ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

草刈民代

「大恋愛」6 ☆☆☆

怖! 小池徹平が笑顔全開なのに怖い……ここからサスペンスドラマになっちゃったりして(^^;;;;;)

新婚生活は順風満帆。
書き下ろしの依頼、新作の構想。誕生日には各方面からお祝いにあの店この店の高級アップルパイが届きまくりで、作家間宮真司の人気のほどが伺えます。それでも尚と居るために、地方サイン会のような泊まる仕事は避け、二人の時間を大切にしている真司。
診察にも二人で出かけ(夫になったから同席できるんだよね!)、すっかり身綺麗に戻っている尚は『幸せな生活が症状の改善、安定をもたらしている』と診断され、いいことづくめです。実際、新居にも適応でき病院で行きあう青年のことも問題なく覚えていて話題にしたり。どこが前アルツハイマー状態なのか、と思うぐらい。
「子供をつくろう!」
と浮かれる真司を責められませんねえ。その子を傷つける、と一旦は拒否した尚も、治験の新薬がもし効いたらと子育てを前向きに考え始めます。

医学生のために、罹病経験を語ってほしいという侑市の依頼も、尚の生活に張り合いを与えましたよね。文章を推敲し、学会以来久しぶりの講演に備える尚。病院食堂で声をかけてきた青年公平(小池徹平)も侑市の患者で、昨年同じように話をしたと侑市は言うのですが、本人は忘れちゃったーと笑いつつ、具体例を入れたらいいなど講演に助言をくれて距離を縮めます。

病気が分かった途端、奥さんに逃げられた。笑顔の割に悪い方に悪い方に考えがち。保育師の仕事は続けたいが、子供の名前を覚えられなくなってきた……等々の不穏な情報が視聴者には届けられますが、尚たちは知る由もなく。キラースマイルの陰で、何を考えているのか公平?

講演当日。真司はどうしても外せない取材で不在の中、話し始めようとした尚は、倒れ意識を失います。
…でもね、主治医の侑市もいれば尚母も居る。手厚いはずの環境で、真司も現場に向かっているのに、どう隙をついたのか!うわごとで真司を呼ぶ尚の枕元には公平がいて

「ここにいるよ」

と手を握り、あろうことか口づけをするのです……!なんでー!

キス現場を目撃するも、ぶっとばす前にまず尚を気遣う真司なのですが、目を開けた尚は肝心の真司には「誰?」えええ、刷り込みってありえるんですか?それに、講演マイクのハウリングでニヤリとしたのは?別に公平が仕込んだわけではないですよねえ。でも、この意識不明をきっかけに悪化する可能性は大きいという主治医の見解。いつか来るその瞬間に付け入ろうと、狙っていたとでもいうのでしょうか。何者だ公平、そして尚をどうしたいのだー!
その前の幸せで舞い上がっていただけに受け止めきれませんorz

ただ、幸福でいっぱいの時には却下だった『脳みそとアップルパイ』続編を、過酷な闘病が予想されてきたら書かずにはいられなくなってきた様ですよ。作家の性ですねえ。構想中の『ゲイの建築家が生き別れた息子と知らず恋をしてしまう』より、ファン受けはいいのでは。

しかし担当編集(木南晴夏)が、ヒロインのモデルは奥さん!と公表したがってるのも不穏です。←同時に、恋敵の素性だってバレるじゃないですか!

ああ…。食べきれないアップルパイをおすそ分けに行った引越しセンターで、みんなが雑誌記事の真司のカッコつけ写真の真似をする場面なんてホント、楽しかったのに。

「大恋愛」4、5 ☆☆☆

「脳みそとアップルパイ」
何それ、変なタイトルw でも「君の膵臓を食べたい」がベストセラーになる昨今。多少変にして記憶に残ってなんぼかもしれません。

そんなわけで、尚に会ってから書き出した小説のタイトルもいちゃいちゃと絡みあいながら決め、仲良く楽しく暮らしている二人です。例の名前の呼び間違い、それも元婚約者で主治医でイケメンで金持ちの侑市の名をつい呼んでしまうって、もっと怒ってしまうと思いきや『病気のせい』と必死で耐えるわけで……愛だわ……。

その頃アパートでは、やかんを焦がし風呂を溢れさせる尚。いやいやいや、誰だってうっかり忘れちゃうことってあるって。しかも寝ちゃったら仕方ないって!と、そばにいたら励ましてあげたいのですが。記憶と行動が怪しくなると予告されての失敗は、私たちのうっかりとは違う不安を呼びますよねえ。そんな時尚が呼ぶのはやっぱり真司でなく「侑市さん!」だったのですが……これは入院中の真司、聞いてないからノーカウントで!

でもクリニックの口コミサイト炎上の際には、どうしてった頼れるのは主治医の侑市さんでした。
本来、尚の状態ならまだ仕事は続けても大丈夫。脳のためにも続けた方がいいのに患者ファーストで診察をやめているのですが
『アルツハイマーの医者が診察している』

と口コミサイトにかかれ、母診察も予約キャンセルが相次ぎ、省庁の査問にまで呼ばれてと、クリニック存亡に関わる一大事ともなれば、親身に駆けつけ所見を述べてくれる侑市がどんなにありがたいか。尚が患者さんに送る経緯説明にも、主治医として一筆添えた上『どんな質問にも答えます』とメアドまで! 一方の真司が出来たのは、口コミサイトにふざけた応援コメントを書き込むことぐらい。そりゃー卑屈にもなろうというものです。

だいたい、結婚ドタキャン相手の主治医を続けるって普通じゃありませんよね……。
周囲には、ただの患者だ、専門分野だから、と答え続ける侑市さんですが、むしろ日に日に尚に未練が増している様子。今度こそまともで美人な女医さんとお見合いしても、尚を思い出してばかり。あの時は互いに血液検査を持ち寄り、初デートで早速寝て相性を確認してましたっけ。今回もお相手の希望は同様なのに、侑市はごまかしてばかりで……尚に会いたくて、真司と同棲中のアパート近くで待ちぼうけるという高校生みたいなことまで!
恥をしのんで『君じゃなきゃダメだ』と告白するも、尚は尚で間宮真司じゃなきゃダメなんですと、改めてまた振られてしまいます。イケメンで長身で医者で金持ちなのに、報われない侑市さん可哀想。 そしてね、共に生きたいのは間宮真司、という尚の言葉は当の真司にこそ聞かせなきゃだったのにねえ。

突然「別れよう」と言い出す真司orz

マイナスな理由は山ほどあるので「やっぱり無理」と言われたら、母親などは真司を罵倒しつつも引き下がるしかないのですが。当の尚は納得がいかず会おうとするうち、アパートは引き払われ、多分仕事も替えて真司は行方知れずに。えー。
<9ヶ月経過>
主治医には破局を告げず、私生活を問われても語らないまま、身なりは乱れ家に引きこもり鬱に陥った尚は……。死も考える状態で、ふと立ち寄った本屋で平積みのベストセラーをみつけるのです。

間宮真司著「脳みそとアップルパイ」

え、ちょ、たった9ヶ月で出版されてるのみならず、もう売れているですって?侑市母まで読んでいるとは相当な流行ですよ! 記憶を失う女性と、小説家と、医者の三角関係の話で
「医者が嫌な奴なのよ~」
それ、息子さんですからw(この親子の様子から、やっぱり侑市まだ独り身とわかるの上手いですよねw)

小説では、彼女の運命の相手は僕じゃなかったと小説家は身を引いてラスト。そうすれば侑市と尚がよりをもどしてめでたしめでたし、だと思ったんでしょうけどねえ。そう上手くことが運ぶなら、そもそもドタキャンしてないしw 侑市母は病人の嫁は認めませんって。

売れっ子小説家となった真司の横に、嬉しげな担当編集者(木南晴夏)さては尚と再会するまでにこっちと深い仲に?とハラハラしましたが。何事も仕事の早い侑市のおかげですぐ再会できてホッとしました。

回り道したけれど、今度こそ離れないと結婚を決めた尚と真司。
引越し屋の先輩がイケボで神父役を務め、居酒屋の店長まで参列しw 「相手を忘れても」と、愛を誓うのでした。よかったよー。
そして皆の前で、病気について健気に語る尚。なんと侑市さんも『私たちを引き合わせた人』として招待されていたそうですが、お仕事で欠席。う、うん。忙しくなくても参列はしたくないよね(^^;;;)
末長く幸せに暮らして欲しいのですが、あんな小説のまんまモデルな女性と結婚したと世間にばれたら、じゃあ恋敵の医者はこいつかと特定余裕なのでは! そして特定されたら恋愛小説でなくノンフィクション書いた感。小説としての評価は変わってしまうのでは?

さて、どんな新婚生活になるのか。家中メモだらけに? (身体にも書き出したら忘却探偵「掟上今日子の備忘録」にw)

「大恋愛」2、3 ☆☆☆

続きは気になれど、辛くなりそうでどうしても後回しな病気もの。5話で一区切りついて6話から第2部へ……てな風の噂に慌てて2話3話観てみましたよ。

尚の検査結果が完全に黒。
お医者さんですよ、知性の高さ記憶力の良さを誇って生きてきたでしょうに、それが足元から崩れていく。どんな恐怖かと思います……。しかし逆に、婚約破棄がスムーズにいったのは病気のおかげw 好きな男が他に、だなんて本来は完全に尚が有責で賠償要求されるケースでしょうに、病気が理由なら角が立ちませんからねぇ。
実際、挙式前に分かって良かったわ、と母君。さあ次!と見合いを3件持ち込まれ1日で済ませたい侑市さん。ランチ、お茶、遅めの夕食とトリプルヘッダーで挑むのですが、ここで3件とも難ありなのはどうしたことでしょう(^^;;;;) 『可哀想』と鹿肉を食べられない女、霊感ぽっちゃり、声の小さいインスタ女子(しかも阿佐ヶ谷姉妹w) クスッと笑えて気は晴れましたけど、本来は
『こんなに申し分ない相手といながら、思い出すのは尚ばかり』
であるべき場面じゃないのかとw

そうとは知らないシンジと尚は、楽しい同棲を始めながらも生活レベルの違いに戸惑い(もっといい家で快適に過ごしたい尚、とても払えないので『外で執筆』と嘘ついてシフト3倍に増やすシンジ)、待ち合わせには現れず(無かったことにするシンジ、記憶抜けに自分から気づき落ち込む尚) 
2話では別れてくれと手切れ金まで置いていった尚母でしたのに、3話病気を知った上で一緒にいるという二人には同居を勧める割り切りっぷりです そういえば手切れ金は返せたんでしょうかw  で、尚は新居がいい派ですが、実際内覧をすっぽかす状態で引越しなど環境を激変させていいものか。悩んだシンジは主治医に……元婚約者に相談に行くのですが。
守秘義務を盾に、何一つ答えてくれない主治医侑市。
そもそも患者家族と話すのに、診察室かそれ用の小部屋か、廊下で立ち話なんて扱いがおかしいでしょう。尚に未練の募る侑市にしたらシンジは喧嘩売りに来たも同然で、彼の風采の上がらなさは納得いかないんでしょうねえ。 未入籍、内縁者にもあたらないと冷遇し、『なぜ俺じゃなくてこいつなのか』という鬱憤をぶつけたようですが…それって正式な夫になられちゃうだけなのでは。

そのうち、無茶な仕事で身体を壊し倒れてしまうシンジ。搬送先の病院に駆けつけて詫びた尚は、シンジに抱きつきながら
「侑市さん」
と……!!こ、これはダメー!『捨てられてた神社』の名前は忘れていいから、「砂にまみれたアンジェリカ」の作者を間違えたらダメー!

病気のせいとはいえ、シンジの心が折れてしまったんじゃないかと、また4話を見るのが怖くなったじゃないですか(><)

サンドウイッチマン富澤、好演。彼が出てくるとホッとします。 

「大恋愛 僕を忘れる君と」1 ☆☆☆

うーん、性に奔放な戸田恵梨香にハラハラ。その相手がムロツヨシってまたチャレンジャーですが、時を忘れて話し込める人だと言われたら応援せざるを得まい!

結婚を前にに新居に引越した女医の北澤尚(戸田恵梨香)
その引越しスタッフの一人シンジ(ムロツヨシ)が気になり、食事をする機会もあって連絡先を交換しあうことに。もちろん結婚が近いとお互いわかってもいて、シンジはたしなめ気味なのに何故か尚からぐいぐい来るんですよ……。誘ってる風味、この女誰彼こうなの?マリッジブルーなの?
要所要所には、マイナー愛読書「砂にまみれたアンジェリカ」の文章を暗記していて引用する尚。これでシンジがその本の作者間宮真司だなんてまさかの偶然なのですが、チラチラ見切れる帯の著者近影が若き日の彼だしw 著者近影は覚えるほどみつめなかったのか、くたびれた現在が違いすぎるのか。さっぱり気づかない尚に、ついにシンジから打ち明けるともう、運命だったんだと職場に来るわ家に来るわ抱かれるわ。一気呵成に、むしろシンジが押し倒されてますよねえ……。
そして翌朝には、婚約者侑市(松岡昌宏)に破談を告げる決心。ずるずる不倫をするつもりでも、挙式までの遊びでないことにも好感はもてますけど、潔いなあ(^^;;;;) 連日外泊で親にも即バレ。母親(草刈民代)は勿論、シンジも落ち着け考え直せと、打ち明けられた侑市だって式までに思い直してくれたら目をつぶるよと言ってくれてるというのにねえ。
そんな暴走恋愛の間にも、ちょこちょこ変なド忘れをする尚。
その日も、居場所を見失ったかのような挙動不審で走り出し事故にあい……救急のMRI画像は問題ないと診断されますが、居合わせた侑市←若年性アルツハイマー専門医の目には『初期認知症』に見えるのです。そして、画像の名前『キタザワ ナオ』に声を失うのですが……。

いやー、ムロツヨシでキスだ、事後に裸でベッドだを見る日が来ようとは思いませんでしたよ! でも明らかに貧しくて「女医は金持ってんな」と口にしながらも卑屈ではない男に、確かに似合うわムロツヨシ(「ぼくらは奇跡でできている」の歯医者さんもこういうのと出会えばいいわけでしょ)
しかし施設育ちで、アップルパイも食べたことないくせに何故にアンジェリカをヒロインに小説書いちゃったのかw 異世界転生ものよりは身近とはいえw
あとアート引越しセンターの上司にサンドウイッチマン富澤w ナイスw

さておき尚との出会いで、休んでいた筆を再びとったらしいシンジ。これからどんどん尚が記憶を無くし、シンジの顔がわからなくなってもアンジェリカのセリフは言えるんでしょうねえ……。シンジより半年かそこら早く出会っただけ、見合いでサクッと決めた侑市のことなんて、シンジよりもっと早く忘れてしまうことでしょう。でも若年性アルツハイマーの研究家として侑市は関わり続けてくれるのでしょうか。
焦がれた間宮真司の新作を、尚はきちんと読むことが出来るのかしら……。

さあ泣け、といわんばかりのお膳立て。そこをムロツヨシの愛嬌で悲壮にしすぎないのが狙いかな……あとはこちらが、泣きたい気持ちで見続けるかどうかです。さて。


「東京センチメンタル」1 ☆☆

おまえもか、な深夜の飯ドラマ。
ただしメインは惚れっぽい×3オヤジと毎回違うマドンナのデートで、そのついでに町の大人デートスポットをご紹介、みたいな?

1話の今回は、亡き親友の妻と禁断の恋か、in浅草w

今は和菓子屋の主人である卓ちゃん(吉田鋼太郎)も大学時代はバンド活動に精を出し、親友と同じ女に惚れたりしてたそうで。そして自分を振って親友を選んだ女性(草刈民代)が、親友の死から幾年「もうそろそろいいよね…」と新しい恋に踏み出しつつあると知り「俺のことかー!」と早合点で喜んじゃう卓ちゃんw ×3になるほど失恋を引きずった相手がついに想いに応えてくれるとか、そりゃ嬉しいでしょうけども、全視聴者が10秒で察した様に、新しい恋の相手は別の男ですからw 「話がある」って告白じゃなくて、その別の男に合わせたいってことでしたからー。
「植物男子ベランダー」といい、オヤジってどうしてこうかと呆れつつも可愛いですね。

浅草寺周りや矢切の渡し、寅さんあるあるな野球場の風景はなかなか楽しかったです。職人姿の卓ちゃんと、スーツ&コート&ハットさらに一眼レフのよそゆき姿のギャップも堪能。2話では別のマドンナと別の町でデートなのね、きっと。
そうそう、和菓子屋のしっかり者バイトに高畑充希、近所の美容院に片桐仁、蕎麦屋に小栗旬と脇役が何気に豪華です。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ