ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

細川俊之

「3番テーブルの客」#12

「3番テーブルの客」全話まとめレビューはこちら


A:山田和也カントク( 西村雅彦 黒木瞳 &細川俊之)
B:蜷川幸雄カントク(宇崎竜童 樋口可南子&植木等 )

ついに、ついにこれを見る日が来た!
だって西村雅彦と黒木瞳が夫婦ですよっ「TEAM」ファンにはたまりません。そして馴染みの山田監督♪これを楽しみにするなと言われたら困るってもんでしょう。

・・・しかし、期待しすぎたみたい(涙)
ABオーソドックス対決??

 絵ヅラとしては、片やアプローチに緑あふれる明るいカフェ(A)、片やむき出しコンクリートに前衛オブジェな薄暗いバー(B)。対照的です。でも全体の印象は似てました。ひねりがない。
 細かいセリフのそこここ、ああ、分かってるなーという演出のメリハリがないっ(涙)

 しかも西村さんたら、滑舌悪いわっ。
ここまで何作も何作も見て、セリフ分かってるからいいけど初見だったら多分聞き取れません。

 そんな中印象的だったのはAウェイター役の伊藤俊人さん。
いつでも妙に嬉しそう!相棒の挙動不審も妙なオーダーも面白がってます!こういう役作りがあったのかーって感じ? これは良かったです。

 B:世界のニナガワは、どこそこホモくさい。
若いウェイターが主人公に妙にボディタッチ、ビールの客がテーブルでメイクを始め、女言葉になり、終わる頃には立派なオカマさんでした。
 ・・・・でもだからって意味ないしねぇ。いっそ主人公がソレで離婚してるならともかく。

 黒木瞳は・・・・普通に可愛かったです。今の「上司にしたい女性No1」イメージを捕まえる前でしょうか?とにかく元夫婦2人そろっても、ああ、だから別れちゃったんだぁって部分がまるでなくて。

 西村ファンとして特筆すべきは、寝ぐせ!!
冒頭、登場する西村さんったら凄い寝ぐせなんですよー。ちょっと嬉しいです。今となっては不可能な髪型!(^^;;;) そこに現れて挨拶する伊藤さんが、既にもう嬉しそう♪
 その後、ウェイター姿の西村さんはいつも通りの姿勢の良さで、それはそれは素敵ですよー。滑舌悪いけど。
 そしてラスト、上手いウソをついたつもりなまま幸せそうに終わるのでした。

 私もそんな気分で騙されて終わっておこう・・・。
またこんな試みはあったら面白いと思います。結局、監督と演出家の仕事の違いって、役者の解釈って、脚本家の領分って、どこまで踏み込んで許されるものなんでしょうね。微妙な人間関係の綱引きなのかなぁ・・・。

「87% 私の5年生存率」2 ☆☆☆

「死ぬのなら他の理由でしてください」って、黒木先生!!

 夜半に訪れて、手紙を置いて去る男。
「電話をくれていた」と聞いて、追いかけるヒロイン。
 雨の中走り寄るヒロインに、ジャケットを脱いで羽織らせる男。
 そんな2人を、赤い傘の若い女が見ている・・・・

これだけ書いたらモロ恋愛ドラマで、ヒロインの息子じゃないけど「・・・青春?」(笑)
ところがどっこい、「乳ガンで死んで欲しくないだけ」だという黒木先生ったら冒頭のスゴイ台詞ですよ。

 子供のクラス名簿を使った保険勧誘、自分がされたらと思うとイヤンな感じですけど、子供のためにも背に腹は替えられず稼がねば!というヒロインの気迫がビンビンきます。
 合コンでも、「子供好きの新パパをゲットだぜ!」という熱い気迫がビンビンと。
 でも、上手くいかないんだよなぁ。
 男は変なヤツだったし、契約は・・・・・「契約後3ヶ月間は無効」という妙な文言がクローズアップ。
 おそらく駆け込み契約を阻むための規定でしょうから・・・・ガン特約をつけていなかった自分の後悔を強調してるのかとも思ったのですが・・・・まさか、あの家の父親が3ヶ月以内にガンになりますか??(涙)

 黒木側の謎(医療ミス?)や、事情(精神病んでるらしい義母)もだんだん明らかになってきて、ミステリーあり、保険の内幕あり、患者の混乱と受容あり、興味が途切れません。
 病院の経営と出前のラーメンを絡めて話すところ(しかも、喧嘩腰で中座)なんていっそ笑えて、深刻一色じゃなくて助かります。
 エンディングのテロップのバックでも、物語が進行している張りつめた感じも好き。一時間が短いわ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ