ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

笹野高史

「鴨、京都へ行く」4 ☆☆

「ダメな女将はまわりを育てる」w


何も出来ないのに女将になっちゃった鴨スケ。

お茶を点てりゃ不味い、茶碗は逆向き(それくらい教えとけ母~!)、ちょっと勉強して料理の解説を覚えたら覚えたで、ぺらぺら喋りすぎでお客さまが食べる暇がないw ダメダメだー!

でもそのダメなのが伏線だったりしました。


ある日男性2人の宿泊客が、3人で写った写真を前に料理も3人分を用意させ、居ないもう1人の思い出話を……って、完全にその人死んでるよねー? と、私も仲居さんと同じく陰膳と思い込んでいたので

「おツレさま遅いですね」

と鴨が、料理は後で持ってこようだの電話してみたらどうだの、完全にもう1人急いでくる前提であれこれ言い出したのには仰天w

なんちゅー気が利かない女将で、こいつのせいで上羽やの株ガタ落ちだわーと思ったんだけどなー。

「3人目」は失踪しただけで、約束の日に一日遅れて本当にやってきましたよ!

やられた(><)


経験のせいで見過ごしてしまうことがある。

「お客様に従って」いたのでは、出来ないサービスがある。


資金繰りが厳しい上羽や、鴨スケは偏屈で「待って下さい」「助けて下さい」となかなか言えない奴なのですが、例によって従業員や女将連盟が、鴨の奇跡に賭けて助け舟を出してしまうのです(><)

甘やかしてるなー。
こんな物知らず、天狗の鼻が折れる気配もなくよく平気でいられると呆れたものなのですが、脚本がそうなんだから仕方ないよねw その上で、型破りな困ったちゃんを松下奈緒は好演していると思います(ドラマ中では”賢くて官僚なこと”、松下奈緒本人では”ピアニストだ”という自己肯定と自信が透けてみえるのでしょう)
ともあれ、大人しい優等生より、こんな鼻っ柱の強い高飛車お嬢の方が似合う様です。


そして冒頭の言葉を鞠子さんに吐かれて、

「…褒められてます?」

「皮肉です」

いいなーw

「実験刑事トトリ」4 ☆☆☆

相棒とは?の回。

もはや刑事ドラマにおいては、2人組で捜査するという当然のスタイルですら老舗「相棒」を思い出さずにはいられないというのに「相棒じゃないですか」「相棒たるもの」と台詞からして大連呼w


若手先輩刑事(高橋光臣)曰く、相棒なら全てを語り合って全てを知っていつでもお互いの事を考えていなくてはならない様ですよ って、恋人でもそこまでしないしw もちろんトトリさん(三上博史)にはあっさりとかわされています。(結婚していた事がある……って聞いた覚えがありますが。容疑者相手に語ってたのかな)


そんなわけで事件も相棒がらみ。

組んで仕事をしてきた漫画家(中尾明慶)が、ユニット解消の原因となった編集者を殺害……。ストーリー担当の相棒が容疑者として拘束されますが

「お前は犯人じゃない、信じてるよ!」(←だって殺したの自分だから)の典型です。

もちろん、解消を言い出したのは編集さんでなく当の相棒だったという皮肉なオチもちゃんとありましたよー。

アシさんが容疑なすりつけのために毒殺されていて、まあ後から登場するのは見え見えでしたけどね。彼女が相棒の恋人だったりしたら(で、相棒が「こんな筈ない!」と偽造遺書の内容を全否定してくれたら)いいなーと思ってみてました。『相棒だけど何も知らなかった』感じでるかなーと。でも実際は、長年一緒のアシさんが自白&自殺したと聞いても、相棒くんあまりリアクションしてなかった…orz

コスプレ場面なんかもあって、絵的に楽しい回でしたね。


ところで、冒頭で颯爽とレーサーバイクで出勤する姿が。

主人公トトリか先輩刑事と思わせておいて、おじいちゃん上司(笹野高史)でがっくりw ←更にこれが、元白バイ隊で「相棒」=バイクだった定番ギャグの伏線になってたと最後で分かって、それもなかなか愉快(^^)


よーく考えると「実験刑事」らしさはあまりありませんでしたが…まあいいや。
来週が最後と思うと意外に淋しいです

「サマーレスキュー 天空の診療所」4 ☆

山シゲオンステージ!


…って、ファンは楽しいのですが要は全体のストーリーを進めない為の番外編、みたいな。

山小屋の笑わせ担当井上くん(山崎樹範)、夏だけの休職かと思ったらリストラされていましたよ。しかも元同僚が登山に来て会っちゃいましたよ。(「なんで言ってくれなかったのかしら」って、いくら家族の様な仲でも言えないよ! 旦那さんだって、心臓悪いのに黙ってるよ?)
 

後半、けが人の治療に彼が必要だったって展開になりますが、医学生が頼りなさ過ぎただけで、押さえてただけだしw 


で、ラストに運ばれてきたのは主人公の婚約者。

そして『大病院にいてもっと多くの患者を救え』という上司。忘れてた。忘れてたといったら、主人公が母親を亡くしたばっかりだったはずだけどもうそんなの誰も覚えてないでしょう。


井上くんの就職先、ドラマ中に山小屋でみつかる展開になればいいですが、主人公の描き方すらこれでは、そこまでのフォローは期待出来そうにありませんよw だから本買えってか〜、うーん。


「ナサケの女」1☆☆☆

米倉涼子の<出来る女シリーズ>最新作。
今度は脱税取り締まりです。弁護士刑事と来て、今度はマルサですかー。「脱税する奴は日本の道を歩くな!」決め文句もバッチリ、こんな美人に叱って欲しい☆的な?
 

物語は、西伊豆署でバリバリ取り立てしてたヒロイン松平松子(米倉涼子)が大抜擢で本庁に栄転。大きな事件を扱う部署で、はみだしモノのままエリートさんの気がつかない真相に迫っていくという、まあ定石です。でもはまり役なので盤石。
勝村さんとか脇もいい味出してます。
武田鉄矢のオカマバーのママはズルイ(笑)昔ヤンキーの頃にそのママに世話になったらしくて、プライベートは当時の仲間に囲まれて「借金の取り立て屋」に就職したと説明しています。まあ嘘じゃない(笑)そんな今は更正して頑張ってる市民が、貯金の札に名前を書いていたりする、そこから億の脱税に気づくなんて泣けるじゃないですか。

タイトルは、税務署内で内偵部と強制調査実施部をそれぞれ「ナサケ」「ミ」と呼ぶ、その「ナサケ」からきているんですね。温情溢れる捜査って意味じゃないんだー。
何故か豪華なジュエリーは持ってるし、高級品の味も分かってる模様。着飾ってホストクラブに<個人的に>内偵にいったりして、上司命令じゃないなら払いはまさか自腹なんでしょうか(^^;;;;)その辺もおいおい分かるでしょう。
今は対立してる飯島直子とも、そのうちわかり合えることでしょう。
普段税金のことなんて、医療費還付申告でしか考えないサラリーマンとしては脱税騒ぎは他人ごと。いろんな業界を覗けて、ヒロインのコスプレも見れて、ドンドンヤレー!と気軽に楽しめそうです。

人気ブログランキングへ

「100の資格を持つ女4」☆☆

渡辺えりの潜入捜査ドラマも、もう第4弾!
サブタイトルに〜ふたりのバツ1殺人捜査〜とか入って、「相棒」を意識?そのうち連ドラになるのかもしれません、ってそんなわけないでしょー!

今回は、小山田刑事@草刈正雄の別れた妻子が事件に巻き込まれ、西郷さん@渡辺えりがブライダルセンターに潜入捜査です。序盤を見逃したんだけど、面接ではデーブルセッティングやフラワーアレンジメントあたりの資格でも披露したのかなー。
ビーズ講師やキャンプ指導、収納の資格を発揮しての情報収集。例によって事件も謎解きもむりやりなんですけど、何でか見ちゃうんですよー。むりやり過ぎて楽しいのかも(^^;;;)

帰宅途中に弁当買って、西郷家の子供たちに食べさせてる小山田さん。そんなところに思春期の娘さんが居合わせて、パパ嫌い!となるかと思ったら、「西郷さんと結婚しちゃえば」「お似合いよー」とお母さん=元妻と声を揃えてふざけてました。
山崎樹範あたりの捜査一課メンバーにも囃されて、笹野高史部長なんてラスト、ウェディングドレス姿の渡辺えりまで想像しちゃって!そのうち本当にゴールインするんですかね?誰得?
ずっとそれを期待して見てる私ですら、ふたりのラブシーンを直視する勇気はないかもですよ。

サトシ役@ささの友間くんが気になりました。役者らしからぬ感じが逆に目立つというか。またどこかで見かけそう。
(追記:笹野高史の息子だった!4兄弟で俳優だった!)

船の文化検定」公式ブログさん
作中に出てきたビーズ」指導作家さんのブログ記事。これこれ、このデザインでしたよねー!!

じゃすみんの過去レビュー「パート2」「パート3

人気ブログランキングへ

「100の資格を持つ女3」☆☆☆

この無理矢理なシリーズももう3作目!
警察勤め、とはいえ事務員の渡辺えりが、上司草刈正雄に頼まれて潜入捜査です(もう役名は覚える気もないゾ)。
今回の話は老舗の醤油蔵で殺人!管轄外だけど、恩師の娘さんが嫁いでるから捜査!特技と資格を披露して事件現場に採用されて、数々の資格で得た知識でアリバイを崩したりしちゃうという、毎回脚本の人もご苦労様です。

使われた資格はえーっと料理と美味しいお茶と英会話と絶滅危惧種と。最初、簿記やワープロ検定等々あまりに立派な資格をお持ちで、と採用を断られて逆に喜んでるのが可愛かったですわ。もうすぐ希望の部署に異動なんだもんねー。

私は何を期待しているかというと、やもめ同士の渡辺と草刈がいつかはくっつくのかなーという(^^;;;)今回も、住みこみの潜入捜査で家を空けている間、小中学生の子供と夕飯を食べていてくれるのは草刈〜♪死体を見つけちゃって「怖いーイヤー」と抱きついたりしちゃって☆←でも当然、まったく進展ありませんでしたヨ。

あとね、刑事のレギュラーに山崎樹範☆

で、戻るとせっかくの異動がパーになってるのはお約束(笑)またシリーズ続くんでしょうね〜。楽しみです!
上司の笹野高史さんはwowowドラマ「SOIL」の変な役から続けて観てしまったので、ほんわかした役なのに出て来る度にドキっとしちゃいました。

人気ブログランキング

「SOIL」1〜3 ☆☆

一見平穏なニュータウン「ソイル」で起きた、不可解な失踪事件。そして殺人。

浮かび上がったのは、住民間での壮絶なイジメ、盗撮、監視、性的虐待……。なんかもう怪しいものぶち込んでおけば良いだろう的、ごった煮でお腹いっぱいです。


校庭にそびえる塩の山といい、謎が凄すぎてかえって宇宙人で終わりそう?wowowのドラマは当たりが多いといえど、この枠に関しては「超人ウタダ」「借王」うーん。
 

ヒロインのメガネ刑事(星野真里)はイケテナイっぷりが可愛くて癒されます。でも、それをブースブス苛めるベテラン下品刑事(田山涼成)との組合せは笑えないし、家の前を生ゴミだらけにされても笑っていた失踪家族って一体?かと思うと、路上で寝込んだ女の子を(ナルコレプシーでしょっちゅうなんだとはいえ)置き去りにする級友って一体?

明らかに悪人で変態として描かれていた自治会長さん(笹野高史)よりも、まわりで普通に生きているはずの人達が気持ち悪すぎます。それも狙って演出してるのかなぁ。
 

そんなわけで、星野真里のパンツスーツのお尻だけを楽しみに、インパルス板倉の出番待ち。
次回の予告では大量殺人とか生き残りとかまたグログロになりそうで気が重いです。でも、学校の先生の身体にびっしりと描かれた入れ墨など、画面は面白くて話が動きそうな気もするし……。
 

なんの役なんだろう板倉……。

人気ブログランキング

「100の資格を持つ女2」☆

バツイチ同士で、草刈正雄と渡辺えりがいつかくっつきそうという怪しい2時間ドラマ(笑)

1もやっぱりそんなところに惹かれて見たんでしたっけ。
そして、ヒロインが「実は私……」と○○1級だ△△2級だの資格を披露する度に、
”だったら警察の事務より、稼げる仕事あるんじゃないかなー”
と思ってしまうのはもうお約束。宅建も持ってなかったっけ?
そして事件解決後、潜入捜査の有給が認められないのもお約束(笑)

渡辺えりって……台詞棒読みですよね??
そこは毎回気になりつつも、背中の肉にブラが食い込んでるお母さんだからこそ醸し出せる、なんか癒される感じは貴重です(褒めてますから! ^^;;;;)
これがスレンダー美人じゃいくら警察寮でご近所だからって、草刈刑事のやもめ部屋に上がり込んだり、子供も交えて一緒にスイカ食べてたら噂になっちゃうでしょ??
3もあったら、突っ込み入れながら多分また見ます(笑)

脇の山崎樹範刑事も楽しみの1つ。もっとお話に絡んでくれないかなー。

「神の雫」1 ☆☆☆

ワインを愛した父と、故にそれを憎む息子。
「美味しんぼ」路線かと思いきや、あっさり父死亡で20億円を巡る遺産相続争いに。それもワインの銘柄当てで……って、めっちゃ青年漫画なシチェーションですが
「要りません」
と言い切る淡泊な息子、雫(シズク)くん!!それじゃ話が終わっちゃうじゃないですかー!!

ビール会社に勤務し、ワインは飲まないと20才で決めた、という彼をソムリエ見習いからホームレスから某レストランの悩めるシェフから、寄ってたかってワイン対決の土俵に向けて押し出していく、巧まざるチームワークが楽しかったです(笑)

どんなに嫌でも、そこは天才ワイン評論家の息子。
繊細な味覚と鋭敏な感受性、記憶力は天性のもの。一口も飲まずに香りだけでもワインを語る。しかも、門前の小僧ならぬ同じテーブルにいた息子、習わぬデキャンタージュやマリアージュを実学していましたよ。

そしてついに、誓いを曲げて口にしてみれば……瞬時に周囲がお花畑に(笑)
これが「ミスター味っ子」的に笑いどころなだけじゃなく、じゃあ、母の墓に供えられたワインは、ちゃんと花束のつもりだったのかと、今更に気づかされて泣きどころに。上手いなあ(原作通りなのでしょうか?)

子供のジュースですら、料理に合わせてマリアージュ(料理との相性)を考えていた父。でもいつもその深い理由は教えてくれない。
なら、この訳の分からないワイン勝負にも、養子縁組で対決相手になった「兄」(田辺誠一のワイン評論家が、変でいいわ。「月下の棋士」を彷彿)の存在にも父なりの意味があるのか?
20億円はどうでもいいまま、勝負は続けることにした雫。初回当然のように負けでしたが、この先どんどんと力をつけて行くんでしょうねえ。そして32才で若くして亡くなった母の記憶等々、折に触れて語ってくれそうです。

「ハチワンダイバー」とは逆に、頭でっかちな解説役の仲ちゃんはおたおた可愛いです。ちょっとやせた?
悪そうな内田有紀や、ホームレス&ワイン評論家ないつもの竹中直人など、いかにも漫画な脇役も楽しむことにしました。

しかし、父に連れられて滞仏経験もあるんだろう雫、フランス語の台詞も多くてこれがスイス育ちの水島ヒロじゃないのがとても残念。仏語の童謡を歌い出すところなんて、堅い亀梨くんは痛々しかったよー。
CG地味。もっと花は華麗に出来なかったのかな。雫のデキャンタージュだって、CGでもっと華麗なワインの糸をきらめかせてほしかったですね。

映画「カンフーくん」☆☆

少林寺36房制覇のために、日本に飛ばされて来るカンフーくん。
ラーメン屋に居候して宿敵を捜すのさ。

場内のお子様大喜び。お茶の間スター満載の軽い映画でした。矢口まりのランドセル姿も桜塚やっくんも観れちゃってお得♪武田真治の黒尽くめカンフー姿はかっこ良かったですよー。(堤下は嫌な父親役だったわ 笑)
でも大人には食いたりないっちゅーか。
伏線がテキトーであちこち気になってもったいない映画でした。

中でももったいないベスト1は
”ヒロインれいこちゃんのカンフー!”
途中で一度、華麗に型を披露。それが伏線じゃないなんて(><)
てっきり最後の戦いで傷ついたカンフー君をかばってとか、それとも父の危機に発動?とワクワクしてたのに、何もなしですかー。
ヘリコプターで座ってるのも「シートベルトぐらい外して出てこい」と思いながら観てました。拘束されてたのね(^^;;;)はっきり映すのが遅いんだもん。

他にも敵探知ブレスレットと壷の正体とか、父の行方とか、階段肉まんとかさー。楽しいエンディングをみるだに、あれこれ撮ったけどずいぶんカットしちゃったんでしょうね。(長さとしてはそれで良かったけど)
「天使の牙」以来の佐田真由美がすっかりイロもの女優になってたのにもびっくりしたです。

目当ての西村雅彦氏はSFX変身までしてくれちゃう大活躍!カンフー映画のオファーだからと頑張って、あまり得意でないトレーニングもして鍛えたとか。その甲斐あってのシュッとしたシルエット、紫シャツと黒のスーツで戦う姿(カンフーではなかったけど)素敵でしたよー!きゃー脚長い(^^)
パンフレットで特殊メイクの話でも読めるかと思ったら、なーんだカンフー君ばっかりでがっかり!って主役か(^^;;;)

8才のカンフーくん。作中でキャーキャー言う程可愛いとは、思えず。亀田兄弟系の悪ガキ面ですよねえ。佐藤めぐみが抱き上げた時も、明らかに無理してた(筋肉質で見た目より思いのかも 笑)
でもエンディングの、演技してない時の笑顔は良かったわ。それは他の子達も。やっぱり緊張しますよね、演技って。

×文部省 ◯文部科学省  (「TEAM」ファンとしては突っ込みどころ)

「犯人に告ぐ」☆☆☆

 wowwow制作、今秋公開予定の豊川悦司主演映画が、何故か一日限定放送。
ネットや口コミで「いいよ」と広まって欲しいのでしょうか?下手したら海賊版が出回ってしまうのでは。それともこれ、映画館でみるとラストにもう15分あるとか???←そんな風に思えないでもない終わり方だったわー。

 ともかく、豊川悦司は神奈川県警の刑事。
手柄を狙って、ムリをした挙げ句&記者会見での暴言で左遷になります。
 そして6年後、再び起きた相同の大事件に責任者として迎えられ(もろスケープゴート)、TVを通じて犯人に語りかけるという暴挙で再び時の人に。
 犯人は呼びかけに応えるのか?事件はまた起きるのか?

 いやー、その犯人に呼びかけるトヨエツがもうかっこよくてメロメロですってば。
専属出演のニュース番組が視聴率アップって、そりゃそうでしょう。
終盤では、とうとう襤褸を出した犯人に「もう逃げられない」的なことをいうわけで当人には恐怖の戦線布告、そして捜査に巻き込まれる地域の成人男性には良い迷惑でしょうが、犯人像にまったく合致しない私にとっちゃもう、ただただショータイム!
「今夜は、ふるえて眠れ」
きゃー捕まえて〜♪

 それを快く思わない二世ボンボンの上司(石原ユウジ似)が、トヨエツを陥れようとして墓穴を掘るのも爽快。また、「武士の一分」で下働きだった爺ちゃんがトヨエツの味方でいてくれるのも嬉しくて、人物配置がいいですね?。
 事件にだけ的を絞った展開が、多少色気はないですがスッキリしていて面白かったです。うん。

 ただ一つだけ気になったのは、冒頭で死にかけていた奥さん。
てっきりそのまま亡くなって、一緒に暮らしているのは妹かなにかだとばっかり思っていましたよ。心臓が悪い描写も6年後にはないし。助かって良かったと一言あれば良かったのにー。

映画「武士の一分」☆☆☆

 主人公(木村拓哉)が失明。

 冒頭で早速起きる、記事やCMで嫌でも目に入ってくるその設定が観客にとって唯一の『事件』かもしれません。
その後は、あーあーあーと、当事者にはともかく観てるこっちにはものすごく予測的中な展開で進んでいくわけですが、だからといって飽きる訳でもなく、何やら美男美女と移ろう日本の四季を愛でている間に過ぎていくという。
 静かな映画でした。

 妻(檀れい)の不貞。
とはいっても、強姦でしょ。ほとんど不可抗力。それでも、事実と分かるや否や離縁を言い渡し、妻も即座に去っていく。
辛くても哀しくてもそこには武士という生き方に誇りを持つ者の美しさがありましたねー。最初噂を耳にしたときには、即座に、断固として否定する程の愛と信頼がありながら、ですよ(丁度、ドラマであたふたと見苦しい「今週、妻が離婚します」を観ているところだけに、潔さの際だつこと)
 そして、妻の為の敵討ち。

 外聞が悪いから隠すとか、自分に都合がいいから黙っているといった見栄や意地ではなくて、自分で決めたことを守り通すために、全てを黙っているんです。
武士だから、と表現されていますけど…人としてかくありたい、夫にもこうあって欲しいと思いました。

 そして私がこっそり戻って来たときには…と思うと、果たして煮物の味で分かってもらえるかどうかは分かりませんが(^^;;;)

 脇では桃井かおりのおばさんと、下働きのおじさん(笹野高史)が出色。開けっぴろげで庭の一部のような日本家屋も、登場人物の1人の様でした。

「わるいやつら」3 ☆☆☆

 来た来た来た!

 イヤ実は先週からの後悔するヒロインがうっとーしくってね、人間的にはそっちがマトモでも娯楽としては、ずっとこれなら観れないやとか思っていたところなのですが、やってくれましたねー。
 戸谷先生と愛人ちせ(余貴美子)の企みに、荷担して旦那(笹野高史)を殺す手伝いをする……とみせかけて、ちゃんと治療してる(笑)胸がすっとしましたよー!!

 これでちせにも戸谷にも金が入らずに困窮したところで、ヒロインには痛くも痒くもないんだし(笑)

 いくら「医療過誤」とごまかしたところで、実は人を殺してますなんてことを、お気楽に言いふらすとは戸谷先生っ 本当に実のない男ですもの。ざまーみろっ
 ちせはちせで……旦那を殺そうって相談をなんて可愛らしく楽しそうにすることか(^^;;;) 倒れた旦那にクスリ投与して死を待ってる場面では、まさに看板通り
「わるいやつら」!!!

てっきり
『注射と死亡診断書でどんどん人殺しして、最後掴まる』
だけのドラマかと思っていたのですが、この先がちょっとわからなくなってきました。

 デザイナーの彼女(笛木優子)はここに、どう絡んでくるのでしょう。
でも戸谷先生、愛人で飼っておくならともかく、夫として取り合うほどの男には見えなくて、前半の女のケンカには超疑問。
 弁護士先生(北村一輝)も、意外や純情にヒロインに惚れてるみたいですよね。

「相棒4」6 殺人ヒーター ☆☆☆

 あったよ指輪っ(><)
なのにそれを亀ちゃんに言わない右京さん。胸中やいかに。

 人気商品、充電式ヒーターが勝手に着火してしまうというトンデモナイ不具合。
連続放火事件に隠れた失火事故を、特命係の地道な捜査がまたもやあぶり出しましたよ!!

 捜査がトントンと進みすぎるきらいはあります。
決め手の『犯人しか知り得ない事実』も、ぺろっと連呼されちゃって。あれはなんでしょう、進んで捜査協力することで疑いを逸らそうとしたのか、捕まりたかったのか(それとも莫迦なのか・笑)

 結局小さなリコール記事が出て、死人に口なし。
重役連中(峰岸徹、嶋田久作、笹野高史)は商品の欠陥を知りながら放置したのに、お咎め無し。

大企業のあの事件とか、このリコールとかを思い出させる社会派事件ながら・・・・・・それだけだったら淡々と過ぎてしまうところを、最後に小さな指輪が心にひっかかってくれました。

 やっぱり彼女、ウソついてたんだ。
だよねー。会社中から嫌われてる女と交際だなんて、彼まで居場所なくしかねないものね。ワルモノになって身を引こうと。
 ・・・・そんなことを、今更知らされても彼も不幸。
でも、亀ちゃんに教えないのは何故?

『被害者 私物』と仕分けしてからも、随分長々と遠い目をしていた右京さん。
普段からそうやって、他人の気付かない何かを拾い上げては何百と、胸にしまって過ごしているのでしょうか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ