ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

筧美和子

「ギルティ この恋は罪ですか」1、2☆☆

 はいはい、不倫不倫。

 優しい夫一真(小池徹平)と暮らすヒロイン爽(新川優愛)は、高校時代の彼氏秋山(町田啓太)と再会してしまう。親の邪魔で別れただけで、嫌いになったわけじゃなかった…。
とか書くとヒロイン不倫話みたいですが、実はその気が利く優しいイケメン夫が先に不倫してますから! しかも相手は、爽の行きつけバーで会う友人(中村ゆりか) いつも「ニートの彼氏」を愚痴りながら爽の「優しい旦那さま」の話を聞きたがるのに。こりゃ妻と知ってて近づいたね?カバンのGPSに一真を疑い怒らせてしまう爽ですが、それも愛人の仕掛けでしたよ。


『教えていない店の名前を知っていた』

『仕事に行ったはずが出社していなかった』

と夫を疑うきっかけはありがちなのですが、相手が自分の女友達と気づいたきっかけは

『夫婦の内緒の記念日を知っていた』

『夫と同じ匂い』

と、もう一歩具体的でぞわぞわ。爽不在の間に家に来ていた愛人と、帰宅した爽がエレベータフロアですれ違う場面もスリルありましたけどね。見ていて楽しくはなりませんよね。これでそっちにメロメロならまだしも、爽と別れる気は全くなさそうな旦那はいったい何がしたいのか。もちろん爽に財産もないですよ。だいたいさー、子供は絶対に欲しくない、なんて大事なことを結婚する時に言わなかった旦那だよ? それだけでも離婚理由になり得る大問題では。


 爽の同僚(大西礼芳)も上司と不倫。バレた途端に、爽の仕業だ!と平手打ち&悪態ついて辞めていきましたよ。見ていて悪意に疲れちゃう。爽母(戸田菜穂)との思い出も、毒親で辛いばかり…。

じゃあ爽と元カレぐらいはほのぼのかと思いきや、再会しての一言目は「老けたな」ですってよ。ねえそういう、悪口で表す親密さ面白くないから。高校時代にだって言ってなかったそんな照れ隠しの悪口を、なんで大人になって言い出すのさ。どうせドラマなら甘すぎる褒め言葉の方を聞きたいです。


 というわけで、さようなら~。

「ピーナッツバターサンドウイッチ」1、2 ☆☆

 伊藤修子の無駄遣い?

 筧美和子に瀧本美織といった美貌の4人が、ままならない恋愛事情を愚痴る連夜の女子会。それだけなら普通の婚活ドラマですが今作では、なぜかその4人を見張る謎の婚活応援組織「ピーナッツバターサンドウイッチーズ(PBS)」が存在し、下っ端構成員(矢作穂香)が店員に化けたり尾行の末に朝まで見張ったりさせられては、謎の本部で待機する所長(伊藤修子)とブレーン(伊藤健太郎)に連絡をしては無碍に扱われて連勤、なのですよ。

 1話視聴の段階では、結構期待しましたよ。
伊藤修子と伊藤健太郎の並びは目を引くしw  脅されるようなことは何もしていないはずなのに、些細な質問でも何かと「上に消される」とほのめかす謎の組織PBS!どーなってんのw でも2話を終わっても所長は、結局ただピーナツバターサンドイッチぱくつきながら分析しているだけ。その監視対象の恋愛もクソつまんないのです。
 交際6年、同棲中の煮え切らない彼がいながらマッチングアプリで男と出会う看護師瀧本美織。楽しく食事…する会話の中身がペラッペラで、容姿褒め合うだけで趣味も思想もへったくれもないんですよ。せめて思わぬ趣味が合うとか、同じもの収集してた的な盛り上がりないのかとorz  なのに別れ際、駆け戻ってきてキスする男。げー。 女子会でもちゃんと「キモい」扱いでホッとしましたよ。こんなのでうっとりしないから!
 筧美和子はセフレと別れられず、モテモテ秘書(Niki)は余裕で構えているけれど見合う年収の意中の人おらず。

バリキャリ(堀田茜)は、「努力すればなんでも手に入る」と信じてきたのに男と幸せだけはそうもいかずに酔いつぶれ、うっかり部下の部屋で朝まで。はいはい。かと思うと憧れの先輩社員(忍成修吾)とお近づきになれてときめいちゃう☆ うわー、恋に発展かと思ったら講習会にでも呼ばれて壺買わされる流れ?
 ああ、どーでもいいぞ! もしかしてこの先、監視だけでなくこちらからも何か仕掛けて行くのかな。原作の漫画が人気な所以があるんでしょうけれど、2話まで見た段階ではもう、縁がなかったということで。

「LINEの答えあわせ」~最終回 ☆☆

 順列組み合わせ、大団円!

 4月に食い込んだ最終回前に一回休みが入るもんだから、もう終わったかと勘違いしてましたよ~。随分ふんわりなエンドねと、それなりに納得w でも本当の最終回では、それこそ初対面で喧嘩してた安井と恵理乃が仕事で再会。ズバズバ言い合う仲でいい感じになって終わりましたよ~。ああ楽しかった。

 お洒落レストランのお洒落料理会で出会った男女。まずは順当に当日好印象の組み合わせで後日、安井&沙羅、藤城&恵理乃が急接近するも早々に分かれて。流石にそこ以外の人間関係もありつつ、元カノを誘ったら実は料理会メンバーとお友達だったとか。小説家(真島秀和)があちこち声かけてる女子の中に、モデル沙羅ちゃんのお友達もいて『同じ店に、同じ文句で誘ってた…』と超イメージダウンだったりw 結局は案外世間って狭いんだぞっと(^^;;;;)

「戦略が大事☆」
と主張して、わざと返事を遅らせ焦らしたのが裏目に出て振られたドラマ制作の笹川(坂井真紀)はその後のフォローなし。焦らし自体が昭和でダサいらしいし、仕事でも部下に「その表現、古いです」と言われていてあれこれ心配になっちゃいますけども。その他が上手くいったように、きっと合う人がどこかにいるのでしょう!

 まどろっこしい!と恵理乃に切られた藤城くん(黒羽麻璃央)でしたが、食事会当日には高嶺の花で話もできなかった沙羅(筧美和子)とめっちゃ後に再会。やっと連絡先を交換(^^) 控えめで臆病なところをむしろ、誠実と受け取った沙羅と、穏やかにゴルフレッスンなど始めていますよ。あとは小説家を切った決定打『え、今夜誘わないの?』が心配ですけど、同じ若さなら沙羅ちゃんがリードしたっていいもんね。
その沙羅に、自分のことばっかり…と嫌われた安井(古川雄輝)も、恵理乃(大西礼芳)なら自分からもガンガン日常や大変な仕事を発信していて無問題。沙羅やその友人が問題にした安井の自撮りアイコンになんて気づいてもいないのではw その恵理乃だって、小説家にとっては美味しい食事より会話を優先しちゃうことがマイナス。いや、貴方の小説を一所懸命に褒めていたのに? 結果、小説家は恵理乃を2度と誘わずに、パクパク美味しく食べる可愛い編集さんと仲を深め。安井と恵理乃はついに初回のレストラン、グランロッサに戻ってぎこちなく、交際を意識し始めた初々しいご会食。LINEで楽しい相手と、会って話して楽しいのはまた違うかもしれないし、ここはただのスタートですかね(^^)

 そして移転するグランロッサ。その先でまた、素敵な出会いを演出して行くんですね~。続編あったら、今度はシェフ(和田正人)も組み合わせの輪に入れてあげて~(^^) 

「LINEの答えあわせ」2 ☆☆

 俺通信w 言い得て妙です。

 可愛い彼女ができ、仕事の愚痴にも励まされ癒され浮かれて、結婚まで考え出した安井でしたが、沙羅からは突然の別れ話。
いやそれ、全然突然じゃなかったよ、と言うお話(^^;;;;)

 昼飯に何食べた、今日こんなトラブル、忙しい、会いたいな
確かにイケメン安井(古川雄輝)からのLINEはこまめだけれど自分のことばっかりw
「お仕事頑張ってね♪」
と応える沙羅(筧美和子)に、じゃあ君は今日何してたのって水を向けたことは一度もないのに、お友達から言われるまで沙羅が自分でそれに気づかないとは。控えめなたちなのね…(SNSするならTwitterよりInstagramっぽくはある)毎日同じデスクワークじゃない、モデルしてる娘なんだから、聞けばどこのスタジオでどの雑誌のお仕事でって、色々あるでしょうに。そして、ジャンプしてる写真をリクエストされて100回跳ねたけど使われるか分からない、だなんて酷面白いことにもなってるのに!

 安井の側だけ、え、一度合コンに参加しちゃったから?と戸惑っているまま、沙羅ちゃんは次に。「君の話を聞きたい」と言ってくれた小説家の徳川とは上手くいくのか。小説のネタにされそうw  その他の、商社マンとアパレルさんの話題にもなるのかな。
バラエティ番組の再現ドラマ的に楽しんでます。


「LINEの答えあわせ ~男と女の勘違い~」1 ☆☆

 おや案外面白い。
既読スルーになってしまったラインのやりとりを、再度女性側から描き直して、何が悪かったのかやらかしたのを教えてくれますw  この男女視点を変えての描き直しは前期「ねえ先生、知らないの?」では退屈の原因、30分が長かったですが。今作ではタイトル通りの「答えあわせ」になって楽しく見られます。w

 小洒落たレストランに集う男3女3の美男美女たち。
合コンにしては全員が全く初対面。年齢も20代~40代と幅広すぎで、なんの集まりかと首をひねっていたら料理教室でした。でもじゃあ料理技術向上が目的かというと、やはり出会いが目的な様でよく分かりません(^^;;;;;)

 大手コンサルから独立、IT社長の安井(古川雄輝)は、アパレル恵理乃(大西礼芳)をスルーして、モデルの沙羅(筧美和子)をちやほや。シェフ(和田正人)と懇意で常連らしい徳川(真島秀和)は女性に満遍なく優しいけれど、輪の中心はやはり沙羅。TVプロデューサの笹川佳奈子(坂井真紀)は、若造商社マン藤城(黒羽麻璃央)を顎で使い、恵理乃も
「やっぱり男の人は、若い女がいいのね」
と藤城に愚痴るw いや、そういうところが楽しくないのでは(^^;;;;)

 最初から、恵理乃に話しかけられても生返事だった安井。料理中も手つきにダメ出し、挙句包丁の取り合い(!)で手を切る恐ろしい事態になりますが、絆創膏片手に紗羅が駆けつけw 女子力を見せつけました。ってことは脈ありに思えるじゃないですか。
その後も、見合いでもない席で言い過ぎなほど「恋愛観」など語っていた安井に、笑顔で熱心に相槌をうつ沙羅。途中まで送っていき、別れてからもラインでやりとりをし続けて、なのに
「来週の金曜日、空いてる?」
と具体的な誘いをした途端、まず既読がつかずに安井モヤモヤw 翌朝からは既読スルーになりイライラw  家で羽根枕破れるほど暴れてますよ。ヤバい奴だな。←なのに、重ねて同じこと聞けない細心さ。ライン文化も大変ね。

 そこで時間は巻き戻って沙羅視点に。
自信満々で場をさらった様に見えて、話せないよーなどとずっと女友達とやりとり。ライン交換後は、速攻で安井のアイコンを友達にも見せて、自撮りはキモいだのチャラいだのと評定会議。イケメン故に、遊ばれて捨てられる警戒をされていたw  真面目に交際したいための警戒なのですが…。さて。

 相手によって態度を変える安井くん。ワインや香水などうんちくを語りがちで、自分を大きく見せるのが好きそうですが、間違えることもw そして枕を破る大暴れ。身近にいたら、少々地雷かな。それでも次回また沙羅と合っている様で、思い直して連絡があったのか、自分から行ったのか? 他のメンツとまためぐり逢うのか? 逆に恵理乃と初対面最悪からの何かが芽生える目もあるのか?

 それぞれの性格や関係を、言葉でなく座る位置や挨拶の様子で見せていく、演出の気遣いは好みです。答えあわせ、と行っても恋愛指南されるわけじゃなし。考え過ぎも考えなさすぎもダメそうで、返信に悩みすぎるたちの私としては勉強になるかも? 

「抱かれたい12人の女たち」4 筧美和子 ☆☆

 100人斬りの女!
 わざとスマホを店に忘れて、終電がなくなる頃に店に現れる女w 一緒に店に来ていた男は、ふってきたらしいです。 だってマスターの匂いがドンピシャで、もう抱かれたくてたまらなかったから! うわー、ゆるふわ可愛い筧美和子なのに、ど直球で来ましたよ!

「100人目になって」
とまで言われても、一応自分の勘違いかなと応対するマスター。セックスのことですよ!とあっさり言われて動揺w  カウンター内に入ってきた彼女に、抱きつかれ首元の匂いまで嗅がれてまた動揺ですが「大事なところ」が鼻の匂いだったのには「そこなんだ」とw 視聴者も思いましたよ、思わせぶりにw  
で、ほぼ来るもの拒まずのマスターですから、尺足りないけどこのまま押し倒されるのか?と思いきや。彼女をカウンターの外に戻して説教開始です!
 この人!と思った、と言われても。感覚がいかにあてにならないかを教える、とミニゲーム。目をつぶったまま、組んだ指にあたる箸の本数を当てるという普通は距離を縮めるためにすることを、反対の意図ですることってあるんだw 案の定、本数を外した彼女に勝利宣言。自分を大事にしなさい、ですってよー! ヒューヒュー!

 断られることなんてなかっただろう彼女が、べそかいて記録帳も人数もどうでもいいからと
「抱いてください」
と頼んだところでカーット!

 なかなか面白い流れでしたね。一度はお断りしたマスターも、これじゃやっぱり抱いちゃうのかも(^^;;;;;;;) 家に帰って、ぶチューっといく夢をきっと見ると山本耕史w 奥さんに怒られるぞー。

「アカリとクズ」☆☆☆

え、連ドラじゃないの?
残念なような、ホッとしたような。だってこれで連ドラだったら最終回までに何人アカリ出てくるの!

 舞台は深夜のオフィス。
『私と奥さんのどっちを』というアカリちゃん(筧美和子)の訴えをうやむやに誤魔化しつつ、クズ(袴田吉彦)が不倫してますよー! 夕飯やワイン持ち込んで、カーペット敷きの床でそのまんまSEX始めそうなんですけど!と、そこへ奥さんから『来ちゃった』と連絡が入り……。

 目覚めると死体が!!

 何がどうなったか、ナイフの刺さった奥さん(徳永えり)の死体とクズが添い寝で夜が明けていましたw
 傍目には救急車を呼ぶ一択なのに、疑われたくない一心でアカリちゃんにも警察を呼ばせずお互いに相手が殺したと疑うままもみ合って、今度はアカリちゃんが頭を打って……転がる死体が二つ。ナイフの指紋を拭き取って、アカリちゃんの手に握らせて……「よし!」じゃないよ、クズw 相打ちになるには死亡時間がきっとずれすぎだし、使ったアカリちゃんの手は左だったし!でも事態は、そこから何かバレる以前の問題でとんでもない転がり方をしていくのでした~。

 何より混乱したのが、妻も「あかり」なこと! 耳の悪い主人のため日本語字幕出してみているので妻は漢字で亜香里、愛人はあかりでしたけど、普通はそんなの分からないでしょw そして衝撃の『浮気相手は必ず”あかり”』問題! それも理由が、呼び間違えてバレたら困るから……ならまだしも! 呼び間違えたら可哀想だから……って!そこで女二人を思いやるぐらいなら、まず浮気をやめろ浮気を! しかも、これまでの浮気の人数が凄いw え、何年間で? どこで知り合うとそうなるのw
 その他にも、トイレに行って戻るにも社員カードが必要なセキュリティ厳しい描写なのに、営業時間以外に社員居残ってるのはノーチェックなのかとかw 突っ込みどころ満載なのですが……。まあいいかw

 10分1話で配信されていたものの、完全版放映だったそうです。常にクライマックスなわけですねw 終わったようで終わっていないので、続きがみたい~ 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ