ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

荒川良々

映画「ジャッジ!」☆☆☆

コンコンコンコン♪ 腰コシ腰、ニャア!(注:これは猫です)

いや、どう見てもキツネだから!


作中で何度も繰り返されるクソCMが耳について離れないしw むしろ賞取ってたTOYOTAのより好きw


クライアントが猫と言ったらキツネも猫!という無茶振り広告業界を、誠実さで切り抜けていく主人公を妻夫木くんが好演しています。世界中から優勝を目指して集ったCM製作者たち皆に好かれ、でも危なっかしくて助けにはいられないw いいやつだよねー。


もっとも、脚本上では序盤の合コンで

『キモいダサい』

と嫌われまくり、からの後半での株急上昇。『ほくろに毛が生えてた』とまで女子に言われてましたけど、それ画面でわかんないしw 一人だけ嫌われるほど酷く見えない時点で軽くミスキャストだったか、冒頭はのび太君レベルに丸メガネでもかけさせておいて、海外コンペに行く途中でメガネ割るとか、ガラッと髪型変えるとか「電車男」レベルの変身を挟んでも良かったのかもしれませんね。

それとタイトルで損してる。

なんの映画かわかんないもん。


でもそこ以外はもう言うことなしでブラボー。ちくわw かまきりw オタクw ペン回しw

What I’m about to say… is very important.   w

リリーフランキーの怪しい窓際おじさん最高。

おおた きいちろう と おおたき いちろう は海外だとほぼ一緒だからお前代わりに行ってこい、ってw
横暴上司の豊田悦司も良かったし、北川景子もきれいでキツくて英語うまくてはまり役。

なにかときっちり回収されていく伏線は要するにベタなわけで。世界に通じるウェルメイドなコメディだと思うんですけど、よーく考えると肝になるCMがきつねうどんでコシでコンコンとかダジャレだわ、ちくわってなんだそれだわ、謎だらけかしらん。


「女刑事みずき 京都洛西署物語」

冒頭のしくじりで、ど田舎にとばされた辣腕刑事みずき(浅野ゆう子) 証人として巻き込まれた殺人事件に首を突っ込み、もちろん見事解決です!


連続ドラマ2シーズン放映後のスペシャル版。脈々と続く京都枠刑事ものですねw スペシャルらしく、荒川良々や津田寛治、遠藤久美子と村住人のゲストが豪華ですよん。
エンクミにAV女優の過去が……ってパッケージがビデオな厚みで時代を感じますw でもそんなのは前振り。

事件はどんどん入り組んでいって、企業の不正だの、不倫だの、なりすましだの殺人だのどんでん返しだのと大混乱です。おかげでサラッと流されてましたが……

『殺しちゃった夫の身代わりがほしい女』が『逃亡中の男』を偶然見かけw 瞬時に正体を知りw(警察より有能!) 突然話しかけて身代わりを承知させてるんですよ、そーんーなーバーカーなーw

その後の生活で愛が芽生えてるのはいい話なんですけどね。重めの話に、みずきと実は仲良し上司の高畑淳子がコミックリリーフでいい味だしてました。 


と、そんなspドラマを見てたのはもちろん西村さんが目当てw 捜査一課の白根刑事です

捜査で村に派遣され、駐在のみずきと同居!いがみ合い、利用しあいながらも、一緒にこたつにあたったり(^^) いい感じかなーと思ってたら良き同僚ってやつで、みづきから奥さんにお土産渡したりする仲でしたw 

2010年放映、最近よりちょっと黒がちな髪、襟足が長くて心持ち量も多いかも…w


「あまちゃん」〜第9週 ☆☆☆☆

まめぶ汁(一杯300円)食べました!!

大阪は城北公園で土日に行われていた区民祭り?で北陸フェアもありまして、もちろん会場ではオープニング曲がかかっておりました。里芋コロッケ(一個300円)と一緒に買ったまめぶ汁、浮いてる白くて丸いのを里芋だーと口にいれたら甘くてびっくりw これがまめぶなんですねw 汁自体はけんちん汁系でおいしかったですよ。(作中でさんざ微妙だと聞かされて警戒してた分、評価アップです)行かれなかった家族にも水筒で持ち帰りましたってw
いちご煮(さすがうに入り、一杯800円→特価500円!)も美味でした!


そんなわけで、久しぶりの「あまちゃん」感想。ずっと楽しく見てますです。

特に最近は「潮騒のメモリー」が頭をリピートw 紅白歌合戦でアキちゃんユイちゃんの2人があの衣装で歌って踊る姿が既に目に浮かびますw

そんな仲良しの2人だったのに、種市先輩をめぐってバトルになるとはー!しかも一度は交際を断ったユイちゃんの目がきらーんと光ったきっかけが、

「お台場に住むべ」

という種市先輩の言葉だという最低さw 寮が千葉だったらNOのままだったでしょ、お台場に住む彼氏と遠距離恋愛したいだけかーw  なんて正直なw


裏切られて閉じこもったアキでしたが、アキと同じか上で居たかったというこれまた正直すぎるユイちゃんの告白を受けて、逆にすっきりしたとかで和解(青春だ。アキも自己評価が高い娘だったら更に泥沼化した筈 ^^;;;)。さあ、お座敷列車だーと思ったら、今度はユイちゃんが出て来ない(><)

スカウトだって?

と、朝から波瀾万丈の「あまちゃん」ですが、なんか爽やかに見ていられます。

寄せては返す波のように、行ったり来たりのお座敷列車。お客さんを乗せて何往復もして疲れただろうに、乗り損ねたおばあちゃんや、海女クラブや、種市先輩まで乗せて宴会しながら走る列車は本当に楽しそうで見ているこっちまで楽しい気分になりました(^^)

(「純と愛」でも、こういう場面があってこその純の奮闘「夢の国をつくる!」じゃないかと… ^^;;;)


明けて今週は、「海女カフェ」とスカウト問題。

本気のユイちゃんは本当にデビュー出来るのか?
クールかつ小心者のユイちゃんが、切羽詰まるとキレる光景も何度か見て来てキレ芸に見えて来ましたw

呑気な海女たちは「南さ向いてる窓を開け~」「冷蔵庫開け~」とジュディオングだったりw 金にこまかかったりとキャラが立ってる婆たちを見てるのは楽しいけど、相手をするヒロシはそりゃ大変そうです。生気を吸い取られたヒロシの登場BGMが「ヒロシです…」のアレ、漁協からカフェに改装が始まったらBGMがリフォームの匠のあの番組テーマソングw遊んでますよね!
これから週末に向けて、また何かあるのかとワクワクです。



「5人のレジデント」1 ☆☆☆(でもね)

面白かったです。でも再放送みたい。


坊ちゃん・皮肉屋・化粧美人・すっぴん・そしてヒロイン仲里依沙と、5人の研修医は戦隊もの並にキャラが分かり易く、ベテラン医も古田新太はじめ実力派ぞろいで危なげがありません。ダメ医の荒川良々が先輩風をふかしてバカにされるところも、ちゃーんとそれぞれのキャラ紹介になっていて隙のない脚本です。

少なくとも「MONSTERS」みたいに「この配役が逆なら」とか「長過ぎる」とか思いませんでしたよ。でも「誰向け?」とは……すみません、思いました!

地味。

強いていえば仲里依沙ファンには見応えある作りで彼女は健闘してますよー。高校時代の回想シーンで制服姿あり、ボクシング姿あり、そしてもちろん白衣も手術着もありw

でもそれだけで来週も観なきゃとか思えない(><)


これ舞台が5年前でも来年でも困らない内容ですよね。


救命救急が舞台でも、結構のんびり。噂のたらい回しもなく打診は全て受け入れオッケー。

リスカ常習者に事故死の患者と家族を見せる→「もう来ない」って!

堅実な演出で→の間にちゃんと盛り上がりと見せ場はあったものの、結局はすんなり主人公の熱意が通じた形じゃないですか。

簡単すぎ(><)


泣かないと決めたヒロインの過去は、弟を亡くしたのかと思いきや医者の父が目の前で蘇生措置……だから医者を志したのかーと納得出来るものではあるのですが(その父親はその後亡くなってるのかな?)そうかガンバレ、としか。
 

ラストは、腹痛で救急に来たけど帰っちゃったオヤジが意識不明で搬送されてきて、当直で担当した坊ちゃん君が呆然、以下次週。

そうやって1人ずつスポットをあてながらの成長物語でしょうか。

ベタは見れば楽しめると思うの。見れば。うーん。
 

裏のエンタメ米倉涼子「ドクターX」とはまさに対極w

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」☆☆☆☆

 大・純・愛!!

 今時、
『キミになら殺されてもいい』だの
『生まれ変わってまたキミに会いたい』だのって、男女の恋愛で叫ばれたら萎えること請け合いの甘い言葉を叫びっぱなしの主人公達。勢いあるホモだわっそれがまた、なんだか泣かせるんですよ。

 もちろんかの「東海道中膝栗毛」を下敷きに、ホモの弥次さん喜多さんお伊勢への旅を描いた同名の漫画(しりあがり寿)が原作です。
 冒頭の掴みこそ原作とは趣違って踊ったりバイク乗ったりで度肝抜いてくれますが、進むに従って”そう来たか!”と膝を打つほど原作テイスト満載に。
 小ネタも沢山。
よそ見しない、途中で驚いてもチャンネル替えられない映画館でじっくり見て笑う映画でしょう!
 面白かったです。

 そして主演の長瀬クン。日本人には珍しくキスの上手い俳優として認定しまーす。パチパチパチ! しかも相手ずっと男(七之助)なのに!
 一日中でもいちゃついていそうな空気醸し出してくれていましたよ。
あの幸せ空間、クセになります。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ