変な演出もリアクションもなく、登場人物で一番変な人といえば神出鬼没の刑事さんですが、それも石黒賢が好演しちゃってて ぎりぎり普通。
 お色気も、冒頭の水着シャワーだけでした。
これだったら9時10時から放送してるドラマと変わりない。ていうか、遜色ない出来だったんだから拾い物したかな?

 カタブツの中村@菊川伶は、人間関係をしくじって(&刑事の差し金で?)科学雑誌からオカルト雑誌編集部に異動。その直前、女子高生の死亡事故を目撃してしまい、何故か命を狙われる。
 また、死んだ女子高生の周りには『死亡予告電話が、自分の携帯からかかる』という噂がささやかれる。本当に彼女は、その死の予告を受けたのか?

 制服の女子高生が突如発火、火だるまで転落死という絵面は派手でしたよー。
で、石黒と菊川の捜査(?)の挙げ句に真犯人と薬品のトリック、他愛ない動機があばかれる展開は「相棒」にだってありそうな感じ。
 ところが、犯行を認めて連行されようかという犯人の元に着信アリ!
着信時間はなんと5分未来。残された留守録から響いてくるのは持ち主の断末魔の悲鳴!きゃ〜!!

 トリックなのかオカルトなのか?この先が気になる展開でした。
 ただ、やっぱり深夜テイストなのは、その留守録を菊川と石黒が揃って聞いているところ。犯人が携帯放り出して走り去ってるのに??逃げちゃうよ??
 で、留守録終わったら今度は2人揃って犯人を追って爆走。他にも参考人いたのにほったらかしかいー!  まぁ、そんな細かいこと気にしたら見てられないよね、きっと。

 菊川の異動先は、「ショムニ」テイストな地下のボロ部屋。
新参者@菊川に 飲み屋の支払い?不倫相手の妻?通販ビデオ宅配?口説いた女?etcいちいち全員が、変な心当たりがあるのが可笑しかったです。いいキャラ紹介になってるし。
 編集長を無視のギャグも、来週からお約束にしてくれたら尚いいなぁ。そっか、こういうベタな部分がすべらずに笑えるから安くないのかー。

 エンディングが「QUIZ」を思わせる画面でした。唄もホラーっぽく気持ち悪くしてたら良かったのに?

「霊感バスガイド事件簿」1 **

 深夜の菊川伶、このタイトル、お安いバカドラマ希望!

 ・・・で、予想のまんまに滅茶苦茶やっすいドラマでした。突っ込む気にもなりません、ハリウッド目指してるんでしょ、菊川伶!!大丈夫か??(笑)
 金曜の夜に、お酒呑みながら見るのにいいかなー。ちょっと怖いけど。
(評定は、☆の代わりにバカ度で花二つ**)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ