ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

竹内結子

映画「いま、会いにゆきます」 ☆☆

 ・・・悪い女に騙されている様にもみえる(^^;;;)

 やっと見ました映画版(2005/12)
これをきっかけに結婚する主演ふたりと美しいひまわり畑。うーんロマンチック。

 2時間にぎゅっと凝縮されて、時間軸のほころびは変わらないものの分かり易さ入り易さではなるほど、こちらの方が上かも知れません……という具合に、どうしたってドラマと比べて見てしまいます。
 澪の母が出てこないことと、診療所の先生(小日向文世)は映画の方がしっくり来ましたが、澪が後を託すのはドラマ版の様に、親友にの方が自然かなぁ。

  ドラマの巧@成宮くんの中性的でいかにも無害な見かけと比べると、映画の巧@中村獅童はそりゃ、男臭くて挙動不審。いくら子供もいて2人きりじゃないとはいえ、記憶のないまま泊めてもらうなんて結構勇気いるかも。
 そして気の強そうになった澪@竹内結子(笑)。
ちゃんと回想シーンの少女も似たタイプになっていて
『いつも何かに怒っているような』
の解説に大ウケ! だよね、だよね~。

子役とのキャスト入れ替わりのタイミングも違っていて、初々しい初めてのデート、ポケットの中で手を重ねる同じあの場面が……映画では20代後半の人達でだったのは困りましたよ~。2人とも、そんなことでためらう風に見えないのよーっ

  でもその分キスにはドキドキしたし、6週間の再会の間にちゃんと2人、結ばれているんですよね~キャーっうん、これはポイント大きいかもしれない。


 そして帰還後、自信満々であいお君を呼び出す澪。ぷるぷると震える、子ネズミみたいになってる巧(^^;;;) 

下世話な話、この時点でキスもしてないハズの2人。巧君童貞だろーなとか思うと、いかにも世慣れた竹内結子に見事はめられた気がしてしまいます。

 8年後可哀想にも死んじゃうのはそりゃ澪だけどさ、コブ付で配偶者に先立たれる巧君の運命もやっぱり可哀想で、しかも彼には選択の機会が無い!!


  ゆうじが大人になって届く、多分澪からの最後の誕生日ケーキ。

和やかな食卓を準備する2人。素敵なラストでしたけど・・・20才の澪が別の選択をしていたら、別のお母さんと3人でいられたのかもしれない。

こんな、ドラマ版で思わなかったひどいことを考えてしまうのは何故でしょう~。


 初めてのデート後のやりとりが少なくて、都会の大学で暮らす澪@竹内結子が、田舎でくすぶるあいお君を好きでいるとは全然思えなかった為でしょうか~。


「不機嫌なジーン」5 ☆☆☆

 「僕とテントウムシのどっちが大事なんだ?」
それを口にした瞬間からテントウムシ!!

 ていうか、寒空に屋外で待ち合わせが一番いけないと思います。ゆっくりお茶して本でも読みながら待てるところにしなさいよ。

 この「どっちが大事?」選択を、とうとう男もいう時代かと思うと感慨深いです。

 ムシオ君、相手が人間なら、例えば仁子の仕事が看護婦で待たされるなら我慢するんだろうか。でも結局、自分を一番にしてくれって要求だもんね。赤ちゃんが泣いてるのと一緒だ。
 自分より赤ん坊の世話を焼く妻に怒るような旦那になりそうで、もう絶対イヤこいつ(^^;;;)

 のんきな同居人は「理系を希望する女の子が増えるんじゃないか」なんて言ってますが逆だよねぇ。
 理系の女は変で我が侭でイヤだっと全国的に発表しているドラマじゃないんですか。
 今回はテンポよくて面白かったけど、理系女としてそういう部分だけは素直に楽しめない。まあ、仁子がやり方下手なんだけどねー。
 あんな遠くから謝らずに、まずは抱きついとけって!!

 山での虫狩りも意味不明。
 本来虫ってのは、都会の地面でも1M四方掘り返せばうじゃうじゃいるもんです。ええ、地面に升目書いてほじくり返して数えたことありますから!
 あんだけ集めてきて飼育してどうするんでしょう。それともあれ、フクロモモンガの生エサ??(きゃー)

 それと仁子ちゃん23才になったそうです。
するってぇと・・・ええー、教授とロンドン&オーストラリアで同棲していた頃は20〜21才!! それって教授、教育者として倫理的に深刻に問題ありますから。離婚して独身でもダメ(^^;;;) せめて大学は卒業してなきゃダメ。

 そんなこんないいつつ、久しぶりに一時間楽しくて、唐突に入るアニメも心の声も、短めに抑えていい感じでした。
あとは、やっと出たオダジョーは抑えずに・・・もっと出してー。

「不機嫌なジーン」4 ☆

 憎みきれない♪ろくでなしぃぃぃぃ♪
教授のココとココとココとココが嫌い・・・だけど愛おしいって、うひー痒いっ
 あれ、普通のラブコメみたい?

 アニメないし教授は元気ないし仁子も騒がないし、健一くんも怒らないし。
嵐の前の静けさ・・・とはいえ、ずっとこのぐらいがいいなぁ。

 恩師(伊東四朗)の手前別れたといえない仁子と教授が、仲のいいフリをする・・・・・のとフクロモモンガが今日のメインかな。

 イイコの健一くんがなんと言おうと、仁子と教授はくっついちゃうんじゃないの?今更オダジョーが出てきてもどうなるものでもないような。
 それとも、本気で小林聡美を口説いてくれますか、オダジョー??

 モモンガの捕獲、小動物を素手で掴もうなんて無茶ですがな。初めからカゴ使ってください。

「不機嫌なジーン」3 ☆

 仁子、もういい。謝るなっ(涙)

 健一くんは可愛くて、彼に電話もらってメロメロ仁子も可愛くて、微笑ましいカップルなんだけどさ、根本的に君たち、似合わないよ!

 だって初めての出会いからして、他人の会話にクビ突っ込んで怒鳴り散らしてたんだよ仁子さん。この先いつだって、妊婦の喫煙は胎児に害だとか、厚化粧は肌に悪いとか、思い立ったら言うに決まってるじゃん!!
 それがイヤでも、やっぱり一緒にいたいなら手段はひとつ。
健一くんが先に騒ぎを起こすしかないっ そしたら仁子は止め役だっ(でもそれをすると、南原教授と同じになちゃうんだってば)

 今回も、2000年が2年前だったりと洗濯物畳みながら見るには時間の流れがフクザツでした。
温室でなんて現在過去未来の仁子が勢揃い??
あのスゴイ緑のセーター、ロンドンの路上で痴話喧嘩していた時のかっこですよね。妙に印象強くしていたのは、この時の為だったのかと納得。

 南原教授夫人(高岡早紀)、強烈でしたねー。物を投げるか、物を。
 この人も、健一君と同じ匂いがする。相手がのめり込んでいるのと同じだけ強く愛する自分の世界がない。
 仁子が虫の話をまたするなら、健一くんだってガンプラでも教育問題でも語ったらいいし、奥さんだって自分の好きなことしてればいいのに「空虚だった」だなんてさ。それ、自分のせいじゃん。

 で、小林聡美は・・・・どんな異常な状況でも平然としている役が持ち味かと思うのですが、今回は珍しく(だよね?)テンション高く数学一途にひっかき回す方。なんだか違和感。
 痩せちゃったのか、お肌にもつやがなくって老けてみえるよーん。
 南原と3人で同期だったという旦那、そのうち出てくるんでしょうか。思いっきり地味なヒトだったらいいなぁ♪

 ひとつひとつの場面、エピソードは結構面白いのですがブツギレ。
盛り上がりが特にないので一時間が長く感じちゃいました。途中、かなり早い時間にスタッフロール入りましたよね?そこで終わると思ったのに続く続く。
「ごくせん」なら、時計見なくても今何分ごろか分かるもんなぁ。

 ・・・・・だから、オダジョーを早く!!!!

「不機嫌なジーン」2 ☆

 日本語で「すみません」でも、英語ではアイムソーリーでなくエクスキューズミーじゃないのかなぁ。いえ、先週のタクシーでの会話の話。

 あれが2007年だったっけと、よそさまのレビューで思い出す間抜けな私なのですが、今回は”3ヶ月後”と始まって、2002年の夏が舞台。えっ現代じゃないの?
 時間軸がややこしいよーこれ。

 そして、本来メインかもしれない恋の話はどうでもいい感じ(^^;;;)
セックスアピールむんむんの南原教授vsあっさりケンイチ君。
 うーん、見てて楽しいのは南原さん(35)ですけど、浮気するからなぁ。

 フナ解剖といい、ヒロイン変人を強調するエピソードが並びます。でもねぇ。
幼馴染みの色っぽい歯医者さん、ムシ専門の仁子より彼女の方が実は、人間様の解剖だのウサギ撲殺して解剖だの、エグイこと沢山してるはずでは?
 でも彼女は、どーせ私は変なのよってひがんでないじゃない!

 仁子の後ろ向きなぼやきにはムカツクことしきり。
 私はフナ解剖楽しかったよー。バッタのクビ切っておままごとしてましたよー。そう、あんなの料理と同じだから! 自分に引け目を感じるのなら、虫一匹にキャーキャーいってる(それが可愛いと思ってる)バカ女子高生たちと同じじゃん。
 デートでカナブンつかんだぐらいがなんじゃいっ
それで嫌う男ならこっちから願い下げ、ぐらいの気概がないんかっちゅーの!

 ・・と、憤る私の横で「エチブロだー何の実験してるんだ」と、冷静に研究室の仕様を気にするツレ(^^;;;)

 第一回で未来を見せられたわりに、どうそこに着地するのかちっとも見えてこない第2回でした。
小林聡美も、びっくりするぐらい目立ってないよね。ああ『堂々と変』な人が目立つと、主人公のぼやきが陳腐になるからでしょうか・・・??

 は、早くオダジョーを出して。
 

「不機嫌なジーン」1 ☆☆☆

 アイタタタ・・・変、変だわよこのヒロイン。でもすっごく身近(^^;;;)

 バッチリ似たような専攻出身なんですよ、私。
 今は違うことしていますが・・・同窓会となると集うのは、鹿の交尾を観察していて変態扱いで警察に連行された人とか。世界遺産の森守ってる人とか。飛んでる蠅の性別を見分ける人とか。

 でも、そういう人って普通、変な脇役でしょう「恋は闘い!」(懐かしー、本上まなみ主演)の室井滋先生みたいに?? 「動物のお医者さん」も白衣に専門用語でしたが、あっちは閉じた日常なので恥ずかしくなかったです。
 それが今回は・・・ヒロイン自ら、赤の他人に正面きって遺伝子がどうのこうの、まくしたてるとは思いませんでしたよ。恥ずかしーっ
 もしかしてコレ、業界の人がドラマのコピーライターみたり、ドラマの編集部みたりしてる気分と一緒?? 誇張があるのも分かるし、部分的には納得するけど、んもうありえなくて笑うーっ
遺伝子がそうさせるんだっ
ドーキンス博士でも浮気の言い訳にこれは無いって! 素直に謝れ(笑)

 その他にも、日本の学会パーティでダンスはないと思うゾとか、教授と竹内結子の年齢差&「指導学生をいただいちゃっていいのか?」という点がおおいに疑問ですが、教授に関してはどうやら”そういう人”らしいので、何も言えませんねぇ。
 ムシ夫くんを挟んでの三角関係、この調子で騒々しく展開していくのでしょうか。『なんじゃそりゃ』と叫ぶことも多そうですが、恋愛模様は楽しそう。

 ちょこっと顔見せのオダジョー(自然保護のデモしてる?)が、ステキに貧乏♪教授と因縁ありそうで、この先絡みそうで、そこも楽しみ。

 とうとう月9もお笑いですか、今シーズンは!!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ