ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

草なぎ剛

「嘘の戦争」1 ☆☆☆

続編じゃないのね。
あの草なぎ剛が詐欺が似合う役者になるとは、思えば遠くにきたもんだ。親の仇二人組のうち1人をまず破滅させ、もう1人に取り入るまでを一気に描いた初回スペシャル、長くて辛かったですけど見応えありました。

医師だった父の一家心中から生き残り、30年たった今も悪夢にうなされ続ける陽一(草なぎ剛)
実は彼は二人組の真犯人を目撃したのだが、少年の証言は『嘘』だと恫喝され続け、ついに屈して『父がやりました』と言ってしまった。その『嘘』を悔やみ、「俺は嘘は嫌いだ」と折に触れ語りながらも、詐欺師として嘘で稼ぐ日々だったが……。忘れもしないあざを持つ犯人五十嵐(甲本雅裕)との再会が彼を復讐に駆り立てる。

この『嘘』というキーワードがいいですよね。正直一家惨殺って特殊すぎ、どれ程辛くてどれ程許せないことかは、想像するしかないじゃないですか。でもその心の傷を広げる嘘つき呼ばわりや、無理強いの理不尽な悔しさは身近に理解できるのでは。

そんなわけで
☆親の仇1 五十嵐に接触。
実行犯が現在医者なことにも驚きましたが、陽一が真正面から乗り込んで名乗り、お前が犯人だ!とやらかしたのにはもっとびっくり、認めるわけないよねw もちろん算段通り、慌てて共犯者に連絡する五十嵐を盗聴して仇2が業界の大物二科(市村正親)だとつきとめるのでした。
その二科が、生き残った息子<千葉陽一>の動向をネットで調べるとなんと、同姓同名、同生年月日で子供時代の写真は陽一のものな男が嬉々として海外で農業に励むブログにヒットw 日本で脅迫なんかしないだろと信用されず、孤立する五十嵐を陽一が追い込みます。
偽名<一ノ瀬浩一>がハーバード卒でタイやNYにも支店をもつ企業コンサルタントですという、詐欺用SNSはありがちですが、その傍ら本名アカウントでは別人を自分にすりかえておくとは。SNSってこういう使い方もありかと目からウロコでした。

☆女医:二科の娘(山本美月)に近づく為にわざと怪我。
自転車との接触事故。状況説明が不自然と指摘されると、自分の嘘をちょっと認め『実は相手が知り合いで……』とちょっと本当のことも混ぜてくる。『元カノと別れ話がこじれたんで、言うのが恥ずかしくてw』なるほど嘘はこうやってつくと騙せちゃうんですね。元カノじゃなく詐欺仲間(水原希子)なのにね。


☆二科長男にSNSで接近。
SNS見てます~と声をかけ、儲け話を紹介したらあっという間に信用するとか、長男(安田顕)チョロすぎでしょw その弟(藤木直人)は、ハーバード卒業名簿で一ノ瀬浩一を確認し名刺のNY支店に電話をかけてみるしっかり者……というか通常の確認をきちんとする男。日本から慌てて飛んだ仲間が無事にその電話をとって、首の皮一枚でなんとか疑惑をやりすごします。

☆そして迎えた二科の誕生パーティ。
全てを失い酔いどれてる五十嵐をあやつり、パーティに連れ込むことに成功。二科を狙う刃物の先に飛び出し<かばって代わりに刺された>ていの陽一/浩一は……さあこれで二科の信用を得ることができるのか?ダメだったら刺され損ですよねw
会場に医者もいて応急処置は万全でしょうが、プールに落ちたりして、刺し傷より感染症が心配です。そうだ、それと保険証w

登場人物にみんな漢数字がついていて、役名確認するのが楽しいwですね。


「銭の戦争」~最終回 ☆☆☆

川に向かって投げないんだ。不思議。

そういえば顧客データも池じゃなく茂みに向かって投げて拾われてましたが。原作通りなのだとしたら、韓国には『水に流す(=清める)』という考え方がないのかしらん。父親が自死に使ったカードの破片を投げ捨てた場面のことです。血もこびりついたままずっと(裸で!)持ってたことにもびっくりしたけど、その辺に投げちゃってもっとびっくり。危険物……! (池や川にもゴミ捨てちゃダメですけどね)

川に流さないなら、手向けた花に添えて置いて欲しかったかな。


そんなわけで、後半の主役は隠し部屋の20億円どーん。

それを探したり盗んだり戻したり脱税金として発見させたり。ハラハラドキドキで飽きずに見ていられました。
特に、恋愛ドラマ家庭ドラマからリタイアしまくりの主人が最後まで楽しめたのがこれ。非日常で誰も責められてる気にならないところがいいのかも……借金がなければw 

牢屋でもかっこいい赤松や、最後見事にグループ総裁としてデビューした元カノちゃんや悪役おばあちゃん、娘を助けに駆けつけた未央パパもキャラ立っていて良かったです。

その分、主役の富生と未央が地味でしたけどw だからこそ負けそうで応援したくなるのかな。

(富生母と弟は…いなくても良かったかもなあ)


ただ、雑に便利に使われている未央のお友達は心配。当初の美容院のサクラぐらいならまだしも、最後は20億円の運び屋ですよ!ヤクザがちゃんと調べて未央をさらってくれたからいいようなものの。何がどうなって、何も知らず富生に恩義もないお友達が代わりになっちゃったり現場を押さえられてボッコボコにされる可能性だってあったはずでしょう~w このポジションは、富生に恩ある人にしておいて欲しかったかな

 

まあとにかく、鬼になりきれなかったことで法的には逆に救われた富生。


最後に未央を抱きしめて風にさらわれたように消え、どこかで金の匂いを嗅ぎながら…のエンドってちょっとイヤンw 赤松2世じゃんw

いつか、未央の足元にコロコロっと500円が転がってきて…ってな風に再会してくれるといいな。

「銭の戦争」2 ☆☆

ついに青空テント生活。携帯も引き落としできずにつながらず、再就職がパーになりましたorz


そこは、居住権てあるんだから再就職が決まるまでは豪華マンションに居座るとか、命綱として携帯代の口座の金ぐらいチェックしておくとかするべきだったよね。

弟がまた偉そうに「兄さんは金の亡者だ」とかぬかしてますけど、その亡者さんが何千万円も払ってくれたからマグロ漁船に売り飛ばされてないの、何故わからないのかな。自分がもう少しバカじゃなきゃ、倒産前に手も打てたかもしれないのに何を言うんだか(弟は学生継続?大学院やめて働くとかないのか?)

夢枕に立つ父にも、テント訪ねてくる婚約者にも腹が立つ。


救いなのは主人公は負けん気でやる気なこと。金貸しになろうと大先輩(津川雅彦)に弟子入り志願してついてまわります。

定食屋で食い逃げしたり皿洗ったり得意の経理を見たりしながら、まずは試験合格で、本格的に金貸し業を学ぶことになるのでした

(うちのマンションローンは元本から先にガツガツ払ってるよー、金利だけ返すのって楽だけど損なのは常識だよねえ)


で、恩師コンノ先生(大杉漣)から取り立てることに。あ、それはちょっと面白くなりそうかも。

「銭の戦争」1 ☆☆

エリートリーマン転落物語。


他人の不幸は蜜の味?ってことで、実家工場の倒産を契機に主人公(草なぎ剛)が貯金も職も婚約者も失っていく初回2時間spは飽きずに見ていられました。

でもだからって来週も見たいかというとどうかなあ。登場人物に魅力を感じません。


主人公実家の経営状態に興味なさすぎw

これが就職したて自立したての20代前半なら、自分のことに必死だったり親は全能だとまだ思ってるの分かりますけど、実際はアラフォーでしょ?しーかーも連帯保証人!

その立場なら帳簿ぐらい見ようよ。

院生弟も「俺は相談にのってた」じゃないよ、兄に電話しようよ

父も「息子に迷惑かけたくない」じゃないよ、倒産失踪自殺って迷惑最上級でしょ。報告連絡相談のホウレンソウだよ。高金利で借金するより息子に集る方がマシマシ


婚約者(木村文乃)は財政界の大物の孫。

なのに大事な孫の恋人をリサーチしなかったのか、したのに実家の経営危機に気づけなかったの?
当の恋人も、実際にどれだけの窮地か把握もせずに3000万円足りないって人に小遣い銭持って行っちゃそりゃ無表情にもなろうというものですよ。ていうか、もっと早くに取立屋対策のできるプロを紹介してやればよかったんじゃないの? 

応援したい人がいません。


草なぎくんの実家が工場とあっちゃ嫌でも思い出す「恋に落ちたら~僕の成功の秘密~」は迷走ドラマだったけれど、少なくとも1話の島男はキラキラしてたのにね。

途中で帝国金融の桑田&灰原(中居くんw)が通りましたし、懐かし「ナニワ金融道」ぐらい膝を叩きたくなるような詐欺にでも引っかかっての倒産にしてくれたらよかったのに。

ただただ知らず、知らせず、払ったけど足りないよーじゃ、ねえ。


葬式で切った啖呵を実現させて、札束を積み上げるぐらい儲けたとしても、あんなおバカさん達じゃまた無くすだけなのでは…。


それと後輩に借金を頼んだ時のゲロ食え場面。

トライするほど追い詰められてた…としても、描き方を工夫しましょうよ。キラキラ光って飛び散ってた「あしたのジョー2」が懐かしいです


「独身貴族」1 ☆☆

切腹=結婚w


1人が気楽なのも、相手の話題に時に興味がないのも男女お互い様なのにね。

デートは面倒だと語り続ける主人公(草なぎ剛)。

恋愛した事なさそうですよね。こんな奴がプロデュースする映画、つまらなさそう…。いっそゲイな方が理解できるかもw

で、弟(伊藤英明)はヤマァタのオローチで女連れ込み放題、1人は愛せない体質と。やっぱりこっちも隠れゲイなんちゃうんw
ていうか兄弟に見えなさ過ぎて。
同じ会社から、別々の車に乗って同じ部屋に帰宅したところで、世を忍ぶホモカップルだと思ったうちの旦那みたいな視聴者もいるんでしょう(「兄貴」って呼んでるんだけどね) 


そんな2人とヒロイン北川景子が出会うのが、企画締め切りの前日。脚本家に裏切られホンがない、ああここに完成したホンがあったらなー。あ、あった←失笑。


しかも田舎に帰る夜行バスに乗ったところで連絡の電話がーって、そこでハラハラしてほしいんですか?むしろ微妙に遅いせいでバスを止めなきゃならなくて、迷惑でイライラするw どうせご都合主義でいくなら、書類の山が崩れてヒロインの原稿だけがひらひら~ぐらいの大げさなミラクルしてみろってんです。ステップに片足乗せるタイミングでぴったり電話かけてこいってんです。

ピカピカに片付いた机の上に不自然な封筒一つだけ置いてあるのにいつまでもほったらかしってさー。


いちおう社長な主人公ですが、金持ちの叔母&亡父のおかげでさせてもらってる社長業、別にらつ腕なわけでもなさそうで、優雅生活はいつまで続くのやら。


金持ち独身男を単品で描くなら、名作「結婚しない男」がもうありましたから。独自性を出そうとヒロインの脚本家ドリーム達成をのっけてきたのでしょうけど、それなら結婚観で始めずに映画界を描けばいいわけで、どっちつかずの感じです。

最後、ヒロインの脚本を大物作家名義で披露したのがサプライズ。嵐の予感は充分ですが、どうせそこから恋愛になるかと思うと、うーん。

デヴィ夫人の金持ち叔母役はナイス配役でしたw 

「冬のサクラ」最終回☆☆☆

淡々と終了。最後までプラトニックという枯れたドラマでした。桜は咲いたけど(^^;;; )
 

刺したのはやっぱり愛人(白羽ゆり)でした、可哀想に。悪役だった院長も、輸血後はイキナリ回復イキナリ改心。
そうなると主人公とヒロインの同居が我が侭に見えてしまってなんだかなー。娘の琴ちゃんが気にしてないのがまだ救いではありましたが、お許しがでるのはもうちょっと間際でもよかったのでは。

その輸血で度肝を抜かれたのは、院長とハジメちゃんとの兄弟疑惑!!確かに、タスクとは異父兄弟という伏線はありましたが、今さら?そして誰も確認も否定もせずに、さらっとスルー??
先代院長が秋田の人だった、という情報は完全に後出しじゃないですか。それとも、1話での院長の妻捕獲、田舎道にいきなり出現したのは、秋田に土地勘があったという伏線だったのでしょうか(笑)お義母さまも前半のクソババアから豹変でしたよね。

その辺の適当さが残念ではありましたが、結局は1クール楽しく見られました。
控えめで美しい萌奈美さん。彼女が今井美樹だったことがまずすばらしかったし、最後をプロポーズでしめてくれた佐藤健と加藤ローサの爽やかさがナイスでしたね!と、相変わらず配役でドラマを見る私。
週末は「東京フレンドパーク」とか番宣のバラエティを山ほどみてしまいましたw

 

人気ブログランキングへ

「冬のサクラ」 〜#8☆☆☆

ワクワクみてます。
実はホラーや猟奇犯罪が売りの「美しい隣人」「LADY」よりも、この「冬のサクラ」の方が怖いですよね。夫(高嶋弟)が(笑)

開始前は、草なぎ君の不倫ものか〜と期待薄だったのですが、始まれば景色が美しく。特に感想は書いてませんでしたが楽しく見ていました。人妻今井美樹と職人草なぎ君は今だ愛を語るでなく手を握るでなく、何これずっとプラトニックなの??と変なところでヤキモキさせられています。
そして、愛人持ちで妻が浮気してくれたら渡りに船かと思われた病院長の旦那は、回を追う度に若い愛人なんかより妻だ妻妻と妄執を増してストーカーに。その息子大事、病院大事だったクソ姑(江波杏子)も、まさかの息子の暴走には呆然で、まともな人だった様です(笑)この辺、最初から計算していたんでしょうか。それともストーカー旦那が人気(?)で後押しされたのでしょうか。

予告編では、自分のメスで刺されたらしい旦那が倒れていました。ま、まさかタスクさんが?それとも、一番可哀想な事になっている愛人さん(白羽ゆり)に刺されますかね。

前述のプラトニックに加えて、主人公の弟(タケルくん)と恋人(加藤ローサ)が爽やかな事も、ドラマをドロドロの手前で踏ん張らせていますw
今井美樹の娘役も、幼顔で可愛いのだ(森迫永依だった!大きくなった!!)最後は、タスクが元の村で元の生活に戻って、毎年雪の中桜を見に行くのかなあ。
「青い鳥」みたいに娘と結ばれたりしていませんようにw

「冬のサクラ」1☆☆☆

まだ恋はつぼみ。

記憶喪失の女性に仮の宿を提供しただけで、いい大人同士がいきなりどうこうならないよねー。でも雪景色も今井美樹の笑顔も美しく、静かな大人のラブストーリーの予感。ぐいぐい引き込まれていく初回でした。
……終盤の、脳に病気云々までは。
そして主人公の弟(佐藤健)と、記憶喪失だった女性の夫(高嶋政伸)が広い広い東京で同じ病院勤務だとか妙な偶然でラストになるまでは!!まったく、世界狭すぎー!!
いやいや、『冬に咲く桜』の話を彼女が夫づてに聞いたのなら、そして夫は職場の噂で聞いたのなら伏線になるのかな←冒頭、見逃したあたりでこの辺解説あったならすみません。

母の介護を淡々とこなす、疲れた主人公@草なぎ君がくたびれながらも穏やかで素敵に描かれていて印象的でした。
都会では負け犬かもしれないけど、旅行先の田舎で出会うならまさに、『この人とこんな静かな暮らしが出来たら』と、違う人生を思い描きたくなる感じ?
怪我しても記憶が無くても、男作って出て行っても(←コレは介護されていたお母さん)、記憶取り戻して出て行っても、ずっと待っていてくれそうな人……って、「幸せの黄色いハンカチ」みたい(笑)
でも来週は、その男が東京に追いかけてくるんだよね。いきなり『スキー場でかっこ良かった人と都会で会ったらがっかり』的な再会になりそうである意味楽しみかも(笑)

いったいどこから恋愛にシフトするんでしょう??今井美樹の夫は、愛人がいてマザコン。DVの匂いもぷんぷんしましたから、救いを求めて、かなー。

山崎樹範くんが、気のいい駐在さんで出演なのも嬉しいです。

人気ブログランキングへ

「99年の愛 Japanese Americans」第1夜☆☆

2時間ドラマを5日連続とか、どんな暇人がみるんですか企画。女子バレーが面白かったおかげで、つい続けてみてしまいました(録画したら重荷になる気がするので、以降も視聴続行するならリアルタイムでと決意)

いやあ、面白いです。大筋は。
食い詰めて移民するも、働き者故に邪魔にされる日系人、故郷の仕送りを優先し家も持てずに流れ歩く主人公。
100年前のアメリカで生きていく移民の生活は実に興味深かったです。しーかーしー構成がメンドクサ(><)

現代から回想する形で、時々過去話が途切れて現代に戻るだけでもつまんないのに、よりによって子供の語り。
「その頃はね、○○だったんだよ」
とか上から口調でイライラ。
「じゃあ××は?」
と別の子供が聞くのもまたイライラ。もっと詳しいだろう老人達が周りにいるから余計気になるんですよね。子供だけで別室でこの話に出来なかったのかなー。
ほとんど初めて見る橋田壽賀子ドラマなもので、なんでもかんでも語り尽くす説明調の台詞にびっくりでした。これが噂の。

で、写真花嫁イモトアヤコと草なぎ君の、働き者家族。(イモトがいい!!)
アメリカ国籍の息子(=土地が所有できる)が生まれ、やっと自分たちの農場を持ったというのに日本人故に嫌がらせを受け……でも温かく接してくれるアメリカ人もいましたよ、というところで1日目終了。

どこまでも続く広い広い空と大地。よくもこんなところに入植したものです。
これから戦争で、ジャップ呼ばわりどころかもっともっと嫌なことになるんでしょうね……。

人気ブログランキングへ

「任侠ヘルパー」〜最終回 ☆☆☆

このドラマで最後泣いてしまうと思いませんでした(;;)

「今日は忘れちゃってるみたい」
と、母の病気を受け入れてる涼太も健気でしたが、
「ここは全面禁煙よ」
と一瞬、社長さんだった当時に戻って煙草を取りあげる笑顔の羽鳥さんと、彼女を見つめ返す彦一に、もう!!
はっきり何があったわけでもない2人なのに。もしあっても(だって、封鎖前日、部屋に勝手に入れた仲だし)忘れられてしまっているのに。出所後一番に会いに来た彦一の気持ち、切ないです(><)

それを言ったら、突然のキスも(びっくりしたよー!!)、何を求めるわけでもないリコ組長の気持ち。

介護とは何か。どうしたらいいのか。
そこに正解はない、でもあきらめない、という姿勢を行政・福祉に向けて描いたように、登場人物達も人生に正解はないまま、もがき続けているところで終わったことで、とても心に残る最終回になりました。

エリートヤクザ六車さんが施設運営に乗り出すのは予想がついたし、本人も折り合いがついていそうですが。リコちゃんの幹部昇進は、本人も望んだ様な望まなかった様な。彦一がなってくれていたら、リコはヤクザを辞めて(その場合小指は無事なのー??)グレープフルーツハイを片手にガールズトークする生活も選べたかもしれなかったのにね。
そして彦一はこれからどうして行くんでしょう。再開する(?)タイヨウで働いたりするんでしょうか。その頃には、涼太くん父(陣内孝則)の働きかけで、国の支援制度が変わってきたりするんでしょうか。
正直青年漫画チックに突飛な設定で、毎回刺青がばれた詐欺を捕まえたのなんの、主人公がヤクザなこと前提、彼の成長=出世の方向でエンターテイメントに進むんだと思っていましたので。こんなに真っ向から老人問題を描くとも、最後にヤクザを放り出すとも思っていませんでしたよ。

前回での彦一と所長さんの会話。
「ヘルパーが我慢すればそれでいいのか」
「だって目の前に利用者さんが居るから」
云々は、本当は「救命病棟24時」が描きたかったことだったんじゃないかとまで思いました(あちらは医者、資格が尊敬され高給や好待遇も期待できるので逆に、もっと立場が不安定なヘルパーよりも、我慢して当たり前と思われてしまうのかもしれませんが)

さておき、不機嫌で乱暴者な草なぎヤクザくんが、こんなに魅力的だったことにもびっくりでした。跳び蹴り堪能(笑)
夏川さんも気丈に美しかったですー。
でも一番の功労者は可愛い可愛い涼太くんでしたよねー♪ 最後、飲み物を運んできて豪快にこけてましたけど、大丈夫だったんでしょうか。

「任侠ヘルパー」9 ☆☆☆

監視役、来たー!!
先輩ヘルパー零次さんの名前をみて、あれ?と思っていたんですよー。ヤクザな面々はみな、名前に数字が入っていますから、この人も数字入りということは??って。内緒にしてなきゃ監視にならない、確かに。ここぞというところでビシッとキック決めてくれました(><)

楽しいよりは、気が重いことの方が多くて感想の描きにくいこのドラマ。でもずっとみていますです。
敵方の親分(竜雷太)が入園して来たのは、ヤクザヘルパーがいると知った部下がわざと標的にさせるためでしたよ。刃傷沙汰になって、抗争の引き金になればいい、いっそそれで死んでくれたら都合がいい??
まんまと引っかかったリコ組長とバカ息子でしたが……。

普段からやたら言葉遣いは悪い、素行も悪い。乱暴者だってことは分かってたじゃないですかー。それでも、きちんとお仕事はする、優しいところもある人達だって知ってたはずなのに、ただ写真送ってきて喧嘩してたらショックなんですか?
(ドラマの視聴者的には、あの写真が欲しいです 笑)

とかとか、そんなことを吹き飛ばす、最後の羽鳥元社長の一言。
「坊や、迷子なの?」
それはあなたの息子さんです(><)

もう育ってオヤジになっちゃった息子が分からないのならともかくも。まだまだ可愛い盛りのボクなのに。自分が子供を産んだことそのものを、忘れてしまう瞬間があるのでしょうか……楽しい楽しい遊園地で。哀しすぎます。

「任侠ヘルパー」4,5 ☆☆☆

倒れるハートフルバード会長。
……を、思わず彦一が支える場に出くわして、抱擁と勘違いして隠れるメイサちゃん可愛い(笑)
確かにあの夏川結衣と30代男性なら、色恋だってあり得なくもないですよね。
で、なんの病気かと思いきや。若年性痴呆症??それが介護ビジネスに乗り出した動機だったのでしょうか。

ヤクザだの詐欺師だの、生き別れの母と再会だの、大騒ぎな要素を入れなくてもそれだけで立派に切ないドラマになる要素だと思ったのですが(「87%」みたいに?)まず視聴者を引きつける看板として、任侠+ヘルパーのインパクトが必要な仕掛けも分かるような。うーん。

最後にどう着地するのかが見えて来ないなりに楽しく見ています。

「任侠ヘルパー」3☆☆☆

うわー、介護虐待(><)

このおばあちゃん、そんなに認知症でダメダメな様にはみえません。
”ヘルパーはいつまでもいてくれない、やっぱり家族”
と語る時なんて、とってもしっかりしているし。…・でも、同じ人が次の瞬間には火の不始末や粗相をするから、たまらないのが認知症でもあるわけですよね。晩年徘徊してた亡き祖父も、空襲の幻で暴れてる時と、普通に話している時は別人でしたっけ。

さておき、おばあちゃんは虐待を認めずに孫(忍成修吾)をかばうんだけれども、ハイそうですかと引き下がらないのが任侠ヘルパー。
なんと押し入れに隠れたメイサ組長、現場を押さえて孫と乱闘です(^^;;;;)

またその孫が、ヤクの素人売人でヤクザに捕まって!
現れた組長が女で、美人で、この前自宅で殴ったヘルパーさんだったことに、もっと驚けー!!
本当なら消されちゃうところを警察沙汰にしてもらったのも、おばあちゃんのためなんだから、もっと喜べー!!

ある意味別天地な介護施設と、老人を取り巻く現実の世界が犯罪で接点を持つとき。「ヘルパー刑事」より「任侠ヘルパー」の方が確かに個人の裁量が効きそうです(^^;;;;) 
消えた孫を捜すおばあちゃんには恨まれ、痴呆の症状も進み、全て丸くは治まらないのだけど。

仲里衣紗ちゃんは彦一が気になるみたい。確かに、いざというときガツンと対処、頼りになるいい男に見えますよねー。でも背中に桜しょってることを知ったら?

そして、組を継げと言われて困る女子高生の話はカ・イ・カ・ン、だったけど。
「継ぐな、普通に暮らせ」
と言われたのに襲名し、女だから苦労しているらしいメイサ組長。何故にわざわざ火中の栗を拾うのか。割れた写真立てといい。もっと過去話もありそうで楽しみ。

「任侠ヘルパー」2 ☆☆☆

駅からはタクシー乗ろうよ。

そりゃあ、家族のいない家にヘルパーが客を上げたうえに、目前で清拭を始めちゃうというアリエナイ状況と同様に、ドラマ的演出なのは分かってるんですが。でも見栄をはりたい人なら、ヨロヨロ歩くより懐痛めて車呼ぶよねー。

さておき、介護施設でオムツという、何とも気の滅入る題材を扱いながらもちゃんとエンターテイメント。
悪いクサナギ君、かっこいいです!
海のそばという設定も、何かと便利にアクセント。
おじいさん(津川雅彦)を投げ飛ばしたのには驚きましたけど(骨折でもしたらどうするのー)、さすが受け身は完璧? 弱気の虫を吹き飛ばしプライドを回復する助けになりました!!
2人で倒れて笑いあってる様子は、まるで学園ものです(^^;;;; )

その上で、おむつを受け入れるおじいさん。心の余裕が出来たということかしら。
…・じゃあ転院の必要はなかった?と思いきや。来年の柔道大会を目指してもっとリハビリが盛んなところを選んだのなら、双方にとって良かったということですか。

子供のイジメもね。
イジメてた子供達を叱らずに、やられっぱなしの舎弟の方をコツンと叱る彦一アニキ。自分で立ち向かって行かなくちゃならないんですよね。

仲里衣紗ちゃんの私服にびっくり、なんじゃあのサロペット!!はみ出してるよー素敵

「任侠ヘルパー」1 ☆☆☆

うわあ、腹黒いよクサナギくん(^^;;;)
シロウトさんには手を出さない”極道”ならまだしも、オレオレ詐欺で稼いでるんじゃただのチンピラ。入れ墨背負って、金鎖。煙草も吸いまくりですよ!!
元から顔の造りが怖いのに、8割方悪い顔して言葉遣いも悪いこのドラマ、がらっとイメチェンだったのでしょうか(図らずも、ドラマ以前に”イイヒト”脱皮済みになっちゃいましたが)
……カッコイイ!

ヤクザもビジネスを考える時代??
幹部候補が6人、老人介護施設に連れてこられてヘルパー修行でドラマが始まります。……果たしてここに、上層部の深い企みがあるのか、本当にビジネスチャンスなのか??

徘徊や下の世話、噛み合わない会話。老いの現実は辛いです。
しっかし日頃から老人を食いものにしてた主人公には、惚けた……もとい認知症のお年寄りは即ネギしょった鴨。息子と間違われたのをいいことに小遣い銭を巻き上げ、他の入居者からも個人情報をかき集め……ちょっと早く誰か気がついて止めてよー!!

でも実の息子の無関心には腹を立てるし、”ばあさん”が他のヤクザに絡まれれば結局守ってしまう主人公。
優しいというよりは、身勝手な行動ではあるのですが(そもそも、おばあさんの怪我も徘徊も原因は彦一なんだしー)根っからのワルじゃないのかも……と思わせてくれて1話は終了。

主人公彦一(クサナギ)、二本橋(宇梶)、四方木(黒木メイサ)と、6人みんな名前に数字が入るのが分かり易くて笑えました(^^;;;)
それといい、ヤクザと介護の吃驚な組み合わせといい、青年誌マンガ原作なんだとばかり思っていました。オリジナルらしくてびっくりです!

おばあさんが包丁を持ち出したりして、実は一触即発、コンビニ君が刺されていたかもしれなかったのですが、その辺は無かったことになった模様……。
巻き上げた以上のお金を返したからいいの??さてはて。

ヘルパー仲里衣紗のほんわかと、ヤクザメイサの鋭さ、なんとかバード夏川結衣の怪しさ。女優陣もいい味出してます。
入れ墨で花見とか(^^;;;;)、それをみちゃった小学生与六くんの変顔カワイー!とか。ちょっと面白いところもあって、ホッと一息つけました。

更に! じゃすみん的にキャーだったのが西村さん!!
冒頭の極道妄想ワールドで、命乞いをしていた”オヤジの仇”が西村雅彦(の声)でしたよね??
もうこれっきりかもしれませんが、もしかして本当にラスボスで登場かも、それとも介護される方で出て来るかも、とかとか♪
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ