ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

腐女子うっかりゲイに告る

「腐女子、うっかりゲイに告る」4~最終回 ☆☆☆

 うわーアウティングorz

 いろいろ辛くて後回しにしていましたが、他が最終回を迎え時間もできたので録画消化。
紗絵とは性行為こそ不発でも、段々と本当に好きかもと思えてきたりして。幸せ……ってところから急転直下の、紗絵にゲイばれ&学校でもバレて日常がハラスメントにorz そこからまさかの自殺騒ぎだったし、逆に嬉しいまさかは、純が変態だキモいと級友が騒ぐ中、親友亮平の態度が変わらなかったこと(さすがに股間揉みは自粛w)と、紗絵が意地でもカノジョであり続けたこと! そして責めずに、ただ知ろうとするお母さん。周囲に恵まれましたね。

 亮平と紗絵が連れ立って純との思い出の場所を巡り、病院にも連れ立って見舞いに行く場面は本当に、友達っていいなーと胸熱でしたよね。そして、このまま転校してしまいそうな純に『終業式だけは来て』と頼む理由も、紗絵が絵画コンクールで入賞し表彰されるから。うん、行けるかも。友達の為なら。さてその壇上の表彰で、紗絵がとんでもないスピーチを始めちゃうのは、ドラマの伝統手法として覚悟してましたけどねえ。紗絵ちゃん……やりすぎよ。
 もっと別方向、BL=ボーイズラブが好き、でも素敵なファンタジーとしか思わず身近に実在した同性愛者を傷つけた。そんな不明を恥じる告白で啓蒙なのかと思いきや、ただただ赤裸々な暴露! 自分のBL好きはいいのよ叫んでも。亮平だって、飛び降りる純を止めようと自分の恥ずかしい話したもんね。しかし……『勃たなかった』のは純くん側の超個人情報!SEXって、そんな数々の秘密を共有するってことなのに。それを勝手に全校にお知らせは違うでしょ……。同じように、純がゲイなことだって、本人から言うか、せめて言っていいのか許可とって欲しかったです。アイコンタクトでもいいから。
まあ本人、驚いただけで怒ってませんでしたけどねえ……。

 そしてネット友の遺志を叶えたり、紗絵の入賞作を見に行ったりと穏やかな時間を共有する二人。海で、
『私たち、別れよう』
と今更なことを、紗絵が言い出してw これで私がフったんだからね、の念押しに微笑む純。いい場面でした。そういえば紗絵がBL萌えしている少年漫画を、亮平と純が普通に愛読していたの、なんか笑えました。入院土産がBL本で、しかも一緒に読もうとするのもw いい子なんだよね、腐萌え優先でおかしなことになるけれど。その腐萌え故に近づき、こうして絆が育まれたんだからもうチャラですかね。
『僕と奥さんが溺れていたら』
と純に問われ、結局は奥さんを助けると答えて別れた彼氏も。結婚した経緯は似た様なもので(腐女子じゃないけど!)やはり奥さんとの間には絆があるのでしょう……。

 その後、大阪で大学生になって自己紹介に挑む純。カミングアウト、するにしろしないにしろ幸せに生きてほしいものです。

「腐女子、うっかりゲイに告る」2、3☆☆

 胸が痛い。
母に孫を見せたいとか『普通』になりたいとか願う高校生男子。ネット友は「じゃあ『普通』って何」と思考実験をかましてきますが、今そういう冷静な茶々は役に立つのかなあ……。

 と、いうわけで『普通になりたい』という普通じゃない欲望に負け、男女交際を始めることになった純ですorz
男3女3の遊園地行きがすでにクラスメートの罠で、紗枝が観覧車で告白するってみんな知って応援してる蟻地獄。その上、発案者の幼馴染男子は実は紗枝が好きなのにってさー。受けても断っても彼を傷つけるんじゃないですか。

 とりあえず、一緒にテスト勉強コースから始めるふたり。うん、楽しそうですよ。変にやるのやらないの周囲も囃し立てずに、ただお友達でいられればいいのにね(しかし囃すのは非モテ男子で、遊園地をセッティングしてくるイケメン友はプライバシーつついたりしないというこの落差も辛いw)

 肉まんで女体トレーニング 予告編では笑ったのですが、ドラマ上では痛々しく見ていられない場面でした。何より辛いのは
「好きだよ」
の連呼です。それ、言わなくていいのに。彼女のため自分のため、盛り上げようとしてるんでしょうけど、嘘の上塗り……。それとも、いままでそう言われながらされてきたので単にそういうものだと思ってるのか(^^;;;;)

 そこで思い出してしまうお相手(谷原章介)がクズなんですよ。愛人である純に家族旅行の予定をペラペラと……。しかもそこ、二人で行こうって言ってた場所ですかorz そして不倫のくせに「彼女ができたから分かれて」と言われて押し倒す。何もかも自分勝手で、いいのは顔と声ぐらい、始末に負えません。

同時期に幸せゲイカップルドラマ「きのう何食べた?」が放映中なだけに、純くんだって相手が違えば幸せになれるのにと思えるじゃないですか。とっととクズ大人と分かれて、良い伴侶に巡り合って欲しいです。
 次回予告も不穏……。 

「腐女子、うっかりゲイに告る」1 ☆☆

 軽いタイトルに反する生々しさに、当惑(^^;;;)
なにしろ冒頭からがっつり性行為ですよ。ビジホで男同士ですよ。高校生の主人公純(金子大地)を、初体験から仕込んだらしい年上のパートナー(谷原章介)は既婚者orz そんなゲイライフを、もちろん周囲には内緒で暮らしている純がクラスの女子紗枝(藤野涼子)のBL本購入現場に遭遇!内緒にして~と頼むその本(BL=ボーイズラブかどうかより、そもそもエロ本なのが問題じゃないんかい)をパラパラと見てつぶやいた
「ファンタジーだな……」
は、実体験に基づく当事者の感想w しかしBLをバカにしたと受け取った紗枝はその後も純に絡み、ゲイが汚い普通じゃないという純の自虐を、真顔で諌めてくれます。BLに夢見る故とはいえ、同性愛者の側に立った発言の連発。それなのに、もしや理解者にと抱きかけた淡い期待は、一番残酷な言葉で打ち砕かれるのです。おずおずと問う、もしも。クラスに同性愛者がいたら……
「ゲイなんて、現実にそうそういないし」
いるんだよ目の前に! そんな迂闊な紗枝は、わざわざこのドラマ見ている私たち視聴者の写し鏡なわけで。

「勘違いしちゃいけない。彼女が好きなものはBLであって、僕ではない」
孤独を悟った純の、自省の言葉が胸に刺さりました。これが原題なんだそうで、このままでも良かったのに。BL、が分かりにくいと判断されたのかな。

 しかし純的には、開きかけた心の扉が閉じましたけど。客観的には、急接近して1回デート。可能性ゼロとは知らず、次回は紗枝から告白しちゃう模様です。さあふるのか、カムアウトか、それともつきあってみちゃうのか?どれを選んでも双方傷つく気しかしなくて楽しみに見る感じではないかもー。
 腐女子の描き方がエグいのも辛いです。
紗枝ちゃん、中学でどん引きされたのはBLのせいじゃないよ。キスシーンなんて、たとえ男女のでも教室で昼間っから描くもんじゃないのよ……。そしてネット仲間はやたら年上。チェックシャツ&バンダナ&ウエストポーチ的なオタク記号服でもゴスロリでもなく普通に身綺麗にしてて彼氏もいて、なのに絶望的に常識がないの。生身の人間を目の前にしてカップリング妄想を口走り、その後も同じ空間にいる彼氏と純を置き去り……。たまらなく気持ち悪く、でもなんか身につまされてしまいました。 彼氏、せめて自分たちをおかずの妄想ぐらい、口に出すのは止めさせないのかい、それでいいの?

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ