ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

荒川良々

「重版出来!」1 ☆☆☆☆

面白かったー(^^)
文句のつけようもないウェルメイド、家族で楽しめるドラマです。しかしヒロインが元オリンピック代表アスリートなんて設定なら、武田梨奈、ヒロインやりたかったでしょうねえw

怪我でオリンピックを諦めた柔道選手が、第2の目標に定めたのは『大好きな漫画に関わる道』だった……!
てなわけで、大手出版社に入社を決めたヒロイン黒沢心に黒木華。
面接時、廊下で掃除してるおじさん(高田純次)が実は社長でw 殴りかかってきたのを見事に投げとばすw その辺はもうお約束です。
でも、新人あるあるの寝坊や伝達忘れなんてありゃしませんよ。心の新社会人生活は順風満帆。男所帯の編集部に配属になってもコミュ力高くどんどん親睦を深め、率先して仕事を見つけ、訪問先では柔道の話で気に入られます。その前の研修に行った本屋でも力持ちの気働きで高評価。体育会系を企業が採りたがるのはこれなんですねえ。

大物漫画家(小日向文世)の断筆!という事件が起きますが、新人になんの責任もないものねー。
それどころか、問題の根本に気づくのはヒロインで、改善策まで打ち出せちゃったんですよー!すっごいよね。
大先生、確かに出てきたときからすっごい猫背で、画板の下から見上げて書いてるなー変な姿勢、とは思っていましたけどw まさかデッサンの狂いがそのせいだとはねえ……。書き上げてから別の姿勢で原稿を見返さないのかなw でも本当に好人物でしたから、屈折したバカなアシスタントの暴走で傷ついても、立ち直る道があって本当にホッとしました。オワコンとか囃してたネット住民は、絵がまた変わったことででも騒いで欲しいものですよ。

松重豊の編集長に、オダジョーが副編。荒川良々に安田顕。曲者ぞろいですが基本いい人達な編集部、ヒロインの周りは平穏です。……同期の妬みや足の引っ張り合いなどはこれから出てくるのかな。それを心ちゃんが真正面から受け止めて、笑顔でえいやっと乗り越えていくのが楽しみです。嘉納治五郎の標語が炸裂だ!


ところで、使われている原稿がもしやもしやと思ったら、本当にゆうきまさみでw 『絵が古い』だのボロクソ言われる設定のベテラン画家原稿ですよ、誰が頼みに行ったんでしょう、勇者ですね(^^;;;)
仕事場の場面ではNHK「漫勉」思い出しましたw
一緒に見てた旦那は、大学教育関係者として日本体育大学がヒロインの出身校として実名登場、柔道部選手も建物も撮影協力していることに興奮でした。すごい宣伝ですものね。

で、武田梨奈。
心の親友で、日体大柔道部時代の仲間。試合の回想場面にも道着姿で華を添えます。もちろん空手と柔道じゃえらい違いとはいえアスリートですから、開脚しての柔軟もお流石で、こんな人がチームメイトなら…とヒロイン心の強そう感まで増しませんか。演じる沙羅は、リオ五輪代表だそうで現役で強いのはこっちですけど! 最近は「ワカコ酒」などアクションだけでなく演技の幅を広げている武田梨奈、案外黒沢心役でもはまってたのかも〜?

「家族ノカタチ」最終回 ☆☆

まさかの葬式でプロポーズw

穏やかにその日を迎えた父、陽三。
喪主として最後の挨拶で、型どおりの言葉を投げ捨ててぶっちゃけ文句を並べ始めた大介。こんな席でと諌める人もいましたけど、いや親父がまだ近くにいる今だからこそいっておかないとと続けます。火事騒ぎで消防車は来る、弟は連れてくる、どんどん人を呼ぶw ホラお前も結婚式仕切られて困ってたろ、お前は親父がいなきゃ俺の部屋に入れてないだろ、と個人攻撃ですよw
地元でする葬式でもないのに、参列者はずいぶん。陽三の生前にも、大介が腕をふるってみんなを読んでパーティーをして、世にも珍しいロフト解放までして、それってお一人様でずっと生きていたら一人も立ち入るはずのなかった人たちですからねえ。ころがりこんだ陽三のおかげで扉が開き、気がつけばジムにも誰かれ大介に会いに集まってくるまでに人の輪が広がったんですから、人生わかりません。
 

そしてその中の、もしも誰かと連れ添って生きて行くのなら、この人だという人ともオヤジのおかげで出会えたのだと。ひゅーひゅー!ハナコもなぜここでと渋りながらもプロポーズを受け……もう、泣いたらいいのか笑ったらいいのかわからない式になりましたよw でも陽三さん賑やかなのが好きだったからそれでいいよね。

香取慎吾のベタっとした声になるナレーションはずっと苦手なままでしたが、人嫌いな役には似合いだったので良し。当たり役でした。

エンディングは、上下階に互いの城を持ったまま、家族として暮らしている大介とハナコの変則夫婦生活。お母さんは上に、弟くんは下に住んで二人は両方に行き来しているのかな(ぶちぬいてメゾネットに改装してたりしてw)まあこんな家族のカタチがあってもいいでしょう、幸せなら!

 佐々木さんにも春が来て、田中さんはハナコの元夫にときめいてます。全方位ハッピーエンド、陽三さんったら天使だったのかも。
(何されても親だから追い出せない、という1話2話の騒動は不愉快だったので、本当に誰だかわからない西田敏行がころがりこんで大介を変えた天使だったよって話だったら凄かったなと今思いました。即警察呼ぶだろうけどw) 

映画「ジャッジ!」☆☆☆

コンコンコンコン♪ 腰コシ腰、ニャア!(注:これは猫です)

いや、どう見てもキツネだから!


作中で何度も繰り返されるクソCMが耳について離れないしw むしろ賞取ってたTOYOTAのより好きw


クライアントが猫と言ったらキツネも猫!という無茶振り広告業界を、誠実さで切り抜けていく主人公を妻夫木くんが好演しています。世界中から優勝を目指して集ったCM製作者たち皆に好かれ、でも危なっかしくて助けにはいられないw いいやつだよねー。


もっとも、脚本上では序盤の合コンで

『キモいダサい』

と嫌われまくり、からの後半での株急上昇。『ほくろに毛が生えてた』とまで女子に言われてましたけど、それ画面でわかんないしw 一人だけ嫌われるほど酷く見えない時点で軽くミスキャストだったか、冒頭はのび太君レベルに丸メガネでもかけさせておいて、海外コンペに行く途中でメガネ割るとか、ガラッと髪型変えるとか「電車男」レベルの変身を挟んでも良かったのかもしれませんね。

それとタイトルで損してる。

なんの映画かわかんないもん。


でもそこ以外はもう言うことなしでブラボー。ちくわw かまきりw オタクw ペン回しw

What I’m about to say… is very important.   w

リリーフランキーの怪しい窓際おじさん最高。

おおた きいちろう と おおたき いちろう は海外だとほぼ一緒だからお前代わりに行ってこい、ってw
横暴上司の豊田悦司も良かったし、北川景子もきれいでキツくて英語うまくてはまり役。

なにかときっちり回収されていく伏線は要するにベタなわけで。世界に通じるウェルメイドなコメディだと思うんですけど、よーく考えると肝になるCMがきつねうどんでコシでコンコンとかダジャレだわ、ちくわってなんだそれだわ、謎だらけかしらん。


「女刑事みずき 京都洛西署物語」

冒頭のしくじりで、ど田舎にとばされた辣腕刑事みずき(浅野ゆう子) 証人として巻き込まれた殺人事件に首を突っ込み、もちろん見事解決です!


連続ドラマ2シーズン放映後のスペシャル版。脈々と続く京都枠刑事ものですねw スペシャルらしく、荒川良々や津田寛治、遠藤久美子と村住人のゲストが豪華ですよん。
エンクミにAV女優の過去が……ってパッケージがビデオな厚みで時代を感じますw でもそんなのは前振り。

事件はどんどん入り組んでいって、企業の不正だの、不倫だの、なりすましだの殺人だのどんでん返しだのと大混乱です。おかげでサラッと流されてましたが……

『殺しちゃった夫の身代わりがほしい女』が『逃亡中の男』を偶然見かけw 瞬時に正体を知りw(警察より有能!) 突然話しかけて身代わりを承知させてるんですよ、そーんーなーバーカーなーw

その後の生活で愛が芽生えてるのはいい話なんですけどね。重めの話に、みずきと実は仲良し上司の高畑淳子がコミックリリーフでいい味だしてました。 


と、そんなspドラマを見てたのはもちろん西村さんが目当てw 捜査一課の白根刑事です

捜査で村に派遣され、駐在のみずきと同居!いがみ合い、利用しあいながらも、一緒にこたつにあたったり(^^) いい感じかなーと思ってたら良き同僚ってやつで、みづきから奥さんにお土産渡したりする仲でしたw 

2010年放映、最近よりちょっと黒がちな髪、襟足が長くて心持ち量も多いかも…w


「あまちゃん」〜第9週 ☆☆☆☆

まめぶ汁(一杯300円)食べました!!

大阪は城北公園で土日に行われていた区民祭り?で北陸フェアもありまして、もちろん会場ではオープニング曲がかかっておりました。里芋コロッケ(一個300円)と一緒に買ったまめぶ汁、浮いてる白くて丸いのを里芋だーと口にいれたら甘くてびっくりw これがまめぶなんですねw 汁自体はけんちん汁系でおいしかったですよ。(作中でさんざ微妙だと聞かされて警戒してた分、評価アップです)行かれなかった家族にも水筒で持ち帰りましたってw
いちご煮(さすがうに入り、一杯800円→特価500円!)も美味でした!


そんなわけで、久しぶりの「あまちゃん」感想。ずっと楽しく見てますです。

特に最近は「潮騒のメモリー」が頭をリピートw 紅白歌合戦でアキちゃんユイちゃんの2人があの衣装で歌って踊る姿が既に目に浮かびますw

そんな仲良しの2人だったのに、種市先輩をめぐってバトルになるとはー!しかも一度は交際を断ったユイちゃんの目がきらーんと光ったきっかけが、

「お台場に住むべ」

という種市先輩の言葉だという最低さw 寮が千葉だったらNOのままだったでしょ、お台場に住む彼氏と遠距離恋愛したいだけかーw  なんて正直なw


裏切られて閉じこもったアキでしたが、アキと同じか上で居たかったというこれまた正直すぎるユイちゃんの告白を受けて、逆にすっきりしたとかで和解(青春だ。アキも自己評価が高い娘だったら更に泥沼化した筈 ^^;;;)。さあ、お座敷列車だーと思ったら、今度はユイちゃんが出て来ない(><)

スカウトだって?

と、朝から波瀾万丈の「あまちゃん」ですが、なんか爽やかに見ていられます。

寄せては返す波のように、行ったり来たりのお座敷列車。お客さんを乗せて何往復もして疲れただろうに、乗り損ねたおばあちゃんや、海女クラブや、種市先輩まで乗せて宴会しながら走る列車は本当に楽しそうで見ているこっちまで楽しい気分になりました(^^)

(「純と愛」でも、こういう場面があってこその純の奮闘「夢の国をつくる!」じゃないかと… ^^;;;)


明けて今週は、「海女カフェ」とスカウト問題。

本気のユイちゃんは本当にデビュー出来るのか?
クールかつ小心者のユイちゃんが、切羽詰まるとキレる光景も何度か見て来てキレ芸に見えて来ましたw

呑気な海女たちは「南さ向いてる窓を開け~」「冷蔵庫開け~」とジュディオングだったりw 金にこまかかったりとキャラが立ってる婆たちを見てるのは楽しいけど、相手をするヒロシはそりゃ大変そうです。生気を吸い取られたヒロシの登場BGMが「ヒロシです…」のアレ、漁協からカフェに改装が始まったらBGMがリフォームの匠のあの番組テーマソングw遊んでますよね!
これから週末に向けて、また何かあるのかとワクワクです。



「レジデント 〜5人の研修医」1 ☆☆☆(でもね)

面白かったです。でも再放送みたい。


坊ちゃん・皮肉屋・化粧美人・すっぴん・そしてヒロイン仲里依沙と、5人の研修医は戦隊もの並にキャラが分かり易く、ベテラン医も古田新太はじめ実力派ぞろいで危なげがありません。ダメ医の荒川良々が先輩風をふかしてバカにされるところも、ちゃーんとそれぞれのキャラ紹介になっていて隙のない脚本です。

少なくとも「MONSTERS」みたいに「この配役が逆なら」とか「長過ぎる」とか思いませんでしたよ。でも「誰向け?」とは……すみません、思いました!

地味。

強いていえば仲里依沙ファンには見応えある作りで彼女は健闘してますよー。高校時代の回想シーンで制服姿あり、ボクシング姿あり、そしてもちろん白衣も手術着もありw

でもそれだけで来週も観なきゃとか思えない(><)


これ舞台が5年前でも来年でも困らない内容ですよね。


救命救急が舞台でも、結構のんびり。噂のたらい回しもなく打診は全て受け入れオッケー。

リスカ常習者に事故死の患者と家族を見せる→「もう来ない」って!

堅実な演出で→の間にちゃんと盛り上がりと見せ場はあったものの、結局はすんなり主人公の熱意が通じた形じゃないですか。

簡単すぎ(><)


泣かないと決めたヒロインの過去は、弟を亡くしたのかと思いきや医者の父が目の前で蘇生措置……だから医者を志したのかーと納得出来るものではあるのですが(その父親はその後亡くなってるのかな?)そうかガンバレ、としか。
 

ラストは、腹痛で救急に来たけど帰っちゃったオヤジが意識不明で搬送されてきて、当直で担当した坊ちゃん君が呆然、以下次週。

そうやって1人ずつスポットをあてながらの成長物語でしょうか。

ベタは見れば楽しめると思うの。見れば。うーん。
 

裏のエンタメ米倉涼子「ドクターX」とはまさに対極w

「全開ガール」8.9 ☆☆☆

若葉のお父さん(神戸浩)って、実の父親?

あまりに強烈でダメ親父としては完璧鉄壁なのですが、才色兼備の若葉母が恋をした相手かと思うとキツ~。いくらいい人でもキツ~(><)そしてこのドラマには、元妻の連れ子を育てているカッコウな男が実際にいるわけで、実父じゃない可能性あるよねー。


と、そんな打ち明け話を期待してた8話だったのですが、最後まできっちりいいお父さんで泣かせてくれてお帰りでした。あれれ。

おまけに、ダメ父の借金も調べがついたのに責めるどころか清算してくれる新堂家。リッチでハイソなだけでなく、懐も深い!ますます、別の人の方が好きかもなんて言えなくなる若葉なのでした。

えー、うそつきー。


9話でやっと告白したら、今度は草太はそよ子(蓮佛美沙子)が好きだと言うよ。

えー、ここでー?


9話冒頭の草太は、もう結納までした若葉には告白しちゃ迷惑だと言い続けているのに。いくら仲間の危機に駆けつけてくれたからって、さっさと気が移るなんて草太にがっかりー。

もちろんドラマとしては盛り上がりますけどね。そよ子さんだっていい子なんだから、ここで喜ばせて最終回では結局若葉に負けるんじゃ可哀想すぎます。


園長(竹内力)と日向ママ、保母先生とリーゼントパパ、あと美人弁護士(青山倫子)と荒川良々。脇のカップルにフラグが立って終盤になってきたんだから、主役がめでたくゴールインなだけでなくそよ子さんもどうにかしてあげて……って、まさかセレブ新堂とそよ子が??


人気ブログランキングへ


「全開ガール!」1、2 ☆☆☆

久しぶりに楽しい月9!

いつかヒロインが、身近な愛に気づく……というのは恋愛ドラマの王道ですよね!

弁護士なのにベビーシッターという無茶な設定も楽しいスパイス。高飛車ガッキーは嫌な奴だけど、一途なところが可愛くもあり。へなちょこ子持ち男の錦戸くんだって、反面懐の深い優しい男、しかも料理上手だ! 若い2人が意識しあう様子が微笑ましくってニヤニヤです。

保育園のパパ仲間に荒川良々(一発変換!)や皆川猿時(無理!)がひしめくのもずるい。


でも贅沢さやドリームはないよねえ。

極貧育ちで奨学金=借金を返済しなきゃいけないヒロイン若葉、部屋もボロボロ。錦戸くんも小汚い定食屋で妻に逃げられ連れ子を育て……。

今はまだ酔ってキスしたとか「あんな男!」フラグ程度ですが、さて恋となったら、実ると同時に子持ちですよ!うわー、怖い。でもガッキーが弁護士として夢に描くDINKS「マンハッタンの鷹」な成功よりは、家庭のささやかな幸せが素敵に見えるのも確かです。

弁護士事務所の社長@薬師丸ひろ子は、成功しているのに余裕もないし幸せそうじゃない。ハンサムな先輩弁護士の描写は完全に当て馬だしw 恋の行方に、年収が関係ないドラマになるのは決定的です。


こーいっちゃなんだけど、前月9「幸せになろうよ」は相談所として結婚を扱っていた割に、結婚したその後のビジョンが全くなかったでしょ。今回は、離婚家庭も多いんですけど、親子でいる幸せだけはしっかり見えていますよね。そして社長の娘が寂しがっているように、お金で愛情はまかなえません。

そこでイクメンかー!

女がバリバリ働いてもいいじゃない。でも一人だと余裕がない、子どもも淋しくて可愛そう。そうだ、育児も家事も出来る優しいイクメンをゲットしてパートナーになってもらえばいいや!……うん、共稼ぎor一人で子育て中主婦のドリームにストライクかもw

「やまとなでしこ」の時代、ヒロインは玉の輿だけ狙っていたけどガッキーは自分で稼ぐ気満々なのが今時らしいし応援出来ます。


2話で、草太(錦戸)が元フレンチのシェフ修行をしていたと分かります。ただのお人好し貧乏人じゃなかった!

そのうち、連れ子のビー太郎を置いて逃げた妻が戻ってくるのでしょうか。そしてビー太郎がいなくなれば草太はまたフレンチに戻れる。でも淋しくて心にぽっかり開いた穴を、さて若葉が埋められるのか。今の調子では励まそうとして逆鱗に触れそうですが、初めてみる草太の荒々しい一面にドキッとするなんてことも……

うわー、妄想が広がりますよ


ツレと、じゃあこのドラマを黒木メイサと香取慎吾でしたらどうだ?とか、メイサと錦戸、ガッキーと慎吾では?それとも「しあわせに」をガッキー錦戸では?と暇なシミュレーションをいろいろしてましたw 結果、戦犯は慎吾な気が……

まあそれはまた別の話。


地面に落としちゃったキャラ弁。拾いながら拭く動作に「?」だったのですが、詰め直して届けたとなってどん引き。見続けて、食べる為でなく『若葉さんの努力だけでも』見せようと持って行ったと理解できましたが、だったら逆にもっと汚れていないと……食べられそうじゃ怖いでしょ~


さて3話が楽しみです!

「うぬぼれ刑事」最終回 ☆☆☆☆

♪うぬぼれ~うぬぼれ~♪
え、歌詞があったんだ、あの歌!!
あと、うぬぼれ5の「ウェイウェイ~」って、"wait,wait"だよね?

ちょろちょろと伏線があった気もする銀行襲撃事件に、やっぱり関わってましたよ里恵さんが!そして弟が!ついに男にも惚れちゃううぬぼれでしたが、あんなにキレイじゃそりゃ文句ないです。モノホン歌舞伎役者を、大衆演劇の女形に配してしまうこの贅沢なキャスティング!(歌舞伎座で生で見ましたから~七之助、キレイだった~)

で、冴木の妻がうぬぼれの元カノという「偶然」が、ちっとも偶然じゃなかったよと明かされてなるほど納得でしたよー。情報収集のはずだったのねー。かみさんが神(笑)そして、弟から明かされる里恵の気持ちに一喜一憂する取調室の2人(笑)

「あんたなの?」
と逆の方ばかり訊かれてましたけど、確かに本人はあんなリアクションになっちゃいますよね 「絶対好きにならないから大丈夫」=大丈夫、のあまりの哀れさに笑い泣きでした。
そして逮捕先からの花嫁強奪!いやそれ犯罪だし!
刑事立ち会いでの不思議な結婚式は、今までの全てのプロポーズが伏線になる、大納得の逮捕式でありました~。

それ以降の後日談はほんと蛇足。他の女にメロメロのうぬぼれとか、いやだ~!(でも、そいつが実はまた犯人だったりします??)3,4億円をあの田舎に埋めたのもいったい誰?どのタイミングで??……まあいいや。

とにかく楽しいワンクールでした!最後まで演じきった長瀬君と、天才クドカンに乾杯!

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」5 ☆☆

こどもたちが食べてたシュークリームは、手作りじゃないってこと??

とうとう自白に来ましたかー。
プロポーズも受けちゃいますかー。

今回はパティシエ要潤のスイーツ教室から殺人犯が。でも影の黒幕?は別にいたのでした!
「運命の人が!」
……って3人もいたり(笑)メレンゲもクリームも嘘つかなかったり(笑)案の定パティシエ松岡も利用されていただけでモテてなかったのには笑いましたが。その分うぬぼれの出番がなくて物足りなかったデス。
婚姻届と手錠を出す場面がドラマで有名になって、ギャラリーの前で犯人までワクワク。そんなパターン崩しはクスッと面白かったのですが、そこにカタルシスが不足(><)押して押して押しまくる、いつもの愛だか捜査だか分からない暑苦しさが楽しみで見ているのにー。
輝く薬師丸ひろ子を見つめていた、それだけで結婚??
「私のどこが好き?」
「笑顔です」
も肩すかしかなー。輝きが曇った=嘘をついた、と見抜くうぬぼれは流石でしたが。

一方で、うぬぼれとリエ姐さんの元鞘はちょっと進展。冴木さんの昇進は立ち消えになりそうだというし、もしや最後にはそっちで収まっちゃう?(でもそれって、リエ姐さんが犯人に? ^^;;;; )
来週はザラメ、もといサダメくんがクローズアップだ!
抱かれちゃうのか?? 

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」4 ☆

奥さんが可哀想だー!!!
理不尽に殺されて誰からも悼まれてないなんて(><)
そしてプロポーズも
「君の唇が好きだ!」
に、正直戸惑うばかり。今までの目が好き手が好き声が好き、に比べてまるで納得感がないんですもの。何度も夢でキスを迫られてるから、と言われてもーそれうぬぼれが勝手にみてるんだしー(学園潜入ネタはそりゃ笑いましたけど!!)

穴井さんと同時進行で惚れちゃうとか、そもそも写真でしかみていないとか人違いとか、パターンを崩して来ているわけですが、それはそれとして、構成の面白さがなかったわー。刺青だって死後に彫ったら鑑識で分かるじゃない、もっとなんちゅーか、こう。うーん。

小ネタは、刺青が阪神!……と見せかけて彼にイニシャルとか(笑)穴井の危機に、でも着替えてくるうぬぼれとか(笑)先生の女がしょっぱいとか、ダサメくんとか、酔いつぶれた夫を「この辺来たことあるんで」と迎えに来て目を合わせないエリとか(^^;;;;)充分楽しかったんですけど、期待が大きいだけに点が辛いぞ。

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」1 ☆☆☆☆

ていうかストーカー刑事! 
長瀬くんの熱演が見事です。  

右手に逮捕状、左手に婚姻届。それが駄目なら指輪と手錠を並べて
「結婚してください!」(笑)

なるほど好きじゃない相手にされるなら脅迫です。あんなにかっこいいのに、どうしてこう挙動不審になっちゃうんでしょう~。恋愛指南ビデオを丸ごと信じちゃうところがまずイケてない~(><)前髪切りそろえた微妙な髪型、短すぎる斜めがけカバン、サイズの違うスーツ。土台が長瀬くんでも、ここまでダメになれるとは(「セクシーボイス&ロボ」の松山ケンイチ思い出した 笑)、ブサメンでも逆をやればモテモテってこと??(違)

彼を捨てた元カノ@里恵(中島美嘉)がやたら束縛きつかったのも、”うぬぼれ”がかっこよすぎるから不安で不安でそうなっちゃった、ということなのでしょうか(単にヘンな女に見えたけど ^^;;;;) 再会した里恵は人妻、それも荒川良々でほっこりする尽くす女、愛妻弁当を届けちゃう女になってましたもんねー。
 

そんなわけで、事件はゲーム会社での殺人。セキュリティロックのかかった部屋で。
惚れたエリコ(加藤あい、好きー)さんは関係者。彼女に会いたくて、彼女のことを知りたくてすること全部が事件の捜査になってしまうシチェーションがいちいち大笑いでした(笑)
その他ちょこちょこと、長瀬くん視点の再現ドラマでは殺される役が運命くん(生田斗真)だったり、ラブラブエッサイムだったり、張り切る荒川良々をみて「寺脇みたい」だったり(相棒なだけに!)、リエとエリ、「リエコさん」「エリコです」だったり、ずーっと楽しかったわー。
ただその笑いに傾いたままというのは、泣いたり笑ったり忙しかった「流星の絆」に比べたらちょっと物足りないかもしれません。嗚呼贅沢な。

さて、酒場のうぬぼれフォーがファイブになって(刑事の守秘義務とか、そもそも刑事だって言っちゃうのも駄目じゃないかとか、もうツッコミ止まらず 笑)普通ならこのまま毎回続くのでしょうが、鬼才クドカンのこと。視聴者が慣れる前にパターン崩しが始まることと思われます。

うぬぼれパパ(西田敏行!)の本も出版&映像化決定!その辺の騒ぎも絡んでくるかなー。
パティシエ要潤や、「プロゴルファー花」で借金取り2だった刑事さんとかの活躍にも期待♪

「危険なアネキ」2 ☆☆

 やっぱり料理できないんだ、姉(^^;;;)
レパートリーはチキン南蛮だけって・・・ポンカンと並んで名物なんですか??

 実はもうリタイヤしようかと思っていたくせに、不純な動機で(北陽とインパルスがゲスト出演って)つけてみたら結構笑えてしまった。
 弟の怒り方に理不尽度が減って、見やすかったのも1つ。でもその他にもミスターポンカンはでるわ、借金取りは荒川良々だわ、高嶋弟はグッジョブだわ。

「教授は、家が医者だったりお姉さんが美人だったりで差別するお人では」
いやホントにそれ、お姉さんは関係ないから(笑)
 酔って帰ってきた姉の痴態に、水かぶるタイミングはもう芸の域ですよ。

 これで、人が死ななかったらもっといいのにな。
病院を抜け出してキャバクラで倒れる末期癌患者、坂上二郎さん。見ていたら淋しくなっちゃった。死んだ娘の好きだった歌を、姉さんと歌えて幸せに死にました、って言われてもなー。

 舞台が病院じゃある程度仕方がない・・・なら、他の職業なかったのかなー。
 バカだけど人の良い姉vs冷血秀才な弟、を端的に表すなら、弟は敏腕弁護士・・・・弟はパイロット・・・弟はレーサー、ホッケー選手・・・は関係ないし。あれれ。

 まぁとりあえず様子見で。うふ。

「タイガー&ドラゴン」子は鎹 ☆☆☆☆☆!最終回

 タイガータイガー、じれっタイガー!

 初出には苦笑、でしかなかったダジャレをこれだけ毎回ひっぱったあげく、泣かせに使ってくるなんて。参りました。
 今回何が驚いたって、どんべえ師匠の小虎襲名!!

 ・・・小竜がどんべえ継ぐってのは、順当ですからね。いいんだけど。
「戻ってこられないようにしてやる」
そんな理由で、弟子の名前継ぐ師匠がどこにいますか(^^;;;)
気にかけてる、心に留めてるってすぐにわかるじゃないですか。

 なのに出所を迎えに行かないなんて。
元どんべえと元組長のやりとりが、可笑しいやら泣けるやら。
その昔も1人の女を遠慮しあって取り逃がした2人。今回小虎をはさんでも、互いに遠慮して結果小虎を行方知れずにしてしまいましたよー。
 バカバカバカッ!!

 そんなわけで、アッと言う間に3年が経って出所したのに、組にも戻れず林家一門にも会わせる顔がない小虎、もとい山崎さん(涙)
 例によって落語「子は鎹」と絡めながら見事に進行する涙の再会(笑)
 あっと驚きの小竜改めどんべえの襲名披露(涙)

 ただね、せっかく刑務所の図書室で古典落語みっちり覚えて来たんだったらそのまんまの「子は鎹」も聞きたかったぞー。これは、先週の小竜の「品川心中」でも思ってしまったなぁ。(あれ、実録落語は邪道って内心思っているのかしら、私??)

 いまやヒルズ暮らしの組長ギンギン(立派になったぞー)、流行りの「ドラゴンソーダ」店長リサちゃん、相変わらず押し入れ上段暮らしの劉さん(^^;;;)、屋台辞めちゃったおでんやさん。
 変わらずバスガイドしてるめぐみちゃんと竜二も、くっついたり離れたり。
 3年の歳月がどう人を変えるのか、でも変わらない部分は何なのか。

 みんな小虎が大好きなんだよ!

 ナン、レロックスとSPネタを見事に活かしつつ、「顔が怖い!」とストレートにも笑わせてくれて!お見事!!

 タイガータイガーじれっタイガー!
伝説の落語家3代目小虎、見事な襲名披露でありました!!

「タイガー&ドラゴン」猫の皿 ☆☆☆☆

 竜二が・・・もとい、小竜(コタツ)が座った!!
追いつめられて付け焼き刃の一発芸を捨てたとき、彼に残るのはやっぱり落語なわけですよ。ここ、ドキドキしましたっ!小虎、GJ!

 表題「猫の皿」が軽い小品だというのに、この話と来たら実は人情話で、あちこち笑いながら泣かされちゃいました。無駄な場面が1つもない、濃密な展開が凄い。

 竜二を戻すために自分が家を出る、と提案し「お前さんは家族だ」と怒られる小虎。天涯孤独の彼に、この上なく暖かい言葉ですよね。さゆりちゃんが「そのうち泣く」に笑っちゃいながらもしんみり。
 小竜破門のいきさつも、熱くて哀しいです。
真打ち目前の独演会が大失敗。そーか。そうだったのか!早熟小僧が天狗になって辞めたわけじゃなかったんだ!
それも、失敗そのものじゃなくて小しん(小日向文世)師匠vsどん兵衛師匠、芸術vs娯楽みたいな対立のなかで父親の芸を支持した故の破門ですよ。なるほど、店の資金ぐらい出してやっても甘やかしじゃないかも。

・・・でも、小しん師匠の真意も気になります。本当にただのイジワルだった?それとも、「猫の皿」が出来てこその「子別れ」というなにかがあったんでしょうか。
「子別れを教えてやる」
って今更、ケンカ売ってんのかって感じですが。本気みたいだったし(^^;;;)

 そんなわけで、竜二もギンちゃんもソバ屋のオヤジまで参加していた素人タレントスカウトキャラバン(笑)
 竜二ったら3位のビンテージジーンズが欲しかったのに、うっかり優勝して大島紬ゲットです。若者を集めたいのに一位が大島紬っていう時代錯誤。最高です。

 本当を言うと、「元天才」小竜の落語がもうちょっと上手いと良かったんですけど。ブランクがあるからかな(笑) そこいくと西田敏行さんはサスガ、普通に落語でしたよね「猫の皿」!!

 小ネタに再登場のデス・キヨシ!(しかも作り話かい!)
ビジュアル系に中央で参加してるジャンプ亭ジャンプ!
 あと、デート中ずっとめぐみちゃんを笑わせようと必死な竜二。両手にネタ書き込んで真っ黒だし!笑う度にキスのおねだりで、しかも断られるし!!
 案外、女性経験なしですか竜二くん・・・・(^^;;;)

 来週はなんと、鶴瓶師匠が高座に上がってましたよ!本職に大期待!!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ