ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

草なぎ剛

「嘘の戦争」1 ☆☆☆

続編じゃないのね。
あの草なぎ剛が詐欺が似合う役者になるとは、思えば遠くにきたもんだ。親の仇二人組のうち1人をまず破滅させ、もう1人に取り入るまでを一気に描いた初回スペシャル、長くて辛かったですけど見応えありました。

医師だった父の一家心中から生き残り、30年たった今も悪夢にうなされ続ける陽一(草なぎ剛)
実は彼は二人組の真犯人を目撃したのだが、少年の証言は『嘘』だと恫喝され続け、ついに屈して『父がやりました』と言ってしまった。その『嘘』を悔やみ、「俺は嘘は嫌いだ」と折に触れ語りながらも、詐欺師として嘘で稼ぐ日々だったが……。忘れもしないあざを持つ犯人五十嵐(甲本雅裕)との再会が彼を復讐に駆り立てる。

この『嘘』というキーワードがいいですよね。正直一家惨殺って特殊すぎ、どれ程辛くてどれ程許せないことかは、想像するしかないじゃないですか。でもその心の傷を広げる嘘つき呼ばわりや、無理強いの理不尽な悔しさは身近に理解できるのでは。

そんなわけで
☆親の仇1 五十嵐に接触。
実行犯が現在医者なことにも驚きましたが、陽一が真正面から乗り込んで名乗り、お前が犯人だ!とやらかしたのにはもっとびっくり、認めるわけないよねw もちろん算段通り、慌てて共犯者に連絡する五十嵐を盗聴して仇2が業界の大物二科(市村正親)だとつきとめるのでした。
その二科が、生き残った息子<千葉陽一>の動向をネットで調べるとなんと、同姓同名、同生年月日で子供時代の写真は陽一のものな男が嬉々として海外で農業に励むブログにヒットw 日本で脅迫なんかしないだろと信用されず、孤立する五十嵐を陽一が追い込みます。
偽名<一ノ瀬浩一>がハーバード卒でタイやNYにも支店をもつ企業コンサルタントですという、詐欺用SNSはありがちですが、その傍ら本名アカウントでは別人を自分にすりかえておくとは。SNSってこういう使い方もありかと目からウロコでした。

☆女医:二科の娘(山本美月)に近づく為にわざと怪我。
自転車との接触事故。状況説明が不自然と指摘されると、自分の嘘をちょっと認め『実は相手が知り合いで……』とちょっと本当のことも混ぜてくる。『元カノと別れ話がこじれたんで、言うのが恥ずかしくてw』なるほど嘘はこうやってつくと騙せちゃうんですね。元カノじゃなく詐欺仲間(水原希子)なのにね。


☆二科長男にSNSで接近。
SNS見てます~と声をかけ、儲け話を紹介したらあっという間に信用するとか、長男(安田顕)チョロすぎでしょw その弟(藤木直人)は、ハーバード卒業名簿で一ノ瀬浩一を確認し名刺のNY支店に電話をかけてみるしっかり者……というか通常の確認をきちんとする男。日本から慌てて飛んだ仲間が無事にその電話をとって、首の皮一枚でなんとか疑惑をやりすごします。

☆そして迎えた二科の誕生パーティ。
全てを失い酔いどれてる五十嵐をあやつり、パーティに連れ込むことに成功。二科を狙う刃物の先に飛び出し<かばって代わりに刺された>ていの陽一/浩一は……さあこれで二科の信用を得ることができるのか?ダメだったら刺され損ですよねw
会場に医者もいて応急処置は万全でしょうが、プールに落ちたりして、刺し傷より感染症が心配です。そうだ、それと保険証w

登場人物にみんな漢数字がついていて、役名確認するのが楽しいwですね。


「銭の戦争」~最終回 ☆☆☆

川に向かって投げないんだ。不思議。

そういえば顧客データも池じゃなく茂みに向かって投げて拾われてましたが。原作通りなのだとしたら、韓国には『水に流す(=清める)』という考え方がないのかしらん。父親が自死に使ったカードの破片を投げ捨てた場面のことです。血もこびりついたままずっと(裸で!)持ってたことにもびっくりしたけど、その辺に投げちゃってもっとびっくり。危険物……! (池や川にもゴミ捨てちゃダメですけどね)

川に流さないなら、手向けた花に添えて置いて欲しかったかな。


そんなわけで、後半の主役は隠し部屋の20億円どーん。

それを探したり盗んだり戻したり脱税金として発見させたり。ハラハラドキドキで飽きずに見ていられました。
特に、恋愛ドラマ家庭ドラマからリタイアしまくりの主人が最後まで楽しめたのがこれ。非日常で誰も責められてる気にならないところがいいのかも……借金がなければw 

牢屋でもかっこいい赤松や、最後見事にグループ総裁としてデビューした元カノちゃんや悪役おばあちゃん、娘を助けに駆けつけた未央パパもキャラ立っていて良かったです。

その分、主役の富生と未央が地味でしたけどw だからこそ負けそうで応援したくなるのかな。

(富生母と弟は…いなくても良かったかもなあ)


ただ、雑に便利に使われている未央のお友達は心配。当初の美容院のサクラぐらいならまだしも、最後は20億円の運び屋ですよ!ヤクザがちゃんと調べて未央をさらってくれたからいいようなものの。何がどうなって、何も知らず富生に恩義もないお友達が代わりになっちゃったり現場を押さえられてボッコボコにされる可能性だってあったはずでしょう~w このポジションは、富生に恩ある人にしておいて欲しかったかな

 

まあとにかく、鬼になりきれなかったことで法的には逆に救われた富生。


最後に未央を抱きしめて風にさらわれたように消え、どこかで金の匂いを嗅ぎながら…のエンドってちょっとイヤンw 赤松2世じゃんw

いつか、未央の足元にコロコロっと500円が転がってきて…ってな風に再会してくれるといいな。

「銭の戦争」2 ☆☆

ついに青空テント生活。携帯も引き落としできずにつながらず、再就職がパーになりましたorz


そこは、居住権てあるんだから再就職が決まるまでは豪華マンションに居座るとか、命綱として携帯代の口座の金ぐらいチェックしておくとかするべきだったよね。

弟がまた偉そうに「兄さんは金の亡者だ」とかぬかしてますけど、その亡者さんが何千万円も払ってくれたからマグロ漁船に売り飛ばされてないの、何故わからないのかな。自分がもう少しバカじゃなきゃ、倒産前に手も打てたかもしれないのに何を言うんだか(弟は学生継続?大学院やめて働くとかないのか?)

夢枕に立つ父にも、テント訪ねてくる婚約者にも腹が立つ。


救いなのは主人公は負けん気でやる気なこと。金貸しになろうと大先輩(津川雅彦)に弟子入り志願してついてまわります。

定食屋で食い逃げしたり皿洗ったり得意の経理を見たりしながら、まずは試験合格で、本格的に金貸し業を学ぶことになるのでした

(うちのマンションローンは元本から先にガツガツ払ってるよー、金利だけ返すのって楽だけど損なのは常識だよねえ)


で、恩師コンノ先生(大杉漣)から取り立てることに。あ、それはちょっと面白くなりそうかも。

「銭の戦争」1 ☆☆

エリートリーマン転落物語。


他人の不幸は蜜の味?ってことで、実家工場の倒産を契機に主人公(草なぎ剛)が貯金も職も婚約者も失っていく初回2時間spは飽きずに見ていられました。

でもだからって来週も見たいかというとどうかなあ。登場人物に魅力を感じません。


主人公実家の経営状態に興味なさすぎw

これが就職したて自立したての20代前半なら、自分のことに必死だったり親は全能だとまだ思ってるの分かりますけど、実際はアラフォーでしょ?しーかーも連帯保証人!

その立場なら帳簿ぐらい見ようよ。

院生弟も「俺は相談にのってた」じゃないよ、兄に電話しようよ

父も「息子に迷惑かけたくない」じゃないよ、倒産失踪自殺って迷惑最上級でしょ。報告連絡相談のホウレンソウだよ。高金利で借金するより息子に集る方がマシマシ


婚約者(木村文乃)は財政界の大物の孫。

なのに大事な孫の恋人をリサーチしなかったのか、したのに実家の経営危機に気づけなかったの?
当の恋人も、実際にどれだけの窮地か把握もせずに3000万円足りないって人に小遣い銭持って行っちゃそりゃ無表情にもなろうというものですよ。ていうか、もっと早くに取立屋対策のできるプロを紹介してやればよかったんじゃないの? 

応援したい人がいません。


草なぎくんの実家が工場とあっちゃ嫌でも思い出す「恋に落ちたら~僕の成功の秘密~」は迷走ドラマだったけれど、少なくとも1話の島男はキラキラしてたのにね。

途中で帝国金融の桑田&灰原(中居くんw)が通りましたし、懐かし「ナニワ金融道」ぐらい膝を叩きたくなるような詐欺にでも引っかかっての倒産にしてくれたらよかったのに。

ただただ知らず、知らせず、払ったけど足りないよーじゃ、ねえ。


葬式で切った啖呵を実現させて、札束を積み上げるぐらい儲けたとしても、あんなおバカさん達じゃまた無くすだけなのでは…。


それと後輩に借金を頼んだ時のゲロ食え場面。

トライするほど追い詰められてた…としても、描き方を工夫しましょうよ。キラキラ光って飛び散ってた「あしたのジョー2」が懐かしいです


「独身貴族」1 ☆☆

切腹=結婚w


1人が気楽なのも、相手の話題に時に興味がないのも男女お互い様なのにね。

デートは面倒だと語り続ける主人公(草なぎ剛)。

恋愛した事なさそうですよね。こんな奴がプロデュースする映画、つまらなさそう…。いっそゲイな方が理解できるかもw

で、弟(伊藤英明)はヤマァタのオローチで女連れ込み放題、1人は愛せない体質と。やっぱりこっちも隠れゲイなんちゃうんw
ていうか兄弟に見えなさ過ぎて。
同じ会社から、別々の車に乗って同じ部屋に帰宅したところで、世を忍ぶホモカップルだと思ったうちの旦那みたいな視聴者もいるんでしょう(「兄貴」って呼んでるんだけどね) 


そんな2人とヒロイン北川景子が出会うのが、企画締め切りの前日。脚本家に裏切られホンがない、ああここに完成したホンがあったらなー。あ、あった←失笑。


しかも田舎に帰る夜行バスに乗ったところで連絡の電話がーって、そこでハラハラしてほしいんですか?むしろ微妙に遅いせいでバスを止めなきゃならなくて、迷惑でイライラするw どうせご都合主義でいくなら、書類の山が崩れてヒロインの原稿だけがひらひら~ぐらいの大げさなミラクルしてみろってんです。ステップに片足乗せるタイミングでぴったり電話かけてこいってんです。

ピカピカに片付いた机の上に不自然な封筒一つだけ置いてあるのにいつまでもほったらかしってさー。


いちおう社長な主人公ですが、金持ちの叔母&亡父のおかげでさせてもらってる社長業、別にらつ腕なわけでもなさそうで、優雅生活はいつまで続くのやら。


金持ち独身男を単品で描くなら、名作「結婚しない男」がもうありましたから。独自性を出そうとヒロインの脚本家ドリーム達成をのっけてきたのでしょうけど、それなら結婚観で始めずに映画界を描けばいいわけで、どっちつかずの感じです。

最後、ヒロインの脚本を大物作家名義で披露したのがサプライズ。嵐の予感は充分ですが、どうせそこから恋愛になるかと思うと、うーん。

デヴィ夫人の金持ち叔母役はナイス配役でしたw 

「冬のサクラ」1☆☆☆

まだ恋はつぼみ。
記憶喪失の女性に仮の宿を提供しただけで、いい大人同士がいきなりどうこうならないよねー。
でも雪景色も今井美樹の笑顔も美しく、静かな大人のラブストーリーの予感。ぐいぐい引き込まれていく初回でした。

……終盤の、脳に病気云々までは。そして主人公の弟と、記憶喪失だった女性の夫が広い広い東京で同じ病院勤務だとか妙な偶然でラストになるまでは!!まったく、世界狭すぎー!!

いやいや、『冬に咲く桜』の話を彼女が夫づてに聞いたのなら、そして夫は職場の噂で聞いたのなら伏線になるのかなー。←冒頭、見逃したあたりでこの辺解説あったならすみません。

母の介護を淡々とこなす、疲れた主人公@草なぎ君がくたびれながらも穏やかで素敵に描かれていて印象的でした。
都会では負け犬かもしれないけど、旅行先の田舎で出会うならまさに、『この人とこんな静かな暮らしが出来たら』と、違う人生を思い描きたくなる感じ?
怪我しても記憶が無くても、男作って出て行っても(←コレは介護されていたお母さん)、記憶取り戻して出て行っても、ずっと待っていてくれそうな人……って、「幸せの黄色いハンカチ」みたい(笑)
でも来週は、その男が東京に追いかけてくるんだよね。いきなり、”スキー場でかっこ良かった人と都会で会ったらがっかり”的な再会になりそうである意味楽しみかも(笑)

いったいどこから恋愛にシフトするんでしょう??今井美樹の夫@高島弟は、愛人がいてマザコン。DVの匂いもぷんぷんしましたから、救いを求めて、かなー。

山崎樹範くんが、気のいい駐在さんで出演なのも嬉しいです。

人気ブログランキングへ

「99年の愛 Japanese Americans」第1夜☆☆

2時間ドラマを5日連続とか、どんな暇人がみるんですか企画。女子バレーが面白かったおかげで、つい続けてみてしまいました(録画したら重荷になる気がするので、以降も視聴続行するならリアルタイムでと決意)

いやあ、面白いです。大筋は。
食い詰めて移民するも、働き者故に邪魔にされる日系人、故郷の仕送りを優先し家も持てずに流れ歩く主人公。
100年前のアメリカで生きていく移民の生活は実に興味深かったです。しーかーしー構成がメンドクサ(><)

現代から回想する形で、時々過去話が途切れて現代に戻るだけでもつまんないのに、よりによって子供の語り。
「その頃はね、○○だったんだよ」
とか上から口調でイライラ。
「じゃあ××は?」
と別の子供が聞くのもまたイライラ。もっと詳しいだろう老人達が周りにいるから余計気になるんですよね。子供だけで別室でこの話に出来なかったのかなー。
ほとんど初めて見る橋田壽賀子ドラマなもので、なんでもかんでも語り尽くす説明調の台詞にびっくりでした。これが噂の。

で、写真花嫁イモトアヤコと草なぎ君の、働き者家族。(イモトがいい!!)
アメリカ国籍の息子(=土地が所有できる)が生まれ、やっと自分たちの農場を持ったというのに日本人故に嫌がらせを受け……でも温かく接してくれるアメリカ人もいましたよ、というところで1日目終了。

どこまでも続く広い広い空と大地。よくもこんなところに入植したものです。
これから戦争で、ジャップ呼ばわりどころかもっともっと嫌なことになるんでしょうね……。

人気ブログランキングへ

 「恋におちたら」最終回 ☆☆

 えー、”黒秘書”スパイじゃないんだ??

 そんなわけで、意外な展開も嬉しい誤算も何一つ無い最終回。いや、島男とかおりの仲がいつのまにか(って、主人公なのに!)進展してることが驚きだったかな。
 ・・・守衛のおじさんと、飲み屋のサトエリ子ちゃんがくっついてたら良かったのにー。

 パソコンいじってるあいだは、声かけてもまったく気付かない集中力の鈴木島男。
・・・・そんなこと、初耳です(ハッカーの時は応対してたじゃん^^;;;)

 島男の頑張りに心打たれた高柳が、契約相手の「ちょこっと直せば」「簡単でしょ?」に激怒して席を立ち、ご破算。
その様子を嬉しそうにからかう島男、報告を聞いて当然だって顔の社員達。
 ・・・そんな、分かってる展開を楽しむドラマでしたねー。うんうん。

 社名が「鈴木ネジ」なのは、まだ残してあった会社登録をそのまま活かしたってことなんだよね?
 ラスト、表ではまた職人さんがネジつくってて、中では妻かおりがシステムの営業してて、夫島男がパソコン叩いてて。
 大会社をゆるがす製品を、こんな小さな会社が作ってるんだ・・・っていうドリームはいい感じでした。

 でも、その安心の源ってぶっとく芯の通った唯一の人:龍太のおかげ?
「島男なら、こうしたよね」
っていうセリフが生きるためにも、主人公こそいつもかわらない安心な人であって欲しかったのに。
 おまけにかおり側の気持ちや生い立ちなどなどまったく描かれず(高柳社長との仲を疑う島男に「違うんです!」って、結局どう違ったの?)恋の行方まったく盛り上がらず。
 ホテル主おひょいさん、高柳を刺した男、鈴木ネジの金を持ち逃げした男・・・サイドストーリーのネタがごろごろ転がったまま放置ですよ。

 けっこう楽しかったけど、毎回もったいなかった。そんなドラマでしたー。

「恋におちたら」10 ☆☆

 子犬だっ 鈴木島男の必殺”雨に濡れた子犬の瞳”攻撃!
数分前、高柳相手には般若だったのに・・・この落差が草なぎくんの魅力ですねぇ。

 高柳は、あの億ションを売って金策にあてればいいと思います!

 そんなわけで、失意の日々からやっと立ち直る島男。
きっかけは龍太の言葉。妹の気持ちを代弁した形ながら、彼本人の気持ちでもあるよね。イイ奴だ龍太。
「ただ、あなたに幸せになってほしい」

同じコトを、高柳も思われている・・・・・。

美しい構成だけれど、こう続くと”女性の美徳”として描かれているみたいで微妙。
例えば中盤で、失意のカオリに島男がこの言葉をかけていたとしたら。カオリが島男を好きになったことに厚みが出たのに。まぁいっか、子犬にイチコロってことで。

 対かおり より、 対高柳 とのエピソードの方が 恋愛のパターンをきれいに踏襲しているので、かおり影薄いんですよね。

 金で買えないモノが・・・・・ある。
「それはお前に教わった」
この辺のたたみかけはゾクゾクしました。

 仕切直しての、高柳と島男のやりとりも素敵でした!
回り込むカメラ、一旦は拒絶されたかと肩をすくめる高柳に・・・・島男、電撃発言。
「あなたに助けてもらうのは僕です」
いやはや、他人様のビルのエントリーで、なに告白しあってるんでしょう。

 ただ、恋愛ドラマならそこで抱き合って終わるところでしょうがITドラマ(笑)だと起業して成功するところまで書かなくちゃ!
 てなわけで、来週フロンティアを取り戻して終わりかな?

結婚式は・・・龍太とマリコのだと思う人? ハーイ!

「恋におちたら」9 ☆☆☆

 おかえり、島男。帰るところがあって良かったね。

 早速転落する島男。早!
取締役が出資社側から3分の2と聞いた時点でもう、いつかは訪れるハズのこと。むしろ島男ったら無防備すぎなのですが。社長就任パーティの前にそれを持ってくるなんて、島男の立場に立つと辛すぎです。
 雨に濡れた子犬の様に実家に戻ってきた島男に、きゅーんとしちゃいました。(甘いなぁ私)

 これが、高級マンション(会社名義だよね)に浮かれて引越してたら路頭に迷うところなんですから。
1話の島男と同じ場所、地に足の着いた「足を知る生活」をしている家族がいてこその帰宅。妹と龍太にもっと感謝しなくちゃだぞ、島男!

 そうそう、その龍太ですよっ
タキシード早替えには笑わせてもらったけど、良く考えたら同じ部屋で生着替えですよ? 島男が戻ったときの、ビール出せだの注げだのってマリコへの偉そうなもの言いといい、ねぇ。
とうとう”そういう仲”になったのね??おめでとう、龍太!

 高柳社長の方も、やっぱり「ただいま」「おかえりなさい」なので、心配要らなさそうです。

 登りつめた島男が転落して終わりかな、と当初思っていたのですが、この感じだと高柳ともう一度手を組んでリベンジ、なりますかね?
 その時にはついに、天才プログラマな設定が帰ってきますかね?
 でなかったら、ネジを活かして欲しいなぁ。ネジを。

 爽やかな最終回に向けての展開が楽しみになってきました♪

「恋におちたら」8 ☆☆

 龍太にステーキでもおごってやってよ。借金なくなってまで、毎晩ただもらいの魚食べてないでさー。

 またまた島男大変貌。
「酷い顔してるぞ」
とあちこちで言われる程の印象の変わり様。草なぎ君が熱演しています。
そうよねー。雨に濡れた子犬のように頼りなげな顔と、自信に満ちあふれた酷薄な顔と、両方持っている人なのよー。

 今回は、
「ハワイで会ったときにそんな顔だったら、追い返してた」とか、
神谷が一緒に仕事をした想い出を語ったりとか、
クビになった島男をアクセス禁止する描写が1話の要注意人物認定を思い出させたりとか、あれやこれや珍しく昔の脚本ときちんとリンクしている丁寧な回でした。
 でも、回想ではさまる場面と今のムードがまったく違うので(^^;;;) そこはそれで微妙な気分。

「あなたがこう育てたんですよ」
とスゴむ島男。それに見合うエピソードが思い出せれば迫力倍増なのになぁ。
ホントは「恋におちたら」と「僕の成功の秘密」っていう2本のドラマがあって間違えて混ぜて放送しちゃってるんじゃないのかい。

 そんな中、龍太だけはぶっとく揺らいでなくていいよね!
「つい、カツオがでちゃって」 手じゃないんだよ、カツオだよ!!
島男とのコネの為に不倫のよりを戻そうとするバカ男より、絶対龍太がお買い得!!

 パワーゲームに勝って、高柳社長と入れ替わった島男ですが・・・・このまま終わるわけないもんねぇ?高柳復活の鍵は、島男化することなのかな?
 最後はみんな魚屋になって終わっても地に足着いてていいかもねぇ。

 ワイングラスに歪む島男の貌から、エンディングタイトルへ。
毎回引きが上手いです。

「恋に落ちたら」7 ☆☆?

 へー、取締役になる時って、退職金もらえるんだー。

 そんな豆知識はさておいて。
副社長もさしおいて出世するような、何をしたんだ島男が!!

 第一回からずーっと、ずーっと、島男が成功して褒め称えられるのを見てきましたよ。それですら、そんなもの凄いことしたようには見えないんですけど。他の社員だって同時に大きな仕事してるんでしょ?
 借金まみれで、妹は退社後に水商売のバイトまでしてる・・・ってのに、島男兄さんは良い店でデートよ。(まさか秘書のおごり?)
 妹1人に苦労をかけてっとかいう問題以前に、ドラマとして成功の前後の生活にメリハリがないのよー。送迎のリムジンだけで済ませないでよ。

 そんなわけで、今回だけ独立してみれば・・・権力を与えられ、それに酔い始める島男、「成功の快感」に捕らえられてしまった島男の描き方は面白かったんです。
 でも、全然前回と繋がって感じられなくてポカーン。

 例えば、その仕事の成功と引き換えに取締役だってならハラハラしますよね。その為に、いままで築いた歌手だの女社長だの(和菓子職人も・笑)って人脈をフル活用してその結果話題になるなら納得いくのかなぁ。
 でも取締役:島男が何を悩んだって、もう借金返せたんだから、失敗したっていいじゃん。
 起業を迫る人もいましたが・・・・「**がしたい」という確固たるビジョンもない人に何を勧めるんだか(苦笑)。コンピュータに詳しいという切り札も全く活用されず!
 前回同様、草なぎ君の表情には胸に迫るものがあるのに、話がどうしょもないので感激したくないです。どうにかして〜。
 (ツレは島男出世でご満悦。どうしてこの展開が素直に受け入れられるのっ)

「恋におちたら」6 ☆☆

 高柳社長がイイヒトに! ・・・なっちゃったハズ、ないじゃん。

 突然しれっと人情話始める方が胡散臭いんで、
「貴方は人間じゃない」
と社長をなじる島男には気持ちが添わず、せっかくの熱演が演技力の無駄遣いに思えてしまいました。

 何しろ、高柳は信念を持って冷酷を選んできたハズなんだから。

 なのに一応、相手の社長が死ぬまで待ってたじゃん。
それだけで充分、恩返しだったと思うのよ。
(堤真一は、いい仕事をしていると思います。8ミリをみているラストも良かった!)

 それより気になるのは、昔住んだ家を訪ねるのに秘書を伴う高柳。
何で1人で行かないの?

 これで、戻ってきたカオリが島男に社長と**物産の繋がりを語るとか。社内の空気が悪くなったときに秘書:黒が語るとか。
 それでこそ連れていった意味があるし、結果高柳は「恩返し」と断言せずに・・・嘘つきにならずに済んだかもしれないのに。(島男だけは彼を責めるだろうけど)

 そういうツメの甘さが、気になって仕方ありません。

 内線で内緒話をする神谷とタートルネックの場面は(社内恋愛カップルか!)面白かったです。
だからもう、ファンタジーにしとけばいいのに。

 それに今回もまた、プログラム能力関係ないよね。

「恋に落ちたら」5 ☆☆☆

 「恋に落ちたようだった」
うわ、こんなところでタイトル文句使われちゃった(^^;;;)
気障な神谷先輩(谷ショー)が社長との出会いを語ってます。でも実際のところ起業社長なんて、それぐらいのカリスマはあって当然だよね。
 島男にこだわり続ける社長だって、恋しているようにみえる。
(かおりと島男よりも ^^;;;)

 今回は、ファンタジー路線に戻った楽しい回でした♪島男のありえない行動とひたむきさが全てを解決!
 先週分を無かったことにしましょう。うん。

 行きつけの店で盗聴されて(もう行くなよ)、大きなとりひきがひとつパー。
でも、常務がダメなら社長に掛け合おう!と別荘まで押し掛けちゃう島男君でーす。
(その別荘探しに、とってつけた様にブログを検索・笑 プロフィールぐらい確認してよっ)

 3日3晩共に過ごす神谷と島男の様子が、寝相や酒の好みまで事細かに描写されていて飽きない! ただの憎まれ役だった神谷のキャラにみるみる肉がつき、島男に影響されていく様子がセオリーながら爽快でした!!
 これこれ。こうこなくっちゃ。

「ダメでした・・・」と一旦は帰社。だけど、絶対もうすぐ電話があるから♪

 またその電話のタイミングも絶妙!
ほらみろ、と勝ち誇る社長・・・・・ここでコール来ちゃ、社長の顔丸つぶれなだけじゃなく、先輩が島男を支持する言葉が聞けません。
 ちゃんと2人が退場してから、電話があるんですよー。もうその間、いつ来るか来るかと手に汗にぎっちゃいますって!

 悔しがる社長。
だったら島男には、絶対成功するつまらない仕事だけ与えておけばいいのに。
 社長は社長で、どこか心の奥では島男に勝って欲しいのよ。アイランドミラクルを期待しているのよー。

 でも天才プログラマな必要は全然ないよね

「恋におちたら」4 ★

 ゲリラ青空コンサート。ネット配信はどうした。

「情よりも仕事:社長」vs「仕事を捨てて情:島男」だよね!それは分かります。
不機嫌なシンガーもそのハートで説得ってことになるに決まってます。
でもでもそれだけに、島男の情の魅せ方をもうちょっと、納得出来るものにして欲しかったんですよ。

 会議中の着信に応対したあげくに理由も言わずに退席って!!コラ!
恋する魚屋から連絡ならまかせておけばいいのに。兄貴気が利かなさすぎだぞ♪

 ていうか、かおりさんを担当にしなかった理由を知りたいわ。

 社長も父親を亡くしたりと過去に何かあったらしいほのめかし。不器用な島男にその当時の自分を重ねている・・・のでしょうか。
木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ