ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

荒川良々

「5人のレジデント」1 ☆☆☆(でもね)

面白かったです。でも再放送みたい。


坊ちゃん・皮肉屋・化粧美人・すっぴん・そしてヒロイン仲里依沙と、5人の研修医は戦隊もの並にキャラが分かり易く、ベテラン医も古田新太はじめ実力派ぞろいで危なげがありません。ダメ医の荒川良々が先輩風をふかしてバカにされるところも、ちゃーんとそれぞれのキャラ紹介になっていて隙のない脚本です。

少なくとも「MONSTERS」みたいに「この配役が逆なら」とか「長過ぎる」とか思いませんでしたよ。でも「誰向け?」とは……すみません、思いました!

地味。

強いていえば仲里依沙ファンには見応えある作りで彼女は健闘してますよー。高校時代の回想シーンで制服姿あり、ボクシング姿あり、そしてもちろん白衣も手術着もありw

でもそれだけで来週も観なきゃとか思えない(><)


これ舞台が5年前でも来年でも困らない内容ですよね。


救命救急が舞台でも、結構のんびり。噂のたらい回しもなく打診は全て受け入れオッケー。

リスカ常習者に事故死の患者と家族を見せる→「もう来ない」って!

堅実な演出で→の間にちゃんと盛り上がりと見せ場はあったものの、結局はすんなり主人公の熱意が通じた形じゃないですか。

簡単すぎ(><)


泣かないと決めたヒロインの過去は、弟を亡くしたのかと思いきや医者の父が目の前で蘇生措置……だから医者を志したのかーと納得出来るものではあるのですが(その父親はその後亡くなってるのかな?)そうかガンバレ、としか。
 

ラストは、腹痛で救急に来たけど帰っちゃったオヤジが意識不明で搬送されてきて、当直で担当した坊ちゃん君が呆然、以下次週。

そうやって1人ずつスポットをあてながらの成長物語でしょうか。

ベタは見れば楽しめると思うの。見れば。うーん。
 

裏のエンタメ米倉涼子「ドクターX」とはまさに対極w

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」☆☆☆☆

 大・純・愛!!

 今時、
『キミになら殺されてもいい』だの
『生まれ変わってまたキミに会いたい』だのって、男女の恋愛で叫ばれたら萎えること請け合いの甘い言葉を叫びっぱなしの主人公達。勢いあるホモだわっそれがまた、なんだか泣かせるんですよ。

 もちろんかの「東海道中膝栗毛」を下敷きに、ホモの弥次さん喜多さんお伊勢への旅を描いた同名の漫画(しりあがり寿)が原作です。
 冒頭の掴みこそ原作とは趣違って踊ったりバイク乗ったりで度肝抜いてくれますが、進むに従って”そう来たか!”と膝を打つほど原作テイスト満載に。
 小ネタも沢山。
よそ見しない、途中で驚いてもチャンネル替えられない映画館でじっくり見て笑う映画でしょう!
 面白かったです。

 そして主演の長瀬クン。日本人には珍しくキスの上手い俳優として認定しまーす。パチパチパチ! しかも相手ずっと男(七之助)なのに!
 一日中でもいちゃついていそうな空気醸し出してくれていましたよ。
あの幸せ空間、クセになります。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ