ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

竹財輝之助

「ポルノグラファー」3 ☆☆☆

 なんなんだ、あの二人。自分を買い出しに行かせて、今ごろ家で何を……

 ってところで腐女子並のBL妄想を繰り出す久住くん。純文学で食い詰めた木島にエロ執筆を勧めた恩人、のはずの城戸が妄想の中では、仕事と引き換えに木島を好き放題に犯す鬼畜編集にw 明かりもつけない隠微な部屋で、もう嫌だと懇願する先生を乱暴に扱い、あんなことやこんなこともー!ダメー! と、走って帰ったら普通に明るいキッチンで歓談してましたよ、って当たり前だ!飲み交わす話題は、学生時代の木島のモテっぷり。城戸も妻子持ちとも分かって、ゲイ妄想を反省する久住くんなのでした(^^;;;;;)

 しかし酔いつぶれた先生を寝室に連れて行く城戸の様子は、むしろ妄想セックスを超える『こいつらデキてる』感w 口づけでもしそうに抱きしめたまま、そおっと大事に横たえるところなんて、直視に堪えない!ほんと君ら何なん。そして、深入りするなと忠告されムッとする久住。俺のように振り回されないように、ですって。いったい何があったのか。
片付けに残って、酔っ払いの誘い「一緒に寝よう」を断れない。ああ、せっかく城戸が忠告したのに。「ここにいて」と甘えてるそれ、中年男なのに! ひとつベッドに顔を寄せて先生を見つめ続ける久住くん、絶対眠ってる、起きない、と唇を押し当ててみたら(鼻がつぶれて、いかにも不慣れw)
「ねえ、それだけ?」
と綺麗な手に顎を捕らえられ、長く深く熱い口づけを教えられて……暗転。

 朝にはいつもの冷笑する先生で、「覚えてない」「忘れて」と言うのです。ほらそれってお互いのため、何もなかったことになる魔法の呪文だよね。でも久住くんはどうしたいんでしょう。

 いやあ原作も該当部分まで読んで、セリフの生かされ具合や逆に実写ならではの口述映像化に感激しています。それに先生の家を一戸建てにして外の緑を入れることで、とても広がりが出ていますよね……映像美。あと夏のセミの声や、開け放った窓にカーテンが揺れている感も好き。 


「ポルノグラファー」2 ☆☆

 新登場の城戸(吉田宗洋)さんイケボ。久住と先生が二人とも声高めなので、城戸の低い声で3人の会話が締まりますね。

 すっかり妄想が癖になった久住くん、案の定先生の
「口で、してあげる」
を脳内リピートw 女教師がいたあの教室を舞台に、抜かれちゃってます(久住くんの妄想の先生だから、左じゃ字がうまく書けないのw) もうエロ小説よりも木島先生本人をエロく感じちゃっているじゃないですか。ソファに並んでレコード鑑賞、音より横顔を盗み見てドキドキ。「そういう(正直な)とこ、好きだよ」と、思わせぶりな笑顔に生唾をゴクリw
 大学で友人(上田悠介)に、バイトの件をうちあけてみるとキショい爺さん扱い。まあ確かにw 音声認識ソフトでいいじゃんと言われても、先生は携帯もパソコンも持ってないアナログなんだよ。と、自ら逃げ道を潰していく久住くんです。
でも嘘つきな先生は携帯持ってましたよ。着信相手との口論で、初めて聞く先生の怒声。そう、君は先生のことを何も知らないのですよ。

 そして今夜も「無理よ、いやぁ……かっことじ」と口述筆記は続き、三点リーダーを2回打つときは指を二回コンコンなどと、二人の間のルールも仕上がってきている2週目。突如侵入してきた男は家の鍵を持っていて、編集者の城戸と紹介されます。三角巾で釣られた木島の腕に驚き、気遣っているのに邪険にされる城戸。それがまた二人の親密さを表すようで、おまけに常に顔が近い!
3人で飲もう、とお使いに出されたことが追い払われたようでイラつく久住。嫉妬ですよね。
「お前、左利き…」
と城戸が言いかけたことに気づかない程、平静さを失ったまま次回に続くw 1話30分で見やすいですが物足りない……!


「ポルノグラファー」1 ☆☆☆

 「時空探偵おゆう」で気になった竹財輝之助主演作、FOD1~3話無料配信が今日までなので急ぎアップです。

 実際、小説の口述筆記ってこんなスラスラ出来るものなんでしょうか。ドラマでも「なつぞら」脚本家が口述筆記と聞きますが。今私が打ってるこれですら、書きとってやるから言えと言われても困る……。

 大学生久住春彦(猪塚健太)は、不注意から木島理生(竹財輝之助)の右腕を骨折させてしまう。小説家だという木島は、治療費や賠償金のアテがない貧乏学生久住に、自分の仕事の手伝いを提案する。張り切って口述筆記に臨んだ久住は、どんどんと隠微になるシチュエーションと慣れない専門用語に躊躇する。陰壁?淫水?漢検一級の実力でも手ごわい語彙。そう、木島はエロ作家だったのだ……!!

 「時空探偵おゆう」鵜飼どの竹財輝之助と、「娼年」のあのイカれたホストくん(猪塚健太)W主演。同心姿じゃない竹財輝之助(当たり前だ)ラフな白シャツにメガネで戸惑います。一人称は僕、フェミニンな口調で声も高め。その上、念のためイヤフォンにしてるせいで耳元でずっとエロワードささやかれてしまってどうしましょう(^^;;;;;;) 若い久住くんが劣情をもよおしてしまうの、無理もないですねえw
 先生の表情に、エロ描写に、反応してる自分の身体にと久住くんが気を散らす度、口述は続くのに筆記中の手が止まってこっちまで心配になっちゃいますよ。そこで見透かすように先生が
「ねえ、勃ってるよ」
何故バレタ!と立ち上がっちゃう久住くんですが、それ女教師みさこの次のセリフでしたw ドストレートな読者の感想?に喜んだ先生は調子にのって、久住の耳元で
「抜いてあげようか」
とささやく始末。結局はトイレに駆け去る久住くんでしたが、いや、他人様の家で済ませたとして、どんな顔して戻ってくるの?男同士ってありなの?と笑って見ていたら、これネタに使えそう!と小走りでメモに駆け寄る木島先生……

 左手でサラサラと筆記!こいつ、左利きだー!!

 ライターを左手で器用に使うなと思ってたんです。やばい、面白い。
BL漫画原作の配信ドラマとのことで、失礼にもあなどっていました。久住が自転車を飛ばす坂道は美しく、しっとりしたピアノのBGMや口述にかぶる虫の声、鬼束ちひろの主題歌も素敵です。なのに丸一年知らず、地上波放送も気づかずにいたなんて!損してたー! これからは配信ドラマも要チェックですねえ。
 口述中の女教師ものの実写化映像も、なかなかに凝ってます。続く「抜いてあげようか」の場面、女教師みさこが生徒に密着指導する場面と同じ構図ですよね。『欲情する若者』の左肩後ろから『先生』が身を寄せてくる体勢です。正確には、みさこは正面から覗き込んだと描写されているので、机を挟んで向かいにいるはず。セリフと映像の違いが気になりつつ、エロ度アップの絵面には納得です。
喘ぎ声も激しい女教師ものからチャンネルを合わせた男性視聴者がもしいたら、いきなりBLに急転回でたまげたことでしょう(^^;;;;;;)


「時空探偵おゆう」~最終回 ☆☆

 えええ、同心鵜飼どの(竹財輝之助)の札入れからはらりと落ちた驚愕のブツは! 続編が超気になる最終回でした!

 江戸に科学捜査を持ち込むおゆうちゃん(佐久間由衣)、持ち帰った証拠は事情をうやむやに宇田川くん(甲斐翔真)に分析を頼んでいましたが、そのうちに
「お前、江戸に行ってるだろ」
と、あっさり核心を突いた上での全面協力に。えー『不思議な空間が』の説明だけで信じたよ!見せろとも言わないよ!なのにタイムトラベルの検証はするんだ……素直じゃないぞ(^^;;;)

 さて、指紋を採取。遺体の手に墨を塗らせてと意味不明なお願いをし、お猪口にはテープをぺぺっとな。照合の結果もう一人現場にいた筈……となるのですが、さてそれを江戸の同心にどう伝えたものかw
その後も偽薬の成分分析だ、機械をしかけて盗聴だと現代風に情報を掴んでは、曖昧に仮説で説得したり、案外別捜査で同じ推理に辿りついてたり、はたまた信じてもらえなかったり。その間にも、鵜飼どの切腹の危機やロマンスの進展も。
毒殺された男の口元にゆうの簪をあてて「附子だな……」って! 銀の変色でヒ素混入を証明するのは江戸風ですが、それに女性のアクセサリを使うなんて酷いっ。ぎこちなく謝罪した鵜飼さま、
「今度、買って返す」

って!むしろ買ってやるために、簪を使った?? 居合わせた太っちょ岡っ引き(石毛元貴)、もっと全力で囃し立てて盛り上げて欲しかったですねえ。

 で、事件はああでこうでと、嫌味な上司(手塚とおる)や信心深いだけの商人などが次々と捕まってはその裏が判明。抜け荷隠しに発展し、現物を抑えようと大松屋の蔵に忍び込んだおゆうちゃん。大きな錠前は宇田川くんがくれたワイヤーソーで切断!阿片がすぐにみつかったのも、宇田川くんの講釈で英字の箱を探したおかげ。ゆうよりも、宇田川くんの安楽椅子探偵っぷりが冴えているようなw しかし捕らえられたゆうピンチ!猿轡をされ奥に隠されて、助けにきた鵜飼たちにみつけてもらうには……『助けてぇぇぇぇぇ~』と叫んだのはスマホ防犯アラームでしたw
 そして商人(大谷亮介)と、鵜飼の上役与力(神尾佑)が逮捕されめでたしめでたしの筈が、見過ごされた事件の発端に気付いてしまうおゆうたち。ことの始まりは
「息子の死の真相を……」
と駆け込んできた藤屋久兵衛(吹越満)なのに、いまだ亡き長男の弔いはされず。実は危険と知りつつ邪魔だった彼を死地に向かわせたのでは。その後は、それを機に大松屋を潰したかったのではないか……。 どれも罪にはならず、証拠は貴方の心の中にしかないけれど……と、ただ静かにおゆうに諭されて、妾の子だった長男を代々の墓に弔うと約束する久兵衛なのでした。

 与力と鵜飼同心が火花を散らしての殺陣は大迫力でしたねえ。藤屋の下りは冗長な気もしましたが、確かに何度も藤屋久兵衛がいいこと言って新展開になってましたっけ。吹越満が演じただけのことはありましたw
 そしてやっと簪を選び、 寄り添って歩く鵜飼どのとおゆう(^^) これも、そのまま終わって良かったんですけど! なんと鵜飼が落としたのは白黒写真。「陸軍中野学校にて」の裏書と、軍服姿の鵜飼……ちょっと、鵜飼どのったら昭和の人? そして陸軍精鋭のスパイなら、与力と切り結んだ腕前も納得がいきます。ただ2方向に謎が! 鵜飼のタイムスリップは単独か?下手したら組織ぐるみでなにかしているのかも。 ふたつめは謎というかツッコミで、その立場で身元のバレる裏書きしちゃダメw

「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」2、3 ☆☆

 おバカドラマがクセになる……。

 現代に戻り、江戸資料館で江戸を学ぶ優佳ちゃん(館長に佐藤二朗w)その発想はなかったよ! 事件の関連ワードで検索も。そんな後世に残る大事件じゃないでしょう~!
そして遺留品の血染め手ぬぐいを、化学オタクの幼馴染(甲斐翔真)に託し分析を頼みます。って、特に狙いもなくざっくり分析って、何がわかるっていうんでしょう……。
 と、思ったら。ほとんどが鶏の血で、人の血は少々だとか。へえ、そんなことが分かるんだ。更には、全く化学合成物質が付着しておらずこの現代にはありえない、と出処を不審がられるのですが……。へえー、そんなことが分かるんだw

 資料館で思いついた、夜間の目撃者=夜鳴きそば屋への聞き込みは的を射すぎて、気のいい同心見習い藤吉くん(池田純矢)が捕まり哀れお亡くなりに……。それじゃあと鶏の血関連の聞き込みで捕まえたゴロツキ半次郎(鈴之助)を、吐かせようといたぶるのを見ていられずに止める「おゆう」こと優佳ちゃん。その代わり
『秘密を知るあなたがしょっぴかれて、お仲間は放っておくでしょうかね』
と、実行犯が逮捕された方が安全だよーと理詰めで密告をお勧めw そっちの方が効き目がありましたよ!これも現代捜査? 持ち込んだ通販スタンガンも大活躍です。

あと薬問屋に吹越満、私得。最近よくみるどんぐりさんも、意外や時代劇の女将似合ってましたよ。

 ガールズトークで、最近気になる人を『着物が似合って……サムライ?』と謎表現する優佳ちゃんw そりゃ江戸時代の同心だとか言えませんからねえ。で、女友達から化学オタクくんへとそれをリーク。気になるオタクくん……優佳を追って、そのうち江戸に来ちゃうフラグですか?

気楽に楽しんでます。

「デジタル・タトゥー」1 ☆☆☆

 毒舌ユーチューバー、タイガ(瀬戸康史)に殺害予告!
年齢差バディものですねw 殺されかけた、でも警察には言いたくないタイガの依頼を受けて、ヤメ検弁護士岩井(高橋克実)はネット民と対峙する羽目になります。

 さて次々と相手を特定しては自宅訪問する岩井! 罵倒、逆ギレはもちろん、格闘にまで。最初のVチューバー(って言うんですって!自分の動きをアニメにさせるタイプの顔出ししないYouTuberを!しかも男が美女キャラをぶりぶり演じてるw)には悪意ある書き込みの削除依頼だけでしたが、明らかに殺意を見せた相手の訪問は、警察にまかせたほうがよろしいのでは(^^;;;;)
タイトルの「デジタルタトゥー」は犯歴や個人情報など、ネットに拡散され消えない履歴。それを示す様に、人物の顔に浮かび上がる『人殺し』『傷害事件』などの文字が衝撃です。また場面を細かく巻き戻してセリフを繰り返す演出も、印象的。

 書き込み犯特定のほとんどの行程はタイガがしても、最終的に身元開示を要求できるのは弁護士だけ。そこで岩井に声をかける関係は面白かったです。また、実は国会議員の息子なタイガ。父親(伊武雅刀)の収賄疑惑を、検事時代の岩井が担当したと知りつつ近づき、親父はどんな奴なのか?と知りたがるのも興味深いです。優等生で秘書だった兄(竹財輝之助)と違い、落ちこぼれの彼は期待されずに、父との接点がなかったのね……。
でも、動画で世界を変えられる、と心躍らせる様子は実に政治家向き、父譲りなのではw いつか父の地盤を継いで、出馬しちゃったりしますかー?

 しかし、闇サイトでタイガ脅迫を依頼したアドレスは……父の選挙事務所?タイガの活動の、選挙への悪影響を心配する秘書の暴走か、それともまさか父本人が?
常に正論まっすぐな岩井は、親父さんに直接聞けとタイガを叱り飛ばすのですが。そんな確認が必要って、既に破綻家族ですよ(^^;;;)それに親父さんは『長男が死んだのは岩井のせい』と、タイガに告げるかもしれませんよ。それでもタイガと岩井は今のままでいられますかねえ……。

 続きが楽しみです。 

「ダメな私に恋してください」3~5 ☆☆☆

いつも一生懸命なミチコさんが可愛い~w

会社のイケメン最上(三浦翔平)に猛烈アプローチされたミチコさん。同僚女子連には睨まれ、主任には詐欺師だ騙されているとさんざバカにされますが、最上くんはホントにミチコさんが好きだったんですよー。よかったよかった。
でも彼氏彼女になったって、お食事して帰るだけで「試合」に至らずw 
恋愛経験のないミチコさんですから、好意はあるものの距離縮まらず、なんかかしこまっていてね。バレンタインを機に最上くんにオムライス作ろうとするのは可愛いですけど、そのための特訓で主任との仲がますます深まっているじゃないですかw 正直、主任と口喧嘩してる時の飾らないミチコさんの方が生き生きしているかも。

そんな2人の仲良さに、昔つきあってたんじゃないかと疑う最上くん。
まあそうだよねー(^^;;;) でも否定されればすんなり聞く最上さん、いい人だわ。それをいいことに、居候も告白しちゃうミチコさん。え、さ、さすがにそれは関係を疑われても当然な……あれ、そこもオッケーなんだ。
喫茶「ひまわり」まで来てオムライス食べて、「彼女の味に似てる」なんてわざわざ言ってよこすところは主任への宣戦布告? でもバレンタインの夜にお泊りはやんわり無しで、妙なタイミングの電話はあるわ、まだ何かある最上くんですがどうなんでしょう。
でもでも、ついに居候解消を決意したミチコさんに
「じゃあ僕の部屋に住みませんか」
って、同棲のお誘いですよー! まずは本当にこっちと結ばれてしまうのか?

本筋として気になるのは主任の気持ち。
ずーっと兄(竹財輝之助)の恋人だった花屋さん(ミムラ)に恋して、義姉になってからも好きで兄が死んでも好き…だったらしいのですが、まるで相手にされていないw 天真爛漫ミチコはある意味似たタイプ。肉肉と食わせている間に、情が湧いたり可愛いと思っちゃったりしてるんじゃないの? 
ミチコさんは既に、主任の恋を応援しつつももやっとし、毎朝の美味しい朝食を惜しんでいますよ。それが恋とは気づかないままw
 

ちなみに、未亡人を演じるミムラはめちゃキュートですが。亡き夫の思い出話をしすぎでちょっと変な人になっちゃってるかも。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ